1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

婚活アプリ「with」で結婚をした筆者が感じた7つのコツ

投稿日: 2019年03月27日

執筆者: よんよん

婚活アプリwithを使う女性

はじめまして。昨年、婚活アプリで知り合った男性(美容師)と入籍をした30代女性です。20代後半ごろから周囲の結婚ラッシュ、子どもが産まれたり、仕事を辞め専業主婦になったりして、幸せな結婚生活を送っている最中、自分は独身。決して悪いわけではないけれど、気づけば家と職場の往復がメイン…憧れと焦りから、結婚をしたくてしたくてたまりませんでした。

そこで!婚活アプリ「with」を使い、何を考え、どう行動し、結婚までたどり着いたのかをお伝えしますね。1つでも参考になれば幸いです。

時系列の紹介:アプリスタート~成婚まで

2017年6月 婚活アプリ「with」をスタート
2017年7月 お相手の男性と初対面&食事
2017年8月 そのお相手とお付き合いスタート
2018年5月 プロポーズ(お付き合いから約9ヶ月)
2018年9月 顔合わせ、退職、入籍
2019年1月 新居へ引越
2019年4月 (予定)結婚式、ハネムーン(プロポーズから約1年)

いくつかの婚活アプリを掛け持ち、同時平行で婚活をしていました。婚活パーティーには2回行きましたが、極度の緊張と、他女性陣の威嚇行動(笑)に怖じ気づき、結局疲れだけが残り、何の収穫も無かったため、アプリをメインに活動することに。
しかし、なにがどれで、どれがなになのか分からなくなるほどの情報量で混乱した時期もありました。

そこで、原点回帰!そもそもなんでこれ(アプリなどの婚活)をやっているのかを7つの考えや行動をした結果、上記の流れとなりました。

1.なぜ結婚がしたいのかを自分自身に聞いてみた

仕事をしていれば結婚しなくても生きてはいけます。むしろ、独身だとお金や時間の自由もある。独り暮らしをしていると特にそう感じる事が多いと思います。
その日常の中で、いつからか結婚願望が強くなっている…。
なぜ結婚したいのかな?

仕事が忙しいのに。結婚ができればOKなのか?周りからの視線が痛いから?一度二度考えただけでは答えは出ませんし、一人一人、考えや重要視するポイントが違うので、正解はありません。

しかし、自分のことは自分が一番よく分かるのではないでしょうか。きっかけは様々ですが、腹落ちするぐらい客観的に自分を見てあげると、色んな事が見えてきます。

私の場合は、お恥ずかしい話、仕事が嫌で逃げたくて結婚したいの気持ちに拍車がかかり、焦りに焦っていました。それに気づいて以降、自分も幸せになりたいし、相手も幸せにしてあげたい、両親を安心させたい、などの想いに気づくこともできました。

恥ずかしい、情けない理由が出てくるかもしれませんが、自分の気持ちの棚卸しを丁寧にしてあげてください。

2.どんな人、どんな生活が幸せなのかを考える

簡単に言えば、スペックや条件です。

価値観が同じ傾向がいいのか、少し違ってても構わないから大企業勤めがいいのか、どこに住むのか、自分の仕事はどうしたいのか、結婚式は?家族を大事にしてる?借金はしていないか?など沢山の項目がありますが、考えがいまいち出てこなかったり、もしくはピンとこない場合は、憧れの夫婦や好きな芸能人を思い浮かべてみてください。

またまた1で記載した棚卸しを再度実践するともっといいと思います。

3.1と2が婚活活動のガソリンとなる

1、で動機(過去)を、2、で目標(未来)を明瞭にすることで、アプリにしてもパーティーにしても紹介にしても、【今】という現在の時間の無駄使いや、心の磨り減りが大幅に軽減します。

ガソリンが無くなると車は動きませんし、他の便利な機能も使えませんよね。回りくどい、実践事項ではない、と感じられるかもしれませんが、経験者が語る大切なことなので、しっかり説明させていただきました。

4以降は私が成婚したwithでの有効活用をお伝えしていきます。

4.withを効果的に活用するための方法

【登録の前に!】その1:写真

写真の盛りすぎ(目がだいぶ大きい、夜景のキレイなレストランでの食事シーンなど)はおすすめしません。

男性側も盛っている部分はだいたい見破りますし、直接あった時にガッカリされたくないですから。それに、結婚を本気で考えている男性は、非日常のプロフィール内容を敬遠します。逆にそれで浮気や遊び目的かどうかを見破れます。

