1. セクシー女優
  2. 現在のページ

かすみりさの無修正流出・モザイク破壊版まとめ!引退の噂もある中で最新作発表?

投稿日: 2022年03月23日

AV女優 かすみりさ

本記事では、かすみりさについて探っていきます。
かすみりさは2007年にデビューした高身長でGカップ巨乳が魅力満載のAV女優です。

雰囲気としては男に愛想を振り向くタイプではなく、クールビューティー系と言えます。
デビュー時で23歳ながら若くしてかなりの大人の女の色気とエロさを持ち合わせていましたので、勝手に男を吸い寄せる魅力があり、瞬く間に多くのファンを獲得していきました。

「かすみりさ」とすべてひらがななのも数多く存在するAV女優の中で印象に残りやすいと言えますね。

明確な引退宣言はしていませんが、2013年頃から新作が発売されておらず、事実上引退した形になっていますが、2020年に発売された作品で「これはひょっとしたら最新作ではないか?」と疑わしいものもありますので、この辺りは気になるところですね。
そんなかすみりさの、無修正(裏)流出や、モザイク破壊版、無料動画、風俗在籍、整形疑惑を徹底的に調査した結果を公表します。

かすみりさとは?

女優名かすみりさ
別名なし
愛称りさぴょん、リサリサ
生年月日1984年5月31日
出身地北海道
血液型O型
身長170cm
3サイズB90(Gカップ)/W58/H85
AVデビュー年2007年
所属事務所ティーパワーズ
出演ジャンル巨乳系・クールビューティー系・濃厚系
ルックス★★★★☆
スタイル★★★★☆
巨乳度★★★★☆
淫乱度★★★★☆
無修正の流出なし
モザイク破壊版あり
風俗店の勤務なし
整形(疑惑)なし
ブログかすみりさ公式ブログ
Twitterかすみりさ公式Twitter
Instagramかすみりさ公式Instagram

かすみりさは高身長で美人系のルックスで、アイドルユニット恵比寿マスカッツのメンバーとして活動していたこともあります。

事実上引退状態になった後のツイッターの自撮り写真を見ても、30代になってもまだまだ若々しくて魅力満載な女性だということが分かります。
なので熟女系AV女優として、またたくさんの作品を発売しても人気爆発は間違いないと思われます。

気になる情報として、2020年に発売された「昼休み中にキャリアウーマンをその気にさせてハメさせて貰いましたっ! かすみりさ」という作品が、過去の再編集作品かどうか?が不明な点です。
この作品の前後に発売された作品はFANZAの紹介ページに「この作品は〇〇(品番:○○)を再編集したものです」と記載があるのですが、これだけはその記載がありません。

2020年時点のかすみりさ本人なのか過去のかすみりさなのかが作品を見て分からないということは、仮に2020年に新たに発売されたものならばかすみりさはまだ引退していないことになりますし、過去と現在の判断がつかないということはルックスやボディーに劣化が全くないことを意味します。
完全に引退したかの情報についてはあれこれ探してみましたが、詳細は不明でした。
そんな彼女の気になる整形疑惑に関して調べてみましたが、整形の情報はありませんでした。

かすみりさは風俗に勤務している?

かすみりさの風俗店在籍情報を調査しましたが、現在は在籍していないことが分かりました。

以前はAIKAや篠田ゆうなど多くのAV女優が在籍することで有名な六本木のキャバクラ「レッドドラゴン」に在籍していたようですが、現在は退店しています。
レッドドラゴン在籍時に実物のかすみりさに会えた方が羨ましいですね。

かすみりさの流出した無修正動画はある?

かすみりさの無修正動画が存在するかを確認しましたが、残念ながら無修正動画は存在しないことが分かりました。

流出もありませんし、カリビアンコムやヘイゾーなどの無修正動画販売サイトでの作品リリースも確認出来ません。
なので、無修正はないという結論になり、ファンとしてはちょっと残念ですね。

かすみりさのモザイク破壊版は4本!

かすみりさのモザイク破壊版の存在についてリサーチした結果、「supjav」と「tktube」などのサイトに存在することが分かりました。
「tktube」に4本、「supjav」に3本存在し、複数の女優との共演作もあります。

無修正動画がなかったということで落胆したファンの方にとっては、モザイク破壊版があるという情報は朗報ですね。
存在するモザイク破壊版のうち、おすすめ3本の元ネタをご紹介します。

モザイク破壊版の元ネタ

コールガールに扮したかすみりさのエロさがハンパない

コールガールに扮したかすみりさのエロさがハンパない

作品名高級コールガール-乱れ狂う極上BODY- かすみりさ
発売日2012年12月19日
出演者かすみりさ
監督紋℃
メーカー痴女ヘブン
ジャンル痴女・巨乳・淫語
満足度★★★★★

コールガールというのは今の時代ではデリヘルと同じ意味になっていますが、古くは「電話で依頼主の自宅や宿泊先へ呼び出されて依頼主への売春に応じる者のみを指す」という意味でした。

改めて文字にするとなぜか異様に興奮する表現ですが、今作でのかすみりさはコールガールという呼び名にぴったりのシリアスでエロいムードが漂っています。

タイトルに「乱れ狂う」とありますが、ドS的な雰囲気でグイグイ男を攻めるという雰囲気ではなく、じわじわと男を快楽に導くという感じです。

Gカップと170センチの高身長という恵まれたスタイルも最高の売春婦というムードを一層引き立たせている感があります。
自ら促して客の男にクンニさせるシーンの仕草なんてとんでもなくエロくてヌケますね。

作品をチェックする

クールビューティーかすみりさの本能剥き出しセックス

クールビューティーかすみりさの本能剥き出しセックス

作品名本能剥き出し生中出しセックス かすみりさ
発売日2012年6月25日
出演者かすみりさ
監督TAKE-D
メーカーダスッ!
ジャンルフェラ・乱交・巨乳・シックスナイン・中出し
満足度★★★★☆

明るい昼間からシティホテルで濃厚なセックスをするかすみりさが相当エロく感じます。

2人の男との乱交シーンでは全身タイツを身にまとってプレイしていますが、ここは全裸の方がよかったという感じがして少々残念です。

全体を通しては、かすみりさの内に秘めた性欲の強さも垣間見れますので悪くない感じですね。
立ちバックシーンや騎乗位で揺れるおっぱいを見ていると発射したくなってきます。

作品をチェックする

かすみりさら巨乳4人の肉感溢れるエロボディーの共演

かすみりさら巨乳4人の肉感溢れるエロボディーの共演

作品名凄い身体の母子と1日で40回も子作り 篠田あゆみ 伊東真緒 水野朝陽 かすみりさ
発売日2014年9月1日
出演者かすみりさ・篠田あゆみ・伊東真緒・水野朝陽
監督らくだ
メーカーズッコン/バッコン
ジャンル中出し・スレンダー・乱交・巨乳
満足度★★★★☆

かすみりさが篠田あゆみ、伊東真緒、水野朝陽の巨乳女優3人と共演した作品です。
パッケージを見た時点で4人のグラマラスボディに目が釘付けになる感がありますね。

この4人の実年齢の差はさほどありませんが、なぜか篠田あゆみが母で他の3人がその娘という設定はいかにもAVらしいなということで滑稽です。

もし自分がこの家で下宿したらどのおっぱいを選ぶか?
まずは4人おのおのとセックスして品定めといきたいですね(笑)。

全裸になった4人に弄ばれるシーンで確実にヌケますよ。

作品をチェックする

必見!かすみりさのおすすめ動画

かすみりさはプレイスタイルはオールマイティと言え、自分からガンガン男を攻めたてるスタイルではありませんが、ハードなセックスでも対応可能です。

ねっとりじわじわと責めるスタイルもエロく、複数の女優との乱交作品でも高身長とGカップの巨乳で存在感は抜群です。

おっぱいは大きいだけでなく形も綺麗なので、見るだけで価値があるとも言えますね。
乳輪や乳首にクセもなく、美巨乳の持ち主です。
そんなかすみりさのおすすめ動画をご紹介します。

ファン必見のかすみりさ最高の乱交作

ファン必見のかすみりさ最高の乱交作

作品名THE PREMIUM V.I.P 未公開ソロFUCK×4&8P乱交プレミアム完全版
発売日2009年10月7日
出演者小川あさ美・かすみりさ・冬月かえで・原更紗
監督ザック荒井
メーカープレミアム
ジャンルシックスナイン・パイズリ・騎乗位・乱交
満足度★★★★★

出演女優の顔ぶれを見ますと、今作は大変豪華ですね。
元レースクイーンの冬月かえで、濃厚系痴女・小川あさ美、スレンダーなエロボディが魅力の原更紗(後に夏目彩春に改名)らに、巨乳で高身長のかすみりさが加わるのですから最強の乱交作と言えます。

乱交作特有の下品な雰囲気が一切ないのが今作の特徴です。
乱交シーンはなかなかハードで見応えがありながら上品な雰囲気が漂っているというのは、美人系のAV女優が揃っている証しだとも言えます。
ソファーでの4対4の乱交シーンが美しさもあって、オナニーのオカズに最適です。

作品をチェックする

まとめ

顔面性器と言われるほどセクシーな唇も魅力の一つである、かすみりさについて紹介してきました。

そんなエロい唇でフェラチオしてもらえるなんて男として最高ですね。
かすみりさのフェラチオはゆっくりねっとり男の仕草や表情を見ながら責めてくる感もありますが、フェラチオシーンでの唇のシルエットもめっちゃエッチです。

太めでもなくそれでいて痩せすぎていないボディーはAV女優として理想的と言え、かすみりさのカラダの虜になってオナニーでお世話になったファンは、筆者を含めて非常に多いことは間違いありません。