1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ

バカな女の特徴9つ!バカな女が嫌いという男性心理とは?

投稿日: 2018年07月09日

執筆者: ライトス

欠伸をしているバカ女

「女はちょっとバカっぽいくらいが可愛げがある」と言いますが、これはまあその通りかもしれません。

笑って済ませられる程度のバカっぽさなら愛嬌の範囲内に収まるので、それを可愛らしいと思う男性もいるのでしょう。

ですが、本当にバカな女は男性に好かれる事はありません。

では、男性視点から見たバカな女とはどういうものなのでしょうか。その9つの特徴を男性心理と絡めながら詳しく見ていきましょう。

1.感情に任せて理論的に話せない

怒る女

「男は理論で、女は感情で話す」という言い回しがありますが、これはまさに的を射ています。

その人生の大半を仕事に費やす男性は、効率的な方法を模索したりするため理論を主軸に置きます。

これに対して女性は専ら感情が前面に出ることが多いです。

役に立つ、合理的といった要素よりも、自分が好きか嫌いかで物事を判別する傾向が強いのです。

これはこれで悪い事ではありません。
むしろ情緒豊かな分、男性が見落としてしまう部分にも目がいったり、何より直観に優れるからです。

ですが、理論的に話さなければならない場面でも感情を振りまく女はバカそのものです。

道理をもって筋道立てることもせず、「嫌い」「ウザい」といった個の感情が前面に出るような女を男は見下します。

話が通じないお子様と接している気を起こさせるため、会話しているだけでウンザリしてしまうのでしょう。

特にヒステリックな女は最悪です。
男女の仲には話し合いが必要ですが、その会話すらまともにできない女などに用はありません。

2.知性が欠けている

人間に深みを持たせるのは紛れもなく知性です。
そしてこれは恋愛面でも必要な要素である事も確かでしょう。
それもそのはず、知的な女性は素敵に見えますよね。

では反対に、この知性が欠けている女性はどう思われるでしょうか。
その答えは言うまでもありませんね。
その様な女性もまた、男性からはバカな女と見なされるのですから。

例えば語彙の無さがそれに該当します。
会話の大半を「ヤバい」「マジ」といった頭の悪そうなワードで埋め尽くすような女に、男性が心惹かれるはずがありません。
こんな女と一緒に居たら自分までバカになりそうだと男性は感じるのです。

3.品性が無い

品性やマナーの良し悪しもまた、その人の格調を決定づける大事な要素です。
モテる女性は例外なくマナーが良いので、より素敵に見えるのでしょう。

この品性が欠如すると、言うまでもなくその人間の価値は大幅に下落します。
特に女性は上品かつ清楚である事が美徳とされるので、品性が無い女は間違いなく見向きもされません。

デートでの食事を例に挙げてみましょう。
それなりに雰囲気の良いレストランで、おいしそうな料理が皿に盛られているとします。
この様な場面で、目の前の相手が並べられた料理をスマホで写真に撮りはじめたり、テーブルに肘を突いたり、くちゃくちゃと咀嚼音をまき散らしたり、犬食いをしたりと、品性の欠片もない行動を繰り返したら、一気に興ざめすることでしょう。

男性にしてみれば、「俺は何でこんなくだらない女とデートしてるんだ?」といった怒りと驚きが入り混じった感情がこみ上げてくること必至です。

他にも、道端でのゴミのポイ捨て、他人の陰口なども論外です。
こんなことを平気で出来る女はバカ以外の何者でもありません。

4.痛々しいぶりっ子や天然キャラ

ぶりっこな清楚系ビッチ

たまに自分の年齢に見合わないぶりっ子や天然キャラを装う女がいます。
可愛げを振りまけば男性が寄ってくるとでも思っているのでしょうか。

たしかに、ほんの少しドジなところがある位なら可愛らしい女性と思われるかもしれません。

しかしそれはあくまでもその女性が元々持ち合わせているものであって、意図して作られたぶりっ子や天然キャラにはナチュラルさが全くないのです。
むしろあざとさの方が浮き彫りになります。
そういった、男性の視線を意識した計算が透けて見えるからです。

