1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

婚活パーティーで「もう一度会いたい」と思わせるための振舞い方

更新日: 2020年05月22日

晩婚化が進む昨今、婚活パーティーには大勢の男女が参加しています。しかしながら大半の参加者が、ただ出席しただけでめぼしい成果を得られず帰途に着いています。
そのような失敗を免れ、相手にもう一度会いたいと思わせるためには、相手がどのような姿勢で婚活に参加しているかを見て取り、その気持ちを尊重してあげることが肝心です。本コラムでは、その方法について詳しく述べます。

好感を持たれなかったら始まらない

当たり前の話ですが、婚活パーティーにおいては相手に好感を持ってもらうことが肝心です。その方法について本章で説明します。

ガツガツ行こうとしない

婚活パーティーなのですから、結婚したい、彼氏彼女が欲しい、という動機の元に誰しもが参加しているのは当然の話。けれども人間の心理とは複雑なもので、「参加するにはしたけどあまり食いつくような真似はしたくない」と屈折した心理状態に陥ったりするものです。
こういう精神状態にある参加者は、会場で知り合った相手にも同じ振る舞いを求めます。つまり婚活と言う場でありながら、あまり前のめりになりすぎない方がいいのです。

少なくとも、初対面の状況で自分の家庭観や、子供が何人欲しいといった話題は避けるのが賢明です。

狙い目は「とりあえず参加」さん

上記の「それほど乗り気ではない」ポーズが最も効果を発揮する相手が、あまり深い戦略や意図を持たずにやってきた「とりあえず参加」の方たちです。
この人たちも、結婚に興味がないわけではないのですが、この婚活パーティーですぐパートナーを得たいとまでは考えていません。

親に薦められて一度参加してみたけど、それほど焦っているわけじゃない、今回は、こういう場の雰囲気に慣れる程度に留めておこうか…そういう心持ちでいる相手に対しては、いきなり飛びついても避けられてしまうだけです。

上で述べたように結婚に対する意志表明は行わず、それ以外の話題で流しておきましょう。

「とりあえず参加」さんを見分ける方法

それでは、他の参加者と「とりあえず参加」さんをどのように区別すればよいのでしょうか。指標の一つが服装です。
たとえ服装自由、カジュアルパーティを謳う会場であっても、乗り気の参加者はそれなりに気合の入った格好をしています。明らかに平服そのものといった服装で来場している参加者がいたら、該当者だと見なしてよいでしょう。

装飾要素の少ないスーツ姿の参加者も、業務や就活の終わった後、そのまま来場した「とりあえず」さんである可能性が高いです。

相手が女性の場合はアクセサリー、男性の場合は靴にも注意してみましょう。
服そのものは気合が入って見えるものであっても、アクセサリーを付けていなかったり、安物に見える靴を履いている場合は、それほど乗り気ではない心理が見て取れます。

「とりあえず参加」さんにうってつけのトーク

さて、あなたの目の前に回ってきた異性は「とりあえず」さんと思しき様態でした。では初対面時、彼ないし彼女に対して、どのような話題を心がけるべきでしょうか。
実のところ、別段テクニックを駆使したり、相手を愉しませる話題を意識する必要はありません。
単純に、今回の婚活パーティーに関して話しましょう。「割と感じのいい会場ですね」とか「参加者の雰囲気もいいですね」とかそのパーティに関して、漠然と好意的な評価を述べるだけで構いません。その話題を皮切りにして、自分も相手と同じく、こういう席には不慣れであまり乗り気でもないことをアピールしましょう。実際はリピーターであってもそう話すべきです。

「とりあえず」さんは、今回の婚活でパートナーを見つけたいとまでは思っていませんから、対面した相手が自分と同じように、婚活という場自体に興味を持っていることを歓迎するはずです。
その上で、嫌な思いをせずに会場を後にしたいと思っているのですから、同じく乗り気の無い相手に対して、警戒心を抱かないでしょう。

