1. 恋の豆知識
  2. 現在のページ

【経験談】50代女性と付き合う時の心掛け|恋愛観には注意が必要!

PR投稿日: 2024年03月17日

50代女性と付き合う

最近の女性は50代でも魅力的な方が多く、色々な出会いの中でお付き合いしたいと思ってしまった女性が50代だったという男性も多いのではないでしょうか。

50代女性とのお付き合いは、落ち着いた雰囲気の中で心地よい二人の時間を楽しめる一方、お互いの恋愛に対する思いに意外と大きなギャップが隠れている事もあります。

私は40代の時に同じ職場の50代女性とお付き合いしていました。その時の体験を元に男性が心掛けておきたい事を述べていきます。

恋メモH 恋愛編集部

筆者:恋メモH 恋愛編集部

恋愛カウンセラーや結婚相談所の所長など、各分野のエキスパートたちが、恋愛や出会いに関する疑問や悩みに対して、専門的な知識とアドバイスをお届けします。

50代女性と付き合う時に男性が感じる魅力

魅力的な50代女性

最近の50代女性は美意識の高い方が多く、皆さんその年齢に応じた魅力を維持するべく頑張っています。

外見だけでなく、その人生経験に裏打ちされた落ち着きも50代女性の魅力です。

大人の女性の魅力を持っている

いつも身綺麗にしている女性が男性からの目を引く事は勿論です。それに落ち着いた行動や仕草が加われば、男性はある意味安心を感じて新たな魅力となります。

私がお付き合いした彼女も、髪の毛の色は明るくしてオープンな雰囲気を持ち、それでいていつも落ち着いた態度で接してくれました。若い頃にも男性とのお付き合いを経験しており、適度なスキンシップで男性の扱いに慣れていました。

適度な干渉で心地よいお付き合いが出来る

若い頃はお友達と過ごす時間が多かった女性も、50代になると自分の趣味の時間が楽しくなってきます。

趣味の楽しさと今までの恋愛経験から、若い頃には束縛気味だったかもしれない彼氏との関係も、より気楽なものを望むようになります。

私が付き合った彼女も、「せっかくお付き合いするのだから愛情表現がないとつまらない」と言っていましたし、「毎晩一緒の布団で寝るのは嫌だけど、浮気は女としてバカにされた気分になるので論外」と言っていました。
彼女とは、週末の1日を一緒に過ごし、もう1日は自分の時間として別々に過ごしていましたが、彼女と過ごす1日は私に刺激と充実感を与えてくれましたし、自分のペースで過ごせる1日もリフレッシュにはちょうど良い時間でした。

50代女性と付き合う前に男性が思う勘違い

勘違いしている男

男女のお付き合いにもいろいろな形が増えてきた昨今ですが、一般的な形はまだ若くて年の近いカップルです。

私は50代女性の落ち着いた雰囲気に対する想い込みで、価値観や恋愛の形に大きなギャップがあるかもと思っていましたが、そんな事はありませんでした。

コミュニケーション能力は非常に高い

50代女性の中でも経済的に自立している方であればコミュニケーション能力は非常に高いと言えます。

職場の人間関係を経験し理解している女性は、様々な年齢層の男性と接する機会が多く、男性と穏やかな人間関係を築く術を知っています。

私が彼女とお付き合いしていた当時を振り返ってみても、私がストレスを感じるような言われかたをされた記憶はありませんでした。それと、「若い頃は結構モテた」と言う彼女は、お付き合いする男性の扱いにも慣れおり、何かと私を立ててくれて、気分よく二人の時間を過ごさせてくれました。

まだまだ恋愛を楽しみたいと思っている女性が多い

50代女性と付き合う機会に恵まれた男性は、「彼女から将来に対する責任を求められるのでは?」と重い恋愛を予想してしまう事もあるのではないでしょうか?
しかし、彼女達もそう簡単に希望の結婚相手が見つかるとは考えていません。「1人で過ごすのも寂しいし」という、若い女性に比べれば少し男性的な理由でお付き合いを始めます。

