1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

体験者がマッチングアプリ「with」のメリット・デメリットを教えます

投稿日: 2018年05月16日

執筆者: 珍さん

マッチングアプリ「with」での出会いを楽しむ男性

はじめまして。名古屋市で会社員をしている27歳、男です。2017年2月~2018年3月までの約1年間、出会い系アプリ「with」を利用していたので、その経験をもとに利用して感じたメリット・デメリットや、ちょっと悲しいエピソードをお話ししていこうと思います。

なかなか出会いのない社会人やこれから利用してみようかどうか迷っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「with(ウィズ)」概要

まずこの「with」ですが、よく言われる出会い系サイトではなく、正確にはマッチングアプリと呼ばれるものです。

出会い系のように誰にでもメッセージが送れるわけではなく、女の子に「いいね」を送り、相手がそれを返してくれたらめでたく「マッチング」となり、メッセージ交換が可能になります。(女の子からのアプローチもありますよ。)

多分このマッチングアプリという言葉に馴染みのない方がまだ多くいらっしゃると思いますが、両者の実態にはけっこうな違いがあるように思います。

出会い系サイトとマッチングアプリの違い

出会い系サイト

出会い系サイトとマッチングアプリ、両者の一番の違いといえばやはり料金体系でしょう。どちらも登録自体は無料で可能ですが、実際に相手とやり取りする際のお金のかかり方が大きく違います。(女の子は無料という点は同じ。)

まずハッピーメールやワクワクメールやPCMAXに代表される出会い系サイトですが、これらは「ポイント制」というものを採用しております。

プロフィール閲覧やメッセージ送信など、具体的なアクション一つ一つに消費ポイント(一番大事なメッセージ送信は大体一通20~50ptだったと思います。)が定められており、ポイントがある限りはメッセージ等のやり取りができるのですが、無くなると都度課金してポイントを補充しなければなりません。

したがって、サイト側の人間が女の子になりすまして会員とやり取りを長々と続け、ポイントを消費・課金させるという、いわゆるサクラと呼ばれる人が多いのもその特徴です。

マッチングアプリ

一方で、with等のマッチングアプリは基本的に「月額制」というものを採用しております。

withしかやったことないのでwithで例をあげますが、双方がいいねを送りマッチングとなってから、1通目のメッセージは無料で送れます。ですが、その後のやり取りは月額を支払い「有料会員」というものにならなければなりません。

そのかわり、有料会員である間はマッチングさえすればメッセージのやり取りに制限がありません。

出会い系のポイント制のように、自分の都合に合わせてというものではないためか、前述したサクラが少ないのもその特徴です。(少なくとも私は遭遇したことがありません。)

両者の違いが分かったところで、いよいよwithについて詳しく話していこうと思います。

スポンサーリンク

withのメリット

一言で言えば、出会い系サイトに比べて実際に出会うことが出来ます。

私の場合は年間でマッチング出来た人が100人ぐらい、LINE交換出来たのが50人ぐらい、そして実際に会うにまで至ったのが20人ぐらいといったところです。

マッチング数の割に会った数が少ないのは、恐らくネットでの出会いという点に女の子も少し不安があり、その上女の子は無料なので逃げたところで金銭的に無駄という感覚がないからでしょう。

とはいえマッチングした人の5人に1人はデートまで行けてるので実績としてはそこそこでしょう。また、精神的な部分ではありますが、月額3000~4000円を支払っていることにより、たくさん利用して女の子とつながらないともったいないという想いが自分の中に湧き上がり、彼女を作る上でとても大事な行動を起こすということのモチベーションにつながります。

その結果、多くの女の子と知り合えます。

月額を支払うことをただの損失と捉えるのではなく、このようにプラス思考でモチベーションに変えるといいと思います。

ただあくまで損失は損失なので、利用頻度が少ない月あるいは利用するものの成果があまり出ない月の損失だけでも抑えたい所です。

そこで今回は私なりのオススメの利用方法も紹介させて頂きます。

オススメの利用方法

私なりのオススメの利用方法と言いましたが、結構重要なことをお話ししますのでここしっかり注目下さい。

withは有料会員になってからその期間が満了すると、無料会員に戻されるわけではなく自動的に有料会員契約が更新され、新たに月額が発生してしまいます。なので何となく漠然とやっているとどんどんお金が飛んでいきます。月々3000~4000円程度とはいえこれはぜひ避けたいところですね。

