1. 女子力アップ
  2. 現在のページ

女がモテモテの30代を過ごすための秘訣10選

PR投稿日: 2022年05月16日

モテモテの30代 女性

女性のみなさん、いつまでも若々しく、20代でいたいですよね。私もそう思っていました。正直、若ければ若いほど、どんなに容姿が整っていなくても、年齢でチヤホヤされたりするものなのです。

30歳になると、それがなくなってしまう…と不安に思っているあなた!
現実は違いました!モテモテの30代を過ごすための秘訣を教えますね。

恋メモH 恋愛編集部

筆者:恋メモH 恋愛編集部

恋愛カウンセラーや結婚相談所の所長など、各分野のエキスパートたちが、恋愛や出会いに関する疑問や悩みに対して、専門的な知識とアドバイスをお届けします。

1.年齢は隠さない

ずばり、女が最もモテる年齢は30代です!30歳になると、年齢を聞かれるのが本当に億劫になって、秘密にすることが増えますよね。

もう若いとは捉えられず、大人の女性という目線で見られます。29歳と30歳という、たった1歳差であっても、その境目は大きく、全く違います。
ただ、この捉えられ方により、モテモテになり30代を楽しく過ごすことが出来るのです。

「しっかりしている。仕事ができる。大人の女性だ。」と経験豊富で憧れられる一方、
「でも、こんな可愛いところもある。」というギャップを手に入れることができるからです。年齢を武器にして、男性を虜にしていきましょう。

2.大人の女性(高嶺の花)を演じましょう

大人の女性(高嶺の花)

わざわざ演じなくても、私は高嶺の花ですっていう方は問題ないです。あなたはモテる30代なので、スルーしてくださいね。

「高嶺の花に見られると、男性が近寄ってこないのではないか」そんな不安な気持ちになることもありますよね。
でも、この相手にされないと思わせることが、とっても重要になってくるのです。人間は、手に入らないモノほど手に入れたくなる習性があります。

方法としては、口数は少なめで、プライベートは絶対に見せないを徹底して、この人はどんな人なんだろう、私生活はどんなものなんだろうと思わせることです。
彼氏はいるのか?結婚しているのか?普段何してるんだろう?と、全く想像がつかないからこそ、相手は気になってどんどん沼にハマっていきます。

3.曖昧な態度で翻弄しましょう

大人の女性(高嶺の花)を演じつつ、気になる男性や、自分に気がありそうな男性に、意識して近づいてみましょう。

相手が意識するよう、軽いボディータッチをしてみたり、他の人より会話を増やしてみたりしてください。
ただ、これを続けると高嶺の花のイメージが崩れてしまうので、「これはワンチャンスあるぞ」と思われる前に、一旦距離を置きます。

自分から話しかけるのを辞めるなど、「やっぱり無理か…」と思わせることが大事です。しかし、何度も繰り返すと、相手が諦めてしまう可能性があるので、ある程度時間を置いたら、今度はもう少しグッと近づき、食事に行ってみたりしましょう。

4.相手に興味を示し話を合わせましょう

どんな時も、まずは相手の話に興味を示し、また出来れば事前調査して、趣味などの話を合わせましょう。

もし合わせていることがバレたとしても、気を使われていると思われるよりは、「物知り」や、「大人の気配りができる」と、ボジティブに捉えてもらえるんです。30代って本当におとくです。

これが出来れば相手の心は確実につかめます。
また、トレンドは知っておきましょう!とくに年下の男の子からは、歳が離れているのに 何でも知っている。年上でも問題ない。素敵な女性と思ってもらえる大チャンスです。

5.意外と天然?スキを見せましょう

30代に一番大事なことは、スキを見せることです。これさえできれば大丈夫というくらい大事です。

やはり30代くらいから、女性は強く見られがちなんです。でも、いますよね?30代にさしかかり、思考がカチカチに固まってどうにもならない方、そんな30代は絶対モテません!

