1. TOP
  2. 恋の豆知識
  3. 現在のページ

【体験談】ワクワクメールでパパ活をはじめた24歳女子の経験談

投稿日: 2018年05月15日

執筆者: ono

パパ活イメージ おじさんと若い女性

転職するためにそれなりに資金が必要で、でも私そんなにかわいいわけでもないので、普通にパパとかできないし、出会い系サイトなら誰かしら私のことを気に入ってくれるかもしれないという思いでワクワクメールに登録してコメントを書き込みしたんです。

その結果、私みたいな普通の女の子でもちゃんとパパを見つけられてパパ活で稼ぐことができたんです。

スポンサーリンク

パパ活はじめました。

非モテな生活をおくっている冴えない公務員24歳の私ですが、小さい時からの夢があってお金を貯めたかったんです。

でもまずはお金を貯めるために安定のある職業にと初めに就いた公務員では臨時職員としてしか採用されなかったので、お給料も少なくて、バイトもできないし、このままだと夢をかなえるための資金がいつになったら貯まるのか、めどすらつかないなって途方に暮れてしまい、仕事を続けつつなにか高額を稼げる方法がないかと考えに考えたあげく出会い系サイトでパパ活をすることを思いついたんです。

もっと私がかわいかったら出会い系サイトではなくても普通にそのへんでもパパ位見つけられたんだと思うんですが、そこは非モテなので、出来るだけ出会いの範囲を広く作るためにも出会い系サイトを使うのはものすごく有効な手段に思えました。

案の上、サイトに登録してわずか1日でメールが数件は届くようになり、短時間でログインを繰り返したりコメントを更新したりすることで、検索の上位をキープできてメールが増えてきたんです。

やっぱり私の出会い系サイトを使うという策は間違っていなかったんだと確信しました。

パパになるということもあって年齢層は高め、でもそれも私にはよい所でした。

私は小さい時から父親が仕事でずっといないも同然の生活をしており、たまに会うとものすごくかわいがってくれていたことから、ファザコンの感じがあるんです。
その父は私がまだ高校生の時に不慮の事故でなくなってしまい、私の中には喪失感やなんともいえない父への想いがくすぶり続けているんです。

ずっと年上好きで年齢的にも父親と同世代までは全然体の関係もOkでした。

実際の経験人数は高校の時の先輩たった一人ですが、ほんとに全然抵抗はなくて、むしろ年上の人に抱かれることは楽しみでもありました。
そこに表れたのが、石黒賢さんに似た49歳の男性でした。
この人を逃がすことがものすごくもったいないことを私は直感で悟りました。

どうせパパにするなら顔だって好みの人のほうがいいに決まっています。

やりとりはサイト内ででもできましたが、彼はすぐにLINEを教えてくれて直で連絡を取ろうと言ってくれたんです。

他にも何人か会いたいと言ってくれたり、金額を具体的に提示してくれて魅力的な人はいたんですが、彼の容姿とは雲泥の差、ちょっとこちらを優先させてもらうことにして、保留したんです。

はじめてのパパ活経験

彼とやり取りをしてから会うまでに要した時間は1日のみ、早く会ってみたい気持ちで彼の指示に従いました。

彼はバツイチで独身貴族、お金には困っていないけど、束縛する彼女ばかりで辟易していたこと、美人は嫉妬深くて疲れる、癒し系のあとくされのないセフレのような女性が欲しかったんだそうです。

そうか私って癒し系なんだとちょっとうれしかったです。
だって彼みたいに素敵なパパから指名されてこういう関係になっていいと言ってもらえたって言うこと自体がもう女性としてまだまだいけると言われたも同然だと思いました。

食事をしながら具体的な契約というか交渉をしてお互いが納得いけばそこからは大人の関係に進みます。お金に困っていないだけあってちゃんとしたホテルをとってくれるところもうれしいですよね。

その辺りも本来ならサイト内でやり取りしてから会うほうがいいとは思いますが、彼は大丈夫な人でよかったです。

それ以外にもご飯を食べたりバーに行くと全部彼持ちでした。
そこそこのお店でとっても美味しいものをいただけます。

私はお酒を飲むとちょっとエロくなるタイプなので、初めて会ったときに彼はそれに気づくとそれ以降毎回私を酔わせてから関係を持つことを要求してきて、私もそれに従って結構お酒を飲む生活になりました。

お酒は強くないし、エロくなるから自分でセーブしていたところのあるんですが、彼が私を開拓してくれたので、今では酔っぱらっても気持ちいとさえ感じるようになりました。
だいたい週に一から二日くらいは会うようになって、毎回そういう感じです。

スポンサーリンク

パパ活を続けてみて思ったこと

出会い系サイトを使ってパパ活をするなんてすごくいやらしい行為だと思っている人が大半だと思うんですが、今の私と同世代の若者って、出会い系サイトを使うことに全く抵抗がないんです。

普通に友達を作るツールとして当たり前に登録してる人もいっぱいいて、私なんて逆にデビューが遅かったくらいです。

それに、女子同士の出会いとかもできるし、日記を書いたりしてそれにコメントももらえたり、地域検索ができるので、どこかに旅行行きたいときとかにすごい便利だったりするんです。

その延長としてパパ活しているだけで、別に彼氏探しと何ら変わらないと思います。

こうして理想のパパに出会えて、私のことを癒し系だとまで言ってもらえて、素敵な関係になれたのもすべて私が思い切って出会い系サイトでパパを探そうと思いついたことからなんです。

まじで自分GJだと思っています。
全く束縛されないけど、ステディな関係のパパができたことで、毎日明るくハッピーに過ごせて、雰囲気が変わったと職場でも言われるようになりました。

私、ほんとに地味で目立たない女子で、でも、パパと出会えて余裕ができたし、たまにサプライズでプレゼントをもらえたりして、それがまたすごくかわいいアクセサリーとかバックだったり、おしゃれなんです。

職場のパパと同世代のおじさんではこうはいかなかったなって思えるくらい、私のパパは別格に素敵です。

本当のパパ、父親ですが、が生きていたら私のことをどう思うかなってふと考えるときがあるのですが、なにもかもうまくいかずにどんよりした人生を歩んでいる娘よりも、やりたいことに向かって夢を持って進んでいる明るい娘のほうが嬉しいに決まっていると思うと、自分の選択は間違っていなかったなと感じています。

ワクワクメールで良かった

個人的な感想ですが、いくつかのサイトに登録をしてみて、一番メールをくれる人が多かったのがワクワクメールでした。

だからワクワクメールに手ごたえを感じた時点で他のサイトは解約して一本に絞りました。それで約一日で今のパパに出会えたんです。

パパの方もあれこれかんがえてワクワクメールの口コミを見て決めたようです。

男性にとっても使いやすくて見つけやすいサイト、サイト内でもやり取りするのにお金がかかるみたいなんですが、女性は無料だし、男性の方も登録してすぐはポイントがもらえるのでやりやすいみたいです。

パパはお金には困っていないのでそこにはあまり固執していませんでしたが、学生さんとかお金がないけど出会いたい人にとってはすごくありがたいサービスなんじゃないかと思います。

何人かメールをくれた男性もパパの良さを実感できるまではキープしておきたかったので、自分のお気に入りに入れたままにしていつでも引き出せるようにできたし、足跡をつけてくれた人のことをたどって自分もプロフィールを見に行くことができるのも良かったです。

いつから登録している人かわからない人のプロフィールを見れるのは、便利です。

公式サイト

ワクワクメール