1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

マッチングアプリで40代女子が再婚にこぎつけた話

更新日: 2020年05月22日

マッチングアプリで再婚した40代女子

マッチングアプリを使おうとする女性の中には、離婚後、新しいパートナーを探す目的で使っている人がいるはずです。
しかし、マッチングアプリに限らず、婚活では「年齢が高くなればなるほど不利」と言われているのも事実でしょう。

ここでは、再婚活をマッチングアプリ経由で行い、40代で再婚にこぎつけた私が、どんなことに気を付けていたかをお話しします。

私は31際の時に結婚した元夫と6年後に離婚しました。

原因は…

  1. 元夫の浪費癖(買い物依存症で片づけができない)
  2. 浮気(私と元夫の共通の知人と浮気していた)
  3. 元夫の学歴コンプレックス(元夫→専門学校卒、私→大学院卒)
  4. 実は前の奥さんとの間にお子さんがいて、しかも養育費を払っていなかった

など、「なぜ、自分はこの人と結婚してしまったのか」と思わされるようなことがたくさんあったためでした。離婚自体はすんなりまとまったのですが、しばらく婚活をする元気もなかったです。

しかし、離婚から半年たったころ、「やっぱり、この先1人なのも寂しいな」と思い、「まずは彼氏を探そう」という考えにいたりました。
そうは行っても、結婚相談所に入るほどのお金もなければ、仕事を再開したため時間がなかったので、無料で登録できるマッチングアプリから始めたのです。

業界最大手のとあるアプリでした。幸い、その時はまだ30代だったため、(20代の若い子ほどではありませんが)男性からデートのお誘いがあり、半年間で10名程度の方とお会いしました。

私のことを気に入ってくれる人もいれば、途中で連絡が途絶えたり、最後に手厳しいコメントが来てブロックされたりと、なかなか波乱含みの展開だったので、最後の方は「私、これこのまま続けていて大丈夫なのか?」と本気で思ってしまったくらいです。

不安や悩みを相談・解決!

ココナラでは、1万件以上の口コミを参考に、実力派占い師や人気カウンセラーを選んで、1対1の完全非公開のトークルームで気軽にオンライン相談できます。

登録にかかる時間は1分程!
今なら登録で300円割引クーポンが貰えるので、恋愛・結婚・仕事・生活・寂しさ・人間関係など、気になる不安や悩みを解消しちゃいましょう。

ココナラ公式サイト

マッチングアプリで再婚相手と運命の出会い

「もういいかげん、マッチングアプリやめようかな?」と懲りかけていたころ、1人の男性の情報が目に入りました。なんだか、俳優の染谷将太さんがもうちょっと年を取ったような優しい雰囲気の人だったのです。
その人のプロフィールを見ると、「水曜どうでしょう好き」「レバ刺し好き」と、私と細かい好みがかぶっていたので、私からアプローチをしてみました。
幸運なことに、相手もデートに応じてくれることになり、池袋でお会いすることに。最初にお会いしたときに、「先週、千葉に釣りに行ったから」といって、お菓子を持ってきてくれたことを覚えています。

2回目のデートは、最初のデートから1カ月空いてしまったのですが、水族館に行った後、大好きな焼き肉を2人で食べました。その時に、「ねえ、ぱんちゃんって謎解き興味ある?」と言われたのです。もともと頭を使うことや、クイズ番組を見ること自体は好きだったので、謎解きイベントに興味はありました。「やったことはないけど、行ってみたい」と話したところ、「じゃあ、今度行こう!」と3回目のデートがそこで決定したのです。

3回目のデートは、謎解きイベントに行ったあと、彼が食べてみたいといっていたアナゴのお寿司がおいしいお店に行くことに。その時に、私から勇気を出して「クリスマス、デートしませんか?」と誘いました。
これはあとから知った話なのですが、彼はその時、別の女の子からアプローチされていたそうです。しかし、彼にその子と付き合う気がなかったようなので、私とのデートに応じてくれたとのことでした。

4回目のデートは、私の母校がクリスマスの時期になると校内のライトアップをすることで有名だったので、そこに行くことに。夜も更けてきて、校内からでなければいけなくなるときに、「ぱんちゃんといると楽しい。これからも一緒に過ごしてくれますか?」と告白され、お付き合いすることになりました。

