1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

【男性必見】お見合いパーティー攻略法!マッチング成功の秘訣とは?

投稿日: 2017年03月11日
お見合いパーティーに参加した男女

本記事ではお見合いで失敗しないように、男性向けのお見合いパーティー必勝法を記載致しました。

私が今まで参加したお見合いパーティーや知人の体験談等をまとめた内容です。

実際に記載した内容を意識して参加したところ、ほとんどのパーティーで女性とのマッチングに成功できるようになりました。お見合いで失敗しないためのコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

お見合いパーティーとは

お見合いと聞くと男女が料亭で「ご趣味は?」「お仕事は?」など固いのをイメージされる方もいると思いますが、ここでは巷で行われるお見合いパーティーの必勝法をご紹介させていただきます。

お見合いパーティーの種類

お見合いパーティーには大きく3種類あります。
パーティー形式・企画形式・個別形式です。

パーティー形式は大部屋に大多数で行う形式です。立食パーティーのようなのをイメージしていただければと思います。
パーティー形式のいい点は大人数と会える点です。数打てば当たる作戦です。しかし、見た目がいい女性には当然多くの男性がアプローチするので、倍率は非常に高くなり、厳しい競争が想定されます。

企画形式は「フットサルお見合い」「ランニングお見合い」などイベントを行いながらやるお見合いです。参加時点で、趣味が一緒というのがいい点です。しかし、その作業に没頭するあまり、恋愛というのに結果がつながらないというケースが多いです(フットサルのプレーに集中してしまうなど)。

そこで今回ご紹介するのは、個別形式です。これは男女が一対一で行うお見合いパーティーです。一人の女性につき5分~10分程会話をして、男性が席を移動していくスタイルです。
ここでいい点は、一対一で確実に話せるという点と、複数の女性にアプローチできる点です。その個別形式でも以下の掲載するタイプに参加してください。

スポンサーリンク

おすすめのお見合い形式

基本的に以下の条件を満たす個別形式のお見合いを探してください。

  1. 会場近くに飲食店が多い
  2. 夕方開催(18時~19時終了のお見合い)
  3. 個室またはブース区切られている

1についてはお見合いの後に一対一でご飯に行くためです。
お見合いの後に直ぐにごはんに行ける環境なのは非常に重要です。後述しますが、マッチングした後はお互