1. TOP
  2. 恋の豆知識
  3. 現在のページ

30代おっさんが「Tinder」をやった結果!マッチする奥義を取得!

投稿日: 2019年07月09日

執筆者: サト

TinderでLIKEをしまくる男

女性と出会う機会が少ない人にとって、新しい友達や彼女を作るのは大変な事です。私もその一人で結局近所の少ない選択肢の中から選ぶ以外無いというのが現状です。

そこで、有名出会いアプリTinderを使って出会いの幅を広げてみる挑戦をした過程と結果を公開してみましょう。

30代の出会いの少ないおじさんがどれだけ出会うことができるのかの挑戦の記録です。

ちなみに、数ある出会い系アプリ、サイトの中からTinderを選んだのは基本無料だという事で、出会いアプリ初心者の私はとにかく無料アプリで挑戦してみることにしました。

とりあえず戦う準備は整った

なんにしてもTinderをスマートフォンにインストールしないと話は始まりませんので、私のiPhoneにインストールします。次にニックネームを作りメールとSNSで認証をします。次に顔写真をアップして一応の準備は整うわけです。

自分の画像の選択で大きな失敗をしているのですが、この時はまだ気づかず「これで彼女ができ放題」と無邪気に喜んでいた話は後でお話します。

スワイプで目当ての女性を選ぶ

Tinderは次々に表示される女性を「好き」か「好きじゃない」かで選びます。

右にスワイプしたら好き(LIKE)、左にスワイプしたら好きじゃない(NOPE)という第一印象だけで全てを判断するシステム。
よく考えたら、いやよく考えなくてもゲスなシステムですが、単純で良いじゃないですか。

初マッチ!そこから全ては始まった

タイプな女性を見つけるとその人の年齢やプロフィールを見て印象が良ければ右スワイプするという作業を1時間程度していました。同じ作業の繰り返し、右スワイプ(LIKE)左スワイプ(NOPE)と単純作業を淡々とこなしている。しかし一向に飽きることのない単純作業に従事していたその時、「it’s mach」の文字が表示されます。

右スワイプした途端表示されたこの文字は、相手も自分を好きだと右スワイプしたというもの。つまりマッチしたのです。

マッチするとその女性とチャットができるようになります。このチャンスを逃すまいとすぐにメッセージを送ります。「元気?」圧倒的文才のなさ、今思えば突然「元気?」って送られたら困惑しか無いです。

しかし、そこはプロフィールに「子供が大好き」と書いている心の広い女性です。「元気だよ、マッチしたね」こう返してきました。

完全に恋愛がスタートするモードで会話のやり取りを繰り返していたのですが、ある事実が分かりました。彼女はシングルマザーだったのです。そりゃ「子供が大好き」と言うわけです。
とりあえず子供はノーサンキューでしたので、他のマッチを得る為にスワイプ作業を再開です。

いきなりスランプ、そこからの復活

それからマッチはするのですがメッセージを送っても返ってこなかったり、会話が弾まなかったりとなかなか良い関係が作れる感じがしません。なにが悪いのか考えていて客観的に自分のプロフィールを見てみることにします。

遠目に撮った写真で顔がよくわからないというのはマイナスなんじゃないかと考え、画像フォルダから一番イケメンに見える写真に差し替えます。次にプロフィールに趣味や興味があることなどを網羅し、多少意識高い系の雰囲気を漂わせます。

オーガニックレストランにハマっていて、愛読書は村上春樹、最近英会話教室に行っているという内容。
実際にはラーメン大好きでワンピースを読み、映画を吹き替えで見るのが現実なのですがそこは出会ってから弁解すれば良いので今は超おしゃれな意識高い系で貫き通します。

