1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

婚活Styleで47歳女がウォーキング婚活デビュー!得たものは?

投稿日: 2019年03月25日

執筆者: sobakasu

浅草寺雷門と観光客

私は看護師で47歳。離婚して3年経ち、仕事ばかりの真面目過ぎる生活で、同僚のナースからは「もっと弾けなさいよ」「もっと遊んだら?」と言われる始末。恋ねぇ・・・。恋なんて忘れてたわ。
でも、恋愛をしようにも、周りに該当者がまったくいないんですよね。もっと若ければ、恋愛対象者はいるんでしょうけど、私みたいに47歳くらいの超微妙な年齢になると、職場や周りで彼氏を見つけようにも限界がありまくりです。

みんなどうやって見つけるのか本当に疑問だったのですが、九州の片田舎から出てきた私は、本当に何にも知らなくて・・・。東京には婚活パーティーがたくさんあることを同僚から聞いて知りました。その中で、婚活StyleのWEBページが見やすくて気に入ったんですよね。サイトを見てみると、40歳以上のパーティーがたくさんありそうだったし、イベントも楽しそう!

そこで、1人参加で不安だったのですが、思い切って参加してみることにしました!

いったいどんな婚活パーティーなのか?

私が申し込みをしたのは、大江戸博物館見学&隅田川ウォーキングと浅草散策。

男女とも参加年齢が35歳~55歳という枠であったのも良かったです。
参加費用も女性は2000円だったし、男性は4000円。

あまり安い参加費用だと、どんな人が参加するか不安になりますよね。
ちゃんと参加費用を出して参加できる人たちだと、安心感があります。

出来れば同じ年か年上の男性と知りたいという希望もあり、申し込みの際には出来るだけ近い年齢のグループに入れてもらうようにお願いしました。

というのも、年齢の幅があるので30歳の男性がいるグループに放り込まれようものなら、話を合わせる自信がありません。
とほほ・・・。年下は好みじゃないし。

当日の受付の詳しい場所は申し込みの後にメールが届きましたので、開催日時10分ほど前に行きました。

感じの良い男女の若いスタッフが対応してくれて、スタッフの指示で集合した男女で3つのグループを作りました。

1時間ほどでグループが交代となるシステムで、大江戸博物館、隅田川散策、浅草散策で3回グループが変わりました。

私、47歳バツイチ、1人参加でも大丈夫?

一番心配だったのは、一人参加で初挑戦、勝手がわからず浮いてしまわないか?ということでした。

集合場所に集まった女性は、友達2人組で来ている女性が多かったですね。
私みたいな1人参加者もいましたが、私は初めてだったのでキンチョー気味。
他の女性たちは何度か参加経験者のようで、慣れた感じでした。
前回参加した人とも顔見知りみたいで、最初から話が弾んでいました。

私はなんか一人取り残される?と思ったのですが、同じグループになった女性が気さくな感じの方で、その人も一人参加だったので、話がしやすい雰囲気でした。

婚活Styleの婚活パーティーは2回目だということで、前回のパーティーのことや、参加してみたいイベント型のパーティーの話などしてくれました。

もう1人の女性は友達と来ていたのですが、グループを分けてもらったようです。
親しい人といると、それだけで固まってしまうようなので、あえて離してもらったそうです。

そのような配慮もきちんと考慮してくれる主催者側の対応も、柔軟性があっていいなと感じました。

2人組の友人で参加する女性の婚活って、一緒のグループになったらうるさくないですか?
よーしゃべるしゃべる。ほかの人そっちのけで喋りまくりますからね。

私は女性1人参加のみの婚活パーティーの方が性に合ってるかも・・・と思いました。

参加する男性たちはどんな感じ?

男性はほぼ一人参加ですね。みんな初めての利用ではなかったのですが、やさしい感じの方ばかりでした。

参加のキャンセルが出ると、常連さんには、
「〇〇パーティーに参加しませんか?参加費用が〇〇円OFFになります」
というメールが届くそうです。それで、急遽参加できました!という男性もいました。

40代の方が多いので、バツイチの方や会社経営者の方、公務員、そこそこきちんとしている社会的立場の方が多かったです。

30代男性だと見た目にも若くて、話すのを遠慮していました。

でも、皆さんの実年齢はわかりませんでした。わざわざ名札に年齢を書きませんからね。
みんな年齢不詳!

