1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

Pairsを徹底攻略!アラサー女子がペアーズの実態と上手な使い方を詳細にレクチャー

投稿日: 2018年11月29日

執筆者: mm

ペアーズで出会いを探すアラサー女子

私が初めてPairs(ペアーズ)を利用したのは、20代後半くらいの時でした。当時の私はサービス業で毎日毎日仕事に明け暮れ、最後に彼氏がいたのは何年前だろうという状態で、出会いもなかったのでふとFacebookに出てきたPairsの広告を見つけ、いい出会いがあればと思い興味本位で登録しました。

それからしばらくPairsで様々な出会いをするのですが、実際Pairsで出会えるのか、どんな人がいるのか、詳しくお話ししてきたいと思います。

Pairs(ペアーズ)を徹底攻略

レクチャーする笑顔の女性

Pairsは、Facebookのアカウントや電話番号を利用して登録するマッチングアプリです。

利用者数は800万人ですが、Facebookアカウントと連動することで、Facebookの友達はお互いに表示されないなど、身バレする可能性が割と低くなる特徴があります。

また、異性を探す際に、居住地域や年齢、顔写真や身長や年収など、様々な項目を設定して探すことが可能です。

利用料金

基本的には女性は無料になっていますが、女性でもお相手に「いいね」を送れる回数が増えたり、男性からの検索結果が上の方に表示されたり、送ったメッセージの既読・未読がわかるといったオプションがつけられる有料サービスもあります。

その他にも、自分がアプローチしたお相手や、既にメッセージのやり取りをしているお相手のみに自分のプロフィールが表示されるようにするといった有料オプションもあります。

また、男性の場合は月額料金が発生します。
1か月の利用で3,480円ですが、3か月プランにすると月額料が2,280円になり、6か月プランで月1,780円、12か月プランになると月1,280円と、あらかじめ長期間で申し込むほど月額料金が安くなるシステムです。

利用の流れ

登録したらまずは自分のプロフィールを充実させましょう。
すると、自分に興味を持ってくれた相手から「いいね」が届きます。

自分でも異性を検索して、いい人がいれば「いいね」を送ることが可能です。

お互いにいいねを送りあえばマッチングし、相手とメッセージのやり取りが可能になります。

また、Pairsには様々なコミュニティがありますので、自分の興味があるコミュニティに入ることで、同じコミュニティ内の、同じ趣味の異性と出会うきっかけにもなりますし、自分の興味のあるものを異性に伝える手段にもなりますので、ぜひ気になるコミュニティを探してみてください。

利用制限や利用条件

Pairsの登録にあたり、

Facebookのステータスが交際中の場合や既婚の場合は利用ができません。
また、18歳以下の利用も不可となっています。

登録後、「いいね」を送ったり受け取ったりすることは可能ですが、メッセージを送ったり、受け取ったメッセージを閲覧するためには年齢確認が必要になります。

年齢確認は、免許証や保険証などの身分証を写真に撮って送るだけです。
身分証の写真が承認されれば、メッセージのやり取りが可能になります。

既婚者はいるか?

既婚者の有無についてですが、システム上はいないはずなのですが、結論から言うと、います。

もともとFacebookのステータスが交際中の人や、既婚の人は利用ができないようになっていますが、交際中の人や既婚者が必ずFacebookのステータスを登録しているとは限りません。

私自身、当時の職場での取引先の人(既婚男性)を友人のPairsのページで発見してしまったことがあります。

結婚目的のパートナーと出会えるか

結婚できない女性たち

Pairsを利用している人の中には、もちろん結婚を意識している人もいます。

自己紹介で結婚相手を探しているような内容が書かれていたり、結婚に対する意思も「今すぐにでもしたい・2~3年の内にしたい・いい人がいればしたい・今のところ結婚は考えていない」など、プロフィールを見れば、結婚に対する考えが大体わかるようになっています。

実際に私がPairsを紹介した友人はPairsで出会った方とお付き合いし、そのまま結婚しています。

ですので、いい人と出会えるか、自分次第では結婚も視野に入れたパートナーと出会うことができると言えます。

彼女・彼氏は作れるのか、恋人探しに向いているか?

