1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

大学生がワクワクメールでパパ探し!パパ活におすすめな理由や注意点を教えます

投稿日: 2018年10月31日

執筆者: みさと

大学生がワクワクメールでパパ活をするイメージ

大手の出会い系サイトであるワクワクメール。私自身もパパ活をするにあたって、パパ探しにワクワクメールを愛用していました。

ワクワクメールはたくさんある出会い系サイトの中でもかなり出会いやすく、しかも使いやすいサイトだと思います。

そこで、私が大学生の時からワクワクメールを使ってパパ探しをしていた体験談をもとに、ワクワクメールを解説します!

ワクワクメールとは?

まずはワクワクメールがどんな出会い系サイトなのかを説明します。

会員数は700万人以上と国内の出会い系サイトの中でもトップクラスの数字を誇り、利用者層も20代から50代までかなり幅広いです。

セフレ探し用と普通に異性と遊びたい人用の掲示板が分かれており、目的に応じた出会いを探しやすい点はかなり便利と言えるでしょう。

また、ワクワクメールには他の出会い系サイトにない「メモ機能」があります。このメモ機能を使えば、一度連絡を取った人がどんな人だったかなどを記録するのに便利で、実際に写真を見てみたら顔がタイプじゃなかったなどと言う時にブラックリストに登録をしなくても、過去の自分の評価を確認できるので便利です。

女性側が嫌な思いをする可能性はかなり低い

ワクワクメールはあくまで個人の出会いをサポートする手段の一つであり、相手が送ってきたプロフィールと実際のプロフィールが違うという可能性も高いです。

実際に会ってみたら送られてきた写真と全く違う顔・スタイルの人が現れる可能性もあるということを理解した上で利用するべきと言えるでしょう。

ワクワクメールは男性が掲示板に書き込みをして女性がその書き込みに足跡を付け、その足跡をもとに男性が女性に連絡をするという流れになることが多いです。

しかし、男性が女性に連絡をする場合、ポイントを消費してしまうため、送ることが出来るメールには限りがあります。
そのため男性側が冷やかしで女性に連絡をすることは少なく、出会いや性的な関係を求めて連絡してくる人が大半なので、女性側が嫌な思いをする可能性はかなり低いです。

パパ活目的の女性を狙う自称富裕層に注意!

自称富裕層!お札の束を持つ男

実際にワクワクメールを使っていて、男性のサクラに遭遇したことはありませんでした。しかし、ワクワクメールは女性が男性にメールを送るにあたってポイントを消費する必要がありません。

また、ワクワクメールにはメールに返事をするとポイントが貯まる制度があり、ある程度ポイントが貯まると現金に換えることが出来ます。この制度を狙って、必要以上に男性と連絡を取って実際に会うことは無いという女性は多いかもしれません。

実際に私がワクワクメールを使って遭遇した危険人物は、タダでヤリ逃げをしようとする人です。
プロフィールには建設会社の社長と書かれていて、ある程度お金を持っている人かと思いきや、みずぼらしい服装で待ち合わせ場所に現れました。
初対面で10万円を渡してくれるとの約束でしたが、地元の地方銀行の通帳しか持っておらず、その場でお金を渡すことが出来ないと言われ、その時にホテル代しか持っていなかったので、ホテルですることだけをして最終的にお金を受け取ることが出来ずに私から連絡を絶ちました。

このように、パパ活目的の女性を狙って富裕層であることを偽り、自分はホテル代しか負担しないという男性はこの人以外にもいたので要注意です。

出会いやすいと評判!50代以上のパパとも知り合える

ワクワクメールの口コミを見てみると、やはり会員数が多いので出会いやすいという声が多かったです。

私が東京23区内で出会える人を探していました時は、男性にメールを送らずに掲示板に足跡を付けるだけで、1時間に少なくても5人、多い時で10人ほどの男性から連絡が来ていました。そのため、相手に顔写真を見せていなくても男性に会うことが出来ていたので、かなり助かっていました。

また、検索機能が充実していて、自分のタイプの異性を探しやすいという声も多数見受けられました。この機能に関しては私も男性を探す時に年収や体型など条件を付けて探しており、かなり活用しやすい機能だと思います。

大体同世代の年齢の人と知り合いたければ、自分に近い年代までに条件を設定すれば良いですし、大分上の年代の人と知り合いたければ、50代以上からというように検索出来るので、かなり便利です。

男性はお金持ちが多い!良いパパを探しやすい

男性の質に関してはある程度のお金持ちが多く、週1~月1頻度のパパ活をするには良いと思います。

男性が女性にメールを送る時にはポイントが消費されるため、ワクワクメールを利用している男性の中には課金をしている人も多いです。

出会い系サイトへの課金はある程度経済的な余裕が無いと出来ませんよね。課金をしている=ヘビーユーザーであるということにはなりますが、ヘビーユーザーでも良いのであればかなり良いパパを探しやすいと思います。

イケメンがいるかどうかに関しては、若い人にはイケメンが多いと思います。しかし、ママ活目当ての人が中心なので、ある程度のお金をかける必要があり、その覚悟があるのなら連絡をしてみると良いでしょう。

どちらかと言うと普通のサラリーマンの人の方が利用者が多く、出会う人がイケメンかどうかはあまり期待しない方が良いです。

セフレはかなり作りやすい!時間帯は夕方頃がおすすめ

ワクワクメールの場合、恋人目当ての人よりも体目当ての人が多く、セフレはかなり作りやすいです。

あまり見た目に自信がない女性でもOKな男性が多く、身だしなみさえしっかりして、常識のあるメールの返信をしていれば簡単にセフレ関係を結ぶことが出来ます。

また、出会いやすい時間帯に関しては夕方頃がおすすめです。

男性側は仕事が終わってからセフレに会いたいと思っている人が多く、仕事が終わる時間に待ち合わせをすることが出来るかという書き込みが中心となっています。
そのため、大体午後4~7時頃がセフレを探すのにちょうど良い時間です。

また、セフレに会う場合、終電に間に合うかどうかもしっかり確認しましょう。終電に間に合わないとその人と朝まで過ごさなければいけないので、危険な目に遭う可能性も高いです。

特に夜遅い時間になると、車で迎えに来てくれる人もいますが、初対面の男性の車に乗るのは何をされるかわからないということもありあまりおすすめしません。

利用してみて分かった良い点・悪い点

実際に私がワクワクメールを使ってみて、良かった点と悪かった点をまとめてみました。

良かった点

ワクワクメールを使ってみて良かった点は、意外とお金持ちの人が多いと言う点です。

先ほど紹介したようなパパ活をする女性を釣ろうとする人は多いですが、パパ活目的でない人で30代以上の人の場合、ある程度経験も積んでいて収入があり、会うたびにお小遣いをくれるパパになってもらうことが出来ました。

しかも人生経験が豊富なので、利用していた当時は大学生でしたが、就職活動の参考になるような情報もたくさんもらうことが出来て、色々な意味で成長できたと思います。

悪かった点

経歴詐称をしている人が多い点はデメリットだと思います。

特に年収2,000万円以上で、顔写真を載せていない人は要注意です。このような人は先ほどのような自分の都合の良い体の関係を求めてくる人ばかりで、実際は全然収入が高くないので、ある程度収入が高い人を狙いたいのであれば、年収1,000万円ラインの人を狙うのが無難だと思います。

まとめ

実際にワクワクメールを使ってパパ活をしていましたが、かなりのお金持ちとは出会うことは無かったものの、年収1,000万円程度のある程度のお金持ちには出会うことが出来ました。

社会人になった今でも定期的に会ってお互いの仕事の愚痴を話し、お小遣いをもらっています。

私のように、ハワイに連れて行ってくれたり、ブランド物を買ってくれるような人でなくても、定期的に会ってお小遣い程度のお金をくれるパパを探しているのであれば、ワクワクメールがおすすめです!

ワクワクメール公式サイトはこちら(18禁)