「また会いたい」と思わせるために

「もう一度会いたい」と叫ぶ女性

とりあえずあなたは、会場で見つけた「とりあえず」さんにそこそこの好意を抱かせることには成功しました。
とはいえこの好意は、今回はこの人の相手をしても苦痛じゃないかな、程度のものであり、今回の婚活が終了すれば意味を成さないものです。

婚活パーティーでこの人ともう一度会いたい、と思わせるためには何が必要なのか、この章ではその部分を説明します。

婚活参加者は「同士」を求めている

さて、目の前にいる「とりあえず」さんはどのようなパーソナリティーの持ち主なのでしょうか。これまでにも述べてきましたが、「とりあえず」さんは様子見目的で今回の婚活に参加しています。大げさな言い方をすると、一度、偵察に訪れた後、本戦に身を投じようという考え方をしています。

とくに警戒心も持たずあわよくば最初の婚活でパートナーをゲットしようと考えている他の利用者と比較すると、明らかに慎重です。

さらにいえば、物事をシステマティックにとらえています。パーティで素敵な異性と出会って恋に落ち、結婚する、というフワフワした見方ではなく、共に家庭を築くに適した性格、性情、条件を備えた人材を吟味する場として婚活をとらえています。

要するに、彼・彼女が求めているのは家庭生活を送るための「同士」のような存在なのです。まずはこの点を念頭に置きましょう。

「同士」として認めてもらうためには

すると「とりあえず」さんに対してあなたが見せるべき姿は自ずと定まります。

まだ初対面の内は将来の計画や家族像について口にすることはせず、その上で自分が計画的で、段取りを踏むことができる人間であることを匂わせればいいのです。婚活において異性に対しては必ずしも適切とは思えない仕事の話題であっても、このタイプに対しては効果を発揮します。

自慢や説教にならないよう注意を払いながら、あなたの仕事について、どのような態度で仕事に臨んでいるかについてを切々と語りましょう。計算高い「とりあえず」さんは、あなたのスタイルを気に入ってくれるはずです。

最後の一手はストレートで

ここまで話を進めることができたなら、後は余計な駆け引きを使わず、直球勝負で攻めましょう。

「私たち気が合いますね」とおそらく相手が感じたであろうことをこちらでも口にします。「今日だけで終わりにするのも勿体無い気がしますから、また連絡を取りませんか」と畳み掛けましょう。
この際、後日連絡を取りたいと持ちかけるか、後日会いたいと持ちかけるかは場の雰囲気にもよりますが、連絡を取る、に留めた方が無難です。

パーティ終了後のコンタクトは早めに、予定は遅めに

晴れてライン・メールアドレス・携帯番号といった連絡先を入手することができたら、なるべく早いうちにこちらからコンタクトをとりましょう。

婚活後、どれくらいのスパンで連絡を取るかですが、なるべく早く、二~三日で連絡をするべきでしょう。こちらの良い印象が相手の中で新鮮に留まっているうちに次の約束を取り付けた方がいいからです。

その上で、どこかに誘う場合、その日程自体は一ヶ月近く後にした方がよい印象を与えます。相手のスケジュールに配慮していることが暗に伝わるからです。
その後は貴方次第です。逢瀬を重ね、正式なお付き合いに発展させましょう!

まとめ

今回は婚活の中で、その会場ではそれほど積極的に活動するつもりのない「とりあえず参加」さんへの対策に的を絞った説明を行いました。

しかしながら今回述べた話は、積極的に活動を進めようとしている他の参加者に対しても関係があるものです。
肝心なのは、相手がその婚活にどのようなスタンスで臨んでいるかを知り、それに合わせてあげることで好感を得られる、という話なのです。それは単純に、相手を尊重するという、恋愛の基本事項でもあります。

婚活パーティーの参加者が、全員同じくらいの積極性でパートナーを欲しがっているとは限りません。相手の意向を汲んであげることで、次回以降の逢瀬に繋がる可能性は格段にアップすることでしょう。