1. TOP
  2. 男磨き
  3. 現在のページ

はじめての風俗体験談!準備すべきものや気を付けることは?

更新日: 2020年09月22日

はじめての風俗体験談

はじめて風俗に参戦するそこのあなた!準備は大丈夫ですか?
風俗嬢に最高のサービスをしてもらうために、心がけた方が良いことや、はじめてでもうちとけて楽しく過ごすことができる方法、最高に気持ちイイ経験ができる方法をこれから伝授します。

紋々とした気持ちを風俗で発散しましょう。はじめての体験でも大丈夫です!

即効でセックスできる!

セフレ コンドームを持つ女

会員数600万人を誇るJメールなら、登録後すぐにエッチも可能!
遊び目的での登録が男女共に圧倒的大多数だから、気軽に出会えます。

登録にかかる時間はわずか1分!
風俗通いを辞めたい方は、今すぐ始めてみましょう。

Jメール公式サイト(18禁)

【登録からSEXまでの流れ】

  1. 登録したらアダルト掲示板で好みの相手を見つけましょう。
  2. 次にHする場所を決めます。
  3. 仲良くセックスを楽しんじゃいましょう。

身なりを清潔にしましょう

これは言わずとしれたことですよね。
風俗嬢も一人の女性です。いくらプロとはいえ、やっぱり不潔な男性は嫌なものです。

衣類は清潔ですか?
爪や髭、髪の毛は伸び放題ではありませんか?
口臭や体臭は大丈夫ですか?

みなさんが盲点なのは虫歯です。これに嫌がる風俗嬢は多いですよ。

風俗の種類を決める

あなたが風俗へ行きたい気持ちは固まりました。
では、どのような風俗にいきますか?

大きく分けると店舗営業の箱型と、ラブホテルなどで逢う派遣型とあります。
箱型にはファッションヘルスやソープランドなどがあります。
派遣型ですとデリバリーヘルスとなります。
いずれにせよ、店舗に入るかラブホテルに入るかの違いはありますが、勇気がいりますよね。はじめて風俗に参戦する方には、デリバリーヘルス(デリヘル)をおすすめします。

なぜなら、最初から店舗に入るより、ラブホテルの方が人目につきにくく敷居が低いです。誰か知っている人にラブホテルに入る姿を見られても、(奥さん以外なら)後で言い訳ができます。
「昨日、彼女(妻)とラブホテルで待ち合わせをしてて」と言えますが、店舗だと言い訳はできませよね。ここではデリヘルへ行くと仮定して話をします。

行きたいお店を探す方法

デリヘルに行くことが決まりました。
あなたは風俗情報サイトや風俗雑誌を見て行きたいお店を選ぶこととなります。

アンダーナビやシティヘブンなどがメディアミックスされているので探しやすいです。「○○市 デリヘル」とスマホで検索してみましょう。

そこで予算やデリヘルのタイプを考えます。若い嬢が多い店、人妻が多い店、コスプレを導入している店などさまざまです。あなたの好みで選びましょう。

遊びたい風俗嬢を選ぶ

お店のサイトにはさまざまな嬢の写真が載っていますが、大体が顔を隠しています。恥ずかしがらずに好みのタイプを伝えましょう。
もちろん写真で選んでも良いです。

安くていいんです、手土産を用意しよう

一人の女性と逢うんです。手土産があった方が良いです。かといって高いものではありません。来店する前にデパ地下にでも寄って、お洒落なチョコレートを購入しましょう。
たとえばゴディバやデメルなどのチョコレートなんかおすすめです。800円から1000円弱ぐらいの品があります。

時々、勇んでしまって花束を買われる方がいますが、これは逆効果です。
風俗嬢の中には、家族と同居し、かつ家族には内緒で働いている子もいます。花束はどうやっても怪しまれますので、持って帰られません。ですから、小さなバッグにも入り、気の利いたお洒落な店でのチョコレートが良いです。

ホテルに入ってすること

お店も決まり、嬢も決まりました。あとはラブホテルなどに入って、予約した嬢が到着するのを待つばかりです。
ですが、できれば少し早めにホテルに入りましょう。嬢を迎える準備をするのです。

