1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ

婚活パーティーはワンピースで制す!男ウケする理由と年代別の選び方

更新日: 2020年05月22日

女性らしいワンピースを着た女性

女性は婚活パーティーではワンピースを着ていくことが主流だとされていますが、個人的な好みとしてワンピースが好きではない方もいらっしゃるでしょう。
しかしそれでも、やはり婚活パーティーにワンピースを着ていくことは大切なのです。

今回はなぜ婚活の場にワンピースが適していると言われるのかを説明し、また、ワンピースの選び方について紹介します。

なぜ婚活パーティーではワンピースが求められる?

婚活という名のつく場所において、アウトドアデートでない限りパンツで男性と会うという選択はやめておきましょう。

ワンピースの長さの丈は膝丈がベストで、ミモレ丈は許容範囲ですが、ロング丈、マキシ丈、逆にあまりに短いミニスカートはNGです。

このようにお伝えすると、もしかしたら「私は膝丈スカートやワンピースは似合わないし、趣味じゃない。それに男性に媚びているようで嫌だ」「私らしさがなくなる」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
その場合はこうお考えください。婚活の場において「ワンピースはマナー」である、と。
ビジネスシーンにおいて服装の基本となるのがビジネススーツであったり、高級ホテルに行く際に抑えておかねばならないドレスコードがあるのと同じで、女性の場合、婚活をする上で最も適したファッションがワンピースなのです。

もしこの「マナー」を無視して「私はパンツ姿の方が似合うし、これが個性だから」「人と合わせることはしない」と周りの女性とは違った服装で婚活パーティーの場へ行くとどうなるでしょう。きっと男性からは「周りの雰囲気を読まない、意志の曲げない人だろう」とレッテルを貼られてしまうでしょう。

また、こうも考えてみてください。婚活パーティーで男性の参加者のほとんどがスーツやそれに準じた格好をしているのに、一人だけカジュアルな恰好をしている方がいる。いくらイケメンで、そのファッションが似合っていても「もしかしたらちょっと変わっている人かも?」と警戒してしまいますよね。

繰り返しになりますが、婚活パーティーでワンピースを着ていくことは個性を殺すことでも、男性に媚びているのでもなく、基本的なマナーなのです。そう思えば照れもなくなるでしょうし、振る舞いも自然になるでしょう。

目指すものはズバリ「女子アナ」っぽい服装

この世の男性のほとんどは、残念ながら女性ほどファッションに対して敏感ではありません。なので女性の服装を見ても「ピンク色の服だな」「高級ブランドのバッグだな」「スカートが短いな」程度の感覚しか持ち合わせていないのです。
しかしそんな鈍感な男性が口を揃えて「悪くない(=良い)」という服装があります。それがズバリ女子アナのファッションなのです。昔から女子アナの服装というのは、男性ウケが良いという一定の評価があることは有名ですが、実は彼女たちの服装は以下の強烈なメッセージを男性に与えているのです。

「膝丈のスカート・綺麗にまとめられた髪・整えられた爪・上品なパンプス・ブランドではないけれど品の良いバッグ」=「私は女性らしく、清楚で、健全な金銭感覚を持った人間です」=「私は家庭的で結婚相手に適しています」
現代は価値観が多様化していますし、料理や家事が得意な男性は増えていますが、やはり「家庭的な女性」というイメージ像は男性にははかり知れない威力を持つのです。ならば婚活をする上で彼女たちの恰好を参考にしない手はありません。

「いつもパンツスタイルでスカートを持っていない」「高いヒールの靴しかもっていない」という方も、それほど高い買い物ではありません。未来への投資として女子アナのような服装を揃えていきましょう。

結婚後「実は私、こういう服が好きなの」と好きなファッションをしたからといって、あなたのことを好きになって結婚した旦那さんが怒るはずがありません。ワンピースを着用するのはほんの最初だけで良いのです。

では、どんなワンピースを選べばいいのか?
基本的には「きれいで濃い色のワンピース」+「明るく色の淡いカーディガン」の組み合わせが鉄板です。
「きれいで濃い色のワンピース」で身体のラインをほっそりと見せて、白やパステルの「明るく色の淡いカーディガン」で顔回りをパッと華やかにさせます。
大切なことは「女性らしい柔らかさ」なので、タイトスカートよりもふんわりとしたラインのスカートが人気ですし、髪の毛もビシッとまとめるより、ふんわりと降ろすか、清楚さ足すためにハーフアップなどをするのも良いでしょう。

次章からはさらに細かく年代別にワンピースの選び方を紹介していきます。

20代から30代前半の女性におすすめなワンピース

花柄のワンピースを着た女性

20代から30代前半の女性が婚活パーティーに参加する際には「若さ」という武器をアピールできる服装を選んでください。
「落ち着き」を見せるためにあえて黒やグレー・ネイビーといったシックな色を着て婚活パーティーに参加される方もいらっしゃいますが、男性は女性の若さからくる「可愛さ」に魅力を感じることが多いようです。
そのため薄めのピンクや水色・白などの明るめな色味の洋服を選んだほうがその魅力を引き立たせられます。また、花柄でちょっとカジュアルなワンピースも「とっつきやすい」雰囲気になって、男性が話しかけやすく感じるでしょう。

しかし気を付けてほしいことが何点かあります。
まずはカジュアルになりすぎないことです。ベルト・バッグなど全ての小物がカジュアルであったり、レギンスやデニムを履いてしまったりすると、男性に「結婚相手」として選ばれるよりも「異性のお友達」として見られてしまうこともあります。あくまでも「女性らしさ」を忘れないでください。
次に肌を露出しすぎてしまうのはやめましょう。その時の流行によって肩口が開いていたり、胸元が開いた洋服が主流になることがありますが、婚活パーティーでそのような洋服を着ていくと、男性からは「結婚相手としてはちょっと軽そうだな」といったマイナスな印象を与えてしまいます。
最後にレースやフリルだらけのワンピースは、男性にはあまりウケはよくありません。幼く見られてしまったり、「男ウケを狙いすぎていて引いてしまう」という厳しい意見もあるため、レースやフリルはトップスかスカートのどちらかに取り入れるようにしてください。

30代後半から40代の女性におすすめなワンピース

 淡いピンクのワンピースを着た女性

30代後半から40代の大人の女性が婚活パーティーに参加する際には「女性らしさ」や「物腰のやわらかさ」をアピールできるフェミニンなワンピースを選んでください。

ワンピースの色は、大人っぽい美しさを引き立てる黒や紺も良いですが、婚活パーティーで男性が見るのは「この人と家庭を持てそうか」ということですので、女性らしさが引き立つ「ライトベージュ」や「淡いピンク」を選んだ方がより良いでしょう。
「たかが服の色だ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、婚活パーティーにおいて「女性らしく見られる」ことは大切なことです。
だからこそ、相手と自分のためにあたたかい家庭のイメージにも繋がるライトベージュや淡いピンクを身にまとうことも大切でしょう。

ただし、気を付けて欲しいことが何点かあります。
まずは体型カバーを意識し過ぎて「オーバーサイズすぎる服」を着てしまったり、セクシーに見せたいからといって「過剰に露出したデザインの服」を着てしまうことです。あくまでもご自身に合ったジャストサイズの服を選んで婚活パーティーに臨んでください。
次に稀ではありますが、全身が高級ブランドでコーディネートすることはやめましょう。ブランドで固められてしまうと、男性には「結婚後もブランドものばかり買う人なのではないか」と誤解を与えてしまいます。もしブランドを取り入れるならばワンポイントだけ抑えるようにしましょう。