1. TOP
  2. 男磨き
  3. 現在のページ

40代女性が好きな男性必見!熟女の落とし方10つ

投稿日: 2018年07月11日

執筆者: ライトス

綺麗な40代女性(熟女)

40代女性と聞いてどんな印象を持ちますか?
歳をとったオバサン?
いえいえ決してそんな事はありませんよ。昨今の40代女性は昔に比べて綺麗な人は多いです。大人の落ち着きと熟女ならではの濃厚な色気の両方を兼ねそろえていますからね。

そして、そんな40代女性が好みだという男性も非常に多いのです。

大人の女性と大人の付き合いをしてみたい…。 40代女性と過ごしてみたい…。そんな願望を秘めた男性たちのために、熟女落とし方、口説き落とすためのテクニックを紹介しましょう。

1.褒める

女性をほめる男性

とりあえず女性は褒めておけば間違いないです。
褒められて悪い気分になる女性はまずいません。
特に40代女性は若い頃と比べて異性から褒められる機会が減るものです。
そしてそこが男性が攻めるべきポイントとなるので、上手に褒め倒しましょう。

褒める対象は何でも構いません。
着ている服でも、髪型でも、身に着けているアクセサリーでも、とりあえずは何でもOKです。

姿勢の良さや声の響き、職場が一緒なら仕事の熱心さなどを褒めるのもアリですね。
ハッキリ言ってある事ない事適当に褒めてもいいんですよ。
この「褒める」という行為が40代女性との距離を深める最初のモーションなのですから。
熟女を口説き落とすためのファーストステップだと思ってください。

2.年上の女性が好みだとしっかりアピールする

40代女性と素敵な関係を築くのなら、まずはこちらが年上の女性に興味がある事をしっかり伝える必要があります。

どんなに素敵な女性でも、やはり自分の年齢には敏感なもの。
心のどこかに「私はもう40代だから…」という後ろ向きの気持ちが少なからず潜んでいるのが普通です。

なので、男性側から年上女性が好みだとアピールする事で、熟女の心をすこし和らげてあげましょう。

恋愛はお互いが前向きな気持ちにならなければ始まりません。
40代女性の心を刺激して恋愛の場に引きずり出すためにも、こういったテクニックは有効的です。

3.恋愛トークに持ち込んでみる

屋外で笑顔で会話する若い男女

意中の相手と恋仲になりたいのならば、ある程度はこちらも攻めの姿勢を見せねばなりません。
ストレートに「好きです。付き合ってください」と告白するのもアリですが、今は焦らずに足場を固めることに専念しましょう。

とりあえずは会話の端々にでも恋愛関連の話題を織り交ぜてみるのがおススメです。
そもそもこういう話題を出さない事には男女の仲に持ち込みづらいですからね。

恋愛トークは話す側も聞く側も、嬉し恥ずかしウキウキドキドキという何ともこそばゆい気持ちにさせてくれます。
これも40代女性の心を刺激するにはうってつけの手法と言えるでしょう。

相手はこれまでの過去の恋のなかで酸いも甘いも経験してきたでしょうから、思いもよらぬエピソードを語ってくれるかもしれません。
恋バナからその人の恋愛思考や好みのタイプがおぼろげながら見えてくることもありますよ。

4.好みのタイプを聞いてみる。

女性の相談を聞く男性

前述の恋愛トークを試すのならば、流れの中でぜひ好みのタイプも聞き出してみましょう。
その40代女性はどういうタイプが好みなのか、知っておいて損はありません。

とは言え、聞かれる側も多少の照れや気恥ずかしさもあって正直に答えづらいケースもあるでしょう。
そんな時はこちらから誘導尋問に踏み切るのもひとつの手です。
「かっこいい人?」「スポーツマン?」「優しい人?」などなど矢継ぎ早にたずねれば、女性もどこかでコクンと頷くかもしれません。

首尾よく相手の好みのタイプが分かったら、自分をそれに近づけるのもアリですね。
優しい人が好みならば自分が優しい男になれば良し、逞しい男性が好きならば体のひとつくらいは鍛えておくのも良いかもしれません。

