1. 恋の豆知識
  2. 現在のページ

小悪魔女子の特徴と周囲から好かれる理由

PR更新日: 2023年09月05日

周囲に好かれる小悪魔女子

小悪魔女子の特徴から学ぶマーケティング戦略をご紹介させて頂きます。

誰もが愛でたくなるほど可愛いけれど、相手を振り回すかの様にあざとい行動を取ったりする特徴の女子のことを小悪魔女子とされています。

その生態はまるで猫の様であるとも言われており、面倒で手のかかる女子でありながらもその独特な魅力で男女問わず絶大な人気を誇っています。

多くの人から支持され人気を得ることができればこの世で生き残る確率が上がります。

そしてその能力が次の世代へと継承されれば自分の種を絶やさず後世に繋ぐことが出来るのです。

つまり小悪魔女子とは本能レベル、無意識レベルで生物としての生き残り戦略プログラムを作動させている女性を指しているとも考えられます。

ちなみにこの様な『生き残り戦略』とは世界中の企業や経営者、個人事業主の世界では『マーケティング戦略』と呼ばれ、日々激動するマーケットの中で生き残れるように様々な研究や実験がされています。

現代の日本の様に女性も大活躍出来る安全な社会では考えられませんが、古代から戦後までの女性は男性の経済力や生活力に依存する人生を強いられていました。

子孫を残す際は時間をかけて命懸けのイベントになるため、必然的に「最も良い男」を捕まえることが人生の最大ミッションとなるのです。

つまり絶対にしくじれない一発勝負を強いられる女性は誰に学ばずとも遺伝子に最初から生き残る為の戦略、世界中で必要とされているマーケティング戦略の基礎やヒントが備わっている可能性が非常に高いということがわかります。

現代はSNSなどの普及も拡大しています。

そこら辺にいる普通の子供が現代のツールを駆使して高収入を得ていたり、社会現象を起こせるほどの大きな影響力を持つ時代となりました。

これはマーケティング戦略スキルがもはやビジネスマンだけの課題ではなく、一般人にも必要な教養であり習得必須スキルと化してきているということの表れでもあるのではないでしょうか。

しかしマーケティング戦略を馬鹿正直に学ぼうと思えば行動経済学、群集心理学などを勉強しなければなりません。
それは非常に小難しいものであり面倒なものです。

今回はそんな難しい課題を本能レベルでクリアしていく小悪魔女子の特徴と照し合わせながらわかりやすくかつ楽しんで学べる内容になっています。

小悪魔女子の特徴を技術として自身の生活に落とし込んで、より良い人生へとレベルアップしていきましょう!

恋メモH 恋愛編集部

筆者:恋メモH 恋愛編集部

恋愛カウンセラーや結婚相談所の所長など、各分野のエキスパートたちが、恋愛や出会いに関する疑問や悩みに対して、専門的な知識とアドバイスをお届けします。

小悪魔女子の特徴とは

会うたびに話かけてきてくれる

話しかけてくれる小悪魔女子

小悪魔女子は会う度に自ら積極的に話しかけてくれるという特徴を持っています。

男性の多くは自分から女性に話しかけることが苦手であり、苦手ではない男性でも昨今のコンプライアンスやセクシャルハラスメントへの意識の高さから積極的に女性に話しかけづらいというのが現状です。

そんな中でいつも明るく話しかけてきたりボディタッチをしてくる女性は、周囲の男性からも人気が高く、いつしかモテる様になっていきます。

なんてことはないたったこれだけのアクションでも人を惹きつけることが出来てしまうことを小悪魔女子は知っているのです。

ちなみにこのテクニックは各企業などでもマーケティング戦略の一環として積極的に多用されているのをご存じでしょうか?

