1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ

「もういいや!疲れた」彼女との恋愛に彼が冷めてしまう瞬間10選

投稿日: 2018年11月09日

執筆者: はるぼまま

彼女に冷めた男性

付き合い初めでラブラブな時は多少の事なら「すきだからいっか、許せるな」と思えるかもしれませんが、それも度を越すと許せなくなり、百年の恋も冷めてしまいます。

男性が女性に幻滅してしまう、恋が一瞬で冷めてしまう瞬間にはどんなものがあるのでしょうか。また幻滅されてしまわないようにする対処法はあるのでしょうか。いくつか具体例を挙げていきたいと思います。

常識やマナーがなっていない

男性は女性に対して、常識やマナーが備わっているのは当たり前だと言う認識でいます。
そうでなくても人として当たり前の常識が備わっていないというのは、男性にとってマイナスポイントです。

公共の乗り物での化粧や地面に座り込む、優先席に平気で座るなどの非常識な行動はもちろん、食事中のマナーにも割と目を光らせている男性は多いかも?

自分の上司や友人に会わせるとき、彼女が仕事の電話をしている時、冠婚葬祭に参加した時など、常識やマナーが見られる場面は様々です。

普段あったりしている女性がいざという時しっかりしていたらとても魅力的にうつりますが、その逆だった場合彼の恋心は一瞬で冷めてしまうようです。

会えば悪口や文句や愚痴ばかり

女子会で悪口をいう女性

デートでは楽しい気分、幸せな気分になりたいし、彼女には癒しを求めている男性が多いはず。それなのに、会った瞬間から、その日出会った人の悪口や、仕事や友人との出来事の愚痴、ショッピングや食事に行けば店員さんに文句を言うような女性では、癒しどころか嫌悪感しか抱かないのもむりありません。

口から出る言葉が悪い言葉であれば、それと比例して顔つきも悪くなっていきます。もしかしたら彼から見た彼女が鬼や般若のように見えているかも。

第三者への文句や愚痴も気分がいいものではありませんが、それが自分に向けられた愚痴、文句、悪口だったら、会うのも嫌になってしまうでしょう。

せっかく彼が考えたデートプランに文句をつける、つまらないと愚痴を言う、彼のそう言うところがムカつくと悪口を言う。
そんな彼女じゃ恋心も冷めてしまうものです。

嫉妬や束縛が激しい

手錠を持つ束縛が激しい女

男性にも女性にも当てはまると思いますが、男性は特に1人の時間を大事にする生き物です。自分の趣味に時間を費やしたかったり、たまには、気心の知れた友人と飲みにいきたい日だってあるでしょう。
それなのに、
どこの誰と行くの?
女がいるんでしょう?
そのあとキャバクラとか行くんじゃないの?
私がいるんだから友達と遊ばなくてもいいでしょ!!
なんて頭ごなしに嫉妬され、行動を制限されては、男性はげんなりしてしまうでしょうね。

別に彼女をないがしろにしようとしていたわけではないし、浮気をするつもりもさらさらないのに、そこまで言われてしまっては、自分には信用がないのかと気分を害してしまうのも仕方ありません。

適度な距離感で付き合えない時に、男性は冷めてしまうようです。

他の男性、以前の恋人と比べる

比較する女性

「あなたってあの人より背が低いよね。」
「元カレはもっと優しくしてくれたんだけどな。」
「ここ前の彼氏ときたことあるお店だー。」
女性からしてみれば、男性を試すための一言だったとしても、他の男と比べられた日には、彼のプライドはズタズタです。女性も、他の女性と比べられたら嫌なはずなのに、男性に悪気もなく言ってしまいがちですよね。

女性は特に喧嘩をしている時に言ってしまう傾向があるようです。
そんなつもりじゃなくても、口にしてしまった言葉は元に戻すことはできません。

男性はプライドの高い生き物です。他の男、ましてや以前の恋人と比べられて否定されてしまっては、彼女への気持ちもサーッと引いてしまうのでしょう。

平気で嘘をつく

嘘をつくことは人として良くないことですが、女性は男性よりも嘘をつくのが上手く、男性はなかなか見抜けません。気づかないままならいいのですが、その嘘がバレてしまった時にはもうアウトです。

