1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

セックスで潮吹きする理由は?吹かせるコツや仕組みについて解説

投稿日: 2022年06月30日

セックスで潮吹きする女性

潮吹きの経験ってなかなかありませんよね。

アダルトビデオ等でみたことがある人や、パートナー(女性)が潮吹きしたのを実際にみた、という人もいると思います。

ですが多くの人たちは潮吹きできない、又はしたことがないという方に当てはまるでしょう。

潮吹きはオシッコを吹き出してる、と思っている人も少なくありません。

今回は、

  • どうしたら潮吹きできるか気になる人
  • 潮吹きがオシッコと同じか疑問に思っている人
  • 女性がセックスで潮吹きする理由を知りたい人

こちらの記事をお読みいただければ理解することができます。

では早速みていきましょう!

潮吹きはおしっこではない!

潮吹きのときにどこから体液が吹き出しているかご存知ですか?
実は女性の尿道から出ています。

仕組みとしては、Gスポットという場所を刺激されると体液(潮)が分泌されていき、イク手前やイッている間でそれが尿道を通って排出されます。

しかし、潮吹きについて医学的に解明されていないことが多くあるということをまず初めに知っておきましょう。

潮吹き自体はスキーン腺液である

潮吹きの飛び出す液体の名前は「スキーン腺液」です。
結論として、あれはオシッコではありません。

潮吹きしたことがある方、お漏らししたわけではないので安心してください。

オシッコと似ているとのことですが、尿道口の付近にあるスキーン腺というところで分泌された体液です。

先程、尿道を通って体液が出てくるとお話しましたが、「尿道を通っているならオシッコ!?」と思ってしまうと思います。

実際に、潮吹きを経験された女性の中でも「お漏らししてしまった」と思ってしまうことが多くあります。

スキーン腺液の場合、腎臓を通ってろ過されて排出されるオシッコとは異なりますので、腎臓を通ってはきません。

どのくらいの量が吹き出す?

吹き出る際の量に関しては、人によって違います。

噴水のように「ビシャー!」っと出せる人もいますが、ジワッと滲む程度で潮吹きする女性も中にはいます。

少量すぎるために自分が潮吹きしたことすら気づかない女性もいるほどなので、量は人それぞれということがわかります。

ゆかりレディースクリニックを参考にしますと、スキーン腺で分泌される量は100mlまでとのことですが、オーガズムに至っている場合は更に多くの量(900ml以上)を分泌できるとのことです。

失禁とは違う?臭いで判断しよう

尿失禁か潮吹きかは臭いで判断する、というのが答えです。

実際にセックスの最中で少量でもお漏らし経験がある人は割といます。

その一方で必ずしも潮吹きで大量に吹き出すとも限らないので、女性自身でも「どちらだったの?」とわかりにくかったりします。

潮の場合であればほぼ無臭。

色は無色透明だったり乳白色、あるいは黄色っぽいときもありますが、オシッコとの違いとして臭いが無臭という点です。

反対に、オシッコの場合はアンモニア臭がしますから、直後や時間が経った後とかでオシッコのような臭いがシーツからするようであれば、オシッコをしてしまった可能性が高いです。

潮吹き=オーガズムというわけではない

「潮吹きしているときはイッている合図だ」と私も思っていましたが、それはアダルトビデオの影響です。

潮吹きしている女性が痙攣していたりするのでイッているのだと思っていました。

ですがむしろ、イッた時のような最高の気持ちよさがあって潮吹きしちゃっているわけではないといわれています。

男性のイメージ的には「気持ち良すぎて潮吹きしちゃう」と思ってしまっている人が多いです。

ですが実際には絶頂に達する前の段階で、大量に分泌されたスキーン腺液が膣内でいっぱいいっぱいになり、そのまま尿道から飛び出します。

イク手前で潮吹きが起こっているのであれば、そのまま愛撫し続ければ潮吹きしながらイクことができます。

とはいえ、潮を吹くタイミングや吹き出す量も同様に人それぞれ特徴が変わります。

痛いだけと感じる人もいる

潮吹きをさせるコツとしてGスポットを刺激する事が挙げられるのですが、手マンで力強く刺激すればOKと思っている男性も多くいます。

アダルトビデオの演出による影響であると考えられますが、Gスポットへの刺激は慣れていない女性からしたら、ただ痛いだけの状態になりかねません。

「そろそろイクだろう!ものすごいオーガズムが来るに違いない!」と期待して力強くやりすぎるのはやめておきましょう。

必ずしも潮吹きできる女性だけでなく、吹きにくい人もいます。

Gスポットに限らず触られただけで潮吹きできちゃう人もいる一方で、精神的な理由や相手との信頼関係によって潮吹きがなかなかできないということもあります。

なので、「必ず潮を吹かせる!」と勢いに任せてやってしまい、女性に痛い思いをさせないよう気をつけましょう。

セックスで潮吹きが起こる理由について

セックスのときに潮吹きする理由についてご存知ですか?