その後は、2年半ほど交際を続け、ついに2019年6月16日に、正式にプロポーズされたのです。
プロポーズは、「ここで結婚式挙げたいね」と話していた代官山のレストランで、コースを食べながら謎解きをしていました。最後まで解き終わった時に、プロポーズリングを渡されて、「正式な婚約指輪は今度買いに行こう。結婚しよう」と言われたのです。もちろん、喜んでお引き受けしました。

彼との再婚を決めた理由

Why Question

ここで、私が彼と結婚することを決めた理由を考えてみます。

  1. 浪費家ではない(物欲はさほどない、と言っていました)
  2. 見た目は悪くないが、「いい人どまり」だったので浮気もしそうにない(倫理的な面はともかく、浮気が面倒臭いと話していました。)
  3. 学歴コンプレックスは少なくとも感じていなさそう(日本でもトップクラスの私立大学出身でした)
  4. 子どもができるかわからないけど、何があっても大事に育てたいという考えを持っている

という4点が決め手になった気がします。
お気づきかもしれませんが、元夫といろいろ意味で対極の人だったのです。

今は、2020年1月の入籍、4月の結婚式に向けて、同棲を開始しています。料理は不得意みたいですが、それ以外の家事は結構手伝ってくれるので、本当にありがたいです。

40代の女性がマッチングアプリで再婚する秘訣

ここまでの内容を踏まえて、40代の女性の人がマッチングアプリ経由で再婚にこぎつけるには、どうすればいいか考えてみました。

大事なのは次の3つです。

  1. 自分が結婚相手に求めることを考えてみる
  2. どの条件なら譲れるのか、譲れないのかを選別する
  3. 「どうしても無理」と思うほどの人でなければ、ひとまず実際にお会いしてみる

(1)についてですが、私の最初の結婚が失敗したのは、ただ「30代になったから結婚しておかないとまずいよね」という焦りで動いてしまったことかもしれません。
焦りだけで動いたので、ひとまず「結婚しよう」と言ってくれる人なら、誰でもよかったのかもしれません。
元夫がどんな人間かをきっちり見極めることなく、結婚を急いでしまった(交際期間半年)ことは、その後の離婚につながった気がします。私がやるべきことは、「どんな人と結婚したいのか」を考えることだったのかもしれません。

(2)についてですが、「どんな人と結婚したいのか」条件を考えたとしても、その条件にすべて合致する人はなかなか現れないかもしれません。
そうだとしたら、「どこまでなら妥協できるのか、もしくは妥協できないのか」を見極める必要があります。
私の場合、「浪費家でないこと」「相手が私に学歴コンプレックスを感じないこと」が絶対条件でした。
幸い、今の婚約者はその点についてはパーフェクトなので助かっています。

(3)についてですが、特にマッチングアプリの場合、最初はメッセージだけのやり取りから始まります。
文字で伝えられる情報量は極めて少ないので、実際に会ってみないと何もわからないことの方が多いです。
相手の人のスタンスにもよりますが、やり取りを始めたら、できるだけ早い段階で一度会って話してみた方が、その後どうするかを決めやすくなるはずです。

でも、40代の人がマッチングアプリで結婚にこぎつけるのに一番大事なのは、「まずはやってみる」ではないでしょうか。
私がマッチングアプリで交際にこぎつけた(当時)ことを同じく「結婚したい」と話していた知人に話すと、「私もやってみようかな」と話していました。
その後、同じ知人に会った時に「ねえ、マッチングアプリ登録した?」と話すと、「まだやってないー」と…いうまでもありませんが、婚活は自分から動かなければ、何も始まりません。
その時から1年以上たちますが、彼女は結婚相手はおろか、恋人すらも見つけられていないようです。

もし、これを読んでいるあなたが、「結婚したいけど、何をすればいいかわからない」と思っているなら、「まずは何かをしてみましょう」が答えになります。
マッチングアプリの登録自体も、そこまで難しいことではないので、「まずはやる」を心がけてみてくださいね。