1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

「おひとりさま」でも大丈夫!婚活イベント「PARTY☆PARTY」に行ってみた

投稿日: 2017年04月22日
婚活パーティーに行く女性

「婚活」と一言で言っても今や様々なイベントが開催されていますが、ここでは1人でも気兼ねなく行けて、短時間でさくっと帰ることのできる婚活イベントを紹介します。

結婚相談所も運営しているIBJメンバーズ主催の「PARTY☆PARTY」は、年齢や趣味別のテーマで集まった男女が、1対1で話をすることができるイベントです。

お互い気に入った人とのみ連絡先を交換できるシステムなので、無駄がなく流れもスムーズなのが特徴です。

「PARTY☆PARTY」の流れ、コスト、参加者層、また、メリットや気をつけたい点について説明します。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

1.婚活パーティーに行ったきっかけ

パーティーに参加した当時は、29歳という年齢、且つ、周囲の結婚ラッシュにだいぶ焦っていました。

周囲の友人が結婚していくということは合コンに誘われる機会も減るということで、自ら積極的に動かなければ、新しい出会いなんてほぼ皆無になるということ。

そんな時、友人が「有楽町の交通会館でやってる婚活イベントに行ってきた」ということを教えてくれました。

「え、そんなところで婚活イベントなんかやってるの?」と興味を持って調べたのが、結婚相談所も運営しているIBJグループ主催の「PARTY☆PARTY」という婚活パーティーでした。

2.「PARTY☆PARTY」って、どんなお見合い?

この「PARTY☆PARTY」というイベント、調べてみるとわかるのですが、ほぼ毎日のように開催しています。場所も有楽町だけでなく、恵比寿や新宿など様々。

「年収○○万円以上の男性」や「○○が趣味の人」など色々なテーマでメンバーを募ってパーティーを開催していて、男女共に年齢制限があるものもあります。

テーマ毎に募集している男女の人数はそれぞれ8人くらい。必ずしも、男女が同数とは限りません。

まず女性が指定のブースに入り、男性がそれぞれのブースを順番に回って、3分程度おしゃべりをします。某お見合い番組の「お見合い回転寿司」のようなイメージでしょうか。
その際、お互い相手のデータが入力されたタブレットを見ながら話すことができるので、趣味や特技、出身地など、一応会話のネタには困らないようになっています。

そうしてすべての男女が会話をし終わったら、印象の良かった異性を3人まで、順位をつけて選びます。そこでお互い上手くマッチングすれば、係の方の誘導で連絡先を交換できる流れになっています。

1時間程度でさくっと終わるし、無駄がなくて良いなというのが最初の印象でした。

会費はテーマによって様々ですが、女性であれば1回2,000円~3,000円くらい。男性は4,000円~5,000円と若干割高になっています。男性の場合、結果を出さずに帰るには少々高い金額設定かもしれません。

3.どんな人が来ているの?職業や年収は?

年収

私は3回このイベントに参加しましたが、男性陣はそれこそピンからキリまで、という感じでした。

若くて見た目も格好良い人もいれば、いかにも話しベタという雰囲気の男性もいます。基本的にモテる男性はこういうイベントに参加しないと思うので、後者の方が多い印象でした。

同性については顔を見ることができないのでわかりませんが、男性陣によるとこちらもピンからキリまで、という話です。中の上以上のルックスであれば、そこそこモテるような気がします。

あとは、年齢が他のメンバーより若いとやっぱりモテるので、たとえば30歳の人であれば「女性30~34歳」というテーマのお見合いに行くのが良いと思います。

逆に「女性25~30歳」というテーマのものに行ってしまったりすると、票を集めるのは至難の業になってきます。

また、男性陣の職業ですが、プロフィールを見た限りでは様々でした。物流系やシステム系、ベンチャーで働いている人もいましたし、弁護士や会計士という人もいました。

年収も400万円代~1,000万円代までと幅広かったです。ただ、「年収700万円以上の男性」というテーマに沿っていなかったりする人がいると「あれ?」と思うこともありました。

年齢も、テーマより若干上の人が参加していたりもするのですが、あまり厳しく制限すると参加者が少なくなってしまうからなのかな、と思います。

4.短時間おしゃべりしただけで気に入る人を見つけられるの?

