1. 風俗
  2. 現在のページ

シティホテルにデリヘルは呼べる?元風俗嬢が実態と対策を教えます

投稿日: 2022年08月16日

シティホテルにデリヘル嬢を呼ぶ

旅先でちょっとリフレッシュしたい。いつもはできない経験をしたい。そんな思いから、シティホテルでのデリヘル利用を考える男性は多いでしょう。

おおいに楽しんでください! と言いたいところですが、はたしてデリヘル嬢はあなたのホテルのお部屋に無事入ることができるのでしょうか?
元デリヘル嬢がその実態と対策をご紹介します。

デリヘル嬢が入れるシティホテルと入れないシティホテルがある

結論から言ってしまうと、シティホテルにデリヘル嬢を呼べるかどうかという問題についてはケースバイケースとしか言いようがありません。
とくにミドル、ラグジュアリー、ハイエンドといったクラスのホテルになると難易度は一気に高まります。

ホテルマンがエレベーターの前に立っているような場合は特に要注意。

実際に「どのようなご用件でいらっしゃいましたか?」などと声掛けされるケースがかなり存在するのです。

デリヘル嬢側からしても、これはなかなかつらい事実でした。
「入れませんでした…」とお店に電話をしても、車は次の送迎に入っていて、すぐには帰ることもできず、しかたなくロビーで座って待つしかない。なんてこともあるくらいです。

しかし、どう説得してもダメなものはダメでした。
こんな事態に陥らないためには、最初に対策をきちんと練っておく必要があります。

デリヘル嬢をシティホテルに呼ぶためにできる対策

では、どのような対策をすればデリヘル嬢をシティホテルに呼ぶことができるのでしょうか。
さっそく対策を見てみましょう。

あらかじめデリヘル店に相談する

まずはホテル選びの時点でできる対策をご紹介します。
それは、現地のデリヘル店へ電話して直接質問することです。

当然ながらお店の側からしても、せっかくお客様がいらっしゃるのに、そこへデリヘル嬢を向かわせられないというのはとても悔しいことになります。
なので、「どのホテルなら大丈夫ですか?」と質問すれば快く教えてくれるでしょう。

旅先に向かう前に好みの女の子を探しながら、いくつかめぼしいお店に電話して、聞いてみてください。
お店の感触も確かめられれば、安心して当日を楽しみにできるようになりますよ。

外で待ち合わせて一緒に部屋に行く

いくらデリヘル店へ問い合わせをしてホテルを決めたとしても、デリヘル嬢が追い返されてしまう可能性がゼロとは言い切れません。
たまたまやる気のあるホテルマンが立ちはだかり、お断りされてしまうという事態もあるものです。

実際にホテルへ向かうのはデリヘル嬢なので、デリヘル店側ではあまり認識されていないこともあるのですが、本当に運次第のシティホテルは存在します。
極端なケースだと、たまたま入れなかった女の子が「さっといけば入れるでしょ!」とお店側に怒られてしまうこともあるほどなのです。

ですが、これはお客様とデリヘル嬢が外で待ち合わせをすることで解決することも多々あります。
シティホテル側もきちんとお客様がその場にいれば声をかけにくいものなのです。

「外で」と指定するのにも理由があります。
ホテルマンの目の前で明らかに初対面なそぶりをしてしまうと、そんな女性を部屋に入れる行為が不審に見られてしまうからです。
また、見るからにデリヘル用っぽいバンでシティホテルに来るのも警戒される一因になってしまいます。

なので手間はかかってしまいますが、デートの待ち合わせと思って、外までお迎えに行ってあげてください。
手をつないだり腕を組んだりしながら堂々と部屋へ向かえば、遠距離恋愛かな? と勘違いして通してくれる可能性がぐんと上がります。

ダブルかツインの部屋に泊まる

「絶対に失敗したくない!」と気合が入っている方には、ダブルかツインのお部屋に泊まることをお勧めします。
どうやら、「部屋代を払っているのであれば…」とシティホテル側から見逃してもらえやすくなるようです。

これはガードの固いホテルでも有効な手段だったので、元デリヘル嬢としては最も手堅い対策だと判断しています。
先述した「外で待ち合わせる」という対策もプラスすれば、失敗したことがありません。

