1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

婚活パーティーより「飲み会系婚活」に幸せへの活路あり

投稿日: 2017年04月18日
飲み会系婚活のイメージ

あなたの婚活を成功に導く、「飲み会系婚活」とは?

婚活コンテンツとしては主流になりにくい飲み会形式に、実は婚活成功へのカギが隠されているんです。

婚活中の方がまだまだ知らない、隠れたたくさんのメリット。

この記事では飲み会系婚活の概要や、なぜ有効なのかを具体的に解説していきます。

婚活パーティーでは成果の挙がらなかった方でも、活動の方法を変える事でガラリ一変する可能性があります。是非最後までお読み頂く事をオススメします。

スポンサーリンク
pairs

1.かしこまった婚活パーティーより、飲み会に活路!

1-1.飲み会系婚活って?

婚活真っ最中の方もこれから婚活を始めようとする方も、具体的な活動内容として頭に浮かぶのは、やっぱり婚活パーティーへの参加ではないでしょうか?

近年は都市に関わらず日々様々な企業や団体が婚活パーティーを開催しており、チャンスはそこら中に転がってるようにも見えます。

しかし、ここでオススメしたいのは婚活「パーティー」ではなくて、「飲み会」形式の婚活イベントなんです。

婚活パーティーの主催企業が異色のイベント的な位置付けで開催しているものもあれば、ネット上で合コンの相手グループを探せる婚活サービスなども最近では利用者が増えています。

例として、飲み会系婚活イベントを積極的に開催している企業には「おとコン」・「ゼクシィ縁結びパーティー」などが挙げられます。

参加者の方からの評判も良く、リピーターの方も多いようです。

ガチガチの婚活という感じがしないコンテンツと言えますが、飲み会系婚活が一定の人気を保っている理由は何なのでしょう?

そこを紐解く事が、実は婚活成功のカギとなるのです。

1-2.婚活パーティーは「短期決戦形式」

婚活パーティーのイメージ

まず通常の婚活パーティーは飲み会系に比べて、どういった点が成功に繋がりにくい原因となっているのか?
ここに触れてみます。

一言で言うと、「あまりにも短期決戦過ぎる」というコトなんです。

婚活パーティーとして主流なのは、会場でプロフィールカードを記入して1対1で会話を始めるという形式のもの。

参加者の方は皆さん結婚相手を見つける気満々ですので、プロフィールの時点でまず「有り・無し」の判断をしてしまいがちです。

また目立ったプロフィールの方がいれば、その方に人気が集中してしまい、他の方にとってはただただ時間が無駄になってしまう事も多いのです。

もしかしたらその中に、プロフィール的には理想でなくてもフィーリングが合い、「一緒にいると凄く楽しい」という恋愛に不可欠な相性の良い相手が埋もれている可能性もあるのに。

さらには参加人数が数十名にのぼるパーティーも珍しくなく、矢継ぎ早に会話相手がローテーションしていき、お互いの事などほとんど分からないまま終了時間を迎えてしまう事も多いです。

つまり短時間の間に条件で判断しなくてはならず、お互いの内面や相性を深く知れないまま終わってしまう形式である事。

こういった点が、婚活しているのに上手くいかないという方を生み出してしまっていると言えるのです。

1-3.飲み会形式の婚活は「長期決戦型」

そんな典型的な婚活パーティーの持つ問題点を、飲み会系婚活は解決してくれます。

まず大きな特徴の1つとして、その場に集まった方々で2時間程度は会話を続ける形のため、婚活パーティーに比べてお互いの内面や性格的な相性を深く知る事が出来ます。

さらに、飲み会形式にはプロフィールカードが無いケースが多く、会話の中でステータス的な部分を徐々に知っていく事になります。

言わば婚活でありながら「自然な出会い」により近い形なのです。

婚活パーティーがきっかけで理想的なプロフィール・ステータスのお相手と結婚する方ももちろんおられますが、一緒にいて楽しいかどうか、幸せを感じられるかどうかで相手を探せる手段なんですね。

特にプロフィールカードへ記入する内容に自信の無い方でも、あなたの内面的な魅力に気付いてくれる異性が見つかる可能性は間違いなく飲み会系の方が高いでしょう。

続いて、飲み会系婚活の持っているもう1つのメリットと更なる活用方法をお伝えします。

2.「友達の輪」が広がり、恋愛に発展?

2-1.飲み会の出会いは、結婚前提だけにあらず!

