1. 男磨き
  2. 現在のページ

オナ禁のメリットと継続するコツ!我慢できない人の特徴とは?

投稿日: 2022年05月01日

オナ禁 No fap

皆さんオナ禁は出来ておりますか?ついついムラムラしてしまって我慢が出来ずに、オナニーをしてしまったなんて経験は誰でもありますよね。
そんな誰にも相談できないけど解決したい、オナニーを減らす、しないことを目標とすることをオナ禁半年達成した私がお伝えします。

ぜひ皆さんも今までは断念していたオナ禁を守れるようにしていきましょう!

そもそもオナ禁のメリットは何なの?

まずオナ禁の仕方を教える前に、どういうメリットがあるのかを説明します。
メリットを知ることでやりがいを確認することができますよ。

それでは、オナ禁のメリットを見ていきましょう。

時間の浪費を抑えることができる

どういうことかというと、オナニーとオカズを見つける時間で別のことができれば、時間をムダにせず済むということです。

たかがオナニーくらいで時間のムダは大げさだと思う方もいるのではないでしょうか?

あの有名アダルトグッズ『TENGA』のメディアによる発表では、「週およそ2.94回もオナニーをするのが平均の頻度」といわれています。

次に『週刊プレイボーイ』によるアンケートでは、オナニー1回当たりの時間は10分する方が割合(31%)として最も多いです。

1週間にするオナニーの時間を先ほどあげたデータで計算すると、29.4分も費やしていることになります。

1週間当たりなのでまだましですが、もしも1ヶ月や1年で換算するとかなりの時間を費やしていることが分かると思います。

また、オナニーする際には多くの方はAVをはじめとするオカズを使います。
そのオカズを探す時間は気に入ったものが見つかるまで時間が大きくかかる人もいます。
これを合わせれば更に時間の消費につながります。

オナニーの時間は無駄になるので、オナ禁ができれば時間の節約になります。

ムダな疲れをしない

理由は2点あります。

1点目の理由は、オナニーをするとムダな体力を使うということです。
それでは、オナニーをすると一体どれくらいのカロリーを消費するのでしょうか?

オナニー1回当たり「60~70キロカロリーを消費する」と一般的に言われています。
これは、60キログラムの人が10分自転車に乗る(エネルギー消費量:65キロカロリー)のとだいたい同じなので、どれだけ体力を使うか理解できるのではないでしょうか?

2点目の理由としましては、寝にくくなるためです。
当然ですが、オナニーをすると興奮します。そのため、心拍数や血圧上昇などで交感神経が活発になることで、体が落ち着きにくくなり寝にくくなるのです。

睡眠までに時間がかかり、睡眠不足でしっかりと体を休ませることができません。休めなかった分の疲れが翌日にも残ることがあります。
就寝前にオナニーする方は多いですが、寝不足で疲れが残るところを注意したいですね。

心を強くすることができる

オナ禁をすると、精神的にも自分を成長させることができます。

オナニーをした後のいわゆる賢者タイム。その際に、後悔や空しさ等の負の感情になることってありますよね。

しかし、オナ禁を続けることができれば、こういった感情に悩むことも無くなります。
そして、オナ禁を続ける日数が増えるごとに、自分自身の成長を感じることができます。

筋トレや勉強でも何でも続くことができれば、誰だって自分自身の継続力を感じることができます。オナニーは性欲ですから、これを辞めることができたときの達成感はかなりのものです。そのため、自分に自信を持つことができるのです。

自己肯定感の低い人にこそ、自分を認めるチャンスを得るためにオナ禁をおすすめしたいです。

誤ったメリットに注意

オナ禁の3つのメリットを伝えました。少ないと思われた方もいるでしょう。
よくオナ禁のメリットを伝えるサイトの中で、肌荒れや薄毛予防など様々なメリットを伝えるものを見たことはありませんか?

実はそういったものは、根拠の乏しい疑問視されているものが多いです。
オナ禁にはメリットがありますが、正しい情報をきちんと把握していきましょう。

オナ禁できない人の特徴って?

