1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

男性が結婚相手に選ぶ女性の特徴12選

投稿日: 2018年05月06日

執筆者: ゆずこ

ウェディング・ハネムーン

恋人としては良かったけれど、結婚したらこんなはずではなかったという展開になるカップルが少なからずいます。

反面、そんな失敗をしないように、優秀な男性であるほど、結婚するとなると、女性に容姿以外の魅力がなければ対象外にしてしまいます。

そろそろ結婚を考えている女性の一助となるように、ある程度しっかりとした考えをもった男性が、結婚相手に選ぶ女性の12の特徴を、性格、ふるまい、容姿に分けてご説明します。

スポンサーリンク

性格編

笑顔の女性

結婚すれば、毎日一緒に生活するわけですから、まず長く付き合いやすい性格が大事です。結婚しても大丈夫と思える性格は「情緒の安定」と「心の広さ」です。

思い通りにならないとすぐにイライラしたり、感情の起伏が激しすぎる人は、周りがどう対処していいか分からなくなります。
そんな女性と毎日一緒にいたら、男性は戸惑い、怖がったり面倒くさくなり、やがて家に寄り付かなくなるかもしれません。

また、どんなに優秀な人でも完璧ではありません。
毎日一緒にいれば、必ず嫌なところ、合わないところが出てきます。そんな時、すぐにへそを曲げたり相手を責める女性は、一緒にいて疲れてしまいます。

以下に挙げる特徴は、男性を安心させて、結婚への気持ちが傾きやすいと言えます。

1.いつもにこにこしている

「いつも笑顔でいたら、人に可愛がられるよ」
女の子の母親がよく言うことです。

全くその通りで、本当は心が綺麗だとしても、不機嫌そうに、または悲しそうにしていたら、周りは気を使ってしまい、話しかけにくいです。

それに、にこにこしている人と話すと安心感がわき、幸せな気分になりますよね。
幸せな気分にさせてくれる人のところに人は寄ってきます。

2.デートをキャンセルされても怒らない

仕事が忙しいというのは仕方がないとして、男友達との大事な用事で楽しみにしていたデートをキャンセルされたら、がっかりします。
しかし、「私は愛されていない」と決めつけるのは早すぎるかもしれません。

女性は恋人を最優先する人が多いですが、男性の場合、恋人は大事でも、男友達や趣味も満喫したい人も多いのです。

もちろん、毎回毎回、他のことを優先されたら常識を疑っていいですし、自分のことをどう思っているのか聞いてみた方がいいですが、一度や二度、自分との約束を優先してくれないからと言って怒るのは、男性を窮屈な気持ちにさせます。

それより、おおらかな気持ちで男性を見守り、キャンセルして悪かったから今度は埋め合わせをしよう!と思わせる方がいいのです。

男友達や趣味を大事にしている男性は、結婚したら自由でなくなると思うと冷めてしまうかもしれません。
また、女性にとっても恋愛以外に自分の趣味や生きがいを持っていないことは、男性に依存し過ぎてしまう可能性があり、危険です。

3.おごってもらった時に、きちんとお礼が言える

最初はデートでご馳走してもらったら、きちんとお礼を言いますが、付き合いが長くなってくると、当然のようになってしまうことがあります。
そうすると、彼氏は口には出しませんが、図々しいと思っているかもしれません。

図々しい人は、結婚すると、なんでも配偶者に頼り切りになると思われがちです。
そうすると、万が一生活が困ったときでも、女性はそれまでの生活が当然で、一緒にピンチを乗り越える努力をしないのではないかと判断されてしまうかもしれません。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉もありますが、感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

4.愚痴や文句、悪口はあまり言わない

いつも、誰もが良い人で会社も人間関係も完璧に上手くいっているのも不自然ですが、口を開けば愚痴だと、男性もがっかりします。

付き合って間もない頃は、悪口や文句のオンパレードのような話しはしないはずです。
けれど慣れてくると、相手が分かってくれるだろうとか、私と彼の仲なら、これくらい聞いてくれてもいいだろうとか、甘えが出てきます。

もちろん、そんな甘えがあるからこそ、特別な関係なのですが、行き過ぎは禁物です。
男性は甘えてくれるのを嬉しく思いますが、いつも不満ばかりを口にしていると、結婚したら自分のことも不満だらけになるかもしれないと思われてしまいます。

5.店員さんに丁寧

誰にでも親切に振舞えるというのは、見ていて気持ちが良いものです。
反面、お客だからといって、横柄で不愛想な態度は、男性を思いの外、がっかりさせています。

どんな立場の人にも尊重する気持ちを持つことは、気持ちに余裕がないとできません。
特に社会的地位の高い男性は、妻が取引先や従業員と、上手に接することができないと仕事にも響く場合があります。

