1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

婚活パーティーに参加してみて「行きたくない」と思う理由と対策

更新日: 2020年05月22日

婚活パーティーに行きたくない人

魅力的なパートナーを探すために婚活パーティーに参加してみたけれど、1回目では出会えないということは決して珍しいことではありません。
そこで諦めずにまた婚活パーティーに行こうという人もいますが、もう二度と行きたくないと思ってしまう人もいるでしょう。

行きたくないと思う理由とその理由に応じた対策を紹介するので参考にして下さい。

行きたくないと思う理由とは?

行きたくない理由を求める人

婚活パーティーに参加して、もう行きたくないと思ってしまうようになる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

他の人がなぜ行かなくなってしまったのかも理解すると、これから婚活パーティーでどんなことが起こり得るのかも想像しやすくなります。
一般的によく知られている理由について確認してみましょう。

婚活パーティーに馴染めない

婚活パーティーに行きたくないと思う理由としてよくあるのが、参加したパーティの雰囲気やメンバーに馴染むことができなかったからです。

周囲にいる人たちはうまくパーティーの流れに乗って楽しんでいて色々な人と話をしているのに、自分は取り残されてしまったとなるとパーティーに良い印象を持てないのは確かでしょう。

パーティーの催し物は楽しむことができても、自由時間に誰とも個人的に話すことができずに一人きりになってしまう場合もあります。

婚活パーティーに参加した目的から考えると何もできなかったという結論になり、自分は婚活パーティーに参加するのに合わないと考えてしまうのももっともなことでしょう。

費用がかかり過ぎる

婚活パーティーに実際に参加してみるとかなりの費用がかかってしまったからもう参加したくないというケースもよくあります。

参加費はただのパーティーに比べると高めになっているのが普通で、高いパーティーの場合には1万円以上もかかる場合があります。
こんなに払ったのに出会えなかった、出会えたと思ったけれど交際できたのはわずかな期間だったとなるとお金が惜しいと思うようになるでしょう。

実際には、パーティーの参加費用だけでなく、ファッションを整えたり、婚活パーティーについて勉強したりするのにもお金がかかっていることもあります。トータルで考えると高額の負担になっていて後悔する人も少なくはないのが実態です。

魅力的な人に出会えない

きっと心を惹かれるようなパートナーに出会えるはずだと意気込んで婚活パーティーに参加したけれど、魅力的な人に出会えなかったからもう行こうと思わないという人もいます。

婚活パーティーに参加していた人の中に特に心を惹かれるような人がいなかったり、良さそうだという人がいても自分に興味を持ってくれなかったりすることもあるのは確かです。

最初は自分がパーティーに慣れていないからだと思っていたけれど、何回か参加してみると、やはり自分は婚活パーティーでは魅力的な人に出会えることはないのではないかと思うようになるでしょう。

婚活パーティーに参加する人の中には、自分のパートナーになるような人はいないと感じるようになる人もいます。

知人に会ってしまった

婚活パーティーに参加したときにばったりと知人に出くわしてしまったというのも、もう二度と行きたくないと思う可能性がある理由です。

こっそり婚活をしているつもりだった人は大きな後悔をしてしまうポイントです。

知人たちに知られてしまって恥ずかしい思いをするのではないかと心配になってしまうでしょう。

また参加したらもっと多くの人に見つかってしまうのではないかという懸念があって、婚活パーティーにはもう行かないと決意するのも珍しいことではありません。

恥ずかしい思いをしてしまった

婚活パーティーで恥ずかしい思いをしてしまったからもう参加したくないという場合もしばしばあります。

パーティーのマナーを理解できていなかったり、ドレスコードを誤ってしまったりするなど、恥ずかしい思いをしてしまうパターンは色々あります。

些細なミスであれば気を取り直してもう一回参加してみようという気持ちが生まれてくるかもしれません。
しかし、意中の人が見つかったのに、その前で大きな失敗をしてしまうと大きなショックを受けてしまってもう行きたくないと思ってしまいがちです。

行きたくないときの対策とは?

婚活パーティーに行きたくなる対策を練る人

つらい経験をしてしまって婚活パーティーにもう行きたくないと思ったとしても、気持ちを奮い立たせてもう一回参加してみると魅力的な出会いがある可能性はあります。

婚活パーティーに参加するのに前向きになれるようにするにはどんな対策を立てたら良いのでしょうか。
行きたくないと思う理由として上に挙げたものに対して効果的な対策を紹介します。

運営会社の違うパーティーを選ぼう

婚活パーティーに馴染めなかったときには運営会社の違う婚活パーティーを調べてみましょう。

婚活パーティーをセッティングして参加者を募集している運営会社はたくさんあります。運営会社によってどんな雰囲気のパーティーにするかは異なっているので、以前参加したパーティーには馴染めなかったとしても、違うパーティーに行けば十分に楽しめる可能性があるのです。

費用比較をしてみよう

お金がかかりすぎだったという場合には、他の婚活パーティーも色々と探してみて費用を比較してみましょう。

婚活パーティーにかかる参加費用はパーティーごとにかなり違いがあり、3000円前後で参加できるようなものもあります。

年齢や性別、職業などによって参加費用が異なるパーティーもあり、条件を満たしているとかなり安くなるので様々な婚活パーティーを見てみましょう。

ドレスコードなどもパーティーによって違うので、参加費用以外にかかるお金も選び方次第でかなり節約することができます。

コンセプトを比較して参加しよう

魅力的な人に出会えなかったという場合には、婚活パーティーのコンセプトを調べてよく比較してから参加してみましょう。
例えば、歳下の女性と出会えるというコンセプトのパーティーもあれば、年収が高い男性に出会えるというものもあります。

参加するエリアを検討しよう

知人に出くわしてしまったのが悩みなら、婚活パーティーを参加するエリアを検討してみましょう。

知人に会わないようにするには少し遠くで開催されているパーティーを選ぶのがコツです。ただ、あまり遠いところを選んでしまうと問題もあり、出会えた人と遠距離恋愛になってしまうのが大変になるかもしれません。

通える距離というのを前提にして少し遠くで開催されている婚活パーティーを探し、もう一度だけでも参加してみると良いでしょう。

知人と一緒に行ってみよう

恥ずかしい思いをしてしまってまた繰り返してしまうのが怖いという人は、友人と一緒に婚活パーティーに参加してみましょう。

初めて参加したときにはマナーを理解できていなかったり、流れが読めなかったりして失敗してしまうことがよくあります。
しかし、一度でも婚活パーティーに参加したことがある知人と一緒に行けば、失敗しないようにアドバイスをしてくれるでしょう。
当日、どんな立ち振る舞いをしたら良いかもよくわかるので安心してパーティーに行くことができます。

本当に行きたくないならどうするか

色々な婚活パーティーを比較してみたり、友人に声をかけようかと考えてみたりもしたけれど、やはり婚活パーティーには行きたくない場合もあります。
しかし、婚活は続けて魅力的なパートナーに出会いたいという人もいるでしょう。婚活パーティーへの参加を諦める場合にはどのようにして婚活を続けたら良いのでしょうか。

まずは他の婚活サービスを利用することを検討してみましょう。婚活パーティー以外にも、街コンや結婚相談所を利用することができます。
最近では婚活アプリやマッチングアプリを使用して出会うこともできるので、気軽にできるものから活用してみましょう。その経験を経て婚活パーティーへの考え方が変わることもあります。
そうしたらまた興味のある婚活パーティーを探して参加してみれば良いでしょう。