1. TOP
  2. 恋の豆知識
  3. 現在のページ

国際交流・異文化交流のメリットとデメリット

投稿日: 2019年10月03日

執筆者: Mina

国際交流・異文化交流

近年、日本国内において、カジュアルな場面での「国際交流」や「異文化交流」ができる場所が増えています。しかしあまり公には知られていないのが事実で、実際に国際交流をしたいと思っていても、どう動いたら良いか分からない、自分から外国人に話しかけるのは苦手、英語ができない、などといった声もあるでしょう。

そこでこの記事では、外国人男性との恋愛関係を中心に、国際交流・異文化交流のメリットとデメリットを紹介します。

国際交流、異文化交流とは?

まず最初に、簡単に国際交流、異文化交流について説明すると「異なる国の文化、習慣、言語などを学ぶ」「他国の人と交流する」ことを意味しています。

若者特権のワーキングホリデーもこの異文化交流に含まれており、現地で生の国際交流ができる絶好の場です。

日本国内で、国際交流、異文化交流ができる場所

ナイトクラブに集まる外国人

日本では、東京、大阪を中心に「外国人との国際交流パーティー」などといったイベントが多く実施されています。

具体的な場所は、バーやカジュアルなナイトクラブ、週末ハイキング、バーベキューなど、日帰りで国際交流ができる参加型のイベントもあります。
多くの場合、インターネットで簡単に申し込みができます。

誰でも無料で参加できるものから、有料のものまであり、外国人の国籍はアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど様々で、20代、30代の男女が多くなります。
反対に日本人は、大学生~20代女性が圧倒的に多く、留学経験者、これから留学、長期海外旅行を予定している人、英語が得意な人、外国人彼氏が欲しい人などの理由で参加されています。

またこれとは反対に、市町村などが実施している国際交流、異文化交流などもあり、この場合は英語を教えてもらう代わりに日本語、日本文化を教えるなど、内容は様々ですが、参加者も若い人から定年退職した人まで、あらゆる年代層の人が参加されています。

国際交流、異文化交流のメリット

外国人彼氏ができるかもしれない

外国人の彼氏が欲しいという理由だけで、国際交流パーティーに参加する日本人女性も少なくありません。
実際、この場を通じて友人関係から恋人関係へと発展する可能性もあります。

特に東京や大阪などの都市部に住んでいる人は、気軽に参加できる国際交流のイベントも多く、ちょっと遊びに行く感じで国際交流ができます。

日本に居ながら、外国人男性と知り合えるチャンス

島国の日本では普段、外国人と直接接する機会はあまりありません。
(インターナショナルスクール、外国人が働いている国際色豊かな職場などは別ですが)
街中では外国人を見かけることはあっても、あくまで旅行者なので、話すという機会にはめったに恵まれないでしょう。

一方で国際交流は、日本に居ながら異空間の場で、外国人と交流できる絶好のチャンスです。

相手の国の文化を知ることができる

国際交流の場では、日本に居ながらまるで海外旅行をしている気分で、相手の国の文化を知ることができます。

小さな国際交流の場では、一対一で話が盛り上がることも多々あり、今まで知らなかった文化、言語、価値観を学べるチャンスです。

参加費、入場料だけで外国人と交流できる

いざ海外旅行や留学へ行こうと思っても、費用、日数面で諦めざる負えない人もいるでしょう。
しかし、日本国内で開催されている国際交流の場は、無料もしくはクラブへの入場料、ドリンク料のみで外国人男性と交流できる場が多いため、圧倒的に費用が安く、週末の数時間を使って、簡単に行くことができます。

また英会話教室などと比べても費用が安く、1日で完結してしまうという手軽さもいいです。

英語が苦手でも、1人で参加できる

日本国内の国際交流、異文化交流の参加基準として、英語に関するレベルを設けていない場合がほとんどで、英語初心者の人でも1人で安心して参加できます。
友人と参加する女性もいますが、1人で参加するという女性も多く、逆に友人同士で固まっていない方が、相手の外国人男性も話しかけやすいといったメリットも生まれます。

参加される外国人も明るく、気さくな人が多く、英会話講師、日本企業で働いている、留学生、ワーキングホリデー、など日本語と英語両方の言語を話すことができる人も多いので、シャイな人でも安心して参加できるでしょう。

自分のことを考えるきっかけにもなる

国際交流の場では、自分の将来について考えるきっかけになるかもしれません。
例えば、国際結婚に対する憧れや、外国人彼氏が欲しいと思っていても、実際に話してみたら、やっぱり日本人男性の方が良かった、仮に付き合ったとしても、言語や価値観の面で合わなかったということも多々あります。

外国人彼氏というと「イケメン」「憧れ」「羨ましい」などいった声も多々ありますが、イメージと実際に付き合ってみるというのは別物です。

国際交流、異文化交流のデメリット

中には、体目当ての男性も!

国際交流パーティーには様々な人が集まり、主催者もいるなど一見安全そうに見えますが、中には最初から、日本人女性目当てで来る人がいるのも事実です。
外国人が集まるパーティー、バーなどで女性と親しくなるフリをして、帰り際に細道へ連れ込むなど危険な目に遭う人もいます。

また日本国内の国際交流において、これはごく稀ですが、ビザ目当てに日本人女性と恋愛関係、結婚までこぎつけるといった非常に悪質な例も考えられるので、どんなに優しい外国人男性でも注意は必要です。

ちょっとおかしいな?と思ったらすぐにその場を離れる。
簡単に自分の連絡先や、自宅の場所を教えない。
不安な人は、友人と一緒に国際交流パーティーに参加するなど万一に備えて、対策してくださいね。

日本人男性とは恋愛観が異なる

日本人男性との恋愛というと、友人関係→徐々に親しくなる→男女のどちらかが告白→お付き合い→結婚、などといった典型的なパターンがありますが、外国ではこの恋愛観自体が異なります。
告白といった具体的な意思表示を無しに、最初は軽い感じで付き合い、徐々に相手のことを知っていくというパターンも多く、初めて日本国内で外国人男性と付き合う女性は、この習慣の違いに驚くかもしれません。

またヨーロッパなど多くの外国において、事実婚、パートナー関係など法律的に籍を入れなくても、結婚している夫婦とほとんど変わりのない状態で暮らすことができる制度もあります。

英語を話す機会は意外と少ない?

これはどの様な国際交流に参加するかにもよりますが、若者向けに日本国内で開催されている国際交流は、英会話初心者レベルから参加できるものが圧倒的に多く、日本語や日本文化に慣れている外国人男性も多く参加されます。
そのため参加したからといって、必ずしもネイティブと英語を話す機会に恵まれるとは限りません。

また日本人の割合の方が多く、結局は友人と話してばかりだったという人もいます。

しかし、最初の挨拶や自己紹介は英語で話せるようになっておくと、外国人男性ともスムーズに会話のきっかけを掴むことができるでしょう。
国際交流に行く前に、ほんの少しの時間でもいいので、簡単な挨拶や自分の趣味などについて英語で話せるように練習してくのもおすすめです。

最後に(まとめ)

国際交流、異文化交流は、外国人との交流を通して自分自身が成長できる場でもあります。
改めて、日本文化について考えるきっかけにもなります。

何度も国際交流に参加する内に、自分自身の価値観や人生観も変わったという人も少なくなく、そのひとつとして素敵な外国人男性と出会えれば最高の場です。