1. TOP
  2. モテる男
  3. 現在のページ

モテる男は知ってる!簡単に女を落としてセックスする方法

投稿日: 2018年10月03日

執筆者: tamutamu

計画なくセックスしてしまう女

男性ならば誰しもが抱いているであろう「女性からモテたい」という願望。

でも、その気持ちには、「本気で好きな人と恋人同士になりたい」といったプラトニックなものから、「誰でもいいからとにかく可愛い女の子とやりたい!」という性欲丸出しなものまで様々あります。

そこで今回は、「セックスをする」というところに焦点を絞り、簡単に女性を落とすテクニックについて紹介していきます。

間接ではなく直接デートに誘う

直接にデートに誘う男

セックスをするだけでいいなら風俗や出会い系サイトを利用するというのも一つの手ではありますが、それは今回の趣旨とは違うので割愛させていただきます。

セックスをする上で欠かすことのできないもの、それは「相手と会う」ということです。

つまり、デート無くしてはセックスもできないのです。当たり前のことを言っているようですが、セックスがなかなかできないという男性は、まずここに至る前段階、「デートに誘う」というハードルを高く感じているわけですよね。
でも、要点さえ押さえれば、誘うということ自体はそんなに難しくはないのです。

今回は「セックス」をゴール地点としているため、複数で会うことはおすすめできません。あくまで2人きりで会うよう誘うことが大事になってきます。
そうした場合、あまり経験のない男性は、断られることを恐れてしまい、メールやLINEなどを利用した間接的なアプローチをしてしまいがちです。
ところが、昨今のSNSの炎上トラブルなどからもうかがえるように、顔のない相手に対しては、私たち人間はわりと素直に自分の言いたいことを言えてしまいますよね。

ですから、女性も間接的な誘いをしてきた男性に対しては、少しでも気乗りしないとなればあっさりと断ってくるのです。よって、誘うなら直接が絶対的に有利です。

ただし、何の脈絡もなく、「今度の日曜デートに行かない?」などと誘ってしまってもおそらく失敗するでしょう。ポイントはさりげなくです。

例えば、意中の女性がお昼にパスタを食べていて、あなたが話しかけたとします。
相手がパスタが好きであることを確かめた後、「そういえば、この間イタリアンの美味しいお店見つけたんだ。よかったら一緒にパスタ食べに行ってみない?」と「話の流れ」の中でさりげなく誘うのです。
もちろん、こうした誘い方でも断られるときは断られますが、突然の直球よりははるかに勝算が高いです。

また、デートの約束をした後は、だらだら相手に連絡をしないというのも大切な所です。
セックスをしたいと思う魅力のある相手ですから、たくさん交流したいという気持ちもわかるのですが、当日までに連絡をし過ぎてしまうと、ふとした時に相手が心変わりして断る機会を与えてしまうことにもなります。
なので、一度決定してしまったことはそのままにし、最低限前日などに最終確認をするくらいがベターであると言えます。

デートプランを熟考する

デートプランを考える男性

いくらセックスしたいからといっても、いきなりホテルへ直行では相手も拒否をするに決まっています。デートの流れの中で、女性の側が罪悪感なくホテルへ行ってもいいと思えるプランを考えることも大切なことです。

セックスをすることがゴール地点ですので、ディズニーやUSJなどは適していないことは言うまでもありません。基本、どこでも構わないのですが、選ぶ際にはいくつかのポイントを抑えるとよいです。

例えば、あまりにも安っぽい場所は相手を落胆させてしまうためおすすめできません。
あなたとのデートに向け、折角綺麗に着飾ってきたのに、すすけたような大衆飲み屋ではテンションがガタ落ちしてしまいます。
また、清潔感のある店であると良い印象を与えることができるでしょう。高級であることは必須条件ではありませんが、清潔感がないというのは論外です。
後は、近くにはしごできる店があるというのもいいでしょう。
例えば最初は映画を観て、2件目はその近くにあるバーといった感じです。
一か所目の場所を出た後、「どうする?」というようなノープランでは、相手のペースに持っていかれたり、幻滅されかねません。
逆に、スマートに次の店に行くことができれば、相手の女性は頼もしさを感じますし、こちらのリードする手の内にあるというわけです。

