1. TOP
  2. 男磨き
  3. 現在のページ

交際経験なしの20代男子が恋人をつくる方法とテクニック

投稿日: 2018年10月19日

執筆者: あっかー

交際経験なしの20代男子

交際経験がない20代男子が交際できないのは何が原因なんでしょうか。
見た目?年収?トークスキル?

私が一番の原因だと考えるのは、「数を打っていない」ことです。

そして、数を打っていないがために、女性のアプローチの仕方がわからずじまい。あるいは、絶対に届かないような高嶺の花に手を伸ばそうとして玉砕。

まずは、数を打つことで女性慣れをしていきましょう。
とはいえ、社会人の20代男性だと普通の生活をしていたら会える女性の数も限られてきます。出会いを増やして、女性にアプローチする機会を増やしていきましょう。

男性が女性と付き合うには、以下のプロセスを必ず踏みます。

【プロセス編】
1.出会い
2.デート
3.アプローチ

ただし、恋愛経験のない20代男子がこれを忠実にこなしたところで、随所で疑問点が浮かぶはずです。
そのため、恋愛を成功させる考え方として【共通編】とプラスアルファで清潔感のある身だしなみを伝授するということで【身だしなみ編】を掲載します。

【共通編】
4.男子と女子の恋愛の考え方の違い
5.モテる男子の秘訣を知る
6.戦場で経験値を積む
7.負けることは恥ずかしいことではない
8.魅力ある男子に感じさせる

【身だしなみ編】
9.清潔感を身に着けよう
10.品性を身に着けよう

今回紹介させていただく、恋人をつくる方法10選は、パーツごとに効果を発揮するものだと考えています。

単体でも十分効果は期待できますので、是非しっかりと学んで自分の好みの女子を恋人にしましょう!

プロセス編:出会い

男女ともに出会いがなければ恋愛に発展することは絶対にありません。

そして、出会いというのは「ただ存在を認識している」だけでは出会いにはなりません。
たとえば、よく行くコンビニでレジ打ちをしているバイトの女の子がいるとしましょう。
あなたは、毎日なにかしらをここで購入します。果たして、これは出会っているといえるのでしょうか?
答えはNOです。
恋愛における出会いというのは、「お互いにどんな感じの人かなんとなくわかる」という状態を指します。

では、「お互いにどんな感じの人かなんとなくわかる」ということを念頭に置いて、女子と出会うにはどうすればいいでしょうか。

お互いにというところがポイントです。つまり、「共通のなにか」を持っていることでお互いに認識できるのです。
共通の話題、共通の趣味、共通の行動…
以下におすすめをあげます。

同じコミュニティ

一番おすすめはこちらです。何故なら同じコミュニティにいるということは、コミュニティ内の共通の話題を持っているため、後の親密化につなげやすいからです。

具体的には、趣味(ヨガ教室、料理教室、社会人サークルなど)の集まりがこれに属するかと思います。

共通の知人

知人に紹介してもらうパターンというのは、非常に有力であり、更に結婚までいくことがすごく多いパターンです。

なぜなら、「共通の知人」を介して「共通の話題」を持つことができるからです。

さらに、女性は用心深い生き物であるため知り合いに紹介してもらったという安心感は相当なものなのです。

ナンパ

ナンパというとすごくチャラいイメージがありますし、恋愛経験のない男子にとってはかなりハードルが高いと思います。

しかし、それは例えば渋谷のハチ公前で待ち合わせをしている女子に突然声をかけることを想定していませんか?
それでは、女子は警戒してしまいます。

警戒されないために「共通の空間」を利用するのです。
具体的には、音楽フェスなどがいいと思います。共通の空間を楽しんでいることを利用して、勇気をもって声をかけてみましょう!

合コン

合コンで出会った女子とすごくうまくいくパターンって実はそんなにありません。20代の前半はいいですが、後半になってくると合コンにくるのはお互い売れ残りか、遊び人かが増えてくるからお互いに期待度を高くしません。

しかし、合コンのメリットは一度に複数人と出会えます。更に、先の共通の知人と同じで、誰かしらが共通の知人に担保されているわけなので、どこの馬の骨かもわからない、という状態は回避できるのです。

以上が、出会うまでのおすすめでした。

プロセス編:デート

デートをする男女

さあ、出会いを済ませたら次にすることはデートです。20代の恋愛は、中学生高校生と違うのでまずデートをしてからはじめます。

1000回LINEをして、仲良くなったと思っていても1回もデートしたことない人とは付き合いたいと思われません。

必ずデートを重ねて仲良くなってください。3回くらいはデートした方がいいでしょう。

そして、恋愛経験が少ない男子が陥りがちなミスとして、「映画館デート」を選択しがちですが、おすすめしません。
なぜなら、話す時間が他のデートよりも少ないからです。

デートと言って気張らなくても大丈夫です。
2時間くらい少しこぎれいな居酒屋でどんな人かをお互いにしっていくだけでいいのです。
ここで大事になってくるのが、お互いのことをよりよく知って仲良くなることです。

ただし、絶対に守らないといけないポイントがあります。
必ず口説くこと
これだけは守ってください。
後述の「男子と女子の恋愛の考え方の違い」で説明をします。

プロセス編:アプローチ

大人の恋愛で、カップル成立する際に必ずしも告白がともなわないことがあります。
それは、文字通り「大人の関係」に先になってしまうこともあるからです。

ただし、経験のない諸君は、まずは正攻法の恋愛からやっていきたいところ。
デートで仲良くなれたら、告白にもっていきましょう。

玉砕するのはあまり得策とはいえないので、ある程度、確度をあげてからにします。
確度が上がったかどうかは、相手の反応をみるしかありません。
例えば、何度か重ねたデートの終盤でさりげなく手をつないでみましょう。
何度もデートを重ねた相手と手をつなぐことに嫌悪感をむき出しにする女子はそんなにいないと思います。

もし、手をつなぐのを断られるようなら、あなたは恋愛対象としてみられていないか、まだ親密化が足りない。あるいは、相手の女子がよほど恥ずかしがりやなのかでしょう。

以上が、【プロセス編】でした。
次に、【共通編】を学んでいきたいと思います。

共通編:男子と女子の恋愛の考え方の違い

男子と女子は恋愛において全く違う生き物であると認識してください。
男子の恋愛は、最終的に居心地を求めます。ただし、その過程において色々な女子を知った上で選別して一つに決めます。
つまり、様々な女性経験を積んだうえで一つに絞っていく。
これが実は王道なのです。もちろん、人間である以上、考え方は様々ですので、必ずしもこれに当てはまるわけではありません。
しかし、王道である、ということは頭にいれておいてください。

一方、肝心な女子の恋愛ですが、これも居心地を求めます。は?同じじゃないか、何を言ってるんだ、と思うでしょう。
しかし、これは過程がまるで違うのです。
なぜなら、女性はこどもを生んで育てるのに数年拘束されます。恋愛の延長線上に、家庭を持って、こどもを育てるという生物としての本能的行動があるのです。
何を言ってるか、まだピンとこないでしょう。
つまり、女性は恋愛において居心地を求めるが、様々な男性経験を積むのは困難だから、「私を守る術を知っている経験豊富な男性」を最初から求めているのです。
考えてみてください。男女カップルで男性が年上のパターンと、そうでないパターン。どちらが多いでしょうか。
圧倒的に前者が多いはずです。これは、一般的に年上の方があらゆる面で経験豊富だと認識しているからなのです。

結論をいうと、「経験豊富なモテる男子のことが、女子は好き」ということになります。

共通編:モテる男子の秘訣を知る

では、モテる男子になるにはどうすればいいでしょうか。
これは、すごく簡単です。いろんな人と恋愛経験を重ねる。ただそれだけです。
つまり、恋愛経験を重ねれば重ねる程、女子に対する接し方がわかってくるはずです。

期待外れの答えかもしれませんが、これに関しては「自ら経験を積んでいく」それだけになります。

共通編:戦場で経験値を積む

女性を口説く男性

さて、経験を積むことが重要だと分かりました。では、経験値をゲットしていきたいところです。と突然言われても難しいかと思いますので、まずは女子を恋愛対象としてとらえてください。
そして、それは同時並行で行ってもいいのです。
ひとりに対して大事に大事に恋愛していくと、結局それがダメだった時にダメージも大きいですし、手持ちが失われたことによって次の恋愛ができなくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

まだ誰とも付き合っていないところであれば、何人とデートをしようが全く問題ありませんし、かえってA子ちゃんがだめでもB子ちゃんがいるから…と心に大きな余裕を持てます。

女子は、経験豊富な男子が好きだと言いました。心の余裕は、経験豊富な男子が必ず持っているモノといっても過言ではありませんので、まずは戦場にでて、同時並行でも構いませんので、経験値を積んでみましょう!

共通編:負けることは恥ずかしいことではない

戦場で経験値を積むことの補足になりますが、仮に途中でフラれてもそれは恥ずかしいことではありません。
なぜなら、その時点であなたは既に経験値を獲得できているからです。

仮に負けても、他の手持ちに行きましょう。そういった意味でも、複数に同時アプローチをすることは重要になってきます。
負けることは恥ずかしいことではない、と呪文を唱えて大きな心を持って臨んでいきたいところです。

共通編:魅力ある男子に感じさせる

ここまで読んでいただけたら、ある程度、恋愛経験がなくてもイメージがついたところなんじゃないでしょうか。
そのイメージが大事になります。魅力ある男子というのは、自然と経験が溢れ出ているものかもしれません。

経験が溢れ出るほど、積まれていなかったとしても理論を知っていることで、余裕を持ってください。

改めて言います、女子は「経験豊富なモテる男子が好き」なのです。

仮にあなたが全くモテなかったとしても、余裕をもって魅力ある人だなと思わせる態度でいてください。

ルックスに自信がなくてもいいんです。電車内にイマイチなルックスのさえない男とすごく可愛い女子のカップルってよく見かけませんか?

女子は、イケメンが勿論好きです。好きですけど、恋愛に発展するかどうかの重要な要素ではないのです。
これは朗報なのです!

ただし、そうはいっても清潔感のある男子が好き…とよく聞きますよね。
そんなルックスに自信がない男子のために、最後に【身だしなみ編】を紹介します。

身だしなみ編:清潔感を身に着けよう

女子のいう清潔感ってふわふわしてて難しいですよね。具体的にどんな格好なら清潔感をもってもらえるのか、まるでわからない。

でもこれは単純です。負の3Kって聞いたことありますか?
「くさい、汚い、かっこ悪い」
これが不潔感です。清潔感はただこれの逆です。
つまり、「くさくない、きたなくない、かっこ悪くない」を心掛けてください。

くさくない

口臭が臭いイメージ

体臭や口臭はかならずこまめにチェックしてください。デート中に化粧室に行った際は、モンダミンをして口臭は絶対させないつもりでいてください。

体臭に関しては、デオドラントスプレーなどで匂いはカットしてください。ただし、デオドラントスプレーの匂いがするのもあんまりよくないです。
女々しい感じがしてしまいます。

一番いいのは、きつくない香水をワンプッシュ、胸か耳の裏あたりにしてあげると女子からの評判はすごくよくなります。
LOFTなどで売っている、そんなに高くない香水でいいのでプラスアルファの心がけとしてやってみてください。

きたなくない

風呂に入ってください。髪はぼさぼさじゃなくて、1か月半に一回は必ず切ってください。そして、ワックスで整髪をしてください。

眉毛ぼさぼさの人もNGです。今は、美容院で眉毛カットも高くないので、やり方がわからなければこういう手もあるんだな、と知っておいてください。

かっこ悪くない

ダサい恰好をしない、ただそれだけです。

スーツスタイルが男性だと一番カッコいいと女性受けが非常にいいので、スーツで問題ないシーンなら(仕事帰りなど)私服よりもおすすめですが、土日などにあえてスーツを着ていくのは、わけわからないので、UNIQLOでかまいません。

上下セットアップのジャケットスタイルの私服にしてみてください。
全然印象が変わると思います!

身だしなみ編:品性を身に着けよう

そして、最後に品性を身に着けましょう。
品性は、自分の内面になります。あとは、自分のことを思いっきり可愛がって、内面を磨いてください。

色々な趣味をもって、家にこもりっぱなしはなるべくやめて、適度に教養も身に着けて…とやろうとすれば、自然とコミュニティも広がって、これが出合いにつながります。出会いにつながれば、女性にアプローチをすることができますので、経験値もたまります。

つまり、恋愛経験がない男子で最も重要なのは、「心がけ」「気持ち」「メンタル」など、これら自分の内面のところになるのではないでしょうか。

以上、10個のテクニックを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
1つ1つが難しいものではないので、是非、実践してみて自分の好みの女子を彼女にしちゃいましょう!