いくつか諸説が紹介されていましたのでそちらの情報をご紹介します。

精子の生存率を膣内で高くするため

もともとの腟内の環境ですが、雑菌が膣内に入るのを防ぐために、精子の生存を低下させてしまう弱酸性となっています。

しかしスキーン腺液に関しては、精子の生存を守ってくれる弱アルカリ性であることがわかっています。

つまり潮吹きしたことによって腟内が弱アルカリ性になりますから、精子の生存率が上がると言われています。

もちろん医学的な根拠はなく、諸説としてご理解いただけたらと思います。

尿路感染症を防ぐ効果がある

スキーン腺液の別名、前立腺分泌液とは尿道から排出されますが、それによって雑菌を排除してくれるため尿路感染を防ぐとも言われています。

噴射する際に雑菌ごと外に出してくれるという考え方ですね。

ペニス挿入の痛みを和らげてくれる

潮吹きすると、ローションが不要なほど腟内を濡らすことができます。

これによってペニスを挿入するときはもちろん、そのままピストン運動での摩擦を軽減するので、痛みが和らぐという諸説もあります。

再度申し上げますが、こちらで紹介した説は確実性のあるものではありません。
参考にする程度でお読みいただけたらと思います。

潮吹きは尿意に似ている

潮吹きをしたことがある女性が少ない理由の一つに、「尿意と似ているから我慢してしまう」ということが挙げられます。

お漏らししてしまうとなると、かなり恥ずかしい気持ちになってしまいますからね。

その恥ずかしさから集中できなくなり、せっかくの快楽も逃してしまい潮吹きまでいけなかったりしますが、実はそれこそ潮吹きの前兆だったりするのです。

おしっこがしたくなったというときは?

潮吹きと尿意は似ているので我慢したくなりますが、セックスの前にオシッコを出したのに行きたい感覚になってきたら、潮吹きの前兆の可能性があることを理解しておきましょう。

さらに、膀胱付近を刺激されることで尿意と勘違いしてしまうということも言えますので、恥ずかしくてそのまま出せない場合は素直に一度中断してトイレにいくことをオススメします。

潮吹きと出産経験が関係あるってどういうこと?

出産すると女性の体質は変化しますよね。

生理痛が緩和したり、逆にひどくなってしまったり。

骨盤の内側の血行が良好になった方や、膣壁が柔らかくなったという人など様々なケースがあります。

これらは医学的に証明されているわけではありませんが、潮吹きしたことがある人の中では、出産後できるようになったという人もいるのです。

そのことから、出産経験と潮吹きには何かしらの関係があるのか?と疑問がわきますが、実際に関係があるかどうかは不明です。

ですが、そのようなケースもあるということは参考にできますね。

潮吹きさせやすくするコツや事前準備

女性を潮吹きさせようとする男性

では、「潮吹きをしてみたい!」あるいは「させてみたい!」という人はぜひここからご紹介することを実践していきましょう。

潮吹きするためにできる事前準備

多めに水を飲んでもらう

アダルトビデオに出演している女優で潮吹きを得意とする方たちも実践していること、それは水分を多く摂取することです!

なので必ずセックスの前に、女性は水分補給を普段より多めにとっておきましょう。

ホテルを利用する

自分たちのベッドの上だと、なかなか潮吹きするというところまで踏み込みにくいです。

特に男性側の家でセックスする場合は、余計に寝具を汚してしまうことを気にしてしまい、潮吹きどころではありません。

こういったことを躊躇なくできるようにするためにも、場所をホテルにするほうがいいでしょう。

ビジネスホテルでもいいですが、ラブホテルであればいろんなグッズなども揃っています。

大きめのタオルを敷いておく

自分たちの寝具で潮吹きをするのであれば、大きめのバスタオルなんかを敷いておけば大丈夫です。

バスタオルで心配であれば、防水シーツを敷いてあれば洗うこともできますし、汚れることも気にせず潮吹きすることができます。

仮にお漏らしだったとしても安心できますよね。

潮吹きをさせやすくするコツ!

手マンでGスポットを刺激する

そもそもGスポットの場所を正確にわかっていますか?

個人差があることを前提に、Gスポットは膣口から距離にして3~5cm先の場所にあります。

膣の内部で前側にある膣壁を指で刺激してみましょう。

ザラザラしたような感覚があればそこです。

その付近で感度のいい場所を自分で探ってみたり、パートナーに触れてもらいましょう。

Gスポットを最初から気持ちいいと思える人は少ないでしょう。というのも回数を重ねて刺激していくにつれて開発されていくような性感帯だからです。

刺激するうちに尿意を感じてくるようであれば、順調に開発されています。

このときに大事なポイントとして、とにかく女性側がリラックスすることです。

いきなりGスポットを刺激するのではなく、クリトリスや他の性感帯を刺激したあとで徐々にせめていきましょう。

女性側が尿意を感じてきたときに我慢したくなってしまうでしょうが、男性側も「そのまま出していいよ」「大丈夫だよ」と声をかけるとより安心でき、心置きなく潮吹きできるはずです。

強くやりすぎて痛みを感じさせないように注意しましょう。

体位は背面騎乗位で挿入する

挿入した状態のまま潮吹き(ハメ潮)をさせたい場合で一番オススメしたい体位は「背面騎乗位」です。

背面騎乗位のメリットは、

  • 45度の角度でペニスを挿入できる
  • Gスポットを刺激しやすい
  • 女性側が潮吹きしやすい体勢になれる

ということが挙げられます。

よって潮吹きさせるのに効率がいい体位となっているので、一定のリズムを保ちながらピストンするようにして、そのまま刺激し続けてみましょう。

まとめ

潮吹きについての知識が深まったことだと思います。

そもそも潮吹きはオシッコではなかった、ということが衝撃的だった人も多いのではないでしょうか。

セックスで女性が潮吹きする理由について色々な諸説がありましたが、非常に興味深い内容でしたね。

医学的にも今後、潮吹きに関してより多くの事実が判明することを期待したいです。