ただし!写真加工アプリなどで、お肌はキレイにしておきましょう。

【登録の前に!】その2:自己紹介文

自己紹介文は長すぎず短すぎず(笑)因みに私の自己紹介文(一部分)は
『最近、仕事でもプライベートでも傷つくことが多かったのですが(笑)そのおかげで成長できたとも思います。新しい出会いに緊張もしますが、勇気をだして登録しました!よろしくお願いします』との文面に顔文字等を入れ登録したところ、一気に足あとやいいね!がつきました(笑)

なぜ登録の前?

登録したての頃は『NEW』のタグも出て視聴率が上がりますし、なんだか初な感じが出て男性本能的な興味が駆り立てられるようです。

しかし、『NEW』のタグも無くなり、長期間登録していたりすると、男性側もこちらのことを悪い意味の認識をします。(逆も然り)
「毎度毎度出てくるから、サクラか問題ありかなのか…」と結婚願望のある男性は離れてゆき、逆に浮気やセフレ目的の男性からアプローチが来たりしてしまうため、事前に準備をしておくというわけです。

5.【検索機能】を毎度使うべし!

身長や居住地、職業や年収、お酒や喫煙者かどうかも選択できたので、便利で且つ【情報収集】ができました。
また、検索内容を少し変えるだけで新たなメンバーや、毎度出てくる怪しい男性も把握できましたし、価値観の優先順位が分かるようになってきました。

素敵な条件で検索するのも、はたまたあり得ない条件で検索するなど、色んな選択ができて楽しかったです。

6.DAIGO監修【相性診断】は結構使える!

特集やキャンペーンのような形で、アプリ会員向けに心理テストがあり、そこで同じ答え(傾向)を選んだ異性が、自分の画面上に出てくるといったものがありました。

ここで相性が良いであろう、という結果が出たお相手のうちの一人が、今の旦那さんです。

確かにメッセージのレスポンスもスムーズでしたし、会える確率も高かったです。

【共通点】の数や内容も結構使える!

カテゴリー?グループ?呼び名が不明なのですが、「○○出身」や「○○が好き」「婚活中です」など自分とお相手の方がそれぞれ所属している項目があります。

そこで、お相手と共通のものがいくつあり、どんなものが共通しているのか分かる仕組みになっています。

そのグループに所属している男性を一覧で見ることもできますし、この人いいかも!と思っている男性と、どのような内容で共通点があるのかを把握、また、他男性と比較することもできますよね。なんだか“マーケティング”のような感じもしますが、このあたりがコツな気もします。

7.生活リズムや会える休日、スタイルは同じ方が良い

私自身、販売接客業でしたので、土日祝は仕事、平日に休みがある仕事でした。

土日がお休みのお仕事の男性とマッチングすることもありましたが、どんなに素敵なお相手でも、メッセージのレスポンス、今後会うことを考えると、生活や休日のリズムがなるべく近い方が絶対に良いです。

そこで活用できるのが、検索機能であり、お相手が何曜日が休みなのかです。

月曜は美容師さんが多いですし、水曜なら不動産関係が多いです。固定曜日でお休みが取れるなら店単位での休みで定休日の感覚ですし、平日休みだが曜日は不定休なら自動的にシフト制の現場でお仕事されることが推測できますよね。

まとめ

1~3では婚活活用術の前準備を、4~7では実体験で感じた項目活用術をお伝えしました。実際に行動するまでに少し準備と時間を要するように感じるかもしれません。しかし、私が複数のアプリやパーティー、メッセージの交換や食事をし、めげず諦めず成婚に至ったのは、お相手への分析だけでなく、自分自身の分析も実行したからだと今になって思います。

傷つくこともありましたし、世間から見放された気がして落ち込むこともありました。けれど、今こうして住みたかったお家に住めて、ハネムーンの準備や結婚式の準備を楽しくすることができています。

どのように幸せを掴むかは貴方次第です。貴重な時間でここまでお読みいただき、ありがとうございました。

with公式サイトはこちら(R18)