1. セックスフレンド
  2. 現在のページ

社会人でもJD(女子大生)のセフレを簡単に作れる方法10選

投稿日: 2022年05月11日

セフレになったJD(女子大生)

JD(女子大生)のセフレを作ってみたいという願望は社会人の多くが秘めているものです。とはいえ、社会的なリスクやJDと出会う方法の少なさから行動を起こす前に諦めてしまっている人が大半なのも事実でしょう。

しかし、社会人がJDセフレと出会う方法は、探してみれば意外と数多く存在しています。

ここでは、実際に様々な方法でJDとの出会いを実現させてきた筆者が、特に有効な方法を紹介していきます。

社会人がJD(女子大生)セフレを作る方法10選

1.大学の学生食堂で出会う

大学という場所は広く一般に開放されていることが多く、特に安価で美味しい学生食堂は社会人もよく利用しています。
そうした場所では簡単にJDと知り合うことができるため、何かきっかけを掴んで話し相手になってから関係を進展させていくようにしましょう。

JDから見て社会人の男性は経験豊富で頼り甲斐があるとされる一方で、あまりオジサンっぽい男性は極度に敬遠されてしまいます。

会話の際は威圧的になったり妙に馴れ馴れしくするのではなく、優しくアドバイスに乗るような形を心がけましょう。

特に就職に悩んでいるJDに社会人としての経験をアドバイスするのは、信頼を得る上で非常に有効です。

2.出身大学やサークルの後輩と出会う

大学は卒業後も関係が途切れることはなく、先輩として所属していたサークルなどに顔を出すことができます。

サークルの先輩として後輩のJDと知り合うことができれば、一定の信用を得た状態から関係をスタートさせることが可能です。

セフレを作るためには信用を得るまでが一番大変なので、大学の先輩後輩という関係性を上手く使えばそうした問題をショートカットすることができるでしょう。

3.モテる知人に紹介してもらう

周囲にモテる知人がいるのであれば、JDを紹介してもらえないかどうか相談してみましょう。

尻軽なJDの場合、複数のモテ男と繋がっていることが多いので、少し声を掛ければそうしたJDは比較的簡単に見つけることができます。

相手のタイプにこだわりがなく、とにかく手っ取り早くヤレるJDと出会いたいのであれば、意外と有効な方法と言えるでしょう。

4.学生の多い場所でナンパする

JDの多そうな場所でナンパをする方法は正攻法の一つと言えます。

大事なのはナンパの場所で、大学周辺の学生街は警戒されているためあまりおススメはできません。
夜の街はJDだけを狙って声掛けするのが難しく、効率の面では得策とは言えないでしょう。

実は穴場となっているのが観光地で、JDだけの旅行者は雰囲気で何となく判別が可能です。
また最近は一人旅をしているJDも多いので、そうしたJDの集まるスポットを見つけておくと、効率的なナンパができるようになります。

5.仕事の取引先でバイトしているJDと出会う

社会人として生活していると、仕事の取引先などでバイト中のJDを見かける機会があります。
バイト中ということは金銭的に余裕がないとも考えられるため、上手く交渉すればセフレになってくれる可能性は高いと言えるでしょう。

ただし、仕事に関連する場所でJDを見繕ってセフレにしていると、もし周囲にバレた場合のダメージが極めて大きくなります。
そのため、相手を誘うことによる影響をしっかり把握してから行動を起こすことが肝心です。

6.相席居酒屋やハプニングバーを利用する

相席居酒屋やハプニングバーは出会いの定番スポットです。
最近のJDはお酒を覚えた反動でこうした場所にも躊躇なく入ってくるので、JDと知り合える確率は思った以上に高いものとなっています。

とはいえ確実にJDと出会える保証はないため、あくまで相席居酒屋やハプニングバーの雰囲気を楽しむついでにJDを探すといった使い方をするのがいいでしょう。

また相席居酒屋やハプニングバーに似た出会いの方法に街コンがありますが、JDは街コンではなく友達同士の合コンを利用することが多いため、社会人の入る余地は少なくなっています。

7.マッチングアプリや出会い系サイトを利用する

マッチングアプリや出会い系サイトは現代における出会いの王道です。
特に最近のJDは当たり前にマッチングアプリを使いこなしているため、登録してみると驚くほど簡単に社会人とJDがマッチングする場合もあります。

