1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

結婚相談所ではどのくらいの年齢差なら大丈夫?許容範囲は何歳まで?

更新日: 2020年05月22日

年齢差を指し示す昭和と平成の文字

結婚相手を探すときにはどのくらいまでなら年齢差があっても良いかをあらかじめ考えている人も大勢います。

結婚相談所に登録してパートナーを探している人たちはどの程度までなら年齢差を許容してくれるのが一般的なのでしょうか。
年齢差が問題でなかなか魅力的なパートナーに出会えずに困ってしまうケースもあるので、その理由も合わせて紹介します。

年齢差が問題になってしまう理由

結婚相談所を使ってマッチングをしてもらったり、候補者とお見合いをしたりするときには年齢差が問題になってしまうことがあります。

年齢が原因でなかなか良いパートナーに恵まれないことがあるのは確かですが、どのような問題が生じるのでしょうか。

年齢が高いと生じる問題

自分の年齢が高くて希望している相手の年齢が低いという場合には、仮に出会えたとしても相手が結婚相手として考えてくれないリスクがあります。

男性の場合にはやや高い年齢を希望する女性が多いことから、数歳上であっても候補者を見つけやすいでしょう。結婚相談所に話を持ちかけたときにも候補になる人がたくさんいるという説明を受けられるのが一般的です。
しかし、女性の場合には大きな問題になりやすく、全体的な傾向として男性は歳上の女性を好まない傾向があります。もちろん歳上好きの男性もいるので致命的な問題にはならないものの、登録している男性の数に比べると候補者が少なくなってしまうことは否めません。

女性は男性に比べて年齢が高いと結婚相談所でのパートナー探しが不利だと考えましょう。

年齢が低いと生じる問題

自分の年齢の方が低くて、希望の相手の年齢が高い場合にもやはり出会いが結婚につながりにくいという問題があります。
この場合には男女で立場が逆転し、女性であれば年齢が低くてもあまり不利になることはありません。男性は歳下の女性を好むことが多いからで、結婚相談所からも多くの候補者を紹介してもらえるでしょう。自分自身がどのくらい歳上の男性でも良いと考えられるかの方が大きな問題になるのが普通です。

一方、男性の場合には歳上の人を好む女性が多い影響でパートナー探しが難航しがちです。ただ、歳上の女性を好む男性がいるのと同じで、歳下好きの女性もいることから諦める必要はありません。
結婚相談所に登録したときに、候補として挙げてもらえる人が少なめになりがちだとだけ理解しておけば良いでしょう。

年齢的な問題で使えないこともある

もっと切実な問題は年齢差があるのを気になっている時点で、実はそもそも結婚相談所を利用できないこともある点です。

結婚相談所では健全なカップルを成立させることを重視しています。そのため、あまりにも年齢が若い人や歳を取ってしまっている人は登録できないこともあるのです。
未成年や60歳以上の人はほとんどの結婚相談所では登録できません。50代くらいから制限されてしまっていたり、30代以上と定められていたりする場合もあります。

男女で登録できる年齢層が異なっている場合もあるので、特に年齢が高い、低いという場合には登録先の候補を厳選して選ぶようにしましょう。

年齢差はどのくらい許容されるのか

年齢差のある男女

ある程度は障害があったとしても結婚相談所を通して出会える可能性はあります。実際の問題として年齢差はどのくらい許容してもらえる傾向があるのでしょうか。

一般的な許容範囲はどのくらいか

年齢差の許容範囲について一般的な傾向をまず把握しておきましょう。

結婚相談所でカップルになり成婚することができている事例は各社が統計調査を行っています。そのデータには年齢差に関するものもある場合がほとんどで、統計結果を参照してみると傾向をつかむことが可能です。

一般的には同年齢から2歳差くらいまでが成婚していますが、5歳差くらいまでなら決して少なくはありません。
前述のように男性と女性で傾向が異なり、男性は歳下女性であれば5歳差を許容していることが多いものの、女性の場合には5歳下の男性と成婚している事例はかなり少なめです。
同様に5歳上の女性と結婚する男性は少ないですが、女性が5歳上の男性と結婚しているケースは比較的多くなっています。

