1. TOP
  2. 男磨き
  3. 現在のページ

中折れの原因と対処法!手っ取り早く治す方法

投稿日: 2019年04月03日

執筆者: 松タケオ

中折れして泣く男と慰める女

中折れ」とは、なんらかの理由でセックスの最中に勃起状態が収まってしまい、勃起する前の状態に戻ってしまうことを言います。

最初は自分もムスコも「やる気マンマン!」だったのに、なぜか途中でムスコだけが「グッタリ」してしまう…。年齢を重ねるに連れ、そんな経験をした男性の方が、少なからずいらっしゃるかと思います。

今回はそんな「中折れ」の原因を調べると共に、その対処法についてお話したいと思います。

中折れの原因はなに?

まずは、中折れがどうして起こるのかを正しく知ることが大事です。
間違った対処法では、結局お金や時間だけかかっていざという時にまた役に立たなかったり、行為を始める前に不安になってしまったりします。
それでは、中折れが発生する原因について解説していきます。

ストレスや過度の緊張、コンプレックス

行為をするにあたり、何かしらのストレスが溜まっていたり、また大きな緊張感にとらわれていたりすると、中折れが発生することが多くなります。また、過去にセックスや女性に対してのコンプレックスを抱いていたりすると、これが勃起を持続する妨げになり、中折れが発生することがあります。

これらの原因による中折れについては、勃起する機能自体は正常であり、心理的要因がその持続を妨げているものなので、要因を排除することにより中折れを防ぐことが可能です。

年齢による基本的な体力の低下

年齢を重ねることにより、一般的に誰しも体力に衰えが生じてきます。

よほど若い頃から気をつけて体力維持や増加に努めていないと、50代を迎える頃から、体型の変化と共に、体力低下は避けられないものと考えた方がいいでしょう。

体力低下が原因で起こる中折れは、急に体力を回復させることは困難ですので、何かしらの助けを借りることで防止が可能になります。

飲酒やタバコなど、生活習慣の悪化

夜中まで起きていることが多かったり、不規則な生活が続くなど、生活習慣が乱れてしまうと、中折れが起きる原因となることがあります。

特に飲酒は、アルコールの成分自体が神経の伝達・動きを鈍くしてしまう可能性があるため、中折れが心配な時に、過度の飲酒は禁物と言えるでしょう。

リラックスさせるための軽いアルコールはまだいいかもしれませんが、調子に乗って飲み過ぎないように注意しましょう。

また、タバコも吸い過ぎるのは元々体に良くないことですし、血液中の悪玉コレステロールの増加を招き、中折れの原因となる可能性があります。

中折れの心配がある方は、アルコールもタバコもほどほどに、「たしなむ程度」に留めておいた方がいいでしょう。

自慰行為のやり過ぎ、間違った方法の自慰行為

単純に、自慰行為で性欲を日常的に発散しすぎていると、いざ本番という時に興奮度が高まらない可能性があります。これが中折れに繋がることがあります。

また、あまりにノーマルな性行為とかけ離れた、マニアックな内容のAVなどを頻繁に見ながら自慰行為を重ねていると、そういった刺激でないと興奮しなくなる可能性が出てきます。

性的欲求の趣味志向は人それぞれですから、マニアックな内容のもの自体をやめるわけにはいかないと思いますが、中折れの心配がある場合には、タバコやアルコールと同様に「過度な使用」は控えるべきでしょう。

そして、間違った方法で自慰行為をしていると、これが中折れの原因になることがあります。
行為そのものは気持ちいいので、欲求を満たすための自慰行為としてだけを見れば決して「間違っている」とは言えないのですが、これが原因で中折れが発生するとなれば、やはり改善が必要になるでしょう。

例えば、床に股間を押し付けて、その刺激で自慰行為をする通称「床オナニー」と呼ばれている行為は、女性の膣から受ける刺激に比べて強い刺激が続くことでの射精になるので、実際に女性とのセックスで「物足りなさ」を感じる可能性が高くなります。

また、長い時間自慰行為を楽しみたい、もしくは早漏改善のために、射精する寸前で行為を辞める「寸止めオナニー」をしている方も要注意です。

外へ出るはずだった精液が逆流して膀胱へ流れてしまったり、流れずに溜まって尿道や精官を詰まらせてしまい、中折れや勃起不全の原因となる可能性があるのです。
こちらも頻繁な「寸止め」はしないよう、ほどほどに楽しむ方がいいでしょう。

関連記事

男性の正しいオナニーのやり方と頻度を徹底解説

中折れを防ぐには?

