1. TOP
  2. 女心
  3. 現在のページ

ズバリと見抜ける!浮気する女の特徴15種

投稿日: 2018年04月11日
浮気性の女性イメージ

浮気性の女性は、なおる物ではありません。しょっちゅう繰り返す傾向にあり、その度に誰かに迷惑を掛けてしまったりします。

もしかしたら自分の相手が毒牙に掛かってしまうかも知れませんし、そうなれば被害者になってしまいます。特徴を見分けて少しでも危険を回避しましょう。

逆に男性は、このような相手に引っかかって浮気を繰り返される事の無い様に、深みにはまらない様にする事も大切です。

スポンサーリンク
pairs3

1.服の露出度が高い

自己顕示欲が強い人が多く、このタイプは欲の全般が強い傾向にあります。特に公共の場等での過度な露出の女性は、周囲を考えないので、自分の欲に素直に従うため、良いと思えば行動に出る事が多いのです。

得てしてこのタイプは高いブランド物のバッグを持っていたり派手なメイクをして居る為、潜在的に「男性の視線を集める」事を意識しているのです。

又、男性が集まる場所に良く出没して、気軽に振る舞えるのもこのタイプです。自分を認めてくれる男性に惚れ易いとも言う事が出来ます。

流行の物を一早く持っている場合もこのタイプに所属します。新しい物にすぐ目移りしてしまう飽き性の性格なので、男性にもすぐ目移りしてしまうのがこのタイプです。

2.スキンシップが多い

やたらと男性の身体を触りたがるのは、自分にも触って欲しいと言う意識の現れで、スキンシップする事により、親近感が増すと同時にもっと触られたいと言う依存心理も働く事によって距離を縮めているのです。

その距離感でもっと触っていると言う事は、独占している状態に近くなり、スキンシップ自体が徐々に愛撫に感じられる様に変化して行くのです。

スポンサーリンク

3.寂しがり屋

寂しがり屋な女性

1人が苦手で、彼氏があまり構えない状況の寂しがり屋の女性は他の男性からの誘いに弱くなってしまいます。

彼に無相手にされない代わりに他の男性で心の隙間を埋めようとして、ついつい身体迄許してしまうのです。

その一瞬は満たされるのですが、根本が解決していない為に、常に男性とのつながりを求めてしまい何度も似た様な過ちを繰り返し続けます。

4.本音を伝える事が出来ない人

相手に対して優しいのだけれども傷付くのが怖くて本音を伝える事が出来ない人は、その事でストレスが溜り、他の男性で発散しようとします。

しかし、どの男性相手でも結果的に本音を伝えられない為、又別の男性でストレス発散と言う悪循環が待っているのです。これも根本原因が解決しない為、堂々巡りになってしまいます。

5.断れない女性

拒否する女性

人から嫌われる事が怖くて仕方無い女性は男性からの誘いにノーと言う事が出来ない人が居ます。

冗談めかして誘われても断れない為、男性達からは簡単に遊べる相手として認識されてしまいます。

噂とは怖い物で、この手の話は女性達の耳にもすぐに聞こえて来ます。場合によっては、男性が冗談で女性を口説いたら、「あの子ならすぐやらせてくれるよ」などと言う事も有ります。男性にもこのように流され易く優柔不断の人もいます。

6.好奇心旺盛な人

何にでも興味を示す人は、自分から飛び込んで行き確かめないと気が済まないのです。男性も十人十色ですから違う何かを発見出来るのでは無いかと考えて行動に移してしまうのです。

得てして悪気は全く無く、罪悪感も感じていない場合が殆どで、楽しんでしまう場合も少なく無いのがこのタイプです。

新しい物が好きなので刺激を欲して居る人もこのタイプに属しています。禁断の恋などは大好物です。

7.理想が高い女性

今の彼氏よりもっと良い相手を探し求める人で、より理想に近い相手を見つけたら迷わず近寄って行く様な人です。

いつでも高い理想の相手を探すアンテナを張っていて、現状に満足する事が有りません。何処迄も貪欲にポテンシャルの高い相手を見つけようとします。

世の中上には上が居る物でそのような相手にすぐによって行きます。容姿でレベルの高い人を見つけたと思えば、似た様な容姿で年収の高い人の元へと行ったり、様々な角度から理想を挙げて行くのです。

