1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

OTOCON銀座・新宿会場はしごの体験談【半個室型婚活パーティーに初参加!】

投稿日: 2018年12月17日

執筆者: ゆうみ

ドレスを着た女性 半個室型婚活パーティーに初参加

はじめまして、32歳、婚活に力を入れ始めた、ゆうみです。今回は、私が初めてOTOCONの1対1「半個室形式」の婚活パーティーに参加した時の体験談です。

男女20人弱ずつくらいの婚活パーティーに参加したことはあったのですが、殆どの女性参加者が20代前半で、男性が多かったこともあり、あまりにも当然のようにフリータイムもぼっち体験をし、心が折れてから数年。いざリベンジにと選んだのは半個室形式の婚活パーティー。
飲食しながらとかでもないためフリータイムもなし、面談みたいな感じかな?ということで、ものはためしと参加してきました。全体的な雰囲気、何故はしごすることになったのか、など、ざっくばらんにご紹介していきます。

OTOCONを知ったきっかけ

2018年初旬、そろそろ年齢的にも結婚を考えはじめ、婚活に力を入れていきたいと思いネットサーフィンをしていた時に見つけました。

形式にも色々あるようですが、以前割と大人数の「フリードリンク、フリーフード付き」の開けた会場での本格的な婚活パーティで、本当にフリー時間を過ごして心折れてから数年、リベンジにと「半個室型」で参加してきました。

OTOCON銀座会場

服装は気合を入れすぎても恥ずかしいかな、と思い、ブルーのタイトスカートに紺のニットと、おとなしめな感じで会場へ向かいます。駅から徒歩1分くらいの銀座の一角にあるオフィスビルの中の1フロアに会場はありました。

特にビルの入り口に「◯◯パーティ会場」のような貼り出しもないので、ここであってるのかな?と若干不安になりながらフロアへ。私の前にビルに入っていった方も、恐る恐るという感じで、見逃してしまうのではないかというくらいでした。

中に入ってみると、受付できちんとした清潔感のある制服を着た、優しそうな女性が丁寧に対応してくださいました。

女性は固定席ですが、男性は移動するので、貴重品以外の大きなカバンやコートなどは、受付横に置くスペースもありました。

名前を告げ、参加費の1000円を支払い中へ入ります。15個くらいの仕切られたスペースがずらっと並んでいて、その一つずつに、テーブル1つ、椅子2脚がセッティングされていました。同じフロアに時間差で開催できるように、同じようなスペースが3つほどあり、そちらでも開催されていました。

受付で渡された番号の席に行き、プロフィールカードを書いてしばし待ちます。プロフィールは簡単なアンケートになっていて、家族構成や相手に求めるもの、自分と付き合うとどういったメリットがあるのか、などの項目がありました。
私が一番困ったのは、「私のベスト3」という、自分でランキングを考えるスペースでした。後日談ですが、ここに一番趣向が出てわかりやすいかもしれません。
「好きなマンガ」「アニメ」「食べ物」「場所」などを皆さん書かれていました。

いざ、スタート

はじめは3分ずつ、係の方の誘導に従って、全員の男性と順番にお話していきます。3分というと、プロフィールをみて、挨拶して、一つ二つ話を掘り下げると、あっという間の時間です。

私は、どんな話し方をするのかや子供が好きかといった部分が気になりましたが、男性が特に気にされているのを感じたのは、もちろん年齢と、「どんな仕事をしているのか」という質問が多かったです。

女性は20代後半から30代前半、男性は35~40代の方が多い印象でした。服装も、いかにもな気合いの入り方の方は1人もおらず、日常のラフな感じの方が多かったです。

全員と3分ずつ話したあと、「気になった方、もっと話してみたいと思った方」の番号に◯をする、第一印象カードが配られ、記入します。(たしか、2人以上に◯をする、など誰にも◯をしないのはNGでした。)。

10分の休憩に入り、皆さん携帯をいじったり、トイレでメイク直しをされたり。その間に男女で話をするのは特にNGなわけではないですが、そういった感じは見受けられませんでした。

