1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

結婚相談所を選ぶ基準は?アラサー婚活経験者が語る正しい選び方

更新日: 2020年05月22日

結婚相談所を選択するイメージ

26歳から婚活をスタートし、結婚相談所を3社経験。(大手2社、1社中小)その経験から、どういった基準で結婚相談所を選ぶべきなのか赤裸々に語ります。

パンフレットや説明会だけでは、入会後に大金の無駄使いをしてしまった!ということもありえます。
また、口コミも実際のところ操作されていたりするので判断しづらいところですよね。私の記事が皆様の少しでも参考になることを祈っております。

筆者は大手も中小も含めて3社の結婚相談所を経験してきている29歳です。3社お世話になった1番の理由としては、結婚相談所によって大きくサポートや金額が変わってくるからです。

そして、口コミやWEBに書いてあることは、あまり当てにならないということを身をもって知り(大金無駄にしたな、と思った相談所もあります…)、選び方の大事なポイントが分かってからは、納得いく結婚相談所に出会え、1番ストレスなく活動できました。

私の実体験を通じて皆様にはお金を無駄にせず納得いく入会をして頂きたいので、早速ポイントごとにご説明します。

大手だからといって安心とは限らない!

大手だから安心とは限りません。どういったサポートがほしいのか、予め考えておくことが大事です。

筆者は大手2社、キューピッドクラブ、ツヴァイを経験してきました。
どちらもはっきり言って、「入会のカウンセリング時だけ手厚く、入会したら放置」というスタンスです。はい、結構ありますそういう相談所。

結婚相談所には2パターンあって、

  1. 担当カウンセラーの人に逐一相談にのってもらい、サポートしてもらう
  2. 自分自身である程度は活動できそうだから、こちらが必要な時だけ手伝ってもらえればいい

というもの。
入会前に、どちらがご自身が求めたいことなのか?というのを整理しておくことは大事です。

筆者は年齢的にもスタート時は26歳だったのと、恋愛経験もそこそこあったため、1人でもなんとかなるかな、と思い、「2」のパターンを選びました。

しかし、婚活でのお見合いって意外とメンタルやられる瞬間があります。
例えば、この人いいかも!と交際進めていくうちに、突然お断りの連絡がきたり、お見合いしてみたのだけれども会ってみたら合わない…断りたい…とか、短期間で複数の方と結婚に向けて真剣に交際を進めていくのですから、当然といえば当然ですが、慣れていないとストレス負荷がかかってきます。
そういった時に、なかなか友人や家族に結婚相談所での活動を赤裸々に言いにくい時もあります。

私は当時26、7で相談所での活動は同世代であまり一般的ではなく、相談しづらかった。

そのため、カウンセラーの人の親身なサポートは大事になってきます!

「1」の手厚いサポートは、IBJさんだったり大手でもプレミアムプランなど通常コースより高めのお金を払えばそういったサポートを受けることは可能です。

プレミアムコースとかって高すぎる!という場合は、ゼクシィさんなど月額や入会金が安めの場所で、そういったプランを選ぶのも手かもしれません。

ただ、慣れてくればメンタルも強くなってくるので、別にお節介されなくてもいい!「2」で!という場合は、そのスタンスでご説明会にいくことをお勧めします。

迷っていると高めのプランを勧められてしまうこともあるので!

お見合い料が発生するかしないか、非常に重要!

お見合いする男女

結婚相談所によっては、異性と会うだけで高い仲介料が支払いを請求されるところがあります。

結論からいうと、個人的にお見合い料発生の相談所は、お勧めしません!

理由としてはデメリットが多すぎるから。
キューピッドクラブを例にあげると、異性と会うだけで15000円も掛かります。もちろん月額や入会金とは別です!

