1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ

脚フェチとは?男が脚に魅力を感じる7つの理由

更新日: 2020年10月20日

脚フェチを興奮させる美脚

脚フェチを公言する男性は世の中に多いですね。
身体の他の部位のフェチと比べてノーマルな印象を持たれるので公言しやすいのが脚フェチです。

どんな男性でも持っている性癖とも言える脚フェチですが、男性は具体的に脚のどこにその魅力を感じているのでしょうか。
ここでは脚フェチとはそもそも何なのかを掘り下げつつ、男が脚に魅力を感じる7つの理由を紹介します。

メールで悩みを相談・解決!

ココナラでは、1万件以上の口コミを参考に、実力派占い師や人気カウンセラーを選んで、1対1の完全非公開のトークルームで気軽にオンライン相談できます。

登録にかかる時間は1分程!
今なら登録で300円割引クーポンが貰えるので、恋愛・結婚・仕事・生活・寂しさ・人間関係など、気になる不安や悩みを解消しちゃいましょう。

ココナラ公式サイト

1.脚線美が美しいから

脚フェチの男性が挙げる理由の筆頭はやはり脚線美です。
女性の腰から太もも、膝、ふくらはぎ、足首にかけてのラインは確かにフェチ心をくすぐる魅力があります。

そして、その脚線美の魅力を裏付ける根拠もきちんとあります。

芸術的な美しさ

脚線美には人間が本来感じる美的バランスが備わっています。

ルネサンス時代から数々描かれていた裸婦像なども予め決められたバランスにしたがって脚線美が描かれています。

男性が美しいと感じる脚線美が黄金比になっているという美術研究家の指摘も多くあります。

科学的な美しさ

脚線美を美しいと感じるのには科学的根拠があることもわかっています。

人間の脳の中には腕、脚、胴体など身体の感覚をつかさどる部位が分かれていますが、脚の感覚に関する部位は性器の部位と隣り合っているのです。

当然ながら科学的にも脚は性的刺激と密接なものであるという証拠です。

パーツが大きく印象的

女性の体の全体像を見たときに、もちろん顔や胸、お尻などに目が行きますが、脚が占める割合はいちばん大きいです。

脚の線が女性の全体の印象を決めるのに重要な役割を占めているのは当然で、男性が脚線美に魅力を感じるのも当然といえます。

美脚を素直に褒めやすい

「あの子の顔は可愛いね」「あの子おっぱいが大きいね」というのはなかなか抵抗感がありますが、「脚が綺麗だね」というのは露骨な下心をカバーしてくれて抵抗感が少ないです。

実際セクハラに敏感な世の中にあっても美脚女優を表彰したりが行われています。

男にとって性的魅力にあふれていても、脚線美に関してはさりげなく褒めやすい点も脚フェチを生む大きな要因なのです。

2.露出率が高い

露出された脚

女性の体の部位の中でも露出率が高いことも、男が脚フェチになりやすい要因です。

生足を出しているにしろ、ストッキング越しにしろ、細いスキニージーンズにしても女性の脚の線は一年中見ることができるからです。

女性側の露出への抵抗感が少ない

胸や背中の大きく空いた服を着るのは明らかにセクシーな印象丸出しになるので、1年中そういう恰好をする女性はあまりいません。しかし膝上丈のスカートぐらいならほとんどの女性が着こなします。

清楚な女性でもショートパンツでストッキング越しに太ももの上のほうまで脚の線を出してくれることもあります。

上半身は上着や服のシルエットで体の線を隠しても、脚の線に関してはどんな女性でも抵抗なく晒してくれるので、毎日目にしている男性が脚フェチになるのはある意味当然です。

ガン見してもバレにくい

脚フェチの男にとってガン見しやすいことも魅力です。
職場の同僚や街で見かけた女性の顔や胸元、お尻をガン見してたら変態確定です。こっそりバレないようにチラ見するのが限界です。
しかし、脚が綺麗な女の人の後ろ姿を目で追ったり、仕事中に職場の同僚の全身が視界に入るだけでも脚を拝むことができます。

日常生活を普通に送っているだけでもフェチ心をくすぐる女性の脚に出会えることも、脚フェチの特権です。

服の上からも観察できる

脚フェチにとってミニスカートから露出した生足だけが、興奮する観察材料なわけではありません。
職場でストッキングを履いたOLでも、ぴったりしたスキニージーンズを履いた活発な女の子でも、真冬のタイツ越しでも女性の脚の魅力は堪能できます。

