1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ

騎乗位の正しいやり方!女子が感じる挿入や突き上げ方のコツ

投稿日: 2019年09月22日

執筆者: マリ

騎乗位を始めるカップル

騎乗位って試したことがありますか?
普段はやらない体位かもしれませんけど。男の人を自分が気持ちよくしてあげている…というのがよくわかりますよ。

自分の下で気持ちよくなっている男の人の顔を見つめてみたくないですか?
色んな体位を試してパートナーと大満足なセックスライフを!女性の目線でも男性の目線でもぜひ読んでみて下さい!

騎乗位の正しいやり方!

騎乗位をするカップル

体位という言葉だけだと両の手では数え切れないほどのものがありますが、現実的かつ、素人でもプレイ可能な体位というものはそれほど多くはないんですよね。

私と旦那様はなにごとにも研究熱心なタイプなのですが、その内容がセックスであってもあれやこれやと大真面目に考えちゃうんです。

四十八手をやってみよう!なんて安易に挑戦してみたりもしましたが、普段と違う体位ってすごく疲れちゃいますし、上手くいかないことも沢山ありました。

体格差だったり体力や筋肉がなかったりバランスが悪かったり、体が固すぎてしまったり…。
プロの人はすごい、こんなこと本番じゃできないわーなんてあきらめることの方が多いのです。
その中でもいつもと違う視点になれる騎乗位。私は女性なので男性の視点はお伝えできませんがちょっと変わった動きも刺激的で楽しいですよ。

もちろん前戯はしっかりと!

メインの騎乗位にいく前にちゃんと前儀はします。ここはいつも通り普段と変わらないものでいいと思います。

私は口でするのが好きなので、旦那様にはいつも念入りに、むしろ『もういいよ』と言われるまでお口に頬張ってます。
ここでしっかり固くしておかないと変なふうに曲がってしまったり骨やスジに当たって真っ直ぐ中に入らなかったりするので、念入りに念入りに…。ついでに挿入前にもう一回くらい咥えちゃいます。

女の子の中もちゃんと指で解してもらえると騎乗位をするときに入り口で引っかからずにスムーズに挿入できます。

私は濡れやすいタイプなのであまり痛い思いをしたことはありませんが、無理矢理下から挿入すると入り口が切れてしまったり、中で痛い場所に当たってしまったりするので、女性優位で挿入したほうがお互いに楽だし安心だと思います。

もし、入りにくいな~と思ったら正常位で一度挿入してから、騎乗位にうつった方がスムーズに入るかもしれません。

女性優位で挿入しましょう!

女性が主導で騎乗位をする姿

相手の腰を跨ぐようにして挿入しますが、私と旦那様は楽しくセックス!が基本なので『車庫入れだー』なんてふざけていたりします。リラックスも大事な要素です。

初めて騎乗位をしたときに、旦那様に痛い思いをさせてしまったので私はいつも慎重に丁寧に挿入します。
片膝は立てて右手で旦那様のモノを握って自分で中に入れていきます。

ちゃんと手で支えないとぬるんぬるんして逃げてしまうので入り口に先っぽがしっかり入るまで優しく握っておきます。
中ほどまでいったらもう後は自重で奥まで入っていくので、何度か上下に腰を揺らして、ここで片膝を戻して膝立ちの状態になっちゃいます。

気持ちのいい挿入にこだわるならば、先っぽで浅いところを突くように入れたり抜いたりしてからずぶずぶっと挿入するのが気持ちよかったです。

あわてずゆっくり慣らしましょう!