テレビを付ければよく見かけるCMや、街中をぐるぐると走っている宣伝トラックなどがまさにこのテクニックに該当します。

小悪魔女子の様に人々の目や耳に積極的に何度も触れさせることによって新規顧客の心を掴んでいるのです。

そして恐るべきことに、相手は自覚もないまま知らず知らずのうちに見聞きした商品やサービスを購入してしまうのです。

まるで気づいたら小悪魔女子のことを好きになってしまっていた男性と同じ現象です。

マーケティングの世界ではこういったテクニックの名称を『ザイオンス効果』(別名:単純接触効果)と呼びます。

ザイオンス効果とはまさしく小悪魔女子がその気のない男性に何度も話しかけてその気にさせる方法と完全に一致しているのですから驚きです。

もしも気になる異性がいる人や、これから仕事で自分を売り込んでいきたい人、バーチャルでもリアルでも人気者になりたい人は、とにかく相手の視界に入り積極的に自分自身を認知させて行きましょう。

たったこれだけの行動を意識するだけで、出てくる結果が大きく変わって来る事を実感出来るはずです。

筆者も気になる女性がいれば毎日ラインや電話を必ず自分から行います。

仕事の場合であれば余裕のある納期設定であったとしても敢えて予定を早めて1週間の内に何度も成果物の納品や進捗報告をいれてクライアントの記憶に残る様に努めています。

会社勤めであれば、出来る限りシフトを詰めて仲間に顔を覚えてもらいます。

SNSでも自分の投稿を時間差で再度投稿したりなどして極力人の目につく様に工夫をしています。

これらの押し出し行動を恥ずかしがったり図々しいと捉えている内は中々思うような結果は出づらいでしょう。

かつての筆者もそうやって行動を起こせずにいましたが、ザイオンス効果の働きを知ってからそのテクニックを技術として自らの日常に落とし込んでから良い結果を徐々に残すことが出来たのです。

ザイオンス効果のテクニックはやってしまえば簡単ですが、やるまでの決心に勇気が必要という部分が難点と言えるでしょう。

そしてザイオンス効果は長期の目線を持って少しづつ継続していくことによって強い効果を発揮します。

案ずるより産むが易し、微差が大差、継続は力なり、これらのことわざや慣用句も古くからザイオンス効果を実践してきた先人達の教えなのかもしれません。

中々上手くいかない日があっても積極的に何度も自分自身をアピールして目標達成率の確率を1%でも多く上げていく事を意識していきましょう。

そしてそんな頑張る自分を一番近くで見ているのは自分自身です。

自分で自分を好きになれれば努力が楽しくなり、より早いスピードでテクニックを習得出来る様になります。

同じように、小悪魔女子は自分が大好きで自信があるからこそ誰にでも臆することなく話しかけることが可能なのです。

特に目標がなく気になるひと人がいない状態であっても、自分が自分を好きになる為のトレーニングとしてもザイオンス効果を意識して生活するのも有効です。

希少な存在である

希少性のある美人な小悪魔女子

コミュニケーション能力が高い小悪魔女子は総じて美人であることが多いのも代表的な特徴です。

男性は女性の見た目をかなり重要視しますので、そもそもコミュニケーション能力が高い女性であるかどうか以前に、美人であるかの方が遥かに大事なポイントになってきます。

そしてコミュニケーション能力の高さと見た目の美しさが組み合わさった女性こそが小悪魔女子としてもてはやされている訳です。

近年自殺者の増加や鬱病患者の急増が止まらない日本ですが、これらはいずれもコミュニケーション能力の低下も大きな要因とされています。

こうしたデータからも、コミュニケーション能力の高い人は希少な存在であるとわかりますが、美人であるということもまた非常に希少性が高いものです。

それもそのはずで、周りにいる女性の全員が小悪魔女子であるのならそこまで魅力的に思うことはないはずです。
周囲の女性とは異なる性質を持っているからこそ、突出した人気を得ているのが小悪魔女子の特徴なのです。