その間に集計された「誰が自分に◯をしたか」というカードが、休憩後に配られます。誰が自分に興味を示しているか、わかるんですね。それを踏まえた上で、1分ずつ、全員ともう一周トークタイムです。それが終わると、いよいよマッチングカードに記入し、発表を待ちます。

私は、今回は残念ながらマッチングしたいなと最終的に思える方には出会えませんでした。でもいい経験になったなと思い集計を待っていると、スタッフの方に声をかけられました。「このあと新宿で同じような形式があるのですが、1人欠員が出てしまい、無料にするので参加してもらえないか」ということで、その日は次の予定まで時間もあったし、こんなラッキーなこともあるのか、と本当に無料にしてくださるそうなので参加することに。

銀座でなんとなく感覚がつかめて、俄然婚活に気合いが入った瞬間だったので、有難いお声かけでした。

ちなみに、銀座会場では、男性の方が参加者が少なく、女性が2回くらい一人で待機タイムもあり、それまで一気に話したことなども思い起こしながら整理できてよかったです。

最終的に3組ほどマッチングされていました。マッチングしたペア以外は、まずは女性が退出、その後に男性が退出となっていました。会場を出るまでのセキュリティ面も、きちんと配慮されているんだなと感じました。

新宿会場に移動

マッチングしなかった私は、そそくさと新宿会場へ移動します。着いてみると、やはりオフィスビルの1フロアにあり、「婚活パーティにきました!」という感じではないのがやはりいいなと感じました。

銀座会場と違うのは、新宿会場は全てがスツール式の椅子、カウンター形式で、明るいバーカウンターに座っているような感じでした。女性が左側に座り、時間が来るまでにプロフィールカードに記入していきます。ついさっき学んだ事を活用して、割とサクサク書くことができました。

今回は女性・男性5人ずつで、男性は20代後半~37歳くらいまでで、女性の年齢層の方が高い印象でした。女性は、お友達同士で来ている方も居ました。

マッチングまでのプロセスは同じで、3分ずつお話し、第一印象カードを書いて、休憩後再度全員と1分ずつお話する、という形です。こちらでは、私より3つ年下の方ですがしっかりされている感じの印象の方と、マッチングさせていただきました。

もうひと組、マッチングしていましたが、お互いに人数が少なかったので、誰が誰か、どんな印象だったのかよりはっきり覚えていられたなという感覚がありました。

マッチングした後は、ラインを交換して、駅まで一緒にお話をしながら帰り、解散。マッチングしてそのままお食事に行かれることもあるそうですよ。その方とはその後も何度か連絡はとりましたが、残念ながらお相手の方も若いのに色々と参加されているようで、今回はおつきあいまでには至りませんでした。

おわりに

今回参加してみてよかったのは、1対1の面談形式なので、露骨に「あぶれる」感が見えないということ。また、パーティのような感じではないので、本当に友人と遊びに行くようなラフな気取らない雰囲気でした。食事やフリータイムもないので、正味一時間半くらいで、気軽に参加できるなと思いました。

どなたも本気でお相手を探しにきている印象は強かったです。また、お酒も入っていないので、自分自身も含め、初対面の人とお話される時の姿勢や、逆にこの人には「面接されているみたいな気分になるな」など、自分でも気づいていなかったお相手に求めていることや気にするポイントなどがわかったのは発見でした。

第一印象カードが返却されることで、誰が自分を気にしているかわかった上で、トークタイムがもう一周するのも、それはそれでドキドキするし、モチベーションにもなるので、面白かったです。

終始がやがやした印象もなく、落ち着いた雰囲気の中で、仕切りのある綺麗なオフィスでお話できるので、ひとみしりの私でも、あまり周りの目を気にすることもなくお話することができました。

ちょっと大人数が苦手だなという方や、婚活パーティーって初めてで不安だなという方に、是非オススメしたいです。

OTOCON(おとコン)公式サイトはこちら