1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

結婚相談所は恥ずかしいところではない!その理由と対策まとめ

投稿日: 2019年12月03日

執筆者: 順子

結婚相談所を恥ずかしいと思う女性

結婚相談所を考えたとき、なかなか勇気が出ない原因となっているのは、恥ずかしいという気持ちからであることが多いものです。

結婚相談所に行くことそのものが恥ずかしいから、結婚相談所に行けない、でも結婚はしたいというジレンマで悩む方も多いことでしょう。

結婚相談所で婚活することは候補にあるけれど、恥ずかしいから結婚相談所に行けないという気持ちとどう向き合っていけばよいのか、どのようにすれば恥ずかしい気持ちを乗り越えられるのか?
どうすれば結婚相談所に行くことができるのかについて触れていきます。

人はなぜ結婚相談所を恥ずかしいと思う?

結婚相談所を恥ずかしいと思うのは、できる限り自然な出会い方で結婚したいと思っているからです。
例えば、友達関係から発展したとか、職場やバイト先で知り合ったとか、学生時代に既に知り合っていたというように、日常生活のなかで勝手に知り合ったという体裁が欲しいからです。

作られた出会いでなければ、必然的で運命的な出会いであったような感覚にもなり、周囲の結婚した人の馴れ初めを聞かされたほうとしても羨ましい気持ちを抱くこともあるからです。人によっては、自然な出会い方から結婚したことが誇りとなっている場合もあり、だからこそ結婚相談所に行くことを恥ずかしいと感じてしまうのです。

わざわざお金をかけて登録し活動しなければならない、というところで恥ずかしいと感じてしまう人もいるほどです。だから結婚相談所を恥ずかしいと思ってしまうのです。

結婚相談所を恥ずかしいと感じることにどう向き合う?

結婚相談所を恥ずかしいと思うことについて、一度深く自分自身のなかで考えてみる必要があります。この点を乗り越えられなければ、結婚相談所に行くことができないからです。成婚に至ったとき、馴れ初めを聞かれた場合を想定してしまい、恥ずかしいと感じているというケースもあります。

このようなときは、なにも正直に馴れ初めを言う必要はないと考えると良いでしょう。
というより実は、恋愛結婚をした人でも本当の馴れ初めを言う人はそう多くはないものだからです。例えばですが、ナンパがきっかけで結婚をしたとか、夜のバイトで知り合ったから言えずに嘘をついているなどです。

これらに該当しなくても、なかなか本当のことを言う人はいないものです。世の中には想定外の出会い方も多くあるものだからです。

知り合い方に関しては、馴れ初めを周囲に聞かれたときなど、証拠を出して説明する必要など一切ないとので、この点がひっかかり恥ずかしいという気持ちがあるのなら、恥ずかしいと感じる必要など一切ないのです。

恋愛結婚が主流という現代だから恥ずかしいと感じがちですが、ではなぜ結婚相談所がこれほど乱立しているのか、ということを考えると良いでしょう。言うほど現代では、自然な出会いなどそう簡単にあるものではないという裏返しだからなのです。

馴れ初めが結婚相談所であることが恥ずかしい場合

もしも成婚したらと考え、結婚相談所がきっかけで知り合ったというのが恥ずかしいと感じて動けないのなら、馴れ初めネタなどどうにでもなると考えておきましょう。
先述したように本当のことを言う必要はないからです。

周囲から「何がきっかけで知り合ったの?」 と聞かれて適当なことを答えて嘘をつけたとしても、親には何というかで悩む人も多いものです。

ですが、結婚相談所で知り合ったことは、親にでもできる限り隠しておきたいという人もまた多いです。

結婚相談所では、親にでも馴れ初めについて隠しておきたいという共通の感覚をもっている人もいるので、その点については、成婚に至った場合に自分の気持ちを相手に正直に伝え、口合わせしておくと良いでしょう。

結婚相談所が恥ずかしい場合の無難な嘘

成婚時のときを考えると、結婚相談所は恥ずかしいからどうも気が引ける、というときは、予め嘘のネタを考えておくとよいでしょう。考えておくことで恥ずかしいという気持ちの度合いが減ることもあるからです。
馴れ初めを聞かれたときに、証拠など突き出す必要もないのですから。

例えば、スポーツクラブで知り合ったとか、会員制のジムでも良いですし、単発で通える市のスポーツジムで筋トレマシンの使い方を会話したことから付き合いに至った、というようなことでも良いでしょう。友人の紹介ということも、またありです。

そもそも自分の親が子供に知り合ったきっかけに関して嘘をついていることもあるくらいなので、馴れ初めに関して悩み恥ずかしいとなる、というのなら、その点に関してはそれほど思い悩む必要などないのです。

独身証明書の取得が恥ずかしいと感じる場合

結婚相談所では、独身証明書を提出する必要があるため、書類取得を恥ずかしいと感じる人もいるものです。

私自身は岩手県盛岡市のツヴァイ盛岡支店という結婚相談所を利用しましたが、独身証明書は代理でも取得できるケースがあります。私が利用した店舗では、担当者に代理で取得してもらうことができました。