つまり小悪魔女子は希少性によって人気を得ている側面もあるということがわかります。

人間は誰しもが皆と同じ状態でいたいと望みながらも、心のどこかでは皆とは違う自分でいたいなどと思ってしまう天邪鬼な生き物です。

特に男性は皆と同じ様に彼女が欲しいですが、皆とは違って特別な女性を彼女にしたいという欲望を持っている例がわかりやすいでしょう。

特別な女性とはつまり希少性のある女性ということです。

極端な話、この世の女性の9割がコミュニケーション能力の高い美人であった場合はコミュニケーション能力の乏しい不細工が希少性によってモテる可能性も充分にあり得ます。

こういった希少性で相手の心を鷲掴みにするこのテクニックは、マーケティングの世界でもプロのビジネスマン達がこぞって使いまくっています。

その名も『スノップ効果』と言われる心理効果です。

スノップ効果とは簡単に手に入るものほど需要が下がり、入手困難なものほど需要が上がるという性質を表しています。

どこにいってもよく見かける、季節限定商品や数量限定サービスなどはまさにスノップ効果を狙った戦略なのです。

敢えてわずかな量しか用意せずに意図的に希少性を演出することによって需要を作り出しているのです。

そしてスノップ効果は、コツを掴めば小悪魔女子やプロのビジネスマンではない一般人でも技術として私生活に応用させることが可能です。

そのポイントは足し算ではなく掛け算で自分自身の希少性を高めていくということです。

例えばコミュニケーション能力が高い人も、美人な女性もその単体だけで見ればこれ以上の希少性は広がっていきません。

この2つが組み合わさることによって小悪魔女子という更に希少性を持った人物になると先ほどご説明させていただきましたが、ここに3つめの要素を足すとどうでしょうか?

料理が得意な小悪魔女子、楽器が弾ける小悪魔女子、世界一周経験のある小悪魔女子、格闘技をしている小悪魔女子、実はトラックの運転手をしている小悪魔女子、、、etc

などなど挙げればキリはないですが、3つ以上の特徴を掛け合わせるだけで、その道のインフルエンサーになれるほどにズバ抜けて希少性が上がるのがわかるはずです。

平凡な趣味や特技であっても3つ以上掛け合わせると希少性は途端に爆上がりします。

一般人の方は自分の好きなこと、得意なこと、強みなどを掛け合わせるとバランスの取れた希少性を手にすることが出来るでしょう。

希少性を身につけると人や環境から選ばれやすくなります。

そしていずれは自分自身が選ぶ側のステージへと上がっていくのです。

小悪魔女子の様にスノップ効果を応用して沢山のチャンスを掴んでいっていただければと思います。

目立つ格好をしている

目立つ身なりの小悪魔女子

小悪魔女子は大きくて目立つアクセサリーや色味のハッキリとした服装をしていたりする傾向にあります。

中にはメイクもキラキラしていたり、フリフリのリボンなどを堂々と付けている愛らしい格好をしている小悪魔女子も多く、絶妙に肌けた服装で目のやり場に困ることもしばしばあるのが特徴です。

対してモテない女子というのは地味な服装をしている人が多いのが特徴です。

今どきゴミ箱や雑巾ですらカラフルで可愛い商品で溢れているのにも関わらず、くすんだ色や野暮ったいシルエットの服を平気で着用しているのです。

アクセサリーなどは付けていても気づかないようなサイズで、髪飾りの一つも付けていないのがデフォルトです。

ちなみに派手な格好をしている性格の悪い小悪魔女子と、地味な格好だけれども性格の良い野暮ったい女子であればどちらがモテると思いますか?

答えは派手な格好をしている性格の悪い小悪魔女子です。
これは決して筆者の独断と偏見で導き出した答えではありません。

『メラビアンの法則』といって、ビジネスにおける営業などで必ずと言って良いほど使用される指標で導くことができる現象なのです。

メラビアンの法則とはコミュニケーションを取る際に「聴覚・言語・視覚」から情報を受け取った際の印象や影響の配分比率を表したものになります。

具体的には聴覚情報が38%、言語情報が7%、視覚情報が55%の割合で人間は相手の印象を決めているとされています。
しかも判断にかかる時間はたったの3秒です。

数値を見れば一目瞭然ですが、視覚から得ている情報が半分以上を占めています。

「人は見た目が9割」という本が流行った時期がありましたが、9割は言い過ぎだとしても、人は見た目で判断されがちだという現象はあながち間違いではないということも頷けます。

