1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

結婚相談所を一つに絞らずに併用するメリットとデメリットとは?

投稿日: 2019年10月25日

執筆者: モラセス

結婚相談所の併用のメリットとデメリット

結婚相談所を使って素晴らしい出会いをしたいと思っているときに、複数の結婚相談所を掛け持ちしてみた方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。
結婚相談所を併用すること自体に問題はありませんが、どんなメリットやデメリットがあるのかはよく理解しておく必要があります。

人によって併用した方が良い場合としない方が良い場合があるので、メリットとデメリットを考慮して自分がどちらにすべきかを判断できるようになりましょう。

結婚相談所を併用するメリット

一つの結婚相談所にこだわらずに複数に登録して利用するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
魅力が大きいのなら多少のデメリットがあったとしても併用してみようと思えるかもしれないので、代表的なポイントを押さえておきましょう。

出会いの機会を増やすことができる

結婚相談所を併用すると出会いの機会が飛躍的に増えるのがメリットです。

一つの結婚相談所に登録している異性の数は限られていて、年齢や職業、年収や趣味などの希望も重ね合わせて考えてみると候補になる人はほとんどいないかもしれません。

さらに、時間的な都合が合わないと会う機会も得られないこともあるでしょう。
たくさん登録しておけばそれだけ候補者が増えるので、理想的な人に出会える可能性が高くなります。

タイプの違う結婚相談所を同時に使ってみることができる

結婚相談所にはそれぞれに個性があります。運営方針や雰囲気などによってどこに登録するかを決めているケースが多いでしょう。

慎重に相手を見極めて真面目な付き合いを求める人が集まるところもあれば、まずは付き合ってみて判断しようという気軽な考えの人が集まるところもあります。

一つに限定せずに登録することで、異なるタイプの人と出会える可能性を切り開くことが可能です。

タイプの違う結婚相談所を同時に使ってみると自分に合っているのはどんな異性かが見出されてくることもあります。

良し悪しの比較をしやすい

結婚相談所を併用するとサービスの良し悪しを比較しやすいのもメリットです。
この結婚相談所のスタッフに比べると向こうの方が丁寧に話を聞いてくれる、頻繁に候補者を紹介してくれるなどといった違いが見えやすくなります。

また、各種イベントのお誘いの有無や頻度、登録者数の増減などの違いもはっきりとわかり、どの結婚相談所がベストかを見極めやすくなるでしょう。

優良な結婚相談所が見つかったら他は退会してしまうことも可能なので、結婚相談所の厳選をするために併用するのも賢い考え方です。

同時に紹介されたら比較できる

複数の結婚相談所に登録していると、ほとんど同じタイミングで別の人を紹介されることがあります。
この際にどちらの方が自分の理想に近いか、魅力が大きいかを比較して決めることができるのもメリットです。

一人しか候補がいないと、次がなかったときのリスクが怖くてお見合いはしようと考えてしまいがちですが、その度に費用もかかってしまいます。
比較対象があることによって、本当に会って話をしてみるべきかどうかをよく考えることができるでしょう。

結婚相談所を併用するデメリット

結婚相談所を一つに絞りこまずに併用するのには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
生じるかもしれない不利益について十分に納得しておかないと後悔するかもしれないので詳しく理解しておきましょう。

結婚相談所との連絡の手間が増える

結婚相談所を複数併用すると手間が増えるのがデメリットです。

どの結婚相談所からも不定期に連絡が来ることになり、その全てに対応しなければなりません。
電話に出なかったり、メールの返信をしなかったりすると積極的に出会いを求めている人ではないと思われてしまって紹介をあまり受けられなくなることもあります。
そのプレッシャーの影響もあって大変な思いをしてしまいがちです。

仕事で忙しい人の場合には連絡するだけで手一杯になってしまって、なかなかお見合いに踏み切れないという悲惨な状況に陥ってしまうこともあるので、気をつけなければなりません。