郵送でも市役所の担当の課に請求することができるので、郵送で申請することでも良いでしょう。

代理取得に関しては、結婚相談所の担当者に聞いてみると良いでしょう。

私の場合ですが、市役所で知り合いに目撃されるケースを想定し、担当者に代理で取得してもらうことになりました。

結婚相談所は恥ずかしい場所ではなくメリットがある

結婚相談所は登録し、活動していくという「行動」を起こすことで、結婚できるかもしれないという可能性が生まれる場所です。
ですから大きなメリットを生む可能性のある場所です。

辛い思いをときおりすることもありますが、リスクよりも結婚できるかもしれないというメリットのある可能性のあるところです。それも、自然に知り合うよりも早くに成婚に至ることの多い場所です。

職場には同性しかおらず、日常生活で忙しさなどから出会いがない人も多く登録しています。

正真正銘の独身であり、結婚の意欲と意思のある異性のみ登録しているのが、結婚相談所です。だからこそ、自身のある程度の要望の範囲の異性が紹介され、効率も良く結婚まで早い展開が期待できる場所となっています。

同じことの繰り返しの日々から一転、異性を紹介されるという現実が待ち受けているので、この点も大きなメリットとなるでしょう。

行動しないということは、傷つきもしませんが、幸せも生みません。
行動するということは、何らかの結果を出せるということになるのです。

結婚相談所は恥ずかしいところではない

何をきっかけに知り合っても、恋愛に至るから結婚するのですから、付き合うきっかけをそれほど重視しなくても良いものです。

結婚をして幸せになりたいから行くのであって、結婚に至る経緯を重要視していると、何もおきない日々が続くという可能性もあります。

知り合うきっかけが何であっても、結婚は結果です。その先にも、もちろん生活はあるのですが、交際の馴れ初めを恥ずかしいと感じるのなら、異性と交際することもためらってしまうということも想定されます。

異性と付き合うことが恥ずかしいのか、結婚相談所に登録し活動することが恥ずかしいのか、今一度よく自分と向き合ってみることでも、恥ずかしいという気持ちを乗り越えるきっかけになることができます。

恥ずかしい気持ちを乗り越えた先にあるもの

私の場合は、異性と付き合うことが恥ずかしいことと、結婚相談所が恥ずかしいという両方であるということを自覚しました。だからこそ、自分の気持ちを一度深く受け入れたからこそ、素直に活動することができました。

自分の気持ちを認めなかったころは、意地になり、結婚相談所に登録することもできませんでした。
「そういうところは辞めたほうがいい」と世間ではよく言われている場所ですが、だからといって、行動せずに何も起きない日々が続いた場合、誰も責任は取りません。

後々、「登録して活動できる体力があるうちに結婚相談所に行ってみても良かったな。」と思う日がくるくらいなら、やはり登録し活動した方がお得です。

どうしても結婚相談所が恥ずかしいと感じるなら

結婚相談所を天秤にかける

恥ずかしい」と「結婚できるかもしれない」という極端な事項について天秤にかけてみることも一つの手段です。

私は自分の気持ちを受け入れるまで、このような気持ちの葛藤も経験しました。

天秤にかけてみた結果、「恥ずかしい気持ちよりも、結婚できたらを考えたら、結婚できたほうが良い」「結婚の経緯なんてものは、文書にして背中にぶら下げて紹介して歩くわけではないのだから、恥ずかしい気持ちは無視しよう。」という結論に至ったことからも登録するという結論になりました。

結婚は、それほど大きなメリットと幸せがあると私は考えているからです。

恥ずかしいという気持ちを無理に捨てられなくても良い

とはいえ、私は活動中、恥ずかしい気持ちが一切なかったわけではありません。

では、どのようにして乗り越えたかというと、恥ずかしい恥ずかしいという気持ちをありのまま受け入れつつも活動するという手段に出ました。

そもそも今現在、結婚している人すべてが恥ずかしいという気持ちを持っていないのでしょうか?
そんなことはないですよね。

むしろ、結婚しているから経験値が高いかといえば、それもまた別の話です。

結婚できているから経験豊富かといえば、決してそういう人ばかりではなく、むしろ初めての交際相手が結婚相手で、異性は配偶者しか知らないという人も多くいるのです。

だから、私は恥ずかしいという気持ちを無視しながらも、どこかで恥ずかしいという気持ちも同時に抱え、その複雑な気持ちをすべてありのまま受け入れながら行動していました。

結婚している人は異性に対して、例えば顔が真っ赤にならないとか、あるのでしょうか?
そんなことはないですよね。

私はありのまま、自分の感情を素直に受け入れながら行動したから、結果が出たと考えています。

それよりも、恥ずかしいという感情があることは生きていることそのものであり、恥ずかしいという感情があるからこそ、恋愛感情だとか異性と交際しよう、結婚しようという思いも沸き起こっていくものだと考えています。

恥ずかしい感覚と感情は、異性を獲得しようという気持ちと、本気度合いがある証拠でもあると今でも結論付けています。