むろん、大半の男性はこの手の女を鬱陶しいと感じます。
甘ったるい猫なで声で話すような女と一緒にいたらイライラして疲れるだけですからね。

5.過度なブランド志向

女性はいくつになっても美しくありたいと願う生き物で、当然ながらファッションへの関心も男性以上に高いのは説明の必要も無いでしょう。
もちろん、綺麗であるためにダイエットなどの努力をしている女性は素敵です。

ただ、一部の女は安易にブランド品を身に着けることで自分が綺麗になったつもりでいるようです。

ブランド品は確かに品質も良く、それに見合った価格もします。
そういったファッションアイテムで着飾る事で、自分の価値も高まると錯覚しているのでしょう。

もちろんこの手の女はブランド品を身に着けるだけで満足し、中身を磨こうとしません。
外見の美麗さに中身が追い付いていないのがバレバレです。

当然、賢明な男性はこんな女など相手にしません。
過度なブランド志向の女は金遣いも荒いのがお決まりですからね。

6.SNSにどっぷりハマっている

SNSで出会いを作る女性

今日では多くの人がSNSを利用しています。
利用目的は人それぞれですが、多かれ少なかれ自己アピールの手段となっている点は否めないです。

このSNSにどっぷりハマっている女を、男性は敬遠します。
この手の女にとってSNSは自分の幸せぶりを見せびらかすツールに他なりません。

彼氏が出来てもデートでの行動を逐一投稿する有様です。

要するに、男は自分を飾り立てるアクセサリー感覚といった所でしょうか。
もちろん、こんな女と付き合うだけ時間の無駄だということを世の男性は承知しています。

7.四六時中一緒に居たがる

どんなに親しい間柄でも自分の時間は必要です。
たまには他人に煩わされず、ゆっくりと自分だけの時間を満喫したい時もあるでしょう。
また男性は職場の付き合いなどもあるので、いつも交際女性のために時間を割けるとは限りません。

この辺りの機微を理解できない、または理解しようともしない女は間違いなくバカです。
四六時中一緒に居たがる女はただ鬱陶しいだけの存在なのです。

こんなワガママが通じるのは付き合い始めの初々しい高校生カップルくらいでしょう。

「仕事と私のどっちが大切なの?」などという子供じみたセリフを吐いた瞬間に、男性の気持ちは一気に離れていくのを分かっていません。

8.無理して若作り

女性は幾つになっても若く見られたいと願うものです。
普段から美容やファッションに関する意識も高いでしょうし、それ自体は何ら問題ありません。

ただし、人には年齢に応じた着こなしというものがあります。
他人の目を刺激しすぎていないか。
場の雰囲気から浮きすぎていないか。
そういった周囲への配慮も含めてファッションは楽しむものです。

バカな女にはそれが出来ません。

アニメの中から飛び出てきたかのような痛々しいコスプレじみたファッションや、不必要に胸元をはだけたり肌の露出が多すぎる服を公共の場で平気で着るような女は、周りの男性から「頭のネジが緩いバカ女」と思われるだけです。
そして嘲笑されています。

9.性に対してだらしがない

色情狂の女性 イメージ

性と聞くと何だか生々しい印象が先行しますが、これは一人の人間としての魅力を高めるのには不可欠な要素でもあります。

事実、男は女を抱いて、女は男に抱かれて、そうやって自分の魅力を磨いていくとも言えるのですから。
なので適度な性的関係は持つに越したことはありません。

ですが、度が過ぎている場合は問題です。
誰彼かまわず肌を重ねるのは発情期の野生動物と何ら変わりはありません。
男性は、経験人数が極端に多すぎる女にはかえって魅力を感じないのです。
そんな女は、ただその時々の快楽に身を委ねているような低俗さが五体からあふれ出ているからです。

仮にこんな女と付き合った所で、「どうせ他にも男がいるんだろう」という疑念が必ず付きまとう事になるでしょう。

まとめ

以上の様に、バカな女には男性に相手にされないだけの確たる理由があります。

こんなんじゃ男性が惚れるわけがありませんよね。

男性に好かれたいのなら、こんなバカ女のような真似は決してしないように心がけましょう。