1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ

彼氏をいかせる7ステップ!マル秘フェラテクニック

投稿日: 2018年04月14日
フェラチオのために彼女の前に立つ男性

貴女はフェラチオが好きですか?

さすがに気持ち悪い!という人は少ないでしょうが、あごが疲れるから嫌だ!っていう人は案外多いかも。

嫌いではないけれど、いまいちやり方が分からない。フェラしてあげても彼氏があんまり気持ち良さそうじゃない。フェラでいかせてあげたいけど、どうしてもできない。などなど、いろいろな悩みがあると思います。

そんな方はこの記事を読めば、簡単に男を虜にするフェラテクがマスターできますよ。

スポンサーリンク
pairs3

1.基本編:まずはキスしながらやさしくタッチ

あれれ?フェラの話じゃないの?と思った貴女。パンツをおろして、いきなりパクってしてませんか。もちろん、それはそれで嬉しいのですが、男だって、メンタルでも感じる生き物なんです。

フニャフニャのものをパクってするのではなくて、キスとフェザータッチでまずは、彼氏のものをエレクトさせてあげましょう。くわえるのはそれからでも遅くはありません。

情熱的なキスと優しいフェザータッチのコンビネーションは快楽への序章です。

2.裏筋をやさしく舐め舐め

しっかり勃起した彼氏のもの。さあ、フェラチオだ。いきなりパクっ!いや、もうちょっと待って下さい。

彼氏はやっとお口でしてもらえると思って、待ちきれない状態です。でもここで、もう少しだけ焦らしてみましょう。

いきなり、パクっとくわえて、お口でピストン運動を開始するのはなくて、今度は舌を使ったフェザータッチです。

裏筋って分かりますか?
勃起した状態であなた側を向いた面が裏。その中心部分に、膨らんだすじのようなものがあると思います。それが裏筋です。その裏筋を舐め上げるように、舌を使って優しくフェザータッチ。下から上へ舐めあげます。

下ってどこから?
それは竿の付け根からです。待ちきれない状態で、いきなり付け根から舐め上げられる。これが最高なんです。もしかすると、ファーストタッチの際、彼氏が声を上げるかも。そうであれば、ここまでは完璧です。

スポンサーリンク

3.カリ首をレロレロ攻撃

亀頭と竿の境目の部分。これがカリ首です。カリ首と裏筋の接点。ここが男性器の中でも一、二を争う快楽ポイントです。

今度はここを下でレロレロと舐めてあげましょう。ここは、最初から感じてくれる場合もありますが、ある程度責め続けているうちに、快感が湧き起ってくる場合もあります。

ですので、最初反応がいまいちでも、レロレロ攻撃を続けてみましょう。次第に彼氏が腰をくねらせてくるはずです。

レロレロ攻撃のポイントは、舌を動かすスピードと動かす大きさです。早ければ早いほど良く、大きければ大きいほど気持ちよくさせてあげられます。

先程までのフェザータッチから、レロレロ攻撃に変わって、一気に舌の動きをスピードアップ。この落差で彼氏を快楽に導きます。

4.ようやく竿へ!見つめながらのフェラで彼氏もイチコロ

今までのステップで、彼氏のペニスの先端からはカウパー液が出てきているでしょうか?
カウパー液って分かりますが?
いわゆる我慢汁です。性的に興奮してくると、男性の亀頭の先からヌルヌルの液が出てきます。これが出てきてるってことを、彼氏は間違いなく感じているってことです。

さあ、彼氏はもう竿をしゃぶって欲しくてたまらない状態です。ここで、ようやくペニス全体をくわえてあげます。最初は大きく、ゆっくり、やさしくがいいでしょう。次第にピストンのスピードを上げていきます。

体位はその時々によって変わると思いますが、一番スタンダードに彼氏を興奮させるのは、やっぱり四つん這いです。彼氏がソファに座って、貴女が四つん這いでフェラをする。

できるだけお尻を付きだして、腰からお尻へのセクシーな曲線をアピールできれば完璧です。そして、目線は彼氏へ。恥ずかしいかもしれませんが、男は見つめられながらのフェラチオに弱いのです。

しゃぶっている時は変な顔になるから見られたくない!という人もいるかもしれませんが、男をそれが嬉しいのです。

可愛い彼女が、四つん這いになって自分のペニスを口をすぼめてほおばってくれている。その視覚的な部分で一段と興奮するのです。

恥ずかしがらず、彼氏を見つめながら、フェラしてあげましょう。慣れてくると、彼氏の反応を見ながら、フェラできるようになりますよ。

5.ちょっと基本編:フェラチオあれこれ

考える女性

ここで、ちょっとフェラチオの基本的な考え方をおさらいしておきましょう。

まず、唾液は多い方が気持ちいいというのがあります。あそこでも濡れている時の方が気持ちいいのと同じです。わざと唾液を出す必要はありませんが、恥ずかしいので、唾液を我慢するのはもったいないです(笑)。