そして、そのお店で終電近くくらいまで引き延ばせればさらによしですね。
ただし、あくまでそうした気持ちは奥底に秘めておき、表面上はレディーファーストを心がけ、紳士にエスコートすることで女性のガードを徐々に崩していくことができるのです。

会話とボディタッチで距離を縮める

 女の肩に手を回すモテる男

デートというのはどこに行くのかももちろん大切ですが、一緒にいて楽しい相手であるかということの方が大切だったりします。
そのためにも、まずは会話です。とは言っても、お笑い芸人のように面白おかしいマシンガントークで相手を楽しませるということをする必要はありません。
大切なのは次の4つです。

一つ目は、「聞き上手」になることです。
相手を楽しませようとして一生懸命に話しをするというのも好印象は持たれるでしょうが、なにやら必死な感じがして女性からすると、セックスをしてもいい相手と見るよりも、可愛らしい対象ととらえられてしまうかもしれません。
むしろ男性側が少し引いて、女性が話したがっている話題を掘り下げよく聞いてあげることで、相手は男性に安心感を抱き、包容力のある魅力的な相手だと思うようになるのです。

次に大切なことは、「共通の話題を持つ」ということです。
会話というものは、「あ、確かにそれわかる!」といった具合に、互いが共通して知っているものほど盛り上がるわけです。そのため、女性が興味のありそうな話題を事前にリサーチし、そうしたテーマで話をすることで相手も心を開きやすくなるのです。

3つ目は、「気まずい沈黙を避ける」ことです。
二人の関係が深ければ沈黙が心地よいときもあるでしょうが、まだあまり親しくない場合に沈黙してしまうと、相手からは相性のよくない人と思われてしまうかもしれません。
そうした際には、周りのものに目を向け、話題を広げるのも良いでしょう。
料理のことを話したり、お店のインテリアに目を向けてみたり、そうすることでまた違った面からの会話を展開することができます。

4つ目は、「恋愛話をする」ことです。
むしろ、ここにもっていくために今までの会話があったと言っても過言ではないと思います。
女性というのは往々にして恋愛話が好きな傾向にあります。そのため、よほどのことがない限りは会話にのってくれます。
また、こうした話題をしていくと、相手の恋愛観や恋愛遍歴から今後どのようにアプローチすべきかという手立てをうかがい知ることができるのです。
そして、最大の効果は、恋愛話をすることで、2人の今後の関係をそれとなく示唆することができるというところにあります。

こうした話題に入った後は、少しずつボディタッチに踏み込んでいきましょう。

ボディタッチをするということは、女性に心の準備をさせることにつながります。

最初は軽く、たとえばグラスを渡す際にそっと手を触れさせるというところからはじめていきます。
それから手の大きさ比べをしようとか手相を見てあげるなどと手をあわせ、つなぐ段階へとうつり、徐々に距離を近づけていきます。

相手があまり警戒心を抱かなくなってきたところで、さりげなく肩に手を回し軽めのキスをしてみましょう。
ここまで心を開いてくれれば、8割方セックスに持ち込むことができます。

ホテルへ誘導しセックス

見事に女性を落としてセックスをする男

良い雰囲気になってきたら、女性に誘いの言葉をかけてみましょう。

「ちょっと疲れたから、どこかで軽く休んでいこうか」「もう少し一緒にいたいな」などと誘うと良いかと思います。

女性は、男性から軽く見られたくないという気持ちがあるため、ホテルに行くことにもいささかの罪悪感を感じてしまいがちなものですが、そうした際の言い訳を男性側が提示してあげることで、「疲れちゃったから」とか「相手が一緒にいたいって言ったから」という理由を持ち、納得させやすくなります。

ホテルへ入ってさえしまえば、相手は完全に合意したということになるため、あとは好きなようにセックスをすることができます。

以上、デートへの誘い方からホテルまでの流れを簡単にまとめ、女性を落とすテクニックについて紹介させていただきました。
みなさんのよりよいセックスライフの参考に少しでもなれれば幸いです。