各ブースで会話するのは3分程度、と言いつつも、3分と言うとけっこう色々なことを話すことができます。

このくらいしゃべれば、合う、合わないはかなりはっきりわかります。

気の合う人と話している時はやはり3分があっという間に感じますし、逆に盛り上がらない人との3分間は非常に長く感じます。

あとはこのくらい時間があると、相手の身なりにも目を向けられるのが良いと思います。

男性は荷物を持って移動してくるので、アウターや鞄なんかもチェックできます。

私は正直、その人の性格だけでなく、「良い人そうだしかっこいいけど、この暑い時期にサマーニット着てくるってどうなの?」というかなり個人的な基準で相手の順位を決めていました。

もちろん、気に入る人が1人もいなかった場合は、無理に選ぶ必要はありません。

参加費用は勿体ないですが、万が一マッチングしてしまったら連絡先を交換しないといけないので、それが嫌な場合は誰も選ばない方が良いでしょう。

5.恋愛につながる出会いはある?

私の場合は、初めて行ったイベントでマッチングした男性(当時35歳、カウンセラー)とイベントの後軽くお茶をし、別日に一度だけ食事に行きました。

そこそこ楽しく過ごせたものの、お互いそこまでぴんとは来ていなかったのでそのうち連絡が途絶えてしまいましたが、本人たち次第では次につながる可能性は十分あると思います。

そのまま流れてしまわないよう、気に入った相手とマッチングできたのであれば、当日にお茶をしたり、その日のうちに次に会う約束を取り付けてしまった方が無難です。

私は3回とも一応マッチングはしたのですが、食事まで行ったのは1回だけで、あとの2回は連絡先を交換したものの、連絡することすらありませんでした。

このイベントは、「何回も通えば良い人に出会える」とも限らず、私のように3回ほど行くと、参加者の層がなんとなくわかってきてしまいます。

中には「こんなモテそうな人も来てるんだ」と思える人もいたりしますが、自分の好みの人と全然出会えない場合は、あまり数をこなしても意味はないかもしれません。

6.「PARTY☆PARTY」のメリット

このイベントのメリットは、やはり1人でさくっと行けて、短時間で終わらせることができるというところでしょうか。休日の午前中に参加して午後は別の用事を入れたり、仕事帰りにそのまま立ち寄ることもできます。

また、イベントを開催している建物も、「いかにも婚活」という場所ではないので、周囲の目を気にする必要がないのも利点です。初めて参加する婚活イベントとしては、ちょうど良いイベントかもしれません。

7.気をつけたいポイント

上記のようなメリットもある反面、気をつけたいのは、「誰でも気軽に参加できるイベントなので、プロフィール欄に嘘偽りを書くことも可能」という点です。

一応受付で身分証明書を提示するので名前や生年月日をごまかしている人はいないと思いますが、職業や年収の証明書までは提示することがないので、人によってはプロフィールを誇張して書いている人もいるかもしれません。

運営側から実際に聞いた話ですが、中には既婚者なのに趣味で参加していた男性がいて、運営側にバレて出入り禁止になったりしたこともあるそうです。

私が実際に参加した時は、皆さん誠実そうで嘘をつくような印象はありませんでしたが、「そういう人がいることもある」と念のため心に留めておいた方が良いと思います。

また、気軽に参加できるがゆえに、参加者の結婚願望にも意外と振り幅があります。「結婚は置いておいて、とりあえず彼女(彼氏)が欲しい」と思って参加する人もいるので、真剣に結婚を考えている人は、その点も踏まえておきましょう。

8.「PARTY☆PARTY」は、あくまでも婚活の一手段として活用しよう

気に入る異性と出会えるかどうかわからない、というのはすべての婚活において言えることなので、とりあえず始めるならば参加しやすい、ハードルの低いところから始めてみてはどうでしょうか。

好みの相手が見つかるかはその時の運次第ですが、少なくとも普段は関わることのない人たちと会話し、こんな男性・女性もいるんだなと視野を広げることができます。

興味を持った方は、社会勉強を兼ねて一度くらい参加してみることをおすすめします。