飲み会の様子

飲み会系婚活で最もオススメしたいポイント…実は「友達が増える」ということなんです。

「結婚相手を探してるのに、友達を増やしてどうするの?」とお考えの方がいたら、その考えは結婚相手探しにとって大きなマイナスになってしまいます。

まず婚活パーティーでは当然友達は出来にくいです。

前述した形式ですので、結婚相手候補がいなければその日は失敗。

それで終わってしまいます。

しかし、飲み会形式であれば結婚相手としてはNGでも、友達としてなら付き合っていきたいという方も多く見つかるのです。

ここが非常に重要なんですが、そうして広がった友達の輪の中、本人同士で更に飲み会を開催するケースも多いのです。

そうなれば、婚活サービスの枠を超えて出会いのチャンスが広がります。

さらに相手の異性が集めた参加者には、あなたの友人としての評価が伝わりますので、プロフィールカードでは知れない魅力をアピール出来るチャンスも多い。

友達が友達を呼んで輪が広がり、その中で恋愛に発展する相手と出会える。

これが飲み会系婚活の大きなメリットなんです。

婚活で探すのは結婚相手候補のみ!なんて考えてしまうと、このチャンスを切り捨ててしまう事になります。

もちろん打算的に「この人の友達には良い人が多いかも…」という考えで友達になり、合コンを開催してもらうのもアリでしょう。

婚活に行き詰まっている方にこそ、この点に注目してみて欲しいです。

2-2.飲み会系婚活での立ち回り、婚活パーティーとは真逆?

では次に、飲み会系婚活での立ち回り方について触れてみます。

婚活パーティーでは短時間の間に自分の売りをアピールしなくてはなりませんが、飲み会系では真逆とも言える立ち回り方が功を奏すでしょう。

それは「相手の話をよく聞く事」です。

基本的に人は自分の話を聞いてくれる人を欲していて、同調してくれる人には好意を持ちやすいです。

飲み会に好みの異性がいたら、その人にいかに喋らせるかに重点を置いて振る舞うと良いでしょう。

さらにはそこで相手の異性の趣味趣向を探る事も出来ます。

例えば好きな食べ物や行ってみたい飲食店などが聞き出せれば、「オススメのお店があるから今度行ってみない?」などとデートに誘う口実も作りやすいです。

逆に絶対やってはいけないのが、自分の話ばかりしたり、自己アピールに終始してしまう事。

婚活パーティーでは自分の話をする必要があるのでOKな行為となるのですが、飲み会の場は全く別です。

相手の話を聞き、その場の空気を盛り上げるような行動が、異性にとって魅力的に映りやすいのです。

少し自虐的なネタなんかも話しながら、親しみやすい人という印象を与えるくらいがちょうど良いでしょう。

2-3.飲み会系婚活の注意点、服装をキメすぎないで!

服装がダメな様子

婚活パーティーと異なる点はまだあります。

それは「服装」です。

婚活パーティーは男性ならジャケットやスーツ、女性なら綺麗なワンピースなどを着た参加者が多いです。

しかし、飲み会系婚活はどちらかと言えばカジュアルな場所。

あまりにも普段着っぽい服装もいけませんが、例えば男性ならスーツにネクタイ、チーフまで着用したビシっとしすぎの服装は浮いてしまいがちなんです。

ジャケットにデニム、スニーカーなどある程度着崩した服装が、浮きもせず抜けすぎもせずバランスの良い服装と言えます。

女性もお姫様のような服装はやめましょう。

婚活にガツガツしている感じが出てしまいます。

0L向けのファッション雑誌などに掲載されている、女子アナ系のファッションが妥当です。

まずは参加してみて、周りの方の服装をチェックしてより良いコーディネートを考えてみるのも良いでしょう。

婚活パーティーでの常識でなく、飲み会系婚活での常識やTPOを完全に把握する事が出来れば、婚活の成功がきっと近づいてきます。

3.飲み会系婚活は、婚活の域を超えて楽しさを与えてくれる!

飲み会系婚活に参加する事の最後のメリットをお伝えします。

それは友達の輪や幅が広がる事で、人生そのものの幅も広がりやすいという事です。

異性だけでなく同性との出会いも期待出来るため、プライベートやお仕事にも活きる人脈が出来やすいのです。

婚活が少し上手くいかなくても、新しい友達が出来る事は生活に楽しさを与えてくれるはず。

これは、結婚相手候補だけを見つけようとする婚活コンテンツでは得られないものです。

今までと視点を少し変えて、飲み会系婚活を是非有効活用してみて下さい。