動き出す前に旦那様の上にぺたんと座っていると、しっかりくっついたあそこと自分のお腹の中の圧迫感が気持ちよくて繋がっている!入ってる!というのが言葉じゃなくって体でわかるんですよね。この時、下で腰を上下や横にぐらぐら動かされると思いがけない場所に当たって『うひゃぁっ!』ってびっくりします。

入れたばかりだとまだ中がほぐれていないので、『好きに動いていいよ』と旦那様は言ってくれます。
正直入れたばかりの状態でガンガン突かれると入り口が擦れてちょっと痛いので私は嬉しいです。

膝立ちの状態で上下に動くときは旦那様のモノが弾みで抜けたりナカで折れたり潰したりしないようにゆっくり慎重に動きます。
中をほぐすような感じでリズミカルにトントントントンと動かしてたまにこすり付けるように腰を動かします。

自分の体を支えるところが無いので、お腹に手を置いたり旦那様の腰を掴んだりしてますが、一番嬉しいのは両手を握って不安定な体を支えてくれるのが嬉しいです。
ぬるぬるがついてて汚れてる手でも嫌がらずに握ってもらえると、頑張って気持ちよくしてあげよう!と張り切っちゃいますよ!

そうやって一生懸命動いていると下で旦那様が繋がっているところを見つめてるんですよね。『気持ちいい?』って尋ねると『気持ちいい、気持ちいい』とちょっと生返事ですが、騎乗位をしてるとお腹の中でがちがちになってるのがよくわかるので、生返事をされてもちょっと優越感です。

最後は男性にお任せしちゃいます!!

だんだん中がほぐれて上下の動きが激しくなるともう、私の手なんか握らないで腰を掴まれてガンガン下から突き上げられます。

体も支えられなくなるし、汗でお互いびちゃびちゃになるので必死に私の腰を掴んでる腕にしがみ付いてます。

私ももうこの時点でがに股状態の恥ずかしい格好ですが、膝立ちのときよりも入り口から奥までしっかりピストンできるので気持ちよさは段違いなんです。

自分でコントロールしながら抜き差ししていたのが一転、男性優位で好き勝手に中を突かれるので余裕なんて一気になくなってしまいます。

そのまま出すときは両足が耐えられなくなるくらいずっと揺さぶられるので、女の人はちょっと大変ですが…。

まとめ

女性が主導権を握れたり、男性が主導権を握れたり、攻守交替をしながら楽しめるのが騎乗位です。

私はパートナー以外の誰かと、お互いのセックスについて話し合ったり感想を言い合ったりしたことはないので主観ばかりですが、初めて騎乗位をするときはお互い確認をしあいながら移動したり、動かしたりが大事になってくる体位です。
そう言う意味では目で口で体で、何度もコミュニケーションを取り合えるので私はとても好きな体位です。

最初から最後まで無言でするセックスも悪くはないですが、『これはどうかな?』『あれはどうかな?』『痛くないかな』『気持ちいいかな』など、お互いの様子を確かめながら相手のことを考えながらするセックスってとっても気持ちいいですし、そのあとの満足感も高いんですよね。

体が固い女の人は少しづつ慣らしていかないと股関節や膝が痛くなっちゃうかもしれません、正直に言ってしまえば騎乗位ってすごく激しいスポーツですよ。

私も慣れるまでは足が痛くて動けなくなったり、自分の体重を支えられなくて掴まる棒が欲しいと思ったり、体重が相手の体にかかっているので申しわけなくなったりしちゃいました。挿入しながらの屈伸運動はダイエットになるかもしれないですね。

男の人は腰が悪かったりすると、下から突き上げてるときに腰や背中、膝なんかも痛めちゃうので休憩を挟みながらリズミカルに突き上げてあげると辛くないかも。
体力に自信が無い人は最後は別の体位でどうぞ。

最後におまけ

騎乗位についての個人的な感想と嬉しいことを書いちゃいます。

嬉しいことその1:私の旦那様がバック大好きな人なので普段は見れないセックス中の顔をしっかり見ることができるのが最高です。
嬉しいことその2:相手に挿入されるばかりですが、自分で相手のモノを入れてあげる!というちょっと主導権を握ってやったぞ!という優越感がたまりません。くっつけて焦らしながら『入れてほしい?』とか聞いちゃいます。
嬉しいことその3:隙間なく奥の奥までぴっちりと収まるお腹いっぱいの挿入感。自分の膝で支えて余裕を保ってますが、相手に攻められたときに奥までガンガン突かれるので快感が脳味噌まで来ます。すごいですよ!