ということで私がとっていた利用方法ですが、基本的には無料会員でいることです。

有料会員であるからといって好みの女の子と好きなだけやり取りができるわけではありません。なぜなら双方のいいねによる「マッチング」がまず大前提として必要だからです。

そしてこのいいねは無料会員でも有料会員と同じように送ることが出来ます。つまり、「無料会員の状態でマッチングに向けて行動すればいい」のです。この方法で行えば上手く発展しない月に月額が発生することがありません。

また個人的な事情で忙しく、あまりアプリ開いてる暇がない月なども、「無料会員のまま女の子側のアクションに身を任せる」ということをしてしまえばいいのです。

アプローチがあり、その女の子のプロフィールを見てみて、気に入ったらいいねを返し、有料会員になりメッセージやり取りすればいいのです。

こうすれば何もなく終わってしまうような月の支払いをなくすことが可能です。したがってオススメの利用方法は「基本的に無料会員の状態で行動すること」とお伝えします。

withのデメリット

なんでもそうですが、やはりデメリットは存在します。包み隠さず実態をお話しします。
それは、個人差はあると思いますが、繋がるまでは上手くいっても、デートに繋がることが比較的少ないという点です。

このデメリットはやはり女の子側のネットでの出会いに対する不安と無料なので土壇場で逃げても金銭的リスクがないという事実に起因します。

さらにこれらの厄介なところは、男性側からはどうすることも出来ない点です。

とくに不安な方に関しては、やり取りしてる間は何ともないのに、いざ会うことが現実味を帯びてくる時期に女の子側に芽生えるもので、結果、会う直前に逃げられるなど、それまでの努力が水のアワになってしまった絶望感はあります。前述した私の実績も、こういう実態があったからでしょう。

マッチングアプリを始めればおそらくこればかりはどんなイケメンでもLINEが上手な人でも少なからず体験してしまうことだと思うので、こういうことに一喜一憂せず、むしろそういう体験を自身のエピソードトークにまで昇華させるぐらいの精神がいいと思います。

悲しいエピソード

ではお待ちかね、私の嫌だった実体験をお話しします。どうぞ嘲笑って下さい。

相手は2つ下、当時24歳の可愛らしい女の子で、向こうからアプローチしてくれました。Mr.Childrenやback numberが好きという点も完全一致で話も盛り上がり、トントン拍子でLINE交換までいきました。

LINEでもメッセージは盛り上がり、お互いの仕事のことからプライベートのことまでたくさんお話しし、ついに実際に会う話になりました。
恥ずかしながら、この時は完全に勝ち戦だと思っていました。

そしてデート当日、名古屋駅で待ち合わせし飲みにいくことになっておりました。ワクワクしながら待ち続けるも、一向に女の子は現れず、1時間は待ちましたが連絡も一切つかず、ついに諦めることとなりました。そうドタキャンです。

相手からアプローチしてきておきながらドタキャンし、その後一切連絡が取れなくなりました。おそらくブロックされたのでしょう。

このように、マッチングアプリをやっていくからにはこういったことが少なからずあります。とはいえ女の子側が抱える不安はそう拭えないと思うので男性の方、マッチングアプリで知り合った女の子が実際に会ってくれたら、ぜひその人を大事にしてあげて下さい。

まとめ

長々とマッチングアプリについて紹介させて頂きましたが、個人的には結構オススメだと思います。

前述したようなメリットもあれば悲しいデメリットもあるのですが、結局は何かしらアクションを起こし、たくさん女の子とコンタクトを取っていかなくてはならないのも事実です。

そのアクションという点においては、街コンなどのイベントに赴く必要がなく、スマホでカンタンに行動を起こすことが出来てとても魅力的なのではないでしょうか。

中々出会いがなく、変わり映えのない日々にお悩みの方はこれを機にぜひ試してみてはいかがでしょうか。
以上、マッチングアプリwithのメリットとデメリットについてでした。

公式サイト

共通点でマッチ!恋愛婚活「with」