1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

ノッツェで良かった!横浜店での2年間の婚活体験談【アドバイザーのおかげで成婚!】

投稿日: 2018年10月11日

執筆者: 雪うさぎ

婚活をするぽっちゃり女子

東京都在住、40才の雪うさぎと申します。現在結婚11年目、夫、1年生、3才の子供にチワックスが一匹の5人家族で、東京郊外の自然豊かな一戸建てに住んでいます。

まだ婚活なんて言葉がなかった26才の時、恋愛に疲れ仕事に疲れた私は、家と職場を往復する毎日でした。そんな時、京浜東北線の広告で見付けたのがNOZZE(ノッツェ)でした。

結婚したい、ただ単純にそう感じた事を覚えています。しかしその時の私は、親が事業に失敗し借金返済を手伝う日々だったのです。

学歴もなく、かなりのぽっちゃり、借金もあった私がどうやって夫と出会い結婚にこぎつけたのかをご紹介したいと思います。

私が利用したノッツェ横浜店について

私が利用したノッツェ横浜店のアクセス方法

ノッツェ横浜店は、JR横浜駅西口から徒歩3分。
エキニアビル4階にあります。

ノッツェ横浜店の雰囲気とアドバイザーさん

色々な会社の入っているビルで、始めて行った時はドキドキしながらエレベーターで上がりました。

ドアを押すと、明るい雰囲気の受付カウンターがあり、予約をした旨をお話しすると、ボッケス席でお隣の方と顔を合わせなくて良いような配慮がされたお席に案内されました。

しばらくすると、20代半ばの小柄でにこやかな、素敵なアドバイザーの女性が来てくれました。

初回来店時の勧誘はあった?なかった?

アドバイザーさんは、にこやかな雰囲気ながら、ハキハキとお話しされる女性でした。

私の、何となく結婚したくなって…という曖昧な気持ちを、とにかく話をよく聞きながらいつの間にか結婚したい、何としても結婚したい?という気持ちに持って行くのが上手でした。

でも彼女は聞き上手。最終的には、きちんと自分で入会を決めたと私は思いました。

ノッツェってどういうシステムで出会えるの?

ノッツェには先ず資料請求をしました。
1週間も経たないうちに、ノッツェの資料と、3名の方のプロフィールが同封されていました。

ノッツェには、結婚ナビといって自分のペースでネットから探せるシステムと、お見合いパーティ、シングルマザー再婚サポートなどがあります。

私はパーティなどには外見的に不向きだと思いましたので、ネットから気になるお相手を検索しました。

気になるお相手を見付けたら、お申し込み。
その後、お相手から電話OK、メールOK、交際OK、お断りからお返事が来ました。

お見合いパーティはとても充実していて、20代30代40代50代シニア層の中高年を対象にした年代別のパーティがあります。

また、シングルマザーの方に特別料金で利用出来るシステムもありますので、ぜひおすすめしたいと思います。

結婚相談所、利用してみたいけど高い?

結婚はしたい、でもやっぱり高いんじゃない?
そんな気持ちを持たれる方も多いと思います。

私が利用していたベーシックなコースで、入会金30000円、初期費用47500円、オプション使用料が78000円でした。

月々の会費は4500円、やみくもに合コンに行く方が良いか、プロフィールがはっきりしてる結婚相談所に投資するか、悩むところですね。

ノッツェに登録してる男性って誠実?

2年間の活動期間で、メールやお電話でお話しした方は20名を超えてると思います。
しかし実際にお会いしたのは13名の方でした。

職業としては、SE3名、公認会計士1名、税理士1名、新幹線のオペレーション室に勤める方1名、会社員3名、医者1名、警察官1名、工場勤務1名、記憶にない方1名でした。
記憶にない方は、お食事をした事は覚えているのですが、その他は文字通り全く記憶にございません。
良くも悪くも、記憶に残る事は大切なんだなと思います。

さて、登録されいてる男性は一概に皆さん誠実かと言われたら、そうでもありませんでしたが答えです。
メールやお電話で親しくなったと勘違いしがちですが、初対面で関係を迫る方もいらっしゃったので、結婚相談所の方だからと安心するのではなく、あくまでも初めて会う方だと認識してお会いする事をおすすめします。

アドバイザーさんのサポートは?