また、東京都以外の県からわざわざ参加している男性が多かったです。
埼玉、千葉、茨城からも来ている人がいました。

東京周辺の県になると、東京のように婚活パーティーの種類がたくさんないそうです。

男性たちは本当に真剣に将来のパートナーを探している人が多かったような気がします。
何回くらい参加をしているのか尋ねてみると、正直に20回くらいだと答えた人もいました。

カップリングしなかったのかどうか尋ねると、これまた正直に答えてくれて、連絡先を交換しても、それから先が難しいということでした。

おとなしそうな男性だったので、連絡先を交換して安心してしまうのでしょうか。
そこからの攻めが大事なのに・・・

連絡先交換した時点で、デートの約束を取り付けなきゃダメですよね。
私はその人からは連絡先は聞かれませんでしたが・・・(笑)

そして、最悪だったのが、最後のグループ交換があったときの男性のメンバーです。
メンバーというか、1人の人が最悪でした。

自己アピールが強く一人でしゃべりまくっているので、他の2人の男性のメンバーの影が薄くなり、その2人の男性と話があまりできませんでしたね。1人だけうるさかったー。

自分の経歴や年齢、バツイチで子供がいて、ボート持ってて隅田川でたまにボートしてるとか、趣味の話から一人でしゃべりまくり、まー、うるさいうるさい。

女性たちもただただ、その人の話を聞いてました。話が早く終わらないかなーと思いながら。
こういう配慮に欠けた男性は、ダメだなぁとみんな感じていたと思います。

婚活パーティーのカップリング率は?

実はこの婚活パーティーは最後にカップリングの発表という形はとっておらず、最後の解散場所で「じゃあここで解散になりますので、それぞれ二次会に行ってくださいね」という感じでした。

そこで、解散後は話があった男性たち女性たちと二次会をしましたよ。
隅田川と言えば、金のオブジェで有名なアサヒビールがありますからね、その最上階でビールぱーちー。

お酒やつまみが入ると話が弾んでいいですよね。
とにかく、ものすごく歩いた婚活パーティーだったので、もう喉がカラカラ・・・。

年寄りにこんなに歩かせるなー!とみんなでブーブー言ってましたけど、ウォーキングの名の付く婚活だったので、それはそれでしょうがないですよね。

みんなでブーブー言ってるのも、楽しい雰囲気でしたよ。
夜の時間帯じゃなかったので、怪しい雰囲気にもならず、休日の昼間に楽しく飲んだ感じです。

一緒に飲んだ一人の男性が、私の使っているJRの沿線上の駅だったので、一緒に帰りました。
年齢も近かったので、もちろん連絡先も交換しました。

ちょうど私がバタバタしているときだったので、「連絡が遅くなるかもー」と言って別れましたが、一応無事に帰ったことはメールして、その後も何度かメールは交換しましたね。

ただ、年齢は聞かなかったんですが、かなり年上の人じゃないかなぁ?と感じました。
連絡ツールがメールのみっていうのもアレだし、見た目もじいちゃんぽかったし。(ひどい)

でも、こちらからのメールには必ず返信はありましたが、その男性から積極的に連絡が来るわけではなく、私もそれほど興味を持ったわけではなかったので、連絡もしなくなり、
いつのまにか忘れていきました。

あ、でも、本当に好みの人やお付き合いしたい人がいるのであれば、こういう屋外のイベント型の婚活パーティーは活用すべきだなって思います!

まとめ

結局、カップリングとはなりませんでしたが、楽しかったというのは事実です。
歩きながら話せるのも楽しいし、わざわざ最後にカップリングを発表するようなこともないし。

最後のカップリングの発表って、賛否両論あるような気がします。
頑張っても成果が出なかったら、恥をかくような気がしませんか?
私は今回のように発表はないのがいいなぁ。

私は初めての参加でしたが、とても好感を持った婚活パーティーでした。
婚活Styleに限らず、今はどこでもイベント型の婚活パーティーって多いのでしょうね。

向かい合って改まった形の婚活パーティーが向いている人もいるかもしれませんが、屋外で楽しみながら婚活するのもいいですね。

おとなしい男性は、少しアルコールを飲むと緊張がほぐれるかもしれませんので、そういう飲み会系の婚活か、二次会で飲み会があるのであれば、そこに気に入った女性を誘って頑張ってほしいですね!

また、女性も私みたいに45歳以上でも50歳以上でも、年齢別に考えられた婚活パーティーはたくさんありますので、諦めずに人生のパートナーを探してほしいです。

私も頑張ります!