しっかりしていて、大人の雰囲気もあるけど、たまにドジっちゃったり、バカなこと言っちゃうくらいがちょうどいいのです。
ただ、バランスが大事なので、ドジったり、バカなことを言い過ぎないよう気をつけましょう。ベースはしっかりしている女性です。

6.年齢より若く見せましょう

もちろんスキンケアを怠らず、お肌を綺麗に保つなども大切ですが、ここで言っている「見た目を若くみせる」の意味は、見た目もですが、気持ちと考え方を指しています。
また30代になってやってしまいがちなのが、ネガティブ思考で、「どうせ私なんかがオシャレしても意味がない」という考え方をしてしまい、すっぴんで出かけたり、ファッショにお金をかけなかったりと、諦めてしまうことです。

いつも気持ちは若々しく、服を選ぶ時も、年齢に合わせた服よりも、少し若めのファッションを身に着けてみましょう。

若い頃には考えたこともなかった、「年甲斐もなくそんな服着て」と思われることが怖くなったりしますよね。
でも、それは自分の思考であって、好きな服を着て良いのです。年相応の服を着るより、好きなものを着ていたほうが可愛く見てもらえます。これは私の経験談です!

7.出来るだけ相手をリードしメリハリをつけましょう

ベッドでは甘える女性

これは次の項でお話することと繋がるのですが、外出先と家、昼と夜でギャップを生み、男性をメロメロにするために必要なことです。

大人だって甘えたい…そんな欲望があるのは当たり前です。ただ、普段の自分や、デート中は、意識してお姉さんっぽく振る舞い、自分で出来ることは、自分でやっちゃいましょう。

男性に、ちょっとは自分に甘えてほしいなと思ってもらえるくらいがちょうどよいです。

ベッドの上では甘えちゃいましょう

外出先、昼間は年上のお姉さんを崩さないようしっかりとした態度で過ごし、家の中や、ベッド(エッチ中)は思う存分甘えてしましましょう。相手にリードしてもらい、少しくらいわがままも言いましょう。

個人差はありますが、男性は甘えてほしい生き物です。いつもしっかりしている人に、エッチ中に甘えられたり、支配感を与えてあげると、自分にしか見せない姿があると、そのギャップや満足感に相手は虜になります。

8.体型はラインを綺麗に保つだけでOK

30歳を超えると代謝が悪くなり、同じ量の食事を食べていても何故か太ってしまうということがあります。
これは、避けられないこと。人によりますが、やはり太っているよりは、少しぽっちゃりしているくらいの方がモテますよね。

でも、マイナス10キロや、豊胸、体型を変えることってハッキリ言って無理です。そんな時間もお金もありません!
ただ、そんなことする必要はありません。出来ることだけ頑張って、ラインを保つだけで十分。巨乳じゃなくていいんです。スレンダーじゃなくていいんです。
ピチピチにはったお尻じゃなくていいんです。お腹よりは胸の方が出てる、お尻もたれてはいないくらいのラインが保たれているだけでも、十分にモテます。

むしろ、出来すぎた体型の方が近づきにくいので、30代ならではの愛敬のある体型を目指しましょう。

9.話す時はゆっくりと話しましょう

早口で話すより、ゆっくりと話すほうが色っぽくなります。

ついつい、楽しい話をしている時など、夢中で早口になりがちですが、意識して頑張ってゆっくり話してみましょう。落ち着いた大人の雰囲気が出て、話し方だけで好印象を与えられます。

10.最後に何より最も重要なものはギャップ

正直、「これは20代でも通用するのではないか」「むしろ若い方が上手くいくのではないか」と思われた方もいらっしゃるかと思います。
はい。20代でも通用します!
ただ、30代だからこそのギャップが生まれ、年下からも、年上からも愛されるのです。

20代であれば、若い人同士ではこのギャップは上手く作れません。どの年代からも可愛いと思ってもらえる貴重な30代だからこそ、最もモテるのです。

30代は若くないからこそ、年下から憧れの目線を向けてもらえ、年上からはまだまだ可愛いと思ってもらえます。大人なのに話が合う、年下だけど話が合う、そして恋愛対象として見てもらえます。

私は今、30代前半なのですが、会社でも告白されたり、街でもナンパされたり、20代の頃より断然モテる人生を歩んでいます。これで皆さんも、モテモテの30代を過ごしてくださいね。