1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

マッチングアプリで楽しいトークを続けるコツ!同意同調が秘訣

投稿日: 2020年05月31日

マッチングアプリで楽しいトークをする人

マッチングアプリを利用して出会いを作りたいのに、トークが下手だから・コミュニケーションをとるのが苦手だからと諦めていないでしょうか。

いつでもアクセスができてチャンスを作れるという魅力もありますが、対面でやり取りをしないからこそ小さなポイントでトークが続いて出会いにつなげていただける魅力もあるのです。

なぜトークが続かないのか。
そして続くためのコツを掴んで理想のパートナーと出会いましょう。

不安や悩みを相談・解決!

ココナラでは、1万件以上の口コミを参考に、実力派占い師や人気カウンセラーを選んで、1対1の完全非公開のトークルームで気軽にオンライン相談できます。

登録にかかる時間は1分程!
今なら登録で300円割引クーポンが貰えるので、恋愛・結婚・仕事・生活・寂しさ・人間関係など、気になる不安や悩みを解消しちゃいましょう。

ココナラ公式サイト

トークが続かない原因はどこにあるのか

トークが続かないケースが多いという場合、もしかしたら自分側に原因があるかもしれません。
その原因を知ることによって改善もしやすくなるでしょう。

返信に困るトークをしている

何気ないやり取りのつもりが返信に困るトークになっているというケースです。
例えば、自分自身のスケジュールの事や同意だけの内容、天気やニュースなどです。

当たり障りのない内容ですから万人受けするのではと思われがちなトークともいえるでしょう。
しかし、受けた側の気持ちに立ってみると「どのように返事をしよう」と迷ってしまう内容だと分かります。
よほど好意があれば何とか返そうとトーク内容を考えますが、そうでない限りは面倒だと感じてしまうものです。

誰でも良いと思われるトーク内容

マッチングアプリですから、トークを送る以上は好意的な態度をはっきりと示した方がスムーズに進みやすいでしょう。

複数名の相手にトークを送っているとなおさらテンプレートとのような内容になりがちです。

また、高圧的だったりどこか上から目線だと感じさせてしまうようなトークも好意的には感じられません。

自分の話や都合ばかりのトークも「都合が合えばだれでも良いのでは」と思われてしまいます。

レスポンスと文章の長さ

相手からトークがきていつも返信をすぐに返しているという方はもしかしたらそこに原因があるかもしれません。

確かに、あまり待たせずに早いレスポンスを心掛けるのは大切です。
しかし毎回、数秒で返し続けてしまうと面倒に感じさせてしまいます。

そして文章です。極端に短い文章だと悪い印象を与えてしまいます。逆に長すぎると読む気を失せさせてしまいます。

自分でトーク内容を見返した時に読むのが面倒に感じない程度の長さを心掛けるのが良いでしょう。

最初のつかみを行えばトークが弾む

心を掴むマッチングアプリのトーク

マッチングアプリで気になる人がいればトークを送ります。
このときのファーストトーク、いわゆる「つかみ」の部分にちょっとたコツを入れるとやり取りがしやすくなります。

自己紹介と相手へのアピール

最初に自己紹介をしましょう。
といっても、長々と送る必要はありません。名前と住んでいる都道府県・年齢(年代)程度で構いません。
まったく自己紹介がないと怖い印象を与えてしまいますので必ず最初に送りましょう。

そして、相手へのアピールですが、相手のプロフィール内容に触れるということです。
特に趣味や興味がある事柄に触れてください。
そのうえでできれば同意同調をしましょう。
プロフィールをしっかり読んだという事を指し示すことで好意的なのだと認識してもらいやすくなります。
同意同調は、心理学でもあるのですが価値観や感じるものが同じであると認識をすると心の距離感が近くなるのです。

ぜひとも同意同調はファーストトークの段階で入れるようにしてください。

最初はこの程度の内容で十分です。
ただ最後に質問を一行入れましょう。なるべく短めのものがおススメです。
趣味がドライブの相手であれば「景色が綺麗だった、楽しかった場所はありますか?」などで良いでしょう。