6.小さいことでも褒めてくれる

男性の取るに足らない心配りに気付いてお礼が言えたり、ちょっとしたことを見ていて褒めてくれる女性は、男性の自尊心を高めます。

褒め上手な女性は、男性を良い気分に出来るのです。
何故なら、男性は小さい頃から母親に褒められて育つからです。
もちろん叱られもしますが、異性の子どもは特に可愛いものです。

わざとらしいのは逆効果ですが、素敵だなと思うことがあったら、それを素直に言葉にすることも大事です。

日常生活でのふるまい編

料理をする女性

お里が知れるという言葉がありますが、女性として人間として見苦しいふるまいは、性格にも問題があるのではないかと判断される恐れがあります。
以下からは、しぐさや立ち居振る舞いについてご説明します。

7.料理をし慣れている

料理ができるというのは、多くの男性にとって結婚相手に外せない条件です。
得意とまでは言えなくても、日頃から、実家住まいなら、母親の手伝いで台所に立っていたり、一人暮らしであれば、自炊しているというのは結婚生活の練習になっています。

そして料理をしているかどうかは何気ないところで察しがつきます。
例えば、料理を取り分ける時や鍋料理でさり気なくアクを取る手際の良さ、食べ方や、箸使いの綺麗さなどは、料理も含め、きちんと教育された印象を与えます。

8.好き嫌いが少ない

偏食が激しいと、普通の料理が出来るのだろうかと疑問を持たれるかもしれませんし、将来、子どもの食育の行方も気になります。

反対に、なんでも美味しそうに食べる姿は、相手を幸せな気分にします。
偏食が激しい場合は、全て克服しなくても、努力して一口でも食べる姿勢が大切です。

9.おっとりしていて丁寧

程度問題ですが、いつもセカセカしているよりは、少しおっとりしている方が、男性は安心感があります。

例えば、人の話しを聞くこと一つとっても、結論をせかされたり、話しの途中で億劫な態度を取られると話しづらくなりますが、ゆったりと話しを聞いてくれると、受け入れられた気持ちが強まります。

もちろん個性ですから、せっかちでも悪いことはありません。
おっとりし過ぎているのも、イライラすることもあります。
けれど、何かを楽しむ心の余裕がなく、いつも気持ちが急いている、大げさにいえば日々の出来事や人生を味わっていない人は、一緒にいて少し寂しいかもしれません。

10.マナーを押さえている

大抵の大人の女性であれば、敷居を跨がないというような所作に始まり正しい敬語を使えるというようなマナーを、おおまかには心得ていると思いますが、一緒に格式のある場所に行ったときに自然に振舞えると、男性は誇らしい気持ちになるでしょう。

もちろん、経験が少ない若い女性は、おどおどしてしまうこともあり、それが新鮮で可愛らしいのですが、ある程度の年齢からは、多めに見てもらいづらくなります。

スポンサーリンク

容姿編

美人の彼女とのデートをたのしむ男性

いくら性格が大事とはいえ、やはり容姿は重要です。

付き合うだけならば、連れ歩いて自慢できるような豪華な美人がいいかもしれません。
しかし、結婚となると少し男性の観点が変わります。

もちろん美人に越したことはないですが、堅実で賢い男性であれば、清潔や健康、それにお金がかかり過ぎないということに意識が行きます。

11.肌がきれいで健康的なスタイル

肌がきれいというのは、清潔感と共にバランスの取れた生活を送っていて健康の証でもあります。
同様に、スタイルも太りすぎは言うまでもなく痩せすぎも、健康ではないと感じられてしまうかもしれません。

個人の体質があるのでスタイルだけで健康かどうかは、実際には分かりませんが、少なくとも、肌に関してはストレスや食生活が関連しやすいので、男性受けだけでなく、自分の健康管理の一つとして注意しましょう。

12.いい笑顔

取り立てて美人ではなくても、笑顔がいいと3割増しに美しく見えます。

いろいろなストレスがあるかもしれませんが、眉間に皺が寄っていないか注意してみて下さい。

ほっと一息リラックスする時間など、日常的に自分を大切にすることを心掛けると、心が満足して、自然に良い笑顔が生まれます。

女性のいい笑顔は男性を癒し、穏やかな生活を連想させます。

まとめ

12の特徴の中で欠点があっても、お互いに相性が良くて楽しく過ごせそうなら関係なくなります。

けれど、恋愛自体が楽しいときは、男性を困らせ振り回すような女性が魅力的かもしれませんが、結婚して家庭を築くとなると、構われたい気持ちが多すぎる女性だと男性の負担が多くなります。

自分の考えや生き方を持ち、男性と心地いい距離を保てることが、男性から選ばれ、長続きする秘訣です。