1. 風俗
  2. 現在のページ

風俗に初めて行く前にチェック!覚えておくべきポイント10選

PR投稿日: 2024年01月20日

風俗(デリヘル、ホテヘル、ソープ等)通い歴10年の筆者が、風俗に初めて行く時のポイントを10個紹介します。

  • 初めての風俗で不安…
  • どんな格好で行けば良いのかな?
  • 風俗選びのポイントは?

等々、初めての方が不安に思うポイントを分かりやすく解説します。

更に風俗情報サイトを使ったお得技、風俗嬢と対面した時に気を付けること等、他には見られない情報満載ですよ!

恋メモH 風俗編集部

筆者:恋メモH 風俗編集部

風俗行脚を続けて20年以上の風俗王(自称)をはじめ、現役の風俗嬢、ホスト、キャバクラ店長、メンエスオーナーたちが業界の裏情報まで包み隠さず明かします。

1.身だしなみを整えろ!清潔感ある格好がおすすめ

身だしなみを整える

ソープやデリヘル、ホテヘル等、どこへ行こうか? 考える前に「身だしなみ」を整えてください。

例えば下記の項目に1つでも当てはまるとアウトです!

  • 髪の毛がボサボサで清潔感がない
  • ヒゲが整えられていない
  • 何日もお風呂に入っていない
  • くたびれた洋服、異臭のする衣服(下着含む)
  • 汚れている靴、汚いサンダル

挙げるとキリがありませんが、最低でも上記は改善してください。

私の知り合いに「風俗でお風呂、シャワーを浴びるから洗わずに行く」と言う方がいます。このような考えは絶対に止めてください。

風俗は第一印象で決まり、特に不潔な方は嬢から嫌がられます。最悪の場合、プレイもおざなりになる可能性もあるのです。

そのため、身だしなみを整え、清潔感のある格好で風俗に行きましょう。

2.風俗は店選びが大切|格安店には要注意

選択する男

身だしなみを整えたら、いよいよ店選びに移りましょう。

ここで注意したいのは「格安店」に注意することです。と言うのも、ソープやデリヘルの格安店は「格安」な理由があるからです。

私の経験談で言えば、格安店で様々な店舗や嬢を見てきました。

  • 黒服の方々の対応が非常に雑!時には待ちぼうけ(予約したのに長時間待たされる)も
  • 嬢の写真と実物が全く違う。ほぼ100%違うと考えた方が良い
  • 体型が細めのはずが、ドラム缶のようなサイズの方が出てくる
  • 機材が古く、時にはエアコンが壊れており真夏の中プレイしたことも…
    ・送迎がなく自身で直接店舗に向かう

(全て私の経験から抜粋しました)

格安店にも良心的な店舗もあります。
しかし、見分けるには長年の経験がものを言います。

そのため初めてなら、「デリヘル:60分 15,000円~」「ソープ:60分 25,000~30,000円」の価格帯をおすすめします。

3.風俗情報サイトは絶対チェック

店選びをする際に欠かせないのが「風俗情報サイト」です。

風俗情報サイトでは、各地域の店舗を「価格帯」「おすすめ順」、サイトによって「身長が高いor低い順」「バストが大きいor小さい順」と言った検索ができます。

自分好みの嬢を検索できる、または予算に合う店舗を探せます。

中でも見逃せないのが、リアルタイムで各店舗の「お得情報」や「出勤情報」、「ゲリライベント」です。

お得情報やゲリライベントのいくつかをピックアップしましょう。

  • 〇〇を言って予約した方は90分50,000円が45,000円に割引
  • 「新人マーク」が付いた子を予約した方は5,000円割引
  • フリーで来られた方「即姫割」と伝えると〇万円割引
  • ゲリライベント!〇〇時までに△△さんを予約した方は60分□万円で楽しめます

これらのイベントを使えば、お得に風俗を楽しめます。

ですがイベント内容は常に変わりますので、小まめなチェックをおすすめします。

4.ソープの料金は要チェック!総額表示&入浴料の違い

チェックリストとボールペン

ソープに行かれる方は、行こうと思っている店舗が「総額表示」または「入浴料のみ表示」かを確認しましょう。

総額表示は文字通り、表示されている金額以上(指名した場合は別途指名料)は取られません。

しかし「入浴料」は別途「サービス料」がかかります。

仮にA店の入浴料が「20,000円」としましょう。

店舗によって異なりますが私の経験上、サービス料として入浴料の2~3倍かかります。2倍の場合は「合計60,000円」3倍の場合は「合計80,000円」かかるのです。

入浴料のみの表記は高級ソープに多く、勘違いして入ると「えっ!?」と思うほどお金がかかります。

初めての方なら「総額表示」の店舗をおすすめします。

5.風俗は事前予約がおすすめ

ネット予約する

ソープやデリヘルへ行く前に「事前予約」をおすすめします。

事前予約とは、ホームページや風俗情報サイトで好みの嬢を見つけ、嬢を予約することです。もちろん、訪問する時間を伝えて店舗で選ぶこともできます。

事前予約をすることで、プレイしたい時間へスムーズに入れますし、何より準備する黒服、嬢に負担をかけません。
フリーも大歓迎!と紹介している店舗もありますが、店舗側の手間暇を考えると事前予約がおすすめです。

現在は風俗情報サイトやホームページから「ネット予約」できる店舗も増えてきました。
一方、お客様のキャンセルを防ぎたいために、電話予約だけの店舗もあります。

そこで、電話予約する際のかけ方、やりとりについて簡単に紹介しましょう。

店舗の方が電話に出たら⇒すみません、「〇〇時に△△さんを予約したいのですが」
(現地で写真を選びたい場合、〇〇時にフリーで予約したいのですがと伝えましょう)
この時、風俗情報サイトを見て電話したなら、風俗情報サイトの名前を出した方がスムーズです!

