1. 恋の豆知識
  2. 現在のページ

JKの初体験あるある3選!女子高生の初体験を奪いたい男性も必見

PR投稿日: 2022年10月21日

JKの初体験 コンドームを持つ女子高生

JKの初体験でよくあるシチュエーションや、JKの安全な初体験の迎え方について解説していきます。

筆者も過去に沢山のJKとお付き合いをしたことによって、直接JKから初体験についてリアルな情報を得たり、実際にJKの初体験をいただくことも多数ありました。

今回はそんなJKの初体験事情について生々しい情報をお届けします。

そして男性であればどうすればJKの初体験を合法的に奪えるのか、未経験のJKであればどうすれば安全に初体験を迎える事ができるのかについても考察をしていきましょう。

恋メモH 性活編集部

筆者:恋メモH 性活編集部

人間の三大欲求の一つ「性欲」を満たす方法を追求するエロティシズム愛好家たちが、知識と洞察を共有し、より充実感のある性生活を築くお手伝いをします。

1.SNSで初体験

SNSで出会いを探すJK

近年はInstagram、Twitter、LINE、TikTokなどの未成年でありながらも全世界の人々と繋がれるSNSツールで溢れる時代となりました。

平成24年度に行われた三菱総合研究所請負調査による「児童ポルノサイトのブロッキングをはじめとする電気通信サービスの利用環境整備施策と諸外国の法制度等に関する調査研究」の結果では、スマートフォンの1日当たりの平均利用時間が社会人であれば「30 分以上~60 分未満」、JKである高校生は最多となる「180 分以上」というデータが算出されています。

つまり平均してJKは1日のうちに3時間はスマホを触っているのです。

そしてそのほとんどはSNSを閲覧しているとされています。

夜22時に就寝し8時間睡眠を取って朝6時に起床、17時に学校が終わり帰宅していると仮定して就寝の時間までは残り5時間しかありません。

そのうちの1時間を夕食、もう1時間をお風呂の時間に充てたとするならば残された自由時間は3時間です。

つまり、必然的にJKは空き時間の全てで、全世界の人々と繋がれるSNSを使用しています。

全世界の人々と繋がれるなんて言ってしまえば大袈裟に聞こえるかもしれませんが、大は小を兼ねるため、半径5キロ圏内の会った事もない男性達と繋がる事だって可能なわけです。

自由時間の全てを1人でSNSに使用していると言っても過言ではない訳ですが、SNSはある種のバーチャルな人間関係を構築しているとも言えます。

イマドキのJKであればスマホの画面越しから恋をして、そこから現実世界での恋愛へと発展し、初体験へと至るパターンが最もスタンダードです。

SNSは使い方によっては、未成年が合法的に使える出会い系アプリのようなものであるという事がわかります。

しかも、SNSであれば同じ学校に通っている同級生や先輩などの身近な存在だけに留まらず、芸能人やインフルエンサーなどとも直接繋がれてしまうほどに出会いの選択肢が増えてくるので納得の現象です。

JKの初体験をゲットしたい男性であれば、Instagramなどでアカウントを作ってSNS上でJKに対してナンパを仕掛けて行くのがベターな選択となるでしょう。

SNSはリアル世界とは違って素性を偽ることも出来てしまう世界ですので、JKの場合は素性のわからない男性と出会うリスクは避けた方が賢明です。

学校の同級生や先輩など時間をかけて仲良くなった男の子と付き合い、その後に初体験を迎えるというパターンが無難かつ安全とも言えるでしょう。

学校の先生と初体験

JKから人気の先生

意外と多いのが、学校の先生が初体験の相手だというのもあるあるのシチュエーションです。

実際に筆者の元カノの初体験の相手は当時通っていた高校の担任教師であり、元カノが卒業した今もなお担任は元カノの弟の担任をしているというエグい初体験談を耳にしています。

1993年に『高校教師』という教師と生徒の恋愛をテーマにしたドラマが大ヒットしましたが、類似ストーリーの作品は古今東西に渡り溢れていますので、この様な事象は全く珍しくありません。

学校の先生と初体験をしてしまったあるあるのシチュエーションは以下です。

  • 放課後の遅い時間に先生が車で生徒を家まで送っている時
  • 他の生徒がいない時に生徒の悩み相談を受け続けていた時
  • 女子生徒が先生に告白をした時
  • 強姦