年齢差が大きくてもOKの人もいる

一般的な傾向としては年齢が5歳以上離れると考えてしまう傾向があるのは確かですが、実際には10歳以上年齢が離れていたとしても結婚している例はあります。
例えば、35歳の男性が25歳の女性と結婚するというケースは決して珍しくはなく、結婚相談所を介して出会った仲でも見られているパターンです。

ただ、結婚相談所の担当者としては成婚率が高いという点で年齢が近い人を紹介しようとする傾向があります。そのため、全体的に見ると2歳差くらいまでの人と成婚している場合が多くなっているのが実態です。

もう40歳を過ぎてしまったから若い人と結婚するのは難しいかもしれない、まだ20代前半だけど頼りになる30代の人と結婚したいという人もきちんと意向を伝えれば紹介してもらえる可能性があります。

年齢差があっても大丈夫ならしっかりと担当者に伝えよう

年齢差があっても良い、あるいは年齢差が大きいパートナーを希望したいときにはきちんと自分の考えを結婚相談所の担当者に伝えるのが大切です。
その意志が伝わっていないと、いつまでも年齢差があまりない人ばかり紹介されてしまうことになりがちです。

結果的に年齢が近くて魅力的なパートナーに出会うことができれば良いですが、もともと年齢差が大きい相手を希望している場合には良い人を紹介してもらえないと感じてしまうでしょう。
その原因は必ずしも結婚相談所や登録している人たちにあるわけではなく、自分の意志の伝え方にある可能性も考えてみるようにしましょう。

年齢差を感じさせない努力をしよう

自分が年齢差を許容していたとしても相手が本当に良いと考えてくれるかはケースバイケースです。
例えば、10歳年齢が上だったとしても、若作りの人で2、3歳上の人に見えることもあるでしょう。

一緒に並んで歩いているのを想像して、見た目にあまり違いがないなら夫婦になっても良いかなと考える人もいます。

見た目だけでなく価値観についても同様で、子供っぽい歳上の人なら年齢差を感じないから何歳上でも大丈夫という人もいるでしょう。

このようなことを考慮すると、自分が歳上や歳下でも良いというのなら、相手にもそう思ってもらえるように年齢差を感じさせないように振る舞うのが大切です。

結婚相談所で年齢差が大きい人を探すメリット

ずっと歳上の人や歳下の人と出会いたいという場合には、結婚相談所を使うのにメリットがあるのかと悩む人もいるでしょう。
結婚相談所では年齢差がある人とも出会える可能性が高いのでしょうか。

登録者の年齢層は幅広い

結婚相談所では幅広い年齢層の人が登録しているので、年齢差がある人を紹介してもらえる可能性が十分にあります。

自分の人脈から探そうとすると同じ年齢層の人ばかりになってしまうことも多いでしょう。なかなか違う世代の人と出会う機会がなくて嘆いている人は結婚相談所を利用してみるのが効果的です。

選んだ結婚相談所次第では紹介が豊富になる

年齢差があっても良いと考えている登録者がどのくらいいるかは結婚相談所によって違うので、担当者が頑張ってくれても紹介を受けられるかはわかりません。

きちんと意志を伝えるだけでなく、登録する結婚相談所も慎重に選ぶ必要があることは念頭に置いておきましょう。

選んだ結婚相談所が良ければ大勢紹介してくれる可能性があるので、場合によってはいくつかの結婚相談所に登録して比較してみるのが大切です。

年齢差で費用が変わることはない

結婚相談所を利用するときには費用がかかりますが、同年齢の人を希望しても、大きな年齢差がある人を希望しても費用は変わりません。

出会いにくい人を紹介してもらえるのに費用負担も大きくなくて済むのはメリットだと考えられるでしょう。