1. 男心
  2. 現在のページ

男が好きな女性にしか送らない本命LINE15選

投稿日: 2022年03月27日

本命LINEが来て喜ぶ女性

私は不倫暦5年目の20代後半女性です。相手は一回り以上離れた職場が同じ40代後半男性。今こそラブラブな同棲生活を送っておりますが、当初は私が一方的に好意を持っており、彼はタダでヤレるなら会ってもいいかくらいの女だったそうです。

デートのたびに飲み代やご飯代はいつも私が出すくらい私は彼にゾッコンだったんです。その彼が今では私と同棲し、ご飯を作ってくれたりたまに束縛もしてくれます。そんな不倫暦5年の私が気付いた「遊び」と「本命」へのLINEの違いを徹底解剖しちゃいます!

好きな女性にしか送らない本命LINE15選

1.「おはよう」「おやすみ」の挨拶LINEをしてくれる

基本的に男性は面倒臭い事を嫌います。もちろんあなたがただの「遊び相手」や「好意のない相手」であれば、挨拶LINEなんて一番どうでもいい行為です。

毎日顔を合わせる相手なら尚更してこないでしょう。挨拶ラインをしてくれるのは、朝夜とあなたのことを思い出してくれている証拠です。

私の場合は、彼に「遊び」と思われていた半年間は、私から「おはよう!」とLINEをすれば、絵文字もなしで「おはよ」とぶっきらぼうに返ってきていたのが、徐々に女性として意識し始めてくれた頃には「おはよう」の後に絵文字や顔文字が付いたり、彼から「おはよう!」と来た時には嬉しさが爆発しそうでした。

2.バイバイした後のありがとうメール

好きじゃない、もしくは遊び相手とは、「その時」だけ楽しければそれでいいんです。もしくは解放されてラッキーくらいに思っている男性もいることでしょう。
そんな男性があなたに対して「今日はありがとう。無事に帰れたかな?」なんてLINEするわけがないんです。
もしそんなLINEを受け取ったら、その彼はあなたに気があり、あなたのことを大切に想っている証拠です。

私は常に自分から「ありがとう。また会おうね!」とバイバイした直後にLINEをしていました。
半年過ぎたあたりからバイバイした後に私がすぐ電車で寝落ちしてしまい、いつものありがとうLINEを送らないでいたら、電話がかかってきて、「いつものLINEがないから心配した」と言われた時にはさすがにニヤけました。
いつもあなたから送っているなら、たまには送らないで引いてみる駆け引きも悪くないかもしれません。

3.ドタキャンのレインチェックを忘れない

例えばデートの約束を当日になってドタキャンされた場合、あなたが本命であれば必ず、ドタキャンLINEとともに次に会える日を聞いてくるものです。
なぜなら彼は意図してドタキャンしたわけではないからです。ですがもし、あなたが本命でない場合は、「ごめんね。また連絡するね」もしくは最悪「ごめんね」と一言で済まされる羽目になるので、レインチェックがあるかどうかは本命かどうかを見極めるキーになります。

私の彼は「ごめんね、また今度ね。」とLINEしてくるパターンだったので、今度っていつじゃ!という思いから、私から積極的に次の日時を決めていました。
私のことを意識するようになってからは、「ごめんね。明日はどう?」と聞いてくれるようになりました。

彼から「また今度ね」と言われたら、その「今度」は永遠に来ないことを意味するので理解しておきましょう。

4.自分に関しての質問をしてくれる

「仕事は最近どう?」「休日は何してるの?」と聞いてくるのはあなたに興味がある証拠です。あなたと積極的に会話をして仲を縮めようと思ってくれているということ。
質問をしてくる男性は大抵自分のことも知ってもらいたいと考えている人なので、そんな時はあなたの答えとともに必ず彼にも質問してあげてくださいね!