愛する彼女が唾液をいっぱい出しながら、自分のものを口で愛撫してくれている。そのことに男性は興奮を覚えるのです。

女性は脳で、男性は身体で感じるなんていいますが、男性だって人間ですので、脳で感じる部分は多いのです。男性でフェラされるのが嫌いという人はまずいないと思います。それはこの脳で感じる部分が刺激されるからだと思います。

フェラチオは彼女を支配しているような気持ちにさせてくれます。そういう意味で、フェラチオの体位として、四つん這いだけでなく、仁王立ちフェラというのもおススメです。

仁王立ちした自分の足元に彼女がひざまづいてフェラしてくれている。これは男性の支配欲、征服欲をかきたてるものです。

また、ピストンの際のくわえる深さですが、基本的には深ければ深いほど気持ちが良いものです。先端やカリ首だけを重点的に責める時には浅くくわえることもありますが、それだけで男性をいかせることはできません。

6.番外編:同時責め

フェラチオは当然のことながら、ペニスに対する愛撫です。

でも、だからと言って、他の部位を責めてはいけないという訳ではありません。いや、むしろ、同時にいろいろなスポットを責めてあげた方が、快楽は2倍にも3倍にも増大します。

初心者の方にもハードルが低いのが、乳首責めです。男性も乳首って感じるの?と思われるかもしれませんが、男性にとっても乳首は立派な性感帯です。フェラしながら、乳首を指でコリコリするのもいいですが、逆に乳首を舐め舐めしてあげながら、竿を手でしごいてあげる、というのもおススメです。これは見ようによってはすごくエッチです。大好きな彼女がこんなにエッチなんて。と彼氏は一層興奮してくれるでしょう。

中級者向けのスポットとしては、睾丸があります。分かりやすく言うと、タマタマですね。フェラチオしながら、タマタマをタッチしてあげます。アダルトビデオなどを見ていると、玉袋を激しく吸ったりしているような作品もありますが、あれは作品上の演出です。

タマタマは非常にデリケートな部分ですので、フェザータッチが原則です。フェラチオしながら、タマタマへのフェザータッチ。これが基本ですが、玉袋を舐め上げながら、竿をしごくのもおススメです。

これは股間に彼女が入り込んでいるように見えるため、視覚的にも興奮すること間違いなしです。最後に上級編として、アナル責めがあります。これは抵抗のある方もおられるかもしれません。お付き合いの初期の段階でこの技を出してしまうと、びっくりされるかもしれませんね。

ですので、ある程度、関係が出来上がった時期やマンネリ打破なんかにいいかもしれません。

アナル舐めはそれ自体でも、もちろん気持ちいいのですが、やっぱり支配欲、征服欲をかきたてられるという面での興奮が大きいものです。

大好きな彼女、愛する彼女が、自分を気持ちよくさせるために、ここまでやってくれている。そのことに男性は興奮するのです。

さて、やっぱりアナル舐めの時は、同時に竿をしごいてあげるのが一番です。視覚的にもかなりエッチなプレイになります。また、アナルを舐めるのはちょっと抵抗がある。という場合は、フェラしながら、玉袋からアナルにかけて、さわさわっとフェザータッチするというのもありです。フェラチオの快楽が倍増すること間違いなしです。

7.いよいよフィニッシュへ!フェラチオだけでいかせるテクニック

フェラチオで男性をいかせようとするとき、ペニスのどこを責めると良いのか。いかせるという意味で言うと、やっぱり最後は竿になります。

亀頭の方が感じるんじゃないの?と思われる方もおられるかもしれません。確かに亀頭を責められる時のほうが、男性は声が出やすいのですが、イクためにはやっぱり竿へのピストンです。

くわえるのは深ければ深いほどいきやすくなります。ピストンスピードは早ければ早いほどいきやすくなります。また、バキュームフェラと言われる吸い込むようなフェラチオも効果的です。

上級テクニックになりますが、竿をくわえてピストン運動をしながら、下唇と舌でカリ首と裏筋の接点を舐めるように責めることができれば完璧です。

彼氏をフェラチオでいかせるため、これまでいろいろなテクニックを駆使してきましたが、フィニッシュさせるときはピストン運動に一点集中しましょう。フィニッシュに導くときは、竿へのピストン運動プラスカリ首と裏筋責めに絞った方が◎です。

もうすぐでイクというときに、急にタマタマを責められたりすると、かえって肩透かしになってしまいます。