オナ禁できない人

オナ禁をしようとチャレンジはしたのにできなかった人は多いです。
オナ禁できない人には、実は共通点がいくつかあります。

スマホ、PCのお気に入りにオカズがある

オナ禁できない人は、アダルト動画をはじめとする自分が気に入っているものがすぐに見られる環境になっていることが多いです。

好みの女優や好みのシチュエーションの動画などはついついコレクションしてしまいますよね。人によってはオカズだけで、容量がいっぱいになることも。

後に詳しく説明しますが、まずは見られる環境を無くすことがオナ禁にとって重要です。

筋トレや運動をしていない

筋トレや運動をしてないことが、どうしてオナ禁できないことにつながるのか不思議に思われたでしょう。
社会人など忙しくてスポーツなどしない人は珍しくありません。

オナニーする人には忙しさ以外にもやらない理由があります。
オナニーをよくする人は、先にも説明しましたが、疲れが残っているという特徴があります。疲れがあるため、筋トレをやる気になれません。

最初から、目指すハードルが高すぎる

オナ禁を1ヶ月、半年、1年など最初から難しい目標で挑もうとするということです。

筋トレや勉強など継続が必要なもので、いきなり高いハードルを目標にしてしまい、断念してしまった経験はありませんか?
これはオナ禁でも同じことがいえます。

それでは、どうしたらいいのでしょうか?
まずは低いハードルから乗り越えることを意識することです。

3日、5日、1週間というように達成しやすいところからやっていきましょう!

オナ禁できない人の特徴を説明しましたが、どうでしたか?
環境だったり、目指すところが難しすぎたりなど色々あります。
オナ禁をするのにあたって特徴を知ることで、どう対策をするかを考えていきましょう。

続けられるオナ禁法

ついにオナ禁の方法を解説します。
今まで、できなかった人でもきっとできるので、ぜひ見ていきましょう。

オカズを目に入らないようにする

オカズがない、観られない状態にするというのがいいです。
具体的には次の2つの方法があります。

1.ダウンロードしたデータやお気に入りからの削除をすること

観られる環境だから、ついつい観てしまうわけです。
例えば、英語の勉強でも日本にいるよりも海外にいる方がしっかり学べますよね。

英語の勉強と同じで環境を大きく変えるのが、成功へとつながる鍵になります。

2.スマホやPC自体を触らないようにすること

さっきと比べると厳しくなりますが、そもそも触れないようにすることです。
なぜなら、ダウンロードやお気に入りからの削除をしても検索をしたらAVは簡単に観られるからです。

このようにすることで、気軽にAVの検索をするリスクを大きく下げることができます。

筋トレをする

オナニーしたくなったら筋トレをするのもいい手です。

オナニーしたい時はムラムラすることが多いですよね。そういった時、筋トレをしたらムラムラを解消することができます。

しかし、筋トレは面倒だと思う方もいるでしょう。なので、行う筋トレは初心者向けのものにしましょう。

YouTubeで探せば10分以内など短時間で簡単にできるものがたくさんあります。
意外と筋トレは敷居が低いので、気軽に始めてみてください。

記録をする

オナ禁できた日数を記録していきましょう。

記録をつけることで次のような意味があります。

  • 今日が何日目か分かる
  • 数字として見ていくので、1週間、1ヶ月達成と目標を持ちやすい

ただ記録をつけるといっても手帳に書くのは面倒ですよね。
そこでおすすめなのが、スマホアプリです。

ただ日数を数えるだけではなく、メモを取ることができるので、仮にオナニーしてしまった時も対策を考えるのに役に立ちます。

オナ禁を続けるコツを説明しましたが、正直、初めから1ヶ月、2ヶ月など長期で行うのは難しいです。

大切なのは、最初は低いハードルからはじめ、長期のオナ禁を目指すことです。

いきなり長期を目指して失敗したら、その分自己肯定感の低下になるので、完璧主義を無くし、ある程度の妥協を認めましょう。

まとめ

オナ禁というと、なかなか続けることができなくて、結局オナニーをしてしまうというイメージがありますよね。
しかし、今回ご紹介したオナ禁のコツ、環境を変える、目標を持つなどを意識すれば、少しずつ継続できるようになるはずです。

難しく考えずに簡単なハードルを越えて、最終的にオナ禁1年など、長期を目指せるようになりましょう。