女性の本能としてのより良い遺伝子を求める事にも通じています。

8.異性と平気で二人きりになれる人

彼氏が居ても別の男性と二人きりになる事の出来る女性は、そう言う関係になる機会が多く、相手も有る程度その気が無ければ二人になるシュチエーションは少ないので、自ずと陥り易くなります。

二人でお酒を飲んでその勢いでと言うのは大抵のセオリーに当てはまりますし、二人で相談等していて情が湧いてしまう事は珍しい事では無いのです。本人達も気付いて居ながらの行為だとも言えます。

二人きりになれると言う事はそれだけ貞操観念は低いと言う現れなのです。

9.男っぽい人

男性的な性格の人は自分からアプローチして、相手が振り向いてくれる事に喜びを見いだします。

男性の恋愛と同様な一種の征服欲の現れで、この場合は相手を好きな訳では無く、相手を振り向かす事の出来た自分の事が大好きなのです。自分が一番なので悪びれる事は有りませんから厄介です。

自分が如何に魅力的かを追求しますので、次から次へと付き進んで行きます。自分の魅力を確認する事が目的になっている為、終わると言う事が有りません。

10.不満がちな人

何に対しても不満たらたらな人は付き合っている相手にも不満を抱く物です。

不満が募れば、他の相手が良く見えるのは当然の結果で、良く見えた相手に走る傾向が有ります。

隣の芝生は青く見えるとのことわざに似て、両者が大差ない場合でも、自分の方に不満が生じている以上は、人のものが良いものに感じられてしまうのです。

彼とは違う魅力を感じてしまう訳ですが、これも長続きはせずに同じ様な感情に左右され違う相手を求めて行きます。

11.恋愛依存症の人

恋愛依存症の人

常に彼氏が居て、男性関係が途切れない人が居ます。恋愛を続けていないと不安に襲われてしまうタイプです。

いつもドキドキしていたいとかときめいていたいと言う女性で、通常付き合っていると倦怠期が有ったり、互いに慣れて来てときめきが薄れたりするもので、そのような状態が物足りなく感じられてしまう人の場合、違うときめきを求め始め、新しい男性との行為に寄ってその欲求を満たそうとしているのです。

こう言う人は、大抵恋愛話が大好きで、人の恋愛話でも大変興味を持って会話に加わります。

12.過去に浮気をした事の有る人

昔にした浮気に味を占めてしまった場合が有ります。浮気と言う行為に憧れを抱いている場合も有り、自分を悲劇のヒロインに勝手に仕立て上げて1人で盛り上がっている場合もあります。

経験済みなので、少なからずノウハウを持っている為、隠し方や対処の仕方を心得ていて、バレない様に進めるのはこのタイプの人です。

又、浮気と言う行為の背徳感を楽しんでいる事も有り、他のタイプとは少し違い計画性を持つ事の出来る頭脳犯的な行動を取る事が出来ます。

13.楽天的な人

後先考えず行動する楽天的性格は、自分が欲した時に何でも手に入れようとします。やってから「どうにかなるさ」と公開する事も無いので、始末が悪いです。

確かに命が取られる様な場面が訪れる可能性は非常に低いのですが、普通なら世間体等を気にしたりするので躊躇する筈の行為でも平気でやってのける事が出来るのです。

このタイプの人はあまりものを深くは考えない人達で、後々のトラブルが絶える事の無い人達です。

14.片付けが苦手な人

自分の部屋やバッグの中の整理整頓が出来ない人は、基本的にだらしが無い人で、生活態度がだらしないと言う事は男性関係に於いてもだらしない場合が往々にして有り、その関係を整理する事も不得手です。

結果、手を出した相手達を整理出来ないので、新しい男性を作っても昔の男性をズルズル引きずる傾向に有ります。

15.色情狂の女性

色情狂の女性 イメージ

セックス依存症の場合は、相手は誰でも構わずにセックスの快楽を追い求めます。

最早身体がセックスしていないと狂ってしまう程の症状なので、行為をせずにはいられないのです。このような相手に四六時中付き合う事の出来る男性はとても少数なので、必然的に色々な男性を探しては欲求を満たそうとします。

結果、不特定多数の有った事も無い男性達と性欲発散の為だけの行為を繰り返して行くのです。この場合は殆ど病気の状態なので一般では手の付けられる男性は殆ど皆無に等しいのです。