1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ

お風呂で楽しみながら男性を興奮させる7つのエッチテクニック

投稿日: 2018年05月26日

執筆者: ライトス

一緒にお風呂に入る男女

男性とのエッチに物足りなさを感じているわけではないけど、もう少し刺激がほしいというアナタ。ぜひぜひお風呂を上手に使ってみてください。

そもそもエッチの前後にはしっかりとシャワーを浴びるのが基本ですが、どうせならこのシャワータイムをより楽しいものに変えて男性とイチャイチャしちゃいましょう。

ここではお風呂エッチを楽しみつつ男性を興奮させる7つのテクニックを紹介します。

1.服の脱がせ合いは一種の前戯

当然ですが、お風呂に入る前には服を脱ぎますよね。
この脱衣の時間をただいたずらに空費するのは少々もったいないです。
どうせなら服を脱ぐ時間もエッチのワンプレイに組み込んでしまいましょう。

このような場面で男性が興奮するのは衣服を女性に脱がせてもらう時、そして女性の服を脱がせる時の両方です。

女性の手で着てる服を一枚ずつ脱がされるのは、男性にしてみれば奉仕されている気分、すなわち殿様気分といったところでしょうか。

ただこれだけの事で男性をその気にさせられるのなら安い物です。
「脱がせようか」とでも声をかけ、女性の方から積極的に働きかけてみましょう。

もちろん、男性に脱がせてもらうのもお忘れなく。
男性は女性を脱がせる時にもある種の快感を伴うものです。

上着を脱がせ、ブラウスのボタンを上から外し、ブラのホックに手をかけ…という行程のひとつひとつが興奮のポイントなのです。

逆に、女性がサッサと全裸になってしまっては「場馴れしている感」が溢れ、男性を興醒めさせてしまうかもしれません。

なので、少々甘え気味でもかまわないので、「脱がせて」の一言を添えて脱衣は男性の手に委ねてしまうのがベストです。

セルフ脱衣よりもお互いに服の脱がせ合いをする方が、この後のお風呂タイムを楽しむための雰囲気づくりにもなりますね。

少々大げさな言い方になりますが、これも一種の前戯の様なものだと思ってください。

2.男性の体を洗ってあげよう

さてここからは浴室に場を移します。
浴槽に身を浸す前には体をしっかりと綺麗にする必要がありますよね。
なので当然ボディーソープとシャワーで体を洗う事になるかと思います。

この時に女性の側がすべき事、それはもちろん男性の体を洗ってあげる事に他なりません。体を洗うという行為は入浴時に誰もが行うものですが、これが中々どうして気持ちのいいものなのです。

普段の生活の中で当たり前のように行っているため意識しづらいのですが、自分で洗ってもさほど快感は覚えなくても、他人に洗ってもらうとものすごく感じてしまうケースは多いでしょう。

マッサージなどもそうですが、「自分でやるとそうでもない。他人にやってもらうと気持ちいい」の法則にバッチリと当てはまっていると言えます。

そう言うわけなので、男性の体はぜひ洗ってあげましょう。
手のひらにボディーソープを取り、泡だてた両手で胸も背中も、そしてアソコも丹念に綺麗にしてあげると男性の心は快感と喜びに占められるはずです。

ひとつ注意点をあげるならば、胸を押し当てるなど過激プレイのスイッチを入れ過ぎると、男性からは「そういう仕事をしてた事があるのか」といった要らぬ不信感を抱かせる可能性もあるので、その辺のさじ加減は自分なりに上手く調節する必要があります。

3.自分の体は男性に洗ってもらおう

男性の体を洗ってあげたら、今度は自分の体も洗ってもらいましょう。
何だかんだ言っても男性は女性の体に触れるのが好きなのです。

乳房を揉みほぐしたり、股間を指先でまさぐったりするだけで興奮の度合いは一段も二段も違ってくるのですから。

せっかく風呂場で裸の男女が一緒になっているので、このシチュエーションを利用しない手はありません。

流れとしては、前述の2の項目から自然にこの3へシフトするケースも多いですが、男性にその様な素振りが見られなければ思い切って女性の方から「洗って」とおねだりしましょう。