服装や季節、親密度に左右されずフェチ心を満足させられる点も脚フェチを多く生む要因です。

絶対領域を楽しめる

脚フェチなら一部分を見て全体を想像してフェチ心を楽しむことができます。

ニーソの絶対領域がその代表です。
ショートパンツにニーソの女子がいたら脚全体の大半が隠れてしまっているので理論上はもどかしいはずですが、ご存じのようにむしろその露出した太もも部分の絶対領域が強調されて逆に興奮します。

ロングスカートでわずかに出た足首、スカートのスリットからわずかに覗く太もも、黒ストッキングからわずかに透けて見える肌色など、ほんの一部分から全体像に想像を広げて興奮できるのも脚フェチならではです。

3.非日常を妄想させる

男が脚フェチになる理由は、上半身と比較して非日常への妄想が膨らむからです。

顔、胸から上などは性的な意味を抜きにしても日常的に接する機会がいくらでもありますが、脚に関しては目にするけどその先に日常はありません。

上半身に対する下半身

男は女性の上半身は、性的な関心を度外視して接する機会がいくらでもあります。仕事相手、お店の店員さん、街で居合わせた人とも近い距離になります。
目を見て話す、物を手渡すなど日常の印象が強いです。

女性の上半身は、まず日常の社会的な役割が第一であり、そこで親密になった先に性的な非日常の役割を求めるようになるのです。
逆に下半身という単語だけをとっても、男にとって非日常の印象しかありません。

至近距離で触れる機会がない

上で挙げたように直接接触でなくても、女性の上半身とは接近する機会があります。
しかし、女性の脚に指一本でも触れたら痴漢になってしまいます。

普段理性でそれを押しとどめているからこそますますフェチ嗜好が高まっていくのです。

ベッドの上でのみ脚に触れられる

では男が女の脚に触れるのはどこかといえばエッチの時のベッドの上だけです。

例え付き合っている彼女やセックスパートナーがいる場合でも、街中でおおっぴらに彼女の太ももや脚に触ることはありません。

日常では目の前にありながら指一本触れることが禁じられているのに、ベッドの上では思う存分触れる脚にたいして非日常のシンボルとしての魅力を求めるのは決して異常な嗜好ではありません。

4.一人ひとりの個性を楽しめる

知り合い、街で目にする女性、テレビの中の芸能人、誰一人として同じ脚を持つ女性はいません。それもまた脚フェチの感じる魅力です。

一人として同じ脚はない

女性の脚はみなそれぞれ違っています。身長によって長さが違うし、太さや肉付きも違います。足首の締まり具合、肌の白さ、質感、膝の裏など脚の個性を構成する要素は無数に存在します。

そして脚フェチにとって有難いことに、女性が脚を露出することに抵抗感が少ないのでいろいろな場所でそれを堪能することができます。

付き合わなくても、他人でもその魅力に触れられるのが脚フェチなのです。

努力によって美を磨ける

女性の顔や胸の大きさなどは生まれ持ったものでそうそう変えられるものではありませんが、脚に関しては女性の努力がよく表れます。

美意識の高い女性は、エステで脱毛したり、日焼け対策したり、クリームで保湿したり、むくみを取ったり、ストレッチをしています。

そして、芸能人やモデルの脚を見ればわかりますが、そうやって努力した人の脚はたしかに綺麗です。

女性の努力が表に現れて楽しませてくれるという点でも脚フェチにはたまらない魅力です。

ファッションごとに魅力がある

脚フェチの中でも細分化して、女子高生の生足フェチ、絶対領域フェチからストッキングフェチなどなどあるように、ファッションごとにそれぞれ脚の魅力が楽しめます。

生足で素肌を楽しむもよし、タイツやストッキング越しに脚線美を楽しむもよし、ハイヒールで伸びた足首を拝むもよし、ジーンズ越しのラインを見るもよし。ファッションごとに脚フェチの楽しみ方は無限です。

5.女性らしい柔らかさを感じられる

女性らしい磨きあげられた脚

上で紹介したように脚は男にとって鑑賞のハードルが低い割に女性らしい柔らかさを感じられるパーツなのでフェチを生みます。

男の脚との明確な違いがある

考えてみればおっぱいとは違い男にも脚はありますが、男の脚と女性の脚は全然別物ですよね。
その明確な違いは白さ、太さ、筋肉量、やわらかさ、そもそもすね毛のありなしと挙げるまでもありません。