店舗側が確認し、嬢の予約が取れる場合(取れない場合)
⇒予約が取れる時は、その後「当店は初めてか?」「交通手段は?」「送迎は必要か?」等々を確認されます。
万一、嬢の予約が取れない時は「第2候補」「第3候補」を用意しておくと安心です。
もしくは「店舗で写真から選んでも大丈夫ですか?」と確認し、店頭で選ぶのも良いでしょう。

割引キャンペーンがある場合
風俗情報サイトで「60分30,000円が〇〇を伝えることで25,000円!」とあった場合、必ず伝えましょう。伝えませんと割引を受けられないこともあります。

電話のかけ方は以上です。

「えっ!?これだけ?」と思われますが、正直これだけです。
ただし、店舗によって「訪問1~2時間前の確認電話」が必要なこともあります。
その際「先ほど〇〇さんで予約した△△です。□時間前の確認でお電話しました」と伝えましょう。

6.キャッチセールスについていかない!風俗街の歩き方

風俗店へ歩いている際に気を付けたいのが、悪質なキャッチセールスです。

デリヘルやソープ等の風俗街は、飲み屋のキャッチ以外に女の子を紹介する悪質なものまでいます。

悪質なキャッチに捕まると、法外な料金を請求される可能性があります。

基本的に風俗店は、自身の敷地から出てのキャッチはしません。

飛び出してもせいぜい、店舗の入り口ぐらいです。

店舗のホームページにも「悪質なキャッチに注意!」「当店は呼び込みをしていません」等の注意書きがあるほどです。

悪質なキャッチを防ぐにはどうすべきか?

経験上、堂々と歩いて相手にしないことです。もしくは「予約をしているからいらない」と笑顔で言って、足早に通り過ぎます。

それでも不安と言う方は、午前~夕方までの時間帯で風俗店に行きましょう。

7.待合室は静かに待機|おしゃべり&騒音はNG

ソープや箱ヘル(店舗型ヘルス)では、店舗に到着すると用意ができるまで「待合室」で待機します。

待合室は呼ばれるまで「静かに待機する」ことが大切です。

あなた以外にも、嬢と楽しい時間を過ごしたい同士が待機しています。大音量でおしゃべり、または騒音(イヤホンからの音漏れ、物を雑に扱う等)を立てるのはご法度です。

最初は注意ですが最悪の場合、出入り禁止になります。

気持ちが高ぶっているのは分かりますが、自分の順番が来るまで静かに待機しましょう。

8.嬢とご対面!最初&プレイ中に注意することは?

初めて 風俗嬢とご対面

嬢とご対面、プレイ中に注意したいのは3点です。

  1. 絶対に容姿や体形について悪く言わない
  2. 風俗に初めて来たことを伝える
  3. 嬢が嫌がる行為をしない

1.絶対に容姿や体形を悪く言わない

対面した時に誰もが1度「写真と違うな…」と思うことでしょう。
たとえば写真で見た時より顔が違う、体形も数字と絶対に違うだろう…等々挙げられます。

嬢もロボットではありませんので、悪口を言われると傷つきますし、プレイも雑になります。

私自身、何度も写真と違う嬢と遊んでいますが、どの方も一生懸命でテクニックも素晴らしいの一言です。

自分が言われて嫌なことは相手にしない。これは絶対に守りましょう!

2.風俗に初めて来たことを伝える

恥ずかしがらずに、風俗に初めて来たことを嬢に伝えましょう。

初めに伝えることで、相手も風俗初心者への対応、そして進め方に切り替わるからです。

また緊張していることも伝えれば、嬢が優しくアプローチしてくれます。

たとえば緊張をほぐすために何秒か抱きしめる。男性のあらゆる部位をソフトタッチして和らげてくれることもあります。

事前に伝えれば、お互いに気持ちの良いプレイを楽しめるでしょう。

3.嬢が嫌がる行為をしない

一番やってはいけないのが「嬢が嫌がる行為」です。

いくつか例を挙げましょう。

  • 嬢のプロフィール上に掲載されている嫌なこと
  • 嬢ができないことを強要すること
  • AVのような行為をすること

中でも駄目なのが「AVのような行為」をすることです。

相手の陰部を強く刺激すること、胸を強く吸う、または噛みつく等々、挙げるとキリがありません。

嬢が嫌がることをすると、緊急ダイヤルで店員を呼び、強制退室させられます。

様々なプレイをしたい気持ちも分かりますが、絶対に止めましょう。

9.風俗終わりも要注意!あなたを狙う黒い影

初めての風俗が終わり、退店しても油断は禁物です。

風俗街はお世辞にも治安が良いとは言えず、風俗客を狙った窃盗もあるからです。

私自身も風俗店を出た後に、未遂ですが危険を感じたこともあります。

時にはわざと因縁をつけてくる者もいます。

そのため、初めてならソープは送迎付きのところを選択する。

デリヘルや箱ヘル等の送迎なしなら、明るいうちに楽しむことをおすすめします。

10.風俗は付かず離れずがおすすめ

風俗に初めて行くと、楽しさと気持ちよさで何度も行きたい気持ちになります。ですが、風俗は付かず離れず通うことをおすすめします。

私も通い始めた頃は、貯金なんてせずに風俗通いをとことん楽しんでいました。そうなると四六時中、風俗のことばかり考えてしまい仕事が手に付きませんでした。
その上、お金が本当に必要な時が迫った時、支払えずに落胆したこともあったのです。

今でもソープやデリヘル、箱ヘル等に行きますが、付かず離れずのちょうど良い間隔で通っています。

私のような苦い経験をしないよう、風俗とはちょうど良い距離感をとりましょう。