喋っている言葉や言葉の内容よりも、見た目のインパクトが半分以上も重要なのですから、いくら人当たりの良いことを言っていたとしても、今どきのゴミ箱や雑巾よりも印象に残らないような格好では、生き残りを賭けて戦えないことがメラビアンの法則によって明らかにされているのです。

「見た目なんて関係ない!大切なのは中身だ!」

なんて言う男性も中にはいますが、果たして身銭を切ってキャバクラに行った時に同じセリフが言えるのかというと疑問なところです。

高額な夜のお店ではなくファストフード店であるマクドナルドでさえも0円でスマイルを提供しているのですよ。

大切なのは見た目ではなく中身だと言うのは世間体を気にして発せられている建前であり、裏ではしっかり見た目を利用して勝負をかけているのがプロのマーケターなのです。

そしてマーケティング戦略で使用される見た目に関するテクニックや効果はメラビアンの法則だけではありません。

綺麗だという印象に引っ張られその人の全てを素晴らしい人物であると錯覚してしまう『ハロー効果』や、敢えて周囲との差を視覚的に提示し優位性を得る『コントラスト効果』なども存在します。

性格の悪い美女に惚れてしまうのは典型的なハロー効果が発動しており、明らかに自分よりも見劣りする女性ばかり集め自撮りや合コンに参加し相対的に自分のヴィジュアルを良く見せる女子はまさにコントラスト効果を使用しているのと同じ状態なのです。

こういった複合的なあざとさも小悪魔女子から学べるマーケティング戦略のひとつであると言えるでしょう。

安くても良いので目立つアクセサリーを付けて、綺麗に発色している服を堂々と着て笑顔を心がけるだけで、人生は今よりもっと上向いていくことを是非実感してみてください。

駆け引きをしてくる

男を突き放す小悪魔女子

可愛らしく人気のある女子が小さな『悪魔』と言われる最大の要因は、駆け引きという小悪魔女子に見られる特有の行為にあると推測されます。

ただの可愛くて良い子であるならそれは悪魔ではなく天使です。

時に憎たらしく掴みどころのない言動や行動で男性に執着心を生ませ、自らに依存させようとしてくる危ない特徴を持っているからこそ小悪魔女子と呼ばれるのです。

ただの好意ではなく執着や依存のゾーンに入ると大変危険です。

いわゆる『沼る』という現象です。

寝ても覚めても小悪魔女子のことが頭から離れられなくなり、ずっと小悪魔女子に主導権を握られ振り回されてしまいます。
これでは小悪魔女子の思う壺であり、男性は平常心を失ってしまいます。

そして興味深いことに、小悪魔女子に見られる危険な行動パターンのどれもが行動経済学に基づいたマーケティング戦略のテクニックと合致してくるのです。

以下が小悪魔女子の主な駆け引きリストです。

  • 焦らす
  • 突き放す
  • 期待を持たせる
  • メッシー&アッシー化させる

焦らす

小悪魔女子は焦らす行為を多用します。

男性は「意中の女性が手に入った」と感じるとそれ以降は女性に対して扱いが雑になるという傾向があります。
俗に言う釣った魚に餌をやらないという状態です。

小悪魔女子は決して男性に主導権を渡しません。

男性に対して「手に入れたと見せかけて手に入っていない」という状況を絶妙なバランスで維持していくために、焦らすというテクニックを使用しているのです。

例えば自宅やホテルなどで2人きりの状態なのにセックスはさせてくれないであるとか、キスまでは許してくれるけど裸は見せてくれずに「また今度ね」と次に繋げるテクニックはまさに焦らしの極みとも言えます。

