1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

アラフォーでも気兼ね不要!OTOCONは条件よりフィーリングを大切にできる

投稿日: 2019年05月17日

執筆者: ラブリー40

アラフォー女性 オトコンに参加する

年齢があがると合コンや紹介がなくなり、出会いの場は婚活パーティーで求め始めていました。自分で出会いの場を探すことができたのが婚活パーティーだったからです。

ただ婚活パーティーの主催者はたくさんあり、そして主催者ごとのパーティー色があります。いくつかのパーティーに参加してみると、どのパーティーが自分のスタイルに合うのか?が解るようになってきました。

私が参加して行きやすくそして、パーティー自体を楽しむことができたOTOCON30代~40代企画はどのようなものだったのか紹介させてもらいます。

周りの目を気にする必要がなかった!

OTOCONのパーティースタイルの魅力はなんといっても個室スタイルであることです。個室といっても完全ではないので、前後の塀はうっすら透けており、前後の人達の声は少し聞こえてはきます。

ただ、席の置き方は前後ではなく横に並べてあるので、対面で話すのが恥ずかしい人でも、横なら緊張せずに会話を楽しむことができます。
その為自分たちも周りの目を気にすることなく、隣にいる男性と自然に話ができる雰囲気になっているので、私は周りを気にせず会話ができる点が良かったです。

お茶も用意してくれるしおかわりもできるので、緊張で喉が渇きやすい男性にはうれしいのではないでしょうか。

私自身周りから見られていると感じたり、周りの話し声が耳に入ってきたりすると、どうしても目の前の相手に集中することができなくなります。

そもそも行動がわかりやすい私は、「あの人相手のこと気に入っているね」っと思われてるのかもと、勝手に考えてしまうので他の人に見られない個室スタイルは嬉しいです。

OTOCONの参加男性は気さくな人が多い

OTOCONの男性の参加条件はそこまで厳しくなく、いろんな人が参加しやすくなっているのも男性からしたら魅力ではないでしょうか。
その為いろんな職業の方もみえるので、年収も300万~600万など幅広いです。

身長も制限がないため160cm代の人は結構いらしていました。そして性格的に気取っていないというか、フレンドリーに話すことができる男性が多いと感じました。

会話の内容は男性の仕事や趣味の話だったり日常の出来事だったりと、出会いの場だけでの会話ではありませんでした。

普段の生活を婚活パーティーの中だけでも知ることが出来ます。その為婚活パーティーだと忘れてしまいそうな、楽しい時間を過ごす事が出来ます。

気さくな人が多い分、自分に自信がない人も中にはいますが、自信がないなりに自分をアピールしようという姿勢も感じられ、それはそれでいい発見ができ、それもありなのかなっと感じます。

緊張はもちろんしますが、他のパーティーみたいに一つの会場で行われる状態ではなく、会場は清潔感もあったのでザ・パーティーという感じもなく比較的リラックスして望むことができます。

女性にとっても参加しやすいパーティー

女性の参加料は1000円ですが、募集締め切り期間が迫ってくると割引がきき、500円で参加ができる場合もあります。

たまにパーティーに参加した後、主催者側から、「次のパーティーの参加人数が足りないから、お時間があれば参加してくれませんか?」とお願いをされるときがあります。
その時は無料で参加ができるので、時間があるときには「まぁいいか~」と思い、2連チャンで参加をしていました。

ただ、まれに同じように男性も人数が足りないからと言われるようで、次のパーティーでもまた同じ男性と会うことはありましたが。

パーティー以外の出会いを求めるなら結婚相談所もあり

結婚相談所の男性

OTOCONはパーティー主催だけでなく、結婚相談所を設けていました。その為パーティー終了後はアンケートがあり、結婚相談所に興味があるか・資料請求をしたいかなどの項目が入っていました。
パーティーはたくさんの方と出会えるチャンスはありますが、条件で選ぶのであれば結婚相談所を選んでもいいと思います。

OTOCONのパーティーは気軽に参加できるけど、条件重視だと叶わない部分が多いです。実際は私はOTOCONのパーティーに初めて参加したときに、「この人いい!」と思えた人に出会えました。その人の年収は350万で、正直年収だけをみて結婚となったとき、私が進むべき生活スタイルはだいたい察しました。

ただ結果その方とはカップルになれず、他の方とカップルになっていたので、その考えは取り越し苦労でした。

カップルにならなくてもチャンスはある!

男女各10人の参加でカップル率は大体2割。もしかしたら2割の確率は少ないのかも知れません。そしてその2割が実際お付き合いまでいけたのか?連絡先だけ交換してフェイドアウトしていったのかは、パーティー主催者側も知りません。

ただ中には最終カードで番号を書かずに、こっそり連絡先を交換している人がいるため、カップルだと発表されないケースがあります。その例で私が実際お付き合いすることになったOTOCONパーティーで出会った彼は、連絡先をパーティー中に聞いてきました。

私としては「それはルール違反にならないの?」と思いましたが、その彼いわく「カップルになったとしても、実際デートしてみたい違うことが多い。であればパーティー参加費と割が合わないため、できるだけ気に入った女性には連絡先を聞くようにしている」と。
カップルになってしまうと、ただ一人の女性としか繋がることはできず、他にもいいと思える女性がいたら、どちらかを選ぶ必要がでできます。
誰もいない!と言うときが多いのに、何人かいたら確かにもったいない…。
もしかしたらその彼は他の女性とも連絡先を交換していたのでは?と疑問に思ったので、後日確かめてみましたが大丈夫でした。

その他お付き合いをした人以外ともパーティーが終わった後、偶然外で会ったときに話をしていたら連絡先を聞かれたこともありました。その方とは縁がなく繋がることはありませんでしたが…。

まとめ

私自身胸をはって言える収入ではありませんし、年齢も当時は38歳で婚活市場では年齢は高めでした。それでもパートナーを見付けたい為、休日は婚活パーティーで相手を見付けるために時間を作っていました。当時は休日に2つ3つ掛け持ちをしていた時もありました。いわば婚活疲れ寸前です…。

自分が絶対に譲れない条件はあるかと思います。それが何なのか?譲ることができない条件であれば、その条件に合う人と出会うまで探し続ける必要があります。条件が高いほど参加するパーティーも多くなり、時間も長くなる事が多いですが。

もし年収が高くないと嫌、身長が175㎝以上ないと嫌など絶対条件のある方は、パーティーに参加条件が記載されているので、そのパーティーを選んだ方がいいです。
ただ、男性からも女性に対しての条件は高くなります。男性の条件は年齢が若い女性。年齢の事を言われたら女性はどうすることもできません。それは男性が年収を言われたらどうすることもできないのと一緒です。条件を相手につきつけるのであれば、自分もつきつけられると思った方がいいです。

結婚相談所のお見合と違ってパーティーは条件ではないと思われますが、パーティーも参加料が高額料金ではないだけで、お互いに相手に求める条件は厳しいです。

そしてその条件を提示できる自分でいる必要もあります。たまに結婚相談所のお見合よりもパーティーの方が酷なのではないのか?と思うことすらあります。
お見合はお互い条件があえば恋愛感情が高まってなくても割り切ることは出来る人がいます。でもパーティーは感情が先にやってきて、そこに条件が加わったらいいと思える人とも縁が途切れてしまうことがあります。

私がパーティーに参加してOTOCONは条件優先ではなく、お互いのフィーリングで相手を選ぶ事ができるパーティーだと思いました。
なので条件よりも相手とのフィーリングが大切で、一緒に恋愛関係を作っていきたいと思う人にお勧めなパーティーです。

OTOCON(おとコン)公式サイトはこちら