1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

ホワイトキー札幌に10回参加して分かった良い点・悪い点!サクラはいる?

投稿日: 2018年08月01日

執筆者: たかやま

良い点・悪い点をジャッジする女性

いま恋活、婚活をしている、あるいはしたいと思っている方は、恋活・婚活パーティーに行ったことはあるでしょうか。
「行きたいと思うけど、なんだか怖そう」「何か詐欺に巻き込まれたりしないかな?」「自分なんて相手にされないだろうし…」と不安に思っている方もいるかもしれません。

私自身も、そのような不安を抱きつつ、パーティーに何度か参加したのですが、結果的に、いくつかの注意点を意識しさえすれば、気軽に楽しく参加でき、真面目な出会いにも巡り合えるものでした。

そこで、恋活・婚活パーティーとはどのような雰囲気のものなのか、私の参加したホワイトーキー 札幌での経験になりますが、ご紹介いたします。

はじめに

私はホワイトキー札幌会場に、かれこれ10回ほど参加経験があります。

結論から申しますと、毎回、良い意味で雰囲気はそれほど変わらず、「安心感・安定感のある」パーティーでした。

なお、ホワイトキーは「婚活パーティー」という名目ですが、必ずしも直ちに結婚することを前提とした結婚相談所等とは異なり、まずは恋愛から、という恋活パーティーという目的での参加もOKです。

むしろ、恋活パーティーと考えてくる方が多いかもしれません。いずれにしても、真面目な出会いを目的とするパーティーではあります。

最寄駅から会場までのアクセス・会場の雰囲気

ホワイトキー札幌は、「札幌市中央区南2条西2丁目10番地 TOGASHI TOWER 6F」で開催されるのですが、札幌の方にとっては「大通りのダイソーの建物」と言ったら分かりやすいでしょうか。地下鉄大通駅36番出口を出てすぐ、大きなダイソーの建物が目印です。

会場の雰囲気は、ちょっとしたきれいめのホテルのパーティー会場といった感じです。

比較的小規模で、暖色気味の照明で、落ち着いた雰囲気です。

参加者数はその時によりますが、男女ともにそれぞれ10~15名、計20~30名くらいのことが多いです。

料金・参加条件等

料金は毎回若干異なりますが、男性は概ね3000円~4000円、女性は500円~1500円くらいです。なお、はじめに支払うこの料金以外に、お金は一切かかりません。カップル成立料等々の名目で、何か追加料金を取られることは一切ないのでご安心ください。

参加条件ですが、これも毎回若干異なりますが、「定職のある社会人」「独身」「真面目な出会いを求めている方」といった条件が一般的です。回によっては、「弁護士・医者・公務員限定」ということもありますが、こういう限定があるのは少数です。

参加者の雰囲気、サクラの有無、注意すべき参加者

サクラの木の下のフレッシュマンと女子高校生

気になる参加者の雰囲気ですが、女性は全体的に落ち着いた方が多い印象です。一人で参加している女性が多く、友達と来るとしても、2人組程度です。
男性も、落ち着いた方が多い印象です。まれに、冷やかしできたのかな?あるいは遊び相手探しで来たのかな?と思う方もいますが、少数派です。そのため、男性、女性とも、気後れすることなく、一人でも気軽に参加できる雰囲気です。

なお、サクラの有無ですが、私の印象では、女性側に1~2名いるのかなというところです。というのも、割ときれいな方で、毎回いらっしゃるという方がいたためです。もしかすると、良い出会いを求めて一生懸命参加しているのかもしれませんが…。

また、私自身は経験がありませんが、ネズミ講や宗教勧誘のために参加している人がいる場合もあるとのことです。これは婚活パーティーに限った話ではありませんが、「そういう方がいる可能性もある」ということは、常に意識しておくべきでしょう。

