1. 男心
  2. 現在のページ

察してくれない彼氏の特徴13選と対処法

PR更新日: 2023年10月29日

察してくれない彼氏に苛立つ女性

一緒にいる期間が長くなってくると、お互いのことがよくわかるようになります。
なので、いちいち言葉にしなくても相手に伝わって欲しいと思うことが増えてくるのです。

相手の方から気づいて動いてほしいのに、全然気が利かない彼氏。
次第に疲れるだけでなくイライラしますし、どう対処していったらいいのか非常に悩ましいですよね。

察してくれない彼氏には13個の特徴がある場合が多く、うまく気持ちを伝えていくことが鍵になってきます。

それから男性と女性の違いについても理解する必要があるでしょう。

この記事を読むことで、

  • なぜあなたの彼氏は察するのが下手なのか?
  • 気が利かない彼氏とうまく関係を継続するためのコツ

について理解することができます。ぜひ最後までお読みください。

恋メモH 恋愛編集部

筆者:恋メモH 恋愛編集部

恋愛カウンセラーや結婚相談所の所長など、各分野のエキスパートたちが、恋愛や出会いに関する疑問や悩みに対して、専門的な知識とアドバイスをお届けします。

察してくれない彼氏の特徴13選

スマホをいじる察してくれない彼氏

相手にわかるように態度や行動で示しているつもりだけど、結局意味を成さず、ただ自分だけがイライラする結果になることがあります。

なぜ、女性の「察してほしい!」を彼氏は気づくことができないのでしょう。
それには、以下の13の特徴が関係している可能性があります。

1.女性経験が豊富ではない

女性との経験が豊富な男性であれば、女性の複雑な部分についても熟知できていたりします。

気づけるということがいかに大事かを理解しているので、自然とあなたの気持ちを汲み取ろうと意識します。
一方で、女性経験が乏しい男性はどうしても女心に関して鈍感です。

2.女性を優先するという意識がない

女性の扱いをわかっている男性は、いつも女性をファーストにするという意識を持っています。

女性との関わりをあまり持ってこなかった男性は、こういった気遣いがそもそも頭に浮かびません。

3.デリカシーに欠けている

相手の気持ちを考えずに、「最近太った?」「その髪型、本当に美容院に行ったの?」などとデリカシーに欠けたことを言ったりやったりします。

相手の気持ちを考えられないので、察することも到底無理なわけです。

4.あなたが本命ではない

あなた以外に好きな人がいて、あなたに対する興味や関心がないという可能性も考えられます。興味を感じられない彼女の気持ちに敏感になれるはずもなく、気づく気すらないのでしょう。

例えば、浮気相手や気になる相手がいて、そっちのほうがあなたよりも本命だとします。
こういったケースだと、彼女とは仕方なく一緒にいるという気持ちで付き合っています。

心当たりがもしあるなら、この可能性を考えましょう。

5.恋愛以外に価値をおいている

恋愛よりも価値をおきたいものが存在するケースです。
この場合、彼女の優先度がかなり低く、仕事や趣味や友人関係などの方を大事にします。

彼氏があなたのことよりも他のことばかりを優先していると感じる場合、このパターンが当てはまるでしょう。

6.恋愛における押し引きが苦手

恋愛において押し引きをわかっている男性は、あなたが駆け引きしていることにも気づくことができます。

けれど、そもそも押し引きができない人は、そんな技に気づけるはずもありません。

例えば、気持ちをわかってほしくてわざと冷たく接したりしてるのにも、鈍感なので普通にスルーしちゃう残念なタイプです。

7.言葉をそのまま解釈してしまう

言葉をそのままの通り解釈してしまうタイプは、あなたの裏の思いになんて気づけません。

こういう男性は「なんでもないよ」と彼女に言われると、そのまま鵜呑みにして心配せずに終わります。

女性はホンネとタテマエがあるのですが、タテマエの部分をそのまま受け取ってしまいます。

8.言葉が少ない

口数が少ない人や、あまり言葉で多くを語ろうとしないタイプは、女性がほしい言葉を言ってくれないし、じれったく感じさせることがよくあります。

長い話が好きな女性と違って、男性は言葉が単調です。
なので、言葉自体に強い価値観を抱いていない人が多いです。

女性からしたら冷たいと感じるし、「もっと私の心のなかを理解して!」と思うわけです。

9.自分のことが優先

自己中だったり、いつも自分のことを優先に考える性格の人も、彼女の真意に気づくことができません。

たとえば、彼女が「今日は嫌なことがあったの」と話したとします。

このタイプの彼氏は自分のことが第一なので「そうなんだ、俺これから友達と飲みに行くからまたね」といった感じで、「話を聞いてほしい」というサインがわかりません。

モラハラ気味・束縛が強いタイプも注意

自分の不安な気持ちを彼女に押し付けたり、上から支配・束縛しようとする傾向にある彼氏も要注意です。

彼女が大事だからというよりも、自分が大事だからこその行動なので、やはり自己中ですよね。

10.最後まで話を聞かない

話を聞くのが上手な男性がいたら女性にモテるでしょう。
なぜなら、大抵の男性は話を聞くのが苦手だし下手だからです。

女性は、自分の中で結論が出ている内容を、ただ聞いてほしいというモチベーションで話す傾向にあります。

けど、気が利かない男性ほどそういった女性心理を理解せず、途中で話を止めて論破しようとします。なんだか無神経に思えますよね。

11.ごまかすことが多い

ウソをついたりごまかすことが多い男性は、人の気持ちを考える心が欠如しています。

つまり彼女の心の中で、どのような気持ちが湧き上がっているかを考えることができません。

12.約束事に関してルーズ

普段、約束事に関してやたらとルーズな彼氏は、相手がどんな気持ちになるのかを考えるセンサーが鈍っています。

なので、相手の時間が奪われることや嫌な思いをすることとか、嫌われてしまうリスクなどを考えることができません。

例えば、今日が付き合って1年記念日だったとして、彼氏とデートの約束をしていたとします。

同じ日に、久しぶりに友人たちがボーリングをやるといった話を聞き、あなたの彼氏はそっちのほうが楽しそうだと感じます。

このタイプの彼氏であれば、あなたには適当な言い訳をして友人との遊びに出かけるでしょう。

約束をすっぽかすのに罪悪感なんてないし、11.でも挙げたようにウソを平気でつける人は、彼女の気持ちを察するなんてこの上なく困難だというわけです。

「記念日なのに友達を優先するの?」なんて気持ちは、この彼氏には通用しません。

13.連絡は必要最低限のことだけ

連絡のやりとりの際に必要最低限の内容しか送ってこないような男性も、女性の気持ちを察してあげるのが苦手です。

とはいえ、既読しても返さない、未読のままシカトするなどのことを頻繁にするなら、あなたに対する気持ちが本当にあるかは疑わしいです。

仕事が忙しいなどの理由もなく、そうやってあなたを悲しませる彼氏には、きちんと話しても改善が見られない場合、お付き合いを継続するかどうか考えることをオススメします。

女心がわからないのが男

察してくれない彼氏にありがちな特徴について知っていただきましたが、そもそも男性と女性の考え方はかなり異なる部分があることに気づいた方もいるのではないでしょうか?

映画でもよく台詞で出てきたりしますが、「女性(あるいは女心)は複雑だ」って言う男性は多いです。

そもそも論、女心に気付けないのが男だと考えてしまう方が楽だったりするのです。

気が利かない彼に上手く伝える11の秘訣

気が利かない彼に気持ちが伝わった様子

気づいてもらえないのであれば、あなたから伝えていく必要があります!

彼氏にうまく「察して!」を伝えることができる11の秘訣についてお話していきたいと思います。

1.きちんと言葉で意思表示する

遠回しに言っても気付けないのが男。
きちんと言葉にして相手に教えてあげましょう。

私も、パートナーに手伝ってほしいというのを察して欲しいとき、わざと苛立っているようにみせたり大変そうにみせたりします。

けど結局気づいてもらえず、いつまでも手伝う気がない相手に苛立ちを覚えるわけです。
でも、これは言葉で伝えていない私が完全に悪いのです。

察することが苦手な男性にはきちんと言葉で表現することが重要になってきます。

2.思っている正直な気持ちを伝える

心に思っていることを溜め込まないようにしましょう。
思っている以上に心の受け皿にはゴミが溜まっていき、いつかこぼれ落ちてしまいます。

そうなってしまうと、あなたは相手に対して限界や不満を抱えすぎて、修復不可能な状態になっているかもしれません。

先程の私の体験談でいうならば、「いつまでも手伝ってくれないからイライラしちゃったよ」「できればあなたの方から気づいてほしかった」などと、思った気持ちを正直に相手に伝えることです。

感情的にいうのはNG

私も最初の頃は泣きながらいったり、怒りながらいうことが多かったのですが、それだと相手は面倒に感じます。

むしろ、話の内容よりもあなたが感情的になっていたという記憶が強く残りやすくなります。

冷静にいうことを意識して話すとGOODです。

育てる感覚で話そう

もう一つ、感情をぶつけるというよりかは、彼氏に育ってほしいと思いつつ話すと落ち着いて話せたりします。

3歳の子供に話すような感覚で言うと、心を広く持つことができます。
相手にわかるように丁寧に、実践させたりしながら根気強く話してみましょう。

3.相手の立場に立ってみる

「なんで察してくれないの!」となってしまっているとき、彼氏の立場で考えられていないことがほとんどです。

相手にも相手の事情があったりします。

たとえば、「色々な事が起きてて心に余裕がない」「会社でプレッシャーがあって常に考えている」などです。

こんな状況の彼氏には、あなたの気持ちを汲んであげる余裕なんてありませんよね。
相手が言わないだけで、あなたが気づいていなかったり察してあげられていないこともあることを、きちんと視野に入れるべきです。

4.時には割り切る!

自分の気持ちや価値観を押し付けても疲れるだけです。
相手とうまくやるために、時には割り切って忘れることも大事です。

お互いに妥協できないと、長く一緒に過ごすのは難しいでしょう。
あなただけでなく、彼氏もあなたに対して妥協している部分は必ずあるはずです。

どうしても譲れないことは伝えてみる

どうしても譲れない部分に関しては、彼氏にも納得できるように伝えたりお願いしてみてください。
その際に、相手からも言われたことがあれば、あなたも聞いてあげる努力をしましょう。

5.攻撃的な態度で言わないようにする

態度や口調も重要で、言い方によってはかなり機嫌が悪くなる男性もいます。
その話を快く聞こうとは思えなくなってしまうのです。

なので、一方的な責め口調や怒鳴ることもNGです。

6.改善点はとりあえず1つだけにする

改善してほしいことは、頭の中にこれでもかってくらい浮かび上がるかもしれません。
それでも、とりあえずは1個に絞って相手に提案しましょう。

相手が1個目を改善できたら次の提案をします。

このように1つずつクリアしてもらったほうが、相手も忘れにくく意識しやすいです。
彼氏の負担にならず成功率もあがるので、ぜひ試してください!

7.変わりたいという意欲をもたせる

彼氏にガミガミと説教をするよりも、本人がその気になったほうが変化が起きやすかったりします。

相手が変わりたいと思うキッカケをあなたが作ってあげるといいでしょう。

男性は褒めるとやる気が出る生き物なので、褒めて伸ばすというのもいいですね。

「その飲み物いまちょうど欲しかったんだ!よくわかったね!」
「ちょうどいまこれが必要だった、ありがとう」
「ここ少し片付けてくれた?整理整頓上手なんだね!」
などと褒めてあげることで、相手はもっとあなたの喜ぶことがしたいという意識に変わるはずです。

8.態度でわからせる

効果がある人には効果があります。

鈍感すぎて本当に気づかない彼氏に対しては、極端に態度で示すというのもありです。

急に彼女が話してくれない、冷たい、そっけないなどの態度になっていたら、どんなに鈍い彼氏でも、さすがに何かあったか自分が何かしたかもと考えるはずです。

9.女心について勉強させる

女心について学習してもらいましょう!
漫画やアニメなどでもいいので、一緒にラブコメや女性の心境がよく描かれているストーリーを選んで観てみてください。

解説が必要になるでしょうが、少しでも女心を知ってもらう機会にはなります。

10.女友達との交流に彼氏も参加させる

女性が複数人集まるような交流がある時には、彼氏にも参加させましょう!

女性との関わりがなく、扱いに慣れていない男性には効果があります。

女性同士の会話や恋愛の話題について聞くことで、どのような感情を女性が抱きやすいのかを知る機会にもなります。

あなたの感情にも、今後敏感になってもらえる可能性があります。

11.ダブルデートをしてみる

あなた以外のカップルと一緒にダブルデートをしてみてください。
相手のカップルは、気が利くタイプの彼氏であると、なおいいです。

実際にお手本を目で見てもらうことで、あなたの彼氏が成長するいいきっかけになるでしょう。

まとめ

男性と女性とでは考え方が異なり、女性の方が複雑な心の持ち主です。
それは、彼氏があなたの心境に気づけない理由の1つでもあります。

その他にも、女性経験が豊富ではなかったり、言葉をそのままの意味で捉えてしまったり、自己中心的な人やウソをよくつくなどの特徴がある人は、彼女の気持ちに気づきにくかったりします。

1つだけでなく、いくつもの特徴が合わさっている人もいるでしょう。
そういった特徴を理解した上で、うまく付き合いを継続していくためには、やはりあなた自身が行動していくことも重要です。

具体的には、思っていることを察してもらわずに言葉で伝えることです。
場合によっては、伝えること自体を諦めて、割り切るということも必要でしょう。

臨機応変にいろんな対処法を試し、あなたの彼氏と合った方法を実践し続けることで、徐々にあなたがイライラすることは減っていくはずです。