男のごつい脚なんてまじまじと見たいとも思わないものなのに、女性の脚なら何時間でも眺めていられるのは、考えてみれば不思議なものです。

女性にとっても脚は歩くための道具であり、性器ではありません。
おっぱいとは違って性的アピールが主目的ではないのに、男にとっては思いっきりフェチの対象になります。

男女誰でも持っていながら観察すればすぐ感じられる柔らかい女性らしさ、それが脚フェチにとっての魅力なのです。

見ただけで柔らかさがわかる

脚の魅力は何度も言うように日常の中でガン見するだけでも充分に男性の目を楽しませてくれることです。

柔らかい、触りたいという点ではおっぱいと同じですが、性的パートナー以外の女性のおっぱいのやわらかさを感じられる機会は滅多にありません。ノーブラで揺れるおっぱいを日常で見る機会はありませんよね。

ところが脚の場合は、座った時に椅子で押されたり脚を組んだ時にふくらはぎが押されたりして女性のやわらかさを感じられる機会はいくらでもあります。

歩いている女性の後ろ姿を観察するだけでも太ももやふくらはぎの動きでやわらかさが感じられます。服の上からでも同じです。

見ただけで柔らかさを感じられるという魅力も脚フェチは知っています。

6.M願望の表われ

脚に対する踏まれる、蹴られるという怖い、ネガティブなイメージが人間の深層心理にあります。
地面に触れる部分で汚い印象が必ず心理の奥底にはあります。特に足はその象徴的な意味があります。ですが、それこそがまた男性のMっ気を刺激していることも無視できない脚フェチの要因です。

踏まれる願望

足で踏まれるというのは明らかに屈辱的で、敗北を意味します。
しかし男性の中には女性に支配されたい、ひれ伏したい、見下されて子供扱いされたいというMっ気が必ず潜んでいます。
その象徴として一番適している女性のパーツが足です。

実際に女性に靴で踏まれるSMプレイを全然しない男性でもそのイメージは同じです。
男の中のM願望が知らず知らずのうちに女性の足を求めています。

足で触られる願望

足蹴にされる、足で触られるのもまた屈辱を受けることでM願望を満たします。

日常の中ではプライド高く振舞いがちな男はどこかでそれを解放してもらいたいという深層心理を持っています。

汚いものを触るように足で扱われることで、男は自分が解放されると感じるのです。
女性に母性を求めて、女性から下に扱われることで解放感を得るというわけです。
足でペニスを抑えられて足コキされることに興奮を覚えるのも同じことです。

足を舐めるイメージ

エッチの時に女性の足を舐めるのが好きな男性もいます。

女性も好きな男性から足を舐めてもらうと、恥ずかしくもありますが嬉しく感じます。
その理由は、足=汚い部分なのにそんな場所まで躊躇せずに舐めて愛しているという絶対的な愛情表現だからです。

男が女性の足に魅力を感じるのは、女性のすべて、例え汚い部分であるはずの足までもを美しいと感じるという満足感からなのです。

7.魅力の変化を楽しめる

 魅力的な美しい脚

男性が感じる脚の魅力は瞬間的なもの以外に、その時々による変化が楽しめることもあります。
上で紹介したように脚の魅力は目にしやすい上に場面ごとの魅力が多彩だからです。

年齢による変化

生脚だけ見てもどれくらいの年齢の女性か大体わかるように、脚は年齢によって変化します。
ただ、思春期から熟女になって劣化の一方かというとそうでもありません。

女子高生のむちむちした脚から、エステで磨いた大人のOLの脚までどちらにも魅力があります。
ミニスカ制服やニーソの絶対領域でむちむち太ももを見せる若い女子と、スリットから覗かせて脚線美を見せる大人の女性と、世代ごとに女性自身からの脚の見せ方も変わってきます。世代、年齢による対比や変化を楽しめるのが脚フェチならではです。

ファッションによる変化

服装ごとに脚の魅力が変化するのも脚フェチが知る魅力です。
例えば気になっている一人の女性に注目した時に1週間の中で、ロングスカートからちらっと見える足首、スーツのストッキング越しの脚線美、週末のスキニージーンズ越しの脚線美、ミニスカートの生脚などなど一人の女性だけでもいろいろな魅力が得られます。

普段パンツ姿でシルエットしか見ていなかった女性がたまにスカートを履くとふくらはぎだけで輝いて見えるのもファッションによる変化があるからです。

美の追求による変化

女性自身が美の追求によって魅力を変えられるのが脚ですが、その変化の過程もまた脚フェチは楽しむことができます。

ダイエットに励んだ女性の変化は脚にすぐ表れるし、エステに通い始めた、脱毛した女性の脚の変化もまた外から見るだけでも感じ取れます。

あの子最近垢ぬけたななんていう印象も案外脚の変化から来ていることもあります。
女性本人の努力を外野からも観察できる点でやはり脚フェチには特権があります。