お風呂にお湯をはる

予めお湯を入れておくことで、嬢に余計な気を使わせなくて済みます。何より限られた時間です。お湯を入れる時間の節約にもなります。

清潔にしておく

たとえ後から嬢と一緒にお風呂に入るとしても、シャワーを浴びてソープで身体を清潔にしておきましょう。
また歯磨きも忘れないでくださいね。

シャワー後は服は着ずに、備え付けのバスローブを着ておくのが良いです。バスタオルだけだとソファーなどが湿ってしまいます。

ギンギンに大きくしておく

最初からムスコを大きくしていると恥ずかしい…その逆です。嬢はプロです。大きくなったムスコの方が嬉しいんです。

立たないムスコほど困ってしまいます。到着までAVでも鑑賞しながらヤル気を充足させておいてください。

部屋の灯りを調節しておく

室内は、明るすぎても暗すぎてもいけません。適度な明るさに調節しておきましょう。

嬢の到着

ラブホテルのドアはオートロックが基本です。
嬢が到着したらフロントに電話をして、鍵を開けてもらいます。

ご挨拶と支払い

ロックが開けられると、あなたがドアを開けて出迎えてあげましょう。嬢も自分からは入りにくいです。明るくにこやかに挨拶を交わしましょう。

その後はソファーに座り「来てくれてありがとう、今日はよろしくね」改めてご挨拶をしてください。

嬢はお店に到着の電話をかけます。その後は先にお支払いを済ませましょう。その時に手土産を代金と一緒にさりげなく渡してください。手土産を渡すのは、後より絶対先が良いです。嬢のサービスが良くなります。

少し会話を楽しみます

出会ってすぐにエッチなことをしたいのは山々ですが、まずは少し会話をしましょう。お互いに会話をしないと打ち解けられませんし、何より気持ちのイイサービスを楽しむことができません。

会話は嬢がリードしてくれますので大丈夫です。この時に恥ずかしがらずに初めての利用と正直に言いましょう。きちんと配慮してくれます。

一緒にお風呂に入ります

ここまでくると、後は気持ちイイことをするだけです。

まずは嬢がお風呂に誘い、綺麗に身体を洗ってくれます。もちろんムスコはギンギンのままがベストです。恥ずかしがらずに大きくなったムスコを見せてあげてください。きっと褒めてくれるはずです。

お風呂では、あなたが味わったことのないテクニックで翻弄されてください。脳がとろけてしまうような洗い方をしてくれます。

ベッドに行きます

嬢のテクニックを味わう

ベッドに行くと、まずは嬢のペースに身をゆだねます。

自分から攻めたいと思っても、まずは我慢です。嬢に仕事をさせてあげてください。全身を舌でヌルヌルにしてくれますよ。

あなたが嬢の身体を味わう

一通りテクニックを堪能したら、今度は嬢を攻めてみましょう。

どうすれば良いかわからないあなた…嬢がしてくれたことをそのまましてあげてください。男女の違いはありますが、基本的に自分がして欲しいことを女性はしてくれます。

なので、嬢がしてくれたことをそのままお返ししてください。もちろん、「やめて」と言われたことはしてはいけません。

フィニッシュ

再度、嬢に攻めてもらい…いよいよフィニッシュです。これは早いとか遅いとかを気にせずに自分のタイミングでイキましょう。
「あんまり早かったら恥ずかしい」なんて思わなくて大丈夫です。むしろ嬢にとっては、早い方が嬉しいんです。それだけ嬢のテクニックで満足できたということになりますからね。

「イクのはまだ早くてもったいない」と我慢をしてはいけません。嬢は女の子です。体力のことを鑑みてあげるのも一つのマナーです。

まったりタイム

フィニッシュを終えたら、「すっごい気持ちよかった」「こんなの初めて、ありがとう」などと感謝とねぎらいの言葉を言いましょう。

仕事を褒められると、あなたと一緒で嬢も嬉しいものです。1回戦終えるとあなたの悶々とした気持ちも和らいで、リラックスして嬢と会話ができます。

そこで自分の話をしてみましょう。また、まだ元気に復活できて2回戦に挑戦したいなら、残り時間を鑑みて、嬢にお願いしてみましょう。

お別れ

楽しい時間はあっという間です。

残り時間が少なくなると、嬢と一緒に再びシャワーを浴びてお別れとなります。
その時「また逢いたいな」の一言をつけると、お互い優しい気持ちで最後を迎えることができます。
このお別れの時間は、意外と切ない気持ちになってしまいます。