小さい嘘でも大きい嘘でも嘘に変わりはありません。築いてきた信頼は一気に崩れ去り、恋心なんて残らないでしょう。彼女はどれだけ取り繕っても彼からの信頼が回復することはなく、男性は一緒にいることが苦痛でしか無くなってしまうのです。

彼のためにつく優しい嘘ならまだいいかもしれませんが
偽られることにいい気分がする人はいません。

ネガティブでマイナス思考

落ち込むネガティブな女性

男性は社会にでて毎日の仕事でストレスで常に悩まされています。
たまには愚痴も言いたくなるし、やけ酒をしたくなる時だってあるでしょう。ついつい彼女に弱音を吐いてしまうときもあります。
そんな時彼女が明るくポジティブに励ましてくれたら、それだけで元気が出るし、笑顔になれます。また明日頑張ろう!という活力が湧いてきて幸せに思えるものです。男性だって女性に甘えたいのです。

しかし、彼女がネガティブでマイナス思考だと弱音を吐いたことを後悔するくらい落ち込むことになります。

さらに、「どうせ私なんて…」というマイナス思考な発言が多いネガティブ彼女からは負のオーラしか発しませんから、男性からしてみれば、一緒に居たくないと思ってしまうでしょう。

気持ちがどんなにネガティブでも、常に明るく笑顔でいることが、男性が冷めないために必要な心がけと言えます。

結婚を迫られる

結婚したい女性

女性は、周りがどんどん結婚していったり、適齢期になってくると結婚を焦りますよね。

しかし結婚はとてもデリケートな問題です。結婚式に夢見る女性は多いですが、男性は男性で、結婚式費用のことだったり、結婚したあとこの人と、将来は子供を背負うだけの力と覚悟が整ってからプロポーズしようととても現実的に考えているのです。

それなのに、結婚しようよ。まだ出来ないの?など女性から結婚を意識したような言動ばかり受けてしまうと、プレッシャー以外の何者でもなく、彼はげんなりしてしまい、付き合っていくことすら嫌になってしまうようです。

わがままが過ぎる

腕組みをしたわがまま女

女性のわがままは可愛いと言われますが、それにも限度があります。

深夜彼が寝ている時に突然の電話、「終電逃しちゃったから迎えに来てー」
彼女の誕生日に送ったプレゼント、「私の趣味と全然違うから○○のブランドバックと変えてきてー」
など、どう考えても非常識で自分勝手なわがままには嫌気がさすのも当然です。

俺はお前の召使いじゃないぞ!と男性が怒るのもごもっとも。自分を中心に全てが回っていると思っているお姫様女子にはついていけない男性が多いです。

体の相性が合わない

彼女と体の相性が合わないと考える男

恋人同士にとって、性格の相性と同じくらい大切な相性です。

女性は中には、手を繋いでいるだけで幸せ、かれが隣にいてくれるだけで満たされる。という人もいるのでしょうが、欲求の強い男性の中には、この体の相性に重きを置いている人も多いようです。

キスをした時にしっくりこない。あまり満たされた気持ちにならない。という理由でかれが浮気をすることもある程です。

どれだけ性格の相性が良くても、体の相性が合わなくて彼女に会いたくなくなったり、恋心が冷めてしまう男性も多いようです。

すっぴんと化粧時の顔が別人級

すっぴんと化粧時の顔が別人

アイプチにカラーコンタクト、シャドウやアイラインや付けまつげでくりくりにした目、重ねに重ねたファンデーションで作り上げた肌、一本一本丁寧に書き上げた眉毛、キスしたくなるようなぷっくりしたくちびる。

女性にとっては美しくなって彼に褒められたい一心で、必死に努力してお化粧をしているのですが、男性はナチュラルな素顔に近いメイクがお好きなよう。むしろ、塗りに塗られた化粧という仮面を落とした時のスッピンとのギャップに言葉を失う男性もちらほらいるようです。

ちまたでは、半分メイクといって、化粧時とすっぴんでどれだけ違うかというのを堂々と出している女性も多いですが、それを見た男性は驚愕していると思います。
何事もやり過ぎは禁物。萌えないギャップには男性も引いてしまいます。