それでは、これまでに見てきた幾つかの中折れの原因について、対処するにはどんな方法がいいのでしょうか。

精力剤、勃起不全(ED)治療薬を試す

やはり一番速いのは、お金はかかりますが、精力剤や勃起不全治療薬を試みてみることでしょう。

女性とのセックスが間近に迫っていて、今回は失敗したくない!といった緊急な場合は、こういった薬などに頼るのが一番速いと思います。

精力剤や治療薬にも色んな種類がありますので、ネットなどで使用例や使用方法などをよく確認してから購入するようにしましょう。
例えば治療薬によっては、アルコールを飲んだ状態では効き目が薄いというものもあります。

お目当ての女性とのデートコースで、何杯かお酒を楽しんでからベッドへというような計画を立てている場合、せっかくの治療薬が薬に立たなくなる可能性が出てきます。
そういった、「その日の状況」も踏まえて、使用するものを選ぶようにしましょう。

食事や睡眠など、生活習慣の改善

医師の健康診断のような見出しになってしまいますが、やはり「体のこと」ですから、生活習慣を見直すことで、中折れも改善へと向かいます。

原因として考えられるもの、例えば深酒を繰り返していないか、ヘビースモーカーになっていないか、十分な睡眠は取れているか?など、一度に何もかもを改善するのは難しいでしょうから、どれかひとつでも、まずは始めてみることが大事です。

酒やタバコをすぐにやめられないなら、せめて睡眠だけはきっちり取るようにする。
仕事の関係で不規則な生活が続くようなら、せめて酒とタバコは少しずつでも減らすようにする。
こういった地道な努力が、中折れの防止に繋がっていきます。

また、インスタント類・外食などがメインの食事ばかりというのも、改善する余地があるでしょう。

炭水化物や当分の多いもの、脂肪分の多いものは、悪玉コレステロールの温床となり易いので、控えるようにしましょう。

ストレスの解消、日常的な運動

いくら生活習慣を改善しても、それが逆にストレスに繋がってしまってはしょうがありません。

お酒やタバコをキッパリと断つ!のもいいですが、それが原因でイライラすることにならないように気をつけましょう。

出来ればストレスを解消できるような趣味を見つけて、日常的に少しでも発散できる状態をキープしておくことが望ましいです。

体を動かすことが嫌いでなかったら、日々少しずつでも、運動を始めてみるのもいいと思います。

定期的に体を動かすことは、生活習慣の改善にも繋がりますので、中折れ防止に対する効果は高くなります。

フィットネスクラブなどに通うような運動でなくてもいいので、一日十数回でも部屋の中でスクワットをしてみるとか、駅から家までバスを使っていたのを、何十分かをかけて歩いてみるとか。
そういった、「今これからでも出来ること」を始めてみることが効果的であり、また持続するためにも大きな要因となります。

持続していくことで、心と体のバランスもよくなり、中折れの原因となるストレスや運動不足などを解決することに繋がっていきます。

まとめ

以上のように、やはり「中折れ」は体と心の問題が要因になっていることが多いので、それをひとつずつ解決していくことが重要になります。

精力剤や治療薬も効き目はありますが、「その時限り」のものだと考えて、長期的に中折れを改善するためには、生活習慣や自慰行為など「日常のあれこれ」を変えてみる必要があるでしょう。

「よいセックス」が出来ることは、人生の大きな楽しみひとつでもありますからね!
好きな相手と、楽しい素敵なセックスが出来るように、どうぞ頑張って下さい。