パーティーの流れ、カップル成立状況等

パーティーの流れですが、大きく、「個別会話タイム」「中間発表」「自由懇談会」「最終発表」に分かれて開催されることが多いです。

「個別会話タイム」では、5分程度ごとに時間が区切られ、順番に、全員の異性とマンツーマンで会話をします。その際、お互いにプロフィールシートを交換しますので、その情報をもとに会話をするとスムーズです。自分から積極的に声掛けをしなくても、いわば強制的に全員と会話ができるシステムですので、奥手の方でも安心です。

「中間発表」では、まず各自、気に入った異性3名程度を紙に記入し、スタッフにそれをわたします。すると、スタッフ側で集計され、自分のことを気に入ってくれた女性がいるかどうか、いた場合は誰なのかを知ることができます。このシステムにより、たとえば中間発表で「あなたのことが気になっているよ」ということをアピールすることで、その後の会話を弾ませることができるかもしれません。また、あまり気になってはいなかった相手が、実は自分のことを気に入ってくれていたと知ることで、予想外の出会いに結び付くかもしれません。

そして「自由懇談会」では、会場中央に立食形式でお酒や料理が用意され、自由に会話を楽しむことになります。この時間に、個別会話タイムや中間発表で気になった方にアプローチするのもありです。いきなり見知らぬ異性に話しかけるのではなく、個別会話やプロフィールシートを踏まえた上での懇談会ですので、口下手な方でも、いくらか参加しやすいのではないでしょうか。

最後に「最終発表」です。ここでは、中間発表とは無関係に、改めて、気に入った異性3名程度を紙に記入し、スタッフに渡します。そしてパーティーはお開きに。出口で渡される封筒の中に、カップル成立していれば、相手方のお名前と連絡先が入っているというシステムです。全員の前でカップル成立を公表されるわけではないので、恥ずかしい思いをすることもありません。

なお、スタッフからは、「カップル成立した方は、ぜひ会場を出たところでお待ち合わせをしてください」というアシストのアナウンスもあります。毎回、4~5組のカップルが誕生しており、多いと感じます。

参加してみて分かった良い点・悪い点

良い点としては、男女ともに落ち着いた雰囲気の方が多いことです。真面目な出会いを求めている方が多いのかなという印象です。また、私も口下手で奥手な方ですので、いわゆる街コンのように、いきなり自由に会話をしろといわれても困ってしまいますが、全員と必ずお話できる時間が設けられているというシステムが、とてもよかったです。
さらに、中間発表システムもとても画期的と思います。私は言葉では「あなたが気になっています」とはなかなか言えなかったものの、このシステムを用いてアピールをし、その後、カップル成立に至った経験があります。

悪い点については、これと言って無いのですが、強いて言えば料理があまりおいしくないことでしょうか。あとはまれにサクラ(おもに女性)がいると思われることと、ネズミ講・宗教勧誘がいることがあるらしいという点に注意することくらいです。もっとも、これはホワイトキーに限らず、どんなパーティーでもありえることだと思います。

参加をおすすめしたい方、アドバイス

ご自身が口下手だと思っている方、奥手な方など、なかなか日常生活で積極的に出会いを開拓するのはなかなか難しいと感じている方には、ホワイトキーはぜひおすすめです。

上記のとおり、全体的に落ち着いた雰囲気の方が多く、個別にマンツーマンでお話しができる制度となっているためです。

また、街コンなどだと、グループで参加する方が多いため、どうしてもにぎやかに盛り上がって終わりになってしまったり、トークの上手な人に注目が集まってしまったりしがちです。しかしホワイトキーですと、1人で参加している方が多く、多くても2人組という程度なので、自分のペースで落ち着いて参加できるといえます。

最後にアドバイスとして、ホワイトキーは「あなたらしく素のまま」で参加することが大切だと思います。無理にトークを盛り上げようとしたり、面白い話をしようとしたり、自分を大きくみせようとしたりする必要は全くありません。

その場限りのテンションでモテるための会ではなく、真面目な出会いの場であるからです。そして、素のままの自分の良さを見てもらえる仕組みになっているパーティーといえます。

ホワイトキー公式サイトはこちら