相手のボルテージを高めるためにキスを挟んでも構いません。
とにかく向こうがその気になってくれればOKです。

洗ってもらっている最中には、所々で感じる仕草を押しこむのも良い手ですね。
本当に感じていなくても感じるフリのひとつやふたつは押し挟んでいきましょう。
軽く吐息を洩らす程度でもかまいません。

男性は、エッチの最中に相手がリアクションを取ってくれないと一気に気が滅入ってしまうのです。
なので、女体の感触と感じる仕草のふたつを以て男性を程良く刺激しましょう。

4.湯船の中で一緒にイチャイチャしよう

お風呂エッチの醍醐味といえば、やはり2人で一緒に湯船につかってイチャイチャしている時でしょう。
普段はひとりで何気なく入っているお風呂も、異性と一緒に入ると妙にウキウキしてしまうのは人の性というものでしょうか。

特にラブホテルの浴室は一般家庭のそれとは趣が大きく異なります。
オシャレな形状であったり、男女二人で重なり合って浸かれる設計になっていたりと、自宅での入浴では味わえない興奮がそこにあります。

もっとも、お湯に浸かりながら異性と肌を重ねるというシチュエーションそのものが、すでにエロさ満々ですけどね。

お互い向き合って他愛のない会話を楽しむのも良し、湯船の中で重なり合ってあんなところやこんなところを触り合うのも良し。
一緒にお風呂に入るだけで自然と楽しめるはずです。

5.ローションプレイで楽しもう

エッチアイテムのひとつであるローションも使ってみましょう。
ぬるぬるとした感触が妙にいやらしく、それでいて気持ちいいグッズですが、ベッドで行う通常のエッチでは少々扱いが難しいという側面もあります。
ですが、お風呂ならば気兼ねなくローションで楽しめます。

お風呂エッチのメリットはお湯で体をすぐに洗い流せる点です。
なので、お互いの全身にローションを塗って体をこすりつけ合ういやらしいプレイもバンバン出来るのは非常に嬉しいですね。

普段では出来ないプレイが出来るという点と、ローションそのものの感触が相まっていつもよりエッチな気分になれる事間違いありません。

6.お風呂のフェラチオは何故だか気持ちいい

フェラチオ自体は比較的オーソドックスなプレイですが、所変われば気分も変わるというもので、お風呂でのフェラチオもまたいつものエッチとは違った快感をもたらします。

男性視点でフェラチオを語るならば、口や舌による感度そのものに変化があるわけでは無いのですが、いつもとは違う場に身を置いてアソコをしゃぶってもらうと、それだけで感じてしまうものなのです。

直接的な感度アップというよりも、「こんな場所で女の人にこんな事をしてもらっている」という心理面での興奮の要素が強くなるといった感じですね。

さらに、先にも述べましたが、お風呂でのエッチはすぐに洗い流せるという利点もあります。なので、口内発射や顔射に抵抗が無ければ、男性の精子を舌や顔で受け止めるのもアリですね。
これらの少々過激なプレイはそれだけで男性の制服欲を満たす効果があります。
「こんな事までしてくれるんだ」と男性のS気をくすぐる事も出来ますよ。

7.鏡でいやらしい姿を見せつけよう

浴室には当然鏡がありますが、それもエッチアイテムとして活用する事が出来ます。
鏡の前でいやらしいポーズをとってみたり、フェラチオや挿入時の姿を鏡に映して興奮したりと、視覚による刺激を高めてくれるのに役立ちます。

一部のラブホテルにはあからさまにそれ用の鏡が設置されているケースもありますよ。

立ちバックの際に丁度良いアングルで映る位置に鏡が取り付けられていたり、御丁寧にその両側面に女性が掴むのに丁度いい取っ手が付いている事もあります。

もしもその様な設備の浴室に入れたら、思う存分見せプレイも楽しんじゃって下さい。

最後に

お風呂エッチにも色々な楽しみ方がありますが、最後に注意点を簡単に述べておきます。

すべって転ばない事、お湯に浸かり過ぎてのぼせない事、そして湯冷めして風邪をひかない事、この三点には気をつけて下さいね。

お風呂エッチで楽しみながら男性をいい感じにムラムラさせちゃいましょう。