私がお付き合いした彼女も、私と付き合おうと思ったのは「その時に飲み友達がいなくて、意外と私と話が合うから」という理由で、彼女の好きな日本酒を飲むためにあちこちの居酒屋さんでデートを楽しみました。
また、彼女はそれまで年上の男性とのお付き合いしか経験した事がなく、一度は年下の彼氏を持ってみたかったとの事。
優しいお姉さん目線で面倒を見てくれて、私としてはとても癒される時間を多く過ごせたのですが、恋愛に対する彼女の積極的な姿勢は意外に感じました。

お付き合いして分かった50代女性の恋愛観

50代の女性

50代の女性は他の年齢層の女性と同じくらいの魅力を持っていますが、その恋愛観は自身が重ねた月日と共に変わっていくようです。

私達は3年間お付き合いしたところで一旦お別れする事になりました。その時にした喧嘩が原因ではなく、私が彼女との将来を考え始めた事がきっかけになりました。

理想の異性像がはっきりとしている

異性とのお付き合いを考える50代女性は、男性に対する目線が非常にシビアです。

過去に離婚や破局を経験した女性だと、「前の様な男は嫌だ。こんなタイプであれば、もう一度男性と付き合ってもいいかも」と考え、未婚女性の場合、若い時から思っている理想の男性像を追いかけている人も案外多くいます。

以前付合っていた彼女からは、「あなたは私のタイプじゃないけど…」と言う言葉を何度か聞かされました。彼女はスポーツマンタイプの筋肉質な体形の男性がお好みだったのですが、私はぽっちゃり型の体形。「彼女もこの年齢だし、色々と妥協はしてくれているんだろうな」くらいにしか当時は考えていませんでした。

私の会社には他の部署にも50代の未婚女性がおられるのですが、その中の2人に結婚についての話をしたことがありました。2人ともしっかりとはしていますが、結構特徴的な理想の異性像を持っていて少し驚いてしまいました。
1人目の彼女は、高校を卒業以来ずっとこの会社に勤務し現在52歳。黒髪で眼鏡の地味な印象ですが、童顔で見た目40代前半にも見え、スリムな体形から男性が寄ってこないタイプの女性ではありません。趣味は乗り物全般と自衛隊の戦闘機を見に行く事という女性としては珍しいもので、彼女の理想の相手は制服を着た職業の男性。「制服を着た公務員でないと、結婚相手として尊敬する事が出来ない」といったややマニアックな思いを聞かされて驚いてしまいました。
二人目の彼女は20代半ばで中途採用入社し現在同じく52歳。若い頃はクラブで遊び、その後K-POPや台湾の俳優さんにハマり、現地へも何度か旅行している活動的な女性です。派手な服装の趣味やグラマーな体形から、お付き合いする男性には困りそうにないタイプ。濃い目のメイクから私の中では美魔女さんのイメージを持っています。彼女曰く「月に30万くらいは自由に使わせてくれる相手でないと、結婚は考えられない」との事。結婚するにあたって、経済力は大事な要素と再認識させられました。

将来を約束する相手に妥協できる点は少ない

自立した50代女性の場合、安定して自分が快適に感じる生活を送っている事が多く、1人の時間が寂しいから、或いは世間体と言った理由で結婚願望を持つ女性は少ないです。

寂しいと思うのなら、今の世の中適当に遊べる男性を見つける機会はいくらでもありますし、50代と言うのは世間体を気にする時期を過ぎており、周囲から余計なおせっかいを掛けられることもありません。

「あなたは私のタイプじゃないけど…」と言っていた彼女との関係も、私が彼女との結婚を考え始めた時に終わってしまいました。
「ずっとこんな感じで関係を続けていくのは構わないのだけど、タイプではない人と毎日一緒に生活するのは考えられない」と言うのが彼女の言い分で、「結婚は二人で妥協しながら作っていくもの」という私の考えは甘かったかなと反省させられました。

まとめ

50代の女性はその年齢特有の魅力を持った女性が多く、適度な干渉によって心地よいお付き合いが出来ます。

50代女性のコミュニケーション能力は非常に高く、男性は2人の時間をストレスなく過ごす事ができ、女性も純粋な恋愛を楽しめる時間を求めています。

また、50代女性が持つ理想の男性像ははっきりしており、将来を約束する相手に妥協できる点は少ない傾向にあります。