これらがよく耳にする『JKが学校の先生と初体験をしてしまう』あるあるのシチュエーションです。

とはいえ学校の先生との初体験には常にトラブルが付き纏います。

百歩譲って純愛でありその後に結婚するのであれば良いですが、その様なケースは極めて稀です。

大体は先生側の方が勘違いを起こしトラブルへと発展するケースが非常に多いです。

そもそも生徒の初体験に手を出そうと考えている時点で、その先生にはトラブルを起こす因子がてんこ盛りなので無理もありません。

中には既婚者もいれば、元々JKの初体験を漁りにきているという様な若く未熟な教育実習生などもいます。

本物レベルになると、JKのみならずその保護者にも手を出す様な先生もいますが、いずれにしても教師と生徒の性行為でトラブルがあった場合は、もはや男女間だけでの問題では済まされません。

お互いの家族を巻き込むことにもなるので、JKが事を大きくしたくないと思った場合は、トラブルが起きても独りで泣き寝入りをする選択を余儀なくされます。

JKが初体験を先生に捧げる時は、『幸せな道に転んだとしても、不幸な道に転んだとしても、後悔をしない』という覚悟が必要です。

男性陣もモテる先生になれればチャンスは一般男性よりも多くなるかもしれません。

しかし一度でもしくじれば人生を簡単に棒に振ってしまうという高すぎるリスクがありますし、シンプルに真摯に教育と向き合っている先生方のご迷惑にもなりますので、先生ではない別のポジションから攻めていった方が安全です。

アルバイト先で初体験

尊敬する相手にハートのプレゼントを渡すJK

同じアルバイト先の大学生やフリーターの先輩、店長などと初体験を迎えるJKもとても多いです。

高校生ともなれば、地域や学校によってはアルバイトをしているJKも多数います。

JKにとってアルバイトは社会経験としても初体験になる場合が多いですが、先生や親とも違う『仕事を共にする社会人』と触れ合う中で、社会人としての大人っぽさについ憧れてしまい身体を許してしまうというケースは本当にあるあるです。

アルバイト先の男性陣もまた、後輩であるJKに対しては少なからず性的に意識していたりするものですから、このペアがマッチングしやすいのも想像に難くないでしょう。

特にJKが初体験を迎えやすい職場といえば、居酒屋やカラオケなどの飲食店が多いと言い切れます。

居酒屋などは基本的に明るい接客が求められますので、いわゆる社交的な陽キャと言われるような男女が多く働いています。

当然のように盛んなコミュニケーションを取る機会が増えますし、いかにもマニュアル通りという仕事をしなければならないというよりは、ユーザーの満足度が高く、お店の利益が上がれば接客スタイルを問わないという居酒屋が多いのも都合が良いです。

比較的自由な社風は、JKと性的関係を結ぶまでの土壌を整えやすい環境です。

逆にコールセンターや事務系、同じ飲食店でも大手チェーン店のアルバイトになると途端にコンプライアンスが厳しくなるので、性的な関係に至るまでの道のりは険しくなってくる印象です。

もしもJKの初体験セックスをしたい男性がいるとするのであれば、居酒屋で働くことを強くおすすめします。

かなり再現性が高いですし、他の仕事をしている人でも週に何回か夜にアルバイトに入ればチャンスが広がっていきます。

JKも初体験を捧げる人を見つけるには比較的良い環境であると言えます。

なぜなら、初体験の相手となる男性の仕事への姿勢を見れば、その男性の本性というのはあらかた見極めがつくからです。

SNSでは自身の良いところだけを見せたり、場合によっては全くの偽りの人間になりきる事が出来てしまいます。

学校の先生が素敵でエッチしたいなあなんて思ったとしても、それは生徒の前では良い先生を演じているだけかもしれません。

しかし社会人となって一緒に仕事をするとなればそんな虫の良い話は通用しません。全ての人間性が至る所で滲み出てきます。

お客様や上司に対してどの様に普段から接しているのかや、お店が忙しい時やトラブルが起きた時の反応などを特に注意深く観察するのがポイントです。

人は余裕がない時に本性がでます。

JKの初体験を奪うまでは男など皆紳士に振る舞いますが、大事なのはその後ですから、誠実な人物であるかどうかは早い段階で見抜いておいたに越したことはありません。

アルバイト先で安全に初体験を迎える相手を選ぶときは、シンプルに尊敬できるか否かで選ぶと失敗は少ないでしょう。

まとめ

JKの初体験でよくあるシチュエーションやJKの初体験を合法的に奪う方法、JKが安全に初体験を迎える秘訣についてまとめさせていただきました。

JKにとって初体験とは一生忘れることの出来ない一大イベントです。
男性であれば誠実に、女性であれば慎重に」を心がけて一生の思い出を作っていきましょう。