1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ

浮気をする男の特徴を実体験から検証

投稿日: 2017年05月06日
浮気をしている男性

この記事は私の浮気性のダンナとの実体験から書かせていただきました。ダンナとは社内結婚でしたので、付き合う前から「遊び好き」なのは知っていました。

バブルの名残がある時代、しかも会社自体が若い会社だったので環境もあると思います。当時は私もよく飲みに連れていかれましたし、ダンナほどではないまでも私自身も社会人生活を謳歌していました。

社会に出たばかりのピュアな私はそれ程の違和感がなかったというのも事実です。そもそものスタートは若さゆえの無知!

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

1.結婚

1-1.経緯

ダンナは1期上の先輩。まだ設立して間もない会社でダンナが新卒1期生、私が2期生でした。

まだどちらも社会人なり立てだったので気持ちは学生同様というのは当たり前ですが、新卒1期生は1年間チヤホヤされて育ったようです。

たった1年しか違わないのですが、私ら2期生を上から目線で見ていました。

ダンナとは仕事を一緒にするうちにしょっちゅう飲みに行くようになり、気が付くと付き合うことになっていました。

特にきっかけがあったわけではありませんが、ホントに何となくの流れでそうなったのです。

1-2.借金付きの結婚

結婚することになった時「借金がある」と告げられましたが「あれだけ遊んでいればそうだろう」とようやく辻褄があったような納得感だけで、特にショックではありませんでした。借金は遊び歩いた飲み代やギャンブルで作ったものです。

バブルの名残がある時代、会社の上司や同僚も結構パチンコをしていたのでそんなに気にはしていませんでした。「二人で返していけばいいじゃない」・・・返せば終わると単純にそう思っていました。

2.結婚してからの生活

結婚後はダンナの実家近くに転居し、都内までドアtoドアで1時間半の通勤。私もしばらく通いましたがその後退職、家の近くでパートを始めました。

結婚してからもダンナの遊び癖は抜けず、ほとんど毎日飲み歩いていました。「終電に間に合わなかった」と言って帰って来ないことも多々。

社内結婚だったので「周囲の目(監視)もあるだろう」と私自身が安心していたところもありました。

ギャンブルも相変わらず好きで、パチンコ・競馬・競輪とありとあらゆるギャンブルに手を出していました。借金も減っては戻り、戻っては増え・・・といった状態でした。

結婚3年目で息子が生まれましたが、ダンナは相変わらずマイペース。

よく生活態度のこと、お金のことで喧嘩をしましたが結局は変わりませんでした。

息子が1歳になったときに保育園に入れ、私は別の会社で正社員として働き始めました。

帰って来ないことはしょっちゅうだったので、息子はそれが当たり前だと思っていたようです。

スポンサーリンク
ホットクレンジングゲル

3.浮気発覚!

3-1.異変を感じ始めた3日目

子供が小学校3年生のとき。
1日2日帰って来ないことは今までにもありましたので特に気にしていませんでしたが「メール」を送っても返信がなく、心配し始めたのは3日目。義実家が近く、義父母との関係も良好だったため、何度も相談に行こうかと思いましたが「心配させちゃ悪いなぁ」という思いの方が強く我慢をしました。

特に喧嘩をしたわけではないけど何かあったっけ・・・?と、こうなる前の夫婦のやり取りを思い出しては反芻してみましたが、全く心当たりはありませんでした。

3-2.義母に「夫婦の問題」とメールが・・・

相変わらず電話もメールの返信もなく5日くらい経ったころ、義母から「最近(ダンナを)見かけないけど、ちゃんと帰ってるの?」と連絡があり、「実は・・・」とここ数日のいきさつを話しました。

その後義母とは連絡が取れ、「夫婦の問題だから・・・って言われたよ?何かあった?」と言われました。

夫婦の問題???夫婦の・・・???

3-3.浮気(本気)をしてた!