5.「年下の男は好き?」とさりげなく聞いてみる。

年上の40代女性が好きという事は男性側は年下という事ですよね。
恋愛に歳の差は関係ないとは言いますが、それでも多少は気に掛ける部分があるはずです。

40代女性にしてみれば、例え好みの男性がいたとしてもその相手が年下ならば、ある種の気後れを感じてしまうのも無理はありません。
なぜなら、女性は自分の年齢に敏感だからです。

なので、男性の方から「年下の男は好き?」といった類の質問をして、女性の気持ちをほぐしてあげましょう。

さらにこの質問には別の意図もあります。
「年下の男は好き?」はすなわち「僕はあなたより年下だけど僕の事はどう思っているの?」というニュアンスも少なからず含みます。

もちろん相手の女性もその辺りの機微には何となく感づくでしょう。
これによって「もしかしてこの男性は私に好意を持っているのかな」といった情報を女性の心に植え付ける事が出来ます。
そうなれば多少は相手の男性のことが気にかかるというもの。
これでさらなる口説きの手口もやり易くなるでしょう。

6.飲みに誘ってみる

バーカウンターでお酒を飲む出会い系であった男女

何だかんだ言ってもお酒の力が手っ取り早いですね。
相手女性とある程度フレンドリーな間柄になったら、思い切って飲みに誘うのが良いでしょう。
もちろん1対1ですよ。

お酒の席では誰であっても多少は心のガードが下がるもの。
このシチュエーションを利用しない手はありません。

出来れば半個室の席が理想です。
各席がパーティションで区切られていると密室感が増すため、一気に深い関係に持ち込むことも出来るからです。

7.女性の話は親身になって聞こう

女性はやはり自分を理解してくれる異性を欲するものです。
たとえ40代であっても、男性に甘えたり優しくされたいという気持ちが薄らぐ事はありません。
そして、自分の話を聞いて共感してくれたり慰めてくれたりする男性には、少なからず好意を抱くものです。

そういうわけで、女性の話は親身になって聞いてあげましょう。

男性側が発するのは相槌と共感の言葉だけで十分です。
「なるほど」「大変だね」「頑張ってるなあ」といったワードを、会話の合間合間に散りばめるだけなので楽な物でしょう?

8.彼女がいなくて淋しいとさり気なくアピール

女性を口説くには男性側が攻め手にまわる必要がある事は先に述べました。
とは言っても、女性側にも「口説かれる下地」を作っておくのを忘れてはいけません。

そもそもどんなに好みのタイプであっても、彼氏や彼女がいる相手には手は出せませんよね。

なので、「彼女が居なくて寂しい」といった独り身アピールもさり気なくしておきましょう。
これを聞いた女性は、「この人は誰とも付き合ていないんだ」「ならもしかして私でも恋人候補になれるかな」といった具合にちょっとはその男性の事を意識するはずです。
そういった下地を事前に作っておくことで、本格的に口説く時にOKの返事を貰いやすくなるでしょう。

9.軽めのボディタッチ

ボディタッチをする男女

女性は幾つになっても男性に愛されたいと願うものです。
その「愛」には精神的なものはもちろん、肉体的なものも含まれます。
やはり男と女の結びつきは肌と肌のふれあいに勝るものはないと言えますね。

なので、思い切って相手の女性を抱きしめるという手もありますが、これはいささか勝負を急ぎ過ぎている感があります。
そこで軽めのボディタッチをその代用策として用いましょう。

肝心なのは「軽め」という事ですよ。
間違っても髪を撫でまわしたりするような愛撫じみたタッチはご法度です。
背中をポンと軽く叩いてあげるくらいで良いでしょう。
職場が同じなら、「お疲れ様」と労をねぎらう一言を添えつつ上記のボディタッチが出来ますね。

軽めとはいえ肉体の接触は男女ともに程よい刺激を感じるものです。
そこを上手く突きましょう。

10.男らしさを見せる

女性から見ればある程度年下の男性は未熟さや頼りなさといった印象が先行してしまいます。
それに40代の女性が好きな男性は、年上に甘えたいという気持ちも少なからず持っている事でしょう。

ですが、やはり男性は男らしく頼りがいのある存在であるのが望ましいですね。
いざという時、やるべき時に男らしさをみせる。

結局のところ、女性の心を掴むのはやはりこの男らしさに他なりません。