JDが利用するのは主に恋活系のマッチングアプリで、本格的な婚活系のマッチングアプリや昔ながらの出会い系サイトは利用者が少ない点には注意しましょう。

またセフレ募集が積極的に行われているタイプのマッチングアプリも、JDの利用者は少ない傾向にあります。

JDセフレを希望するのであれば、恋活系のアプリから攻めていく方が無難です。

8.SNSを通じて知り合う

最近のJDの大半は何かしらのSNSを利用しています。

直接の知り合いでないとSNSで繋がることは難しいものの、一度繋がりを持てればそこからセフレ関係にまで持っていくことは十分に可能です。

SNSにも種類があり、繋がりやすいものとそうでないものとがあります。
現在、TwitterはJDと出会うには適していないため、InstagramやTikTokのようなJDユーザーの多いSNSから掘っていくのがおすすめです。

また、一般にはまだほとんど知られていないSNSがJDやJKの間で先行して流行ることはよくあるので、そうした最先端の情報にアンテナを張っておくと入れ食い状態になることもあります。

9.ゲームを通じて知り合う

今のJDはYouTuberなどの影響もあり、ゲーム実況やゲームチャットをしている比率が高くなっています。

仲良くなった相手とは一晩中ボイスチャットをすることもあるため、そうしたゲーム系のJDとフレンドになることができれば一気に距離を縮めることも夢ではありません。

ただ、JDと社会人では生活サイクルが異なるため、相手のペースに合わせてゲームプレイをするのは難しいケースもあります。

逆に在宅ワークが中心であったり、自営業である程度の時間の融通が効く場合には、かなりのアドバンテージを得られる方法と言えるでしょう。

10.交際クラブに入会する

交際クラブとは、会員同士のマッチングからデートプランの準備までを行なってくれる完全会員制の施設です。

交際クラブに入会するためには男女ともに厳しい審査をパスする必要がありますが、一度入会してしまえばハイクラスな相手といつでも簡単にマッチングすることが可能になります。

JDの登録者も一定数存在するため、自分の社会的ステータスに自信のある人は入会を目指してみるといいでしょう。

出会いまでの面倒な手続きが短縮されるだけでなく、普通の方法では出会えないタイプのJDが見つかるため、高い会員費を支払ったとしても十分に元は取れます。

JDセフレを作る方法の中でも特におすすめなのは?

もっとも簡単なのはマッチングアプリ

マッチングアプリを使うJD(女子大生)

社会人がJDセフレを作るのにもっとも都合がいいのは、マッチングアプリを利用することです。

直接相手をナンパする方法だとどうしても社会的なリスクが付きまといますが、マッチングアプリを使えばそのリスクを軽減することが可能です。

また全国規模で登録者をサーチすることができるため、どんな地方に住んでいたとしても確実にJDを探すことができる点もメリットとなっています。

地元以外にJDセフレを作っておけば、身バレなどのリスクをさらに抑えることもできるでしょう。

一方でマッチングアプリを使いこなすにはある程度のコツを学ぶ必要があるため、結果を出すまでに時間がかかる点はデメリットと言えます。

お金があるなら交際クラブ

すでに社会的な地位をある程度確立していて、お金に余裕がある人は交際クラブを利用しましょう。

交際クラブではマッチングアプリよりも遥かに精度の高い出会いをすることができます。
またプライバシーの保護に関しても入念に行われているため、安全性が高いのもポイントです。

ただし、JDの側も交際クラブで出会う社会人には相応のクオリティを要求してくるため、本当に余裕のある人でないと安易に踏み込むのは危険です。

背伸びをして入会してしまい、生活バランスを崩すようなことがないように注意しましょう。

直接声を掛ける方法は最終手段

リアルであれネットであれ、JDに直接声を掛けるタイプの方法はなるべく避けるようにしましょう。
特にJDと未成年の区別が付かない場合には、社会的なリスクを考慮して自重することが非常に大切です。

JDセフレを作る時は出会いまでの方法に十分な工夫をして、直接会って話すのは最後の詰めの段階というくらいまで慎重に進めることをおすすめします。