いつも自分の用件しか話さなかった彼。彼が最近映画にハマっているということで、オススメ映画を聞いたり、どんなジャンルの映画が好きなのかを聞くと、彼は気持ち良くペラペラと話してくれ、「〇〇ちゃんこの映画傑作だから見た方がいいよ!」「〇〇ちゃんはどんな映画をよく見るの?」と聞いてくれるようになりました。

彼の興味あることにあなたが興味を持ち、質問をしてあげると、彼が気持ち良く答えてくれるようになり、だんだんとあなた自身への質問へと変わっていきますよ。

5.LINEの文末が疑問系

LINEの文末がハテナで終わる場合は、あなたとのLINEを終わらせたくない証拠です。
「。」で返事をすると返ってこない可能性がありますが、ハテナなら返信がある可能性が高いからです。
あなたが彼にとっての本命なら、少なからずLINEの節々にハテナがあるはずです。

「明日早いからもう寝るね。〇〇ちゃんは明日仕事何時から?」と、寝ると断言しておいてわざわざ彼自身から質問を投げかけてくれたので、その後1時間くらいラリーが続いたとこは何度もありましたね。

6.「今何してるの?」と用もないのに聞いてくる

特に用件もないのに、「今何してるの?」と聞いてくるのは、完全にあなたの虜になっている可能性大です。
もちろん「今なにしてるの?」の後に「これからホテルいかない?」など性的な用件が含まれている場合を除き、彼はあなたのことが気になって仕方がなく、基本的には本命への台詞と考えて良いでしょう。

休日に彼から「今何してるの?」とLINEが来たことがありますが、もちろん「あなたのことを考えています」と送るわけにもいかず、無駄に忙しい素振りを見せたりしました。きっと私のことが気になっていたんでしょうね。

7.レスポンスが早い

基本的に好きな相手からのメールにはドキドキワクワクして待っているものなので、返信は早くなりがちです。男性は駆け引きが得意ではないので、焦らしてやろうと思って返信を遅くするなんて女性のような小賢しいことはしないはず。仕事や用事などで遅くなる時以外はだいたいすぐにレスが返ってきます。

よく女子の間では、「きっと今忙しいんだよ」「あんまりLINE見ない人なんじゃない?」と片思いの友人に対して励ましの声を聞きますが、嘘です。
返信が遅いのはあなたに気持ちがないからです。今の時代、スマートフォンを1日見ない人なんていません。騙されないでください。

彼の私への返信の早さは、彼が私を好きと気付いた時からだいぶ変わってました。
今までは半日、1日LINEの返信が来なかったこともザラでしたが、今は仕事があっても2時間以内には必ず返ってきます。

8.追いLINEしてくる

これはよく女性にありがちな行為ですが、あなたが返信を送る前に再度LINEが来る場合は、彼はあなたからの返信を待ちわびて焦っている様子。もしかして嫌われたかもしれない、気付いてないのかもしれないと理由をつけて、再度LINEを送ってくるのです。気があることは確かです。

焦らしすぎずに返信はしてあげましょう。駆け引きはほどほどに。

「今何してるの?」の彼からのLINEに対して、私の返事が遅かった時によくあったLINEです。「今忙しいのかな?無理しないでね!」とだけLINEしてくるのです。
気遣っているつもりでしょうが、内心「なんで返ってこないんだろう」と焦っている姿が浮かびました。

9.LINEの文面に名前を入れてくる

例えば、「どんな映画が好きなの?」と聞いてくるところを、「〇〇ちゃんはどんな映画が好きなの?」とあえてあなたの名前を入れてくるとしたら、あなたに自分の気持ちを気付いてほしい証拠
人は自分の名前を呼ばれると、ドキッとしてその相手に好意を覚えてしまいがち。好意を寄せてる彼からだとなおさらです。

彼には最初はよく〇〇さんと苗字で呼ばれていたのですが、それが嫌でずっと〇〇と名前で呼んでほしいと言ってましたが、中々呼んでくれませんでした。
ですがふと仕事終わりの飲み会で、酔っ払った勢いで、「〇〇なんか飲む?」と言ってくれたんです。心底ニヤニヤしてましたが、平然を装いました。

10.電話をしたがる

LINEだとあなたの表情が見えないので、鈍感な彼は本命のあなたが自分に対して好意があるかどうかわからないはず。
そんなどぎまぎした状態から抜け出すべく早く自分を知って欲しいと自分の声で勝負に出てくるでしょう。「電話したい」「電話してもいい?」はグッドサインです。

私はもともと電話が好きで、LINEより彼の声を聞いて会話したい派だったのですが、最初は、「今電車だから無理」「疲れているから明日ね」とはぐらかされていました。
ですがだんだんと仲を縮めていく内に、仕事終わりに突然彼から「今電話する?」とLINEが来た時は、心臓が飛び跳ねるくらい嬉しかったです。

11.自分と同じスタンプを使いがち

彼が使っているLINEスタンプをあなたも使い出したなんてことありませんか?それはあなたが彼に「あなたと一緒のものを共有している」と気付いてほしいからですよね。
彼も同じです。本命の人とは一緒のものを共有したくなるものです。

私はLINEのデフォルトスタンプのひよこのサリーが手を振りながら消えていくスランプがお気に入りで、よく彼が冗談を言った時に「はい、さようなら~」の意味を込めて乱用していました。気付いた時には、私が冗談を言った時に彼も真似して使うようになってくれた時はキュンキュンしました。

12.相手が好きなことについて写真付きでLINEが来る

あなたが好きだと言っていた猫の写真が送られてきたり、お花の写真や食べ物の写真等が突然送られてくれば、それはもうあなたを喜ばせようとしている証拠です。
「今日ドライブしてて見つけたよ」と言って桜の写真が送られてきたり…そんな経験ありませんか?

私は、観たいと思っていた映画のチケットを持った彼の手とチケットの画像が送られてきました。(いやいや誘ってよ!)という気持ちが本音でしたが。
でもこれってあなたにその画像を見て反応して欲しい証拠ですよね。

13.絵文字や記号、文の長さを相手に合わせるようになる

今まで淡白なLINEしか送ってこなかった彼から、だんだんとあなたと同じような文の長さのLINEが返ってきたり、同じ絵文字や記号を使い出したり、極め付けはLINEの頻度があなたと同じ頻度になったら、あなたを意識している証拠。
あなたのLINEの癖が彼にも移ってきていると同時に、あなたに好かれたい一心で、顔文字から絵文字を使うようになったり、今まで1行のLINEだったのが、3行に増えたりと、あなた仕様にアレンジされていきます。

本命の人とは一緒のものを共有したくなるものです。

私はLINEのデフォルトスタンプのひよこのサリーが手を振りながら消えていくスランプがお気に入りで、よく彼が冗談を言った時に「はい、さようなら~」の意味を込めて乱用していました。気付いた時には、私が冗談を言った時に彼も真似して使うようになってくれた時はキュンキュンしました。

14.ラリーが続く

「LINEの文末が疑問系」で紹介した内容と繋がるのですが、本命のあなたとは長く会話をしたいと考えているはずです。
「うん」「そうなんだ」と淡白なLINEを送る彼なら、あなたに気持ちはないですが、文末が疑問系で送られてきたり、いつもより長めのLINEで返事が返ってくれば、ラリーは自然と長くなってしまいますよね。

私の彼は最初「うん」「そうなんだ」人間で基本彼からラリーを続ける気がなさそうだったので、私から疑問系のLINEを送って無理やりラリーを繋げていました。
ですが、彼にたくさん質問をしてそれに対して誉めたり、私はこう思う、と伝えることにより、少なからず彼に私の情報を刷り込ませることができ、彼が私に興味を持ち始めてくれたのは事実です。
最初は3ラリーだったのが、多い時で50ラリーくらいまで増えました。

15.誕生日を聞いてくる

彼から突然、「誕生日いつなの?」これは誰が見ても本命への愛図。「あなたの誕生日を祝いたい」と言っているようなものです。誕生日を祝うのにはお金がかかります。
ランチ代、もしくはディナー代、もしかするとプレゼントまで。それなのにわざわざ誕生日を聞くのは、あなたが本命だからです。

私も彼に誕生日を聞かれたことがありますが、今言ってもどうせ数ヶ月先だから忘れているだろうと思っていました。
誕生日当日は仕事終わりにいつも行くタイレストランで合流だったので、行ってみると、彼は先に来ており、テーブルにリボンでラッピングされた小さなBOXが置いてあり、中身は可愛いピアスでした。ご飯代奢るだけでも、いつも私が奢る立場だったので嬉しかったのですが、ピアスのプレゼントには驚きました。
その日のタイ料理の味はいつもに増して美味しかったことを覚えています。

まとめ

「好きな女性にしか送らない本命LINE15選」いかがでしたでしょうか。私の体験談も交えてお話ししましたが、彼があなたのことを「本命」かそうでないか見極める手がかりになると思います。

もし「本命」じゃなさそうと思っても、私のように諦めてはいけません。
私の恋は皆さんの恋よりも「不倫」というかなりのハンディキャップを背負っていたにも関わらず、私は仕留めることに成功したからです。

大事なのは、本命かそうじゃないかを理解した上であなたがどんな行動を取るかです。
「彼が私のことを好きなのかわからない」なら、上記の15選のような兆候があるかどうかまずは探してみてくださいね。