お見合い場所は有名外資系ホテルなどのコース料理。初めて会った異性と気を遣いながら老舗料理を頂く訳です。
会話を続かせなきゃ!と思うわけですから、せっかくの美味しいお料理にも集中ができません。
しかも、会ってお話しているうちに、「なんだかこの人違うかも…」というお互いにフィーリングが違う!事件も、もちろん発生します。
そんな時に頭の中に15000円払ってるんだから頑張らなきゃ!というささやきが聞こえてくるのです。

結果、ご縁がないのであればその15000円を自分磨き用に素敵なデート服なり、美容院なり行けたはずと思いますよね。

そして新しい出会いにも、このお金が毎回かかると思うと躊躇し始めてしまうのです。これは勿体ない。

ツヴァイや中小の結婚相談所ではお見合い料は一切発生しておりません。そのため、新しい異性と会うにしてもデート費だけでもっと気軽にお会いすることができます。

生涯の相手を探すために大金を払っているわけですから、お見合い料を気にせずにもう少しカジュアルな雰囲気でお会いできたほうが、自然体でお互いを見ることもできます。

結果として、私もキューピッドクラブではなかなかうまくいきませんでしたが、ツヴァイでは素敵だな、と思える男性とお付き合いできました(色々とあって結婚のご縁はなかったのですが…)。

長々と書いてしまいましたが、とにかく入会を考えていらっしゃる方は、ぜひお見合い料が発生しないところを考慮に入れてみてくださいね。

相談所によって会員の差はあるのか?

相談所による会員の差

ここは、正直なところ感じました。
そのため、入会する際に異性に求める条件によって変わってきます。

筆者の経験談でいうと、キューピッドクラブ→元々慶応OG、OB会のつながりで出来た結婚相談所ということもあり、育ちがいい男性、女性が多い。全体的に品のある方が多かった印象でした。
いわゆるハイステータス(いわゆる高学歴、高年収)という方もいらっしゃいます。(どこの相談所でもそうですが、35歳以上の方が多い)これは人にもよるかと思いますが、その育ちのよさもあってかずっと実家育ちで可愛がられてきているため、ご自身のお金だけで生活経験をされていない方も多く、凡人の筆者にとっては結婚生活が恐ろしくなるような方もいらっしゃいました。

また、異性も女性に対してある程度の学歴や育ちを求めている感じもありました。

一方で、ツヴァイ→初期費用や活動費がおさえられることもあって、キューピッドクラブよりは年齢が若めの方や、年収も様々でした。
キューピッドクラブでは出会うことがなかった300万ぐらいの年収の方もいらっしゃいました(これは決して嫌味ではないです)。
また、一人暮し経験者の方やコミュニケーションも上手に取っていただける異性の方も多くいらっしゃったように思います。本当に様々なジャンルの方がいらっしゃいました。

このようにコンセプトや活動費の負担によって会員の層も確かに変わってはくるので、入会する際にどのような結婚生活を送れる相手がいいのか、ということをある程度はしぼっておいたほうがいいです。

もちろん最初は分かりづらくても、活動を重ねていくうちに軸というのは徐々に決めていけるものなので、読者様にとって1番門をたたきやすく、そして共感してくれる親身なカウンセラーがいるところで始めてみることがいいと思います。

何よりも、「行動してみる!」そこで考える、ということが婚活にとっては大事だと思います。

まとめ

以上、3つのポイントをあげさせて頂きました。
結婚相談所は決して安いお金ではないですから、私の実体験が皆様の参考になれば本当に嬉しいです!

相談所を3社渡り歩いてきた私が思うことは、結婚相談所に入ったからといって、必ず結婚できる訳ではないという現実の厳しさを頭にいれてリラックスして活動することです。

人と人の縁って奇跡ですから、確かに1社で数ヶ月にご成婚される方もいれば、私のように何社も渡り歩いた上、最終的に外で出会った人と結婚!なんていう方もたくさんいます。

相談所で大金払って決まらないなんて…と落ち込む必要もないですし、入会して複数の結婚をしたい異性と出会うことで、ご自身が本当に結婚をしたいのか、そしてどんな人と過ごすことで幸せになれるのか、交際中に自分がどのような捉え方をしたらいいのかなど、学べることはたくさんあります。

私は心から相談所に入会して活動してよかったと思っているので、興味のある方はぜひカウンセリングに行かれてみてくださいね。