ファーストトークの返事が来たら早めに返す

返事が来たら2ターン目は早めに返しましょう。
つかみが成功している状態なので、その温度感のままトークを進めるようにします。
ファーストトークで質問をしたことを掘り下げたり広げたりする展開が初心者の方でも続けやすいでしょう。

ここで大切なのは、相手への興味関心はもちろんですが、あなたが好きなものに興味がありますという姿勢を見せることです。

相手のサイクルが分かったら

相手が仕事はだいたい何時に終わるのかなどが把握できたら、そのタイミングでトークを送るのが好印象を与えます。

聴くのはプライバシーに深入りするかもしれないと不安感がある場合は、相手からトークが届く時間帯を見ておくとサイクルがつかみやすくなるでしょう。

共通点を深め増やしていく

共通点を深め増やしていくように心がけましょう。

趣味ばかりではなく、音楽や映画、食べ物など共通点を広げやすい材料はたくさんあります。
それらをトークの中に織り交ぜていきましょう。

トークが続いていてもいきなり返信が来なくなる場合

仲良くトークが続いていたはずなのに、パタリと返信が途絶えてしまった。
そのような場合、もしかしたらNG言動をしていたかもしれません。

会いたい流れを急に作る

土台が作れたかなと思うと、すぐに会いたいと切り出してしまったり希望条件を話してしまう。
そのような言動は縁が切れてしまいます。

マッチングアプリは出会いを求める場所ではありますが、雰囲気や流れというものは大切にしましょう。

自分の事を一切話さない

質問をすることはトークが続き楽しくなるコツではありますが、自分の事は一切話さない。聞かれても答えないというのでは距離感が縮まりません。

場合によっては警戒されているのではという印象を与えてしまいますので、時には自分の事も短めに話すようにしてください。

横柄な態度になっていた

やり取りが続くと仲良くなったという意識が芽生えます。この意識は決して悪いものではありませんが、結果としてトークが横柄になってしまったりどこか馬鹿にするような言葉遣いになっているとトークも終わってしまいます。

どんなに仲良くなっても言葉遣いや言動には注意が必要です。

会うまでの流れを作るトークポイント

マッチングアプリで実際に会う男女

小さなテクニックを取り入れていくと、会うまでの流れを作ることができます。
トークで実践してみましょう。

頻度を合わせる事

トークを送りあう頻度を基本的に相手に合わせていきましょう。

息が合っている・ライフスタイルが近いのではという気持ちを与えやすくなります。
共有しているという思いも高めてくれますので、良い方向へと進みやすいのです。

特別感を出す

相手だからこそという部分をアピールしていきましょう。

特別感を出すことによって、自分だけのためにマッチングアプリを利用してくれているのではないかと思わせる効果が期待できます。
これは、心理学では「ハードトゥゲット」と呼びます。
普段の会話でそんな言葉は使わないと抵抗感があるかもしれませんが、非対面状態だからこそ使っていただきたいテクニックでもあります。

相手の言葉をなぞったトークをする

相手の言葉の最後をなぞって返していくトーク方法です。
例えば「今日は嫌なことがあって疲れちゃった」というトークが来たら、「嫌なことがあったんだね。お疲れ様。良かったら話聞くよ」という流れです。

バックトラッキング」という方法なのですが、しっかりと自分の話を聞いてくれていると思わせるテクニックで、それが親近感アップにつながります。
ただ、このバックトラッキングは毎回使うのではなく、要所要所で使用してください。

どんな時も基本として心に留めたいポイント

いくつかのポイントを抑えることによってスムーズで続くトーク、出会えるコミュニケーションを実現できるのですが、どんな時でも基本として心にとめておきたいことがあります。
それが「誠実である」ということです。

マッチングアプリとは程遠いような言葉に感じるかもしれませんが、実際に会うという事を考えた時、誠実であることが信頼獲得への近道になります。
もちろん、相手が傷つかない冗談を言っても構いませんが、行き過ぎた言葉は使わないようにしましょう。