費用がかさんでしまう

登録する結婚相談所の数を増やせば増やすほど費用負担が大きくなるのもデメリットです。

まず登録の時点で費用がかかるのが一般的で、金額も決して安くはありません。
その後の料金システムはそれぞれ異なっていますが、紹介を受ける度に費用がかかるのが一般的です。

また、お見合いの機会が増えたことで、個々のお見合いの準備のためにお金も必要になります。資金的に余裕がないとたくさん併用するのは難しいでしょう。

ただ、数を絞り込めばなんとか併用できるということもあるので、お金の問題なら併用を検討してみるのも悪いことではありません。

誤解を受けるリスクがある

多数の結婚相談所に登録していると、同じように結婚相談所を併用している異性から誤解を受けることもあります。

なかなか受け入れてくれる異性がいないために、次々に新しい結婚相談所に登録している人だと思われてしまうことがあるのです。

特に同じような経験をして登録数を増やしている異性からは敬遠されてしまうリスクがあります。

退会するときにも苦労がある

結婚相談所は出会いの機会があってパートナーが見つかったら自動的に退会する仕組みになっているのが一般的です。
しかし、サービス外でパートナーを見つけたときには退会手続きをする必要があります。

退会に際して説明を求められることが多いものの、他の結婚相談所を利用して相手を見つけたからとは言いにくいでしょう。
併用してはならないというルールがあるわけではないので問題はないですが、どう説明したら良いかで悩んでしまうことも多いのです。

併用するかどうかをよく考えて決めよう

結婚相談所の併用を吟味するウエディング姿の女性

このようなメリットとデメリットを考慮して、自分は結婚相談所を併用した方が良いのか、一つに絞るべきなのかを考えてみましょう。

基本的にはメリットを活かせる人は併用し、デメリットが大きな問題になる人は一つに絞るのが賢明です。

どんな人がそれぞれに向いているのかを知っておきましょう。

結婚相談所を併用した方が良い人

複数の結婚相談所に登録して有効活用できるのは、時間やお金に比較的ゆとりがあり、さらにできるだけ速やかにパートナーを探し出したい人です。

あちこちの結婚相談所から連絡が来ても、短期勝負で魅力的なパートナーを見つけるという気合が入っていれば対応できるでしょう。

複数の結婚相談所に登録して利用するお金もあり、対応する時間も確保できるのであれば速やかに候補者を見つけられると期待できます。

誤解をするような人が登録者の中にいたとしても、自分の考え方を理解してくれない人だと考えて諦めてしまえば問題ありません。

どのくらい急いでパートナーを見つけたいか、予算や時間にどのくらいの余力があるかに応じて登録数を変えれば納得できる形で出会いを探せるでしょう。

結婚相談所を一つに絞った方が良い人

結婚相談所を一つに絞った方が良い形で出会いの機会を求められる人もいます。

ゆっくりと落ち着いて生涯のパートナーになる人を探したい人は一つに絞った方が無難です。

何ヶ所からも紹介を受けていると一人一人の魅力を吟味するのに時間をかけられず、良い人がいたのに見逃してしまうことがあるかもしれません。

複数の結婚相談所を使っていると同時に別の人を紹介されることもあります。どちらのお見合いに応じるべきかと悩んでしまって決めかねてしまうこともあるでしょう。

登録先を一つにしておけば、同時に何人ものことを考えなければならないことはありません。

同じ考え方で一途な人も一つに絞っておいた方が心配がないでしょう。

お金がない、時間がないという人も数は絞り込んだ方が良いですが、必ずしも一つにする必要はありません。

厳選した二つに登録するといった方法も検討してみるのが大切です。

ちなみに、結婚相談所を利用した1000人にアンケートを実施したところ、利用者が多く評価が良かった結婚相談所は以下の2つでした。()の中の数字は1000人中の実際の利用者数です。

  1. ゼクシィ縁結びエージェント(407人)
  2. オーネット(308人)

調査の結果、調査対象とした23の結婚相談所の中で、ゼクシィとオーネットが圧倒的に支持されていることが分かりました。
やはりお相手あっての結婚。登録者多い結婚相談所を利用するのが近道です。併用するなら、まずはこの2つに登録してみるといいでしょう。