1人でツインやダブルを使用する方というのも意外と多いので、予約時点でホテル側から不審に思われることはまずないでしょう。
彼女や家族から不審に思われないよう、「旅先でくらい手足をめいっぱい伸ばしてのんびり寝たい」と言ってごまかしつつダブルを予約したお客様もいらっしゃいました。

しかし、デリヘル嬢経験者が一番おすすめするのは、なんといってもツインです。
だってベッドはプレイで汚れてしまいますから…。
夜にぐっすり寝たいのであれば、やはりツインで予約してくださいね。

フロアにシングル、ツイン、ダブルがそれぞれ存在するホテルを選ぶ

わざわざツインに泊まるのはお財布的にきびしい、という場合におすすめする妥協案がこちらになります。
というのも、ホテルマンに止められてしまう際、向かった階数で判断されてしまったことがあるからです。

デリヘル嬢からすると、宿泊客のフリをするのはリスクがあります。
部屋番号を聞かれてお客様のお部屋を答えるわけにもいきません。ガードの固いホテルであれば調べられてしまいます。
なにより彼らはデリヘル嬢を見分けるコツを心得ているようです。
「彼女は通しちゃだめだな」と判断したうえで声をかけてくるので、捕まった時点でほぼアウトでしょう。

そして、フロアごとに部屋のタイプが分かれているホテルであれば、まず間違いなく階数で怪しまれてしまいます。
そこでシティホテルの間取りを確認し、不安要素のひとつをうやむやにしてしまおう、というのがこの対策です。

もちろん、こちらも「外で待ち合わせる」というポイントを押さえることで活きてきやすくなるでしょう。
疑いの目を向けてくるホテルマンがいれば、いちゃいちゃを見せつけながら堂々と通り過ぎてくださいね。

どうしてもシティホテルが決まらない場合は?

どうしてもシティホテルが決まらない

4つの対策をご紹介しましたが、あなたの悩みが解決しないこともあるかもしれません。
特に、泊まりたいシティホテルとデリヘル嬢を呼べるホテルがどうしても一致しない、という場合には悩んでしまうことでしょう。

特にシティホテルをお望みとあれば、観光も目的のひとつである可能性が高いはずです。
休日をおもいきり楽しんで、女の子と息抜きもしたい、そんな時にはどうするべきかも、考えてみましょう。

普通に一緒に宿泊する

デリヘル嬢を思いきってお泊りコースで呼んでしまいましょう。
そうすれば、普通の宿泊客としてどんなシティホテルにも一緒に泊まることができます。
一般的にデリヘルを呼ぶのが難しいと言われている温泉宿などでも、この方法であれば気兼ねなく呼ぶことができますね。

そういった太っ腹なお客様は実際に存在します。
地元のお気に入りのデリヘル嬢と飛行機に乗ってバカンスへ、という例の方が多いですが、現地で探してみても楽しいでしょう。
ただしこの場合は、かかる金額が大きいぶん、少々賭けになってしまいますね。
何人か気になる子がいるお店を選び、チェックイン前に会ってみて、必要であればチェンジすることも視野に入れておくと、楽しく遊べるでしょう。

悩む時間がもったいない、という方はぜひこの方法を試してみてください。

泊まるシティホテルとは別にラブホテルなどを使う

無難な解決策になりますが、やはりラブホテルやビジネスホテルを使うというのも手でしょう。
旅先のラブホテルやビジネスホテルを試すのも一興ではありますし、あとは「わざわざ外まで迎えに行くのは面倒くさい」という場合にも有効です。

観光地にはラブホが少ないと思われるかもしれませんが、その場合もぜひデリヘル店を頼ってください。
送迎サービスもしてくれるお店は多いはずです。

ちなみに、ビジネスホテルであってもランクが高ければデリヘル嬢が追い返されてしまうケースが多々あります。

あえてビジネスホテルを考えられるようであれば、その場合もぜひデリヘル店におすすめを聞いてみてくださいね。

デリヘル嬢も一期一会、楽しい旅を!

デリヘル嬢をシティホテルに呼ぶための対策はいかがでしたでしょうか。
普段デリヘルを使われている方も、地元では体験したことがない方も、楽しい時間が過ごせるといいですね。

ただし、「旅先でなぜか同郷のデリヘル嬢を呼んでしまった」といった体験談もデリヘル嬢あるあるだったりします。
現地の子と会いたいのであれば、ちょっとだけ注意しておくといいですよ。