こうすることにより、通常よりも長い期間に渡って男性からの行為を受けることが可能になります。

これはマーケティングの世界では『ザイガニック効果』と呼ばれるテクニックのひとつです。

ドラマやアニメの次回予告、テレビのCMへと移るタイミングなどで必ず使用される生き残り戦略なのです。

敢えて中途半端な状態でクロージングすることにより、余計に続きが気になってしょうがなくなる様に仕向けられたマーケティング戦略と完全に一致しています。

突き放す

小悪魔女子の駆け引きの中には突き放すことにより逆に引き寄せるというテクニックを使用する者もいます。

例えば良く聞くものであれば、「もう別れよう」、「私のことなんてもう忘れて?」、「私の事を好きにならないでください」なんてセリフは王道です。

しかしこれらの言動を間に受けてはなりません。
これは全て逆の意味です。

これを聞いた男性は逆に「別れたくない!」、「絶対に忘れられない!」、「好き!大好き!」という心理状態に陥っているはずです。

小悪魔女子はここまでの流れを想定した上で言葉を選んでいるので末恐ろしいです。

ちなみにこの現象は『カリギュラ効果』と呼ばれており、マーケティング手法として多く利用されています。

カリギュラ効果とは禁止されるとその逆に反応してしまう心理効果を指します。

近年ではコンプレックス商品の広告や情報商材の広告などでカリギュラ効果を利用したマーケティングが目立つようになりました。

「お金持ちになりたくない人は見ないでください!」
「痩せたくない人は広告をスキップしてください!」
「押すなよ、、、絶対押すなよ、、、!」

この様な広告やお約束の芸を見たことはないでしょうか?

不思議なことにこういった広告は一瞬ウザイと思うのですが、何故か見てしまいたくなるという感覚に多くの人が陥ります。

小悪魔女子の突き放し方は、経済における市場でも使用されているほど理にかなったものであるというのが驚きのポイントです。

期待を持たせる

駆け引きにおいて飴と鞭を使い分けるのが上手いのが小悪魔女子の特徴です。

焦らしたり突き放したりと男性を振り回しまくった後は、しっかりと期待を持たせて男性をとことん依存させます。

こんなにも面倒臭いやり取りを続けているにも関わらず、最後に小悪魔女子から「大好きだよ」だとか「これからもずっと一緒にいようね」などと一言添えられただけで男性は簡単に熱を上げてしまうのです。

アホかと思うこの現象ですが、やはりマーケティングの世界では立派な技術として活用されているため馬鹿には出来ません。

これは『親近効果』と呼ばれるテクニックです。

親近効果とは、人間は最後に受け取った情報が強く印象に残るという心理効果です。

ビジネスの場ではコールセンターのクロージングなどで活用されています。

小悪魔女子が最終的に万人に好かれるのは『終わりよければすべてよし』の原理を理解したクロージングを実施しているからなのです。

メッシー&アッシー化させる

小悪魔女子はモテるのを良いことに搾取という形で男性と関わろうとする傾向があります。

ご飯を奢ってもらうだけの存在のメッシー君や、移動が必要な時に呼び出すアッシー君などはまさに小悪魔女子によって生み出された生物であると言っても過言ではありません。

しかしこれは男性側にも問題があります。

メッシー&アッシーは小悪魔女子と一緒になりたい一心で尽くし過ぎてしまい甘やかしてしまうからです。

小悪魔女子は悪気がなく男性の好意に素直に甘えてしまっているだけなのです。

ここまで来るとメッシー&アッシーはなんとしてでも小悪魔女子を手に入れたいという執着心が湧いてきます。

なぜなら小悪魔女子を射止める為に様々な労力や投資を行っているので、もう後に引けなくなってきている心理状態が働いているからです。

こちらもマーケティングの世界でも非常に良く見かける心理効果であり『サンクコスト効果』(別名:コンコルド効果)と呼ばれています。

サンクコスト効果とは、費やした費用や労力、時間などを惜しんで後に引けない状態を指します。

高い依存性がある為、ギャンブルやホストクラブの営業などが該当します。

後に引けない状態なので好きでもない、むしろ辞めたいと思っていても体が勝手に求めてしまうという大変危険な心理効果なのです。

えげつない心理術も悪気なく使用してしまう小悪魔女子はまさに小悪魔の名にふさわしいと言えるでしょう。

まとめ

小悪魔女子の特徴から学ぶマーケティング戦略をご紹介させて頂きました。

人気者でモテる小悪魔女子からは普遍的かつ実践的なライフハック術を学べるということがお分かりいただけたでしょうか。

今回ご紹介したテクニックを応用すれば、誰でも小悪魔女子の様に有利な立ち回りをしつつ周囲から好かれる人生を送れるかもしれません。