画像とプロフィールを変更してからマッチ率がかなり上がります。罪悪感も最初の頃はあったのですが、「自分は意識高い系なんだ」と思い込むことで解決です。

より効率よくマッチする為に有料会員になってみた

マッチするイメージ

Tinderには有料プランがあって、Tinder Plus(ティンダープラス)という有料会員はスワイプ時の広告表示がなく、右スワイプが無制限になりますが、この程度だったら無料会員と大してかわりません。
さらに上位プランのTinder Gold(ティンダーゴールド)にすると多くの機能を使えるようになります。

自分をLIKEした人を表示できる

せっかく自分を右スワイプしてくれた人がいるのに、自分がLIKEしていなかったら一生出会うことはありません。

自分のタイプじゃないとしても相手が気に入ってくれているのですから成功率は格段に上がりますし、多少自分好みじゃなくても自分に興味がある人のほうが良いじゃないですか?

愛するより愛されたいという人にはとっても良い機能です。

スーパーライク使用可能数が1から5に

スーパーライクは超気に入った人に送れるもので、1日1回相手に送ることができ、相手にダイレクトに通知が送られます。

1日1回しか使えないものを送られるのですから、相手は良い気分になりますのでマッチ率も増えるという訳です。

それが5回使えるのですからマッチ率は格段に向上します。

間違いスワイプのやり直し

Tinderあるあるなのですが、左スワイプ(NOPE)が続いた時、流れで自分のタイプの人を(NOPE)してしまうというもの。

せっかくやっとタイプの女性を見つけたのにNOPEしてしまったのですから、一生会うことはないのです。

そんなうっかりミスをやり直せる機能が使えるようになりますので、運命のいたずらを意図的にもとに戻すことができます。

この他にもたくさん機能があるのですが、使える機能でマッチ確率が格段にあがるものだけ紹介しました。

出会い確率を格段に上げる裏技

右スワイプをし続ける男

自分が気に入っていても相手が気に入らなければMUCHしないというのはTinderの特徴で、自分が気に入ったからと言って相手が気に入っていなければ全く意味がないのです。そして画像だけで判断するのですから写真写りが悪い美人に出会う可能性も低くなりますし、許せる範囲のルックスで性格の良い人とである可能性も低くなります。
そこで私は考えました。

自分が気に入って、相手が気に入って初めてストーリーが始まるこの仕様から自分が気に入ってという要素を排除したらどうなのか。

自分自身は女性を選ぶ作業を一切排除し、全ての女性にLIKEをします。そうすることで自分に興味を持った女性全てがマッチするという神の奥義とも言える戦法で、マッチしてからゆっくりその女性を見て、気に入ったらメッセージを送るというもの。

この方法を始めると女性を選んでスワイプするという面倒な手順は無く、ただひたすら右スワイプを繰り返すのです。

周囲から見るとずっとスマホを見ずに画面をなでているのですから、怪訝な目で見られるというリスクはありますが、格段に楽になることは間違いありません。

実際Tinderは出会えるのか結果発表

Tinderを初めて3ヶ月、最初の1ヶ月はマッチするまでかなり時間がかかり、そこから出会うまでに至った女性は1人だけでした。

Tinder Gold(ティンダーゴールド)にしてからマッチ数は格段に上がり、実際に会うまで至った女性は3人。会うまでにコレはないなという人とは連絡を絶ちますので数は少ないですが、あっても良いという人は格段に増加しました。

そこから神の奥義「無限右スワイプ」を使い始めマッチ数は急上昇、好みじゃない女性も多くマッチしますが、好みの女性とのマッチも激増しました。

更に日本在住や旅行中の外国人も多く使っているので、外国人との出会いもあります。

私は英語が喋れないので全くメッセージを送っていないのですが、外国人も視野に入れている人にはTinderは良い選択肢と言えるでしょう。

Tinderは無料でも使えるアプリですが有料会員にした方が絶対に良いはずで、おそらく無料会員は有料会員より写真の表示を後回しにされる傾向があるはずです。

月々にしても1000円ちょっとですので、有料会員の方がメリットは必ず高いです。