その後、意を決したのかようやくダンナが帰宅。何があったのか聞くと「浮気をした」と。

結婚前に「借金がある」と言われたときに辻褄が合ったように、このときも「ピタッ!」と最後の1ピースのパズルがはまったような感覚でした。

「・・・っていうか浮気ではなく本気だ」と。
その後の言葉に頭の中が途端に真っ白になりました。しばらく言葉も出なかった・・・。

「何それ!今までどれだけ苦労させられたかわかってるの?」
最初に出た言葉はそれでした。頭の中が真っ白になってから一気に真っ赤になったというか・・・。
頭の中で、瞬時に選んで選んで選び抜いた言葉がそれでした。

多分ほとんどが嘘だと思いますが。
「結婚前に付き合った元カノと偶然再会、自分と別れてから精神的におかしくなったらしい。今は自分がそばに居てあげないとダメなんだ。」
ま、こんな内容でした。

本人も鬱っぽい表情だったので、鬱というのは当たってるのかも?
熱病に侵されたみたいな表情で相手の女のことを話すのを見て、今までの生活がガラガラと音を立てて崩れていくような感覚でした。

ダンナの告白から数日、家の中が気まずい空気で重くなる毎日。

はぁはぁと溜息をつく主人に嫌気がさし「時間をやるからきちんと別れて来いよ!」「ただし期間限定!必ず帰ってくるのが条件!」大博打に打って出ました。

3-4.ダンナが出ていったあとのこと

息子は何となく数日間の重い空気を感じていたため、ずっと察していたのでしょう。ダンナが出ていくときは大泣きしていました。ダンナは後姿で聞いていたと思います。

ダンナを待つ間、毎日夜にメールを送りました。「返信を期待しちゃいけない」と言い聞かせながら、その日あった出来事を淡々と送りました。

息子が寝入ってからはお酒を飲めるだけ飲んでいました。泣いては飲み、飲んでは泣いてという感じで・・・。

4.浮気ダンナの再帰宅

約束をしていた運動会の前日、約束通りダンナが帰ってきました。息子が好きなアニメの「おまけ」付の本を持って。

息子は喜んでいましたが、私は内心複雑でした。浮気をしていた事実を受け入れての生活は、相当な試練だと思ったからです。

ただ意外や意外、私が元来忘れっぽいことも幸いし、暫くぎくしゃくしていた空気はありましたが徐々にそれにも慣れ、いつしか普通に生活していました。夫婦というもの、家族というものは不思議なものです。

その女とその後どうなったのかはわかりません。はっきり言って浮気されたことよりも、私たち(私と息子)の存在そのものが否定されていることが許せなかった悔しさの方が強かったのです。

4.浮気をする男の特徴をダンナから検証

4-1.自信過剰

これが相当なベースとなります。「自分はいけてる」「チヤホヤされたい」「チヤホヤされて当然」という思考回路です。

大人なのでもちろん口ではそうは言いませんが、自己評価がびっくりするほど高いです。

4-2.プライドが高い

自信過剰と同じようなニュアンスですが、人に同調することが出来ないので孤独です。

人からお金を持っていると思われたい、人よりいい服を着たい、人より凄いと思われたい、男としてのプライドを持ちたい等。

プライドがあることは決して悪いことではないのですが、謙虚さも持ち合わせないとダメですよね。

4-3.妻が強い

恐妻ということではなく、私のように(笑)妻がしっかりしていると浮気をしたくなるようです。

私からするとダンナがだらしがなさすぎるから強くなってしまったのですが、可愛げのない女に写るようです。

私の場合は「お前は一人でも生きていける」と言われました。まぁ一人で生きていくのは無理ですが、実際ダンナが居なくても生活力はありましたからそれはそうなのですが、やっぱり男というものは立ててあげないとひん曲がるようです・・・。

私も立てていたつもりですが・・・なんせ「自信過剰」「プライド高」から来る「借金」ですからね。子供もいれば、そりゃあ妻も強くならざるを得ませんよ!・・・と言いたいところですが確かに一理あり。女としての可愛げがないとダメですね。

5.現在

今はというと・・・相変わらずダンナは借金にまみれています。私の知らないところで何をやっているのかわかりませんが、年も取りましたし借金もあるので、思うように遊べないことにストレスを感じているようです。

私も中々自分を変えられず、可愛げのない妻のままです(反省)。

もうお互いに年を取ってしまいここまで来てしまったので、今更離婚するつもりはありませんが、これからは自分のためにお金を使おうと思っています。