先述したように私の友人もPairsで出会った人とお付き合いしていますし、Pairsで出会ってお付き合いした2人目の彼氏と結婚しています。

私自身もPairsで出会った人とお付き合いしたこともあれば半同棲したりもしていました。Pairsは割と利用している人が多いので、マッチング数も多くなります。
そのため恋人探しには向いているアプリと言えるでしょう。

マッチング数をあげる写真のコツ

カフェでスマホを持つ女性

異性から「いいね」をもらい、マッチングの数を増やすために最も重要といえるのがプロフィール写真です。
自分の顔や体型に自身がなくても、やはり自分の写真は大切です。

食べ物の写真やペットの写真などをあげて、自分の写真がない人がいますが、そういう人にはまず「いいね」を送る人はいないでしょう。

一番いい写真は、肌をきれいに見せるだけなど、ちょっとした加工の、顔がわかる写真です。

加工アプリで撮った、誰でも同じような顔になる写真や、顔のほとんどが隠れてしまうような写真は好まれません。

どんなに自身がない場合でも、せめて顔ぜんたいの想像ができるような写真を載せましょう。

プロフィールの写真は履歴書の写真と一緒です。
写真を見て、その人がどんな人なのか、その人の印象が伝わるような写真を載せることが、マッチングの数を左右します。

身バレする可能性はあるか

残念ですが身バレの可能性はあります。
Facebookと連動させることで、Facebook上で友達になっている人は表示されません。
しかし、裏を返せばFacebookで友達になっていなければ、知り合いでも相手の検索欄に表示されてしまうのです。

ですが、身バレを極力防ぐ方法もあります。
例えば、身バレが心配な方は、イニシャルを変えて登録してみてください。
イニシャルを変える方法ですが、Pairsの名前は必ずしも本名である必要はありませんので、イニシャルも自分の名前とは別のイニシャルで登録することで、知り合いに見つけられてしまっても、「似てるけどイニシャルが違うから別人かな」と思わせることができます。
他には、先に知り合いを見つけてしまうという方法もあります。
相手に気付かれる前に非表示にしてしまえばいいのです。
知り合いを発見した時点で、その相手のプロフィールから、「非表示・ブロック」を選択すれば、その後相手に自分が表示されることはありません。

退会方法

退会方法ですが、ホーム画面の「お問い合わせ」から退会を選択すると、退会手続きの画面へ移ります。

その後、Pairsの退会理由を選択するページへと移動しますので、退会理由を選択し、さらにページを進めて「Pairsを退会する」を選択します。

退会画面でも説明がありますが、一度退会してしまうと30日間再登録ができないほか、過去のデータが全て削除されてしまい、再登録の際に過去のデータを引き継ぐといったこともできなくなってしまいますのでお気をつけください。

まとめ

私自身がPairsを利用した感想としては、思っていた以上にいい出会いがあり、利用してよかったと思えたというのが大きいです。

やはり、利用し始めたばかりの頃は、本当に出会えるのか、アプリで出会った異性と本当に会っても大丈夫なのかといった不安が大きく、心配してばかりでした。

ですが、実際アプリを使い始めてみると、メッセージを重ねることでお相手の人柄なども見えてきますし、実際に会ってみると写真で見ていた以上に素敵な人だったり、良い出会いもたくさんありました。

もちろんその逆もありましたが、実際会ってみて違うなと思えば会わなければいいだけですので、確実に安心して会える人だと思えて、興味のわいた方にはどんどんアプローチして、実際にお会いしてみるのが一番だと感じました。

Pairsでは、普段の生活の中では出会えないような異性と出会えますし、積極的に出会いを求めるには良い場所だと言えます。
出会いがないと感じている人にはオススメのアプリです。

Pairs公式サイトはこちら(R18)