結婚相談所でアドバイザーと話す様子

入会時とても優しくにこやかで、素敵な印象のあったアドバイザーさんでしたが、2年間の間に連絡があったのは2回程でした。

何の実りもなく、1年が過ぎた頃に一度だけこちらからお電話した事がありました。
出会いもないので、辞めた方が良いでしょうか?と相談した私に、彼女は一言。
「辞めたきゃ辞めればいいじゃん」。
今でもあの衝撃は忘れられません。

傷心の私は、何となくその後も活動を続けていましたが、あるターニングポイントを迎える事になります。

アドバイザーの交代

ある日珍しくノッツェからお電話が来ました。
暗い声で出ると、電話口には爽やかな男性の声が聞こえました。

以前の女性アドバイザーが辞めたので、新しくアドバイザーになりましたとの事でした。
この出会いにより、私の婚活は一気に進む事になりました。

アドバイザーさんのやる気

1週間もしないうちに、この男性アドバイザーさんは私に2件のお見合いのお話を紹介してくれました。

残念ながら、会社員希望の私には自営業の方との結婚は考えられなかったので辞退させて頂きましたが、明るく励ましてくれるアドバイザーさんに触発され、私は再び活動に乗り出しました。

アドバイザーさんのアドバイス

長い間、年上の方とした付き合った事のなかった私に、同世代の男性も気負わずお付き合いしてみたらどうですか?とアドバイスをくれました。

外見的に自信のなかった私は、年上の方なら受け入れてくれやすいかなと勝手に考えていたのです。

男性アドバイザーさんのアドバイスは的確でした。
服装や、デートの場所にも相談に乗ってくれました。

余談ですが、その頃の初めてのデート場所は桜木町にしていました。同じ時期に交際が重なっても記憶に間違いがないように同じ場所にしていました。

お医者様との初デートはホテルニューオータニのレストランで、素敵なお食事をさせて頂いた事は良い思い出です。

雰囲気の合うお相手が見つかった

結婚相談所に入会したからといって、必ずしも成婚までたどり着けるとは限りません。
私も13人の方にお会いしましたが、自分が誰かに選んで頂く事がこんなにも難しいものかと実感しました。

何の実りもなく2年間の活動が終わろうとしていた夏の終わりに、一件の申し込みを頂きました。

プロフィールは、東京在住、本籍地京都、1才年下、年収400万、工場勤務でした。
年も年収も私の希望とは違いましたが、唯一本籍地京都が引っ掛かりました。
私は、京都弁が好きだったのです。

メールOKのお返事をして、メールから交際を開始し、お電話をするようになりました。
少し頼りない感じはしましたが、お会いする事にしました。その頃には、本籍地は京都でも育ったのは四国や三重県だった事を知りました。
彼は不思議な関西弁の持ち主でした。

初デートは、とても居心地が良かった事を覚えています。
彼はガリガリに痩せた女性が好みではなく、ぽっちゃりの私は気負わず、頑張らず、自然な私のままで過ごす事ができました。

私の結婚の条件に必要だったのは、年収でも年齢でも学歴でもなく、一緒にいて居心地の良い雰囲気だったのです。

その後、自身の借金についても誠実にお話しし、完済の予定も伝え、彼のご両親にも納得して頂き、初デートから丁度1年後、初デート場所の桜木町の観覧車の中で婚姻届に判を押しました。

ノッツェで良かった?

登録数がとても多いので、一人で気長に活動したい方にはピッタリだと思います。
ただ、アドバイザーさんとの相性も大切だったんだなと感じました。

あの時、アドバイザーさんの変更がなかったら、私は諦めて今も婚活していたかも知れません。

私も40代になり、結婚に求めるものが20代の時とは違うなと感じています。
今、婚活中の方、結婚相談所に入会しようか悩んでる方に一つアドバイス申し上げるとしたら、あなたが結婚の条件にあげている事は、実はどうでも良い事だったりしませんか?というです。

自分がこだわってる事、条件を少し取り払うだけで、たくさんの出会いが埋もれてる事に気づいて欲しいなと思います。

こちらも余談ですが、11年前に私のアドバイザーさんだった男性の方は、現在はノッツェ横浜店の支店長さんになっていました。
あの時の誠実なお仕事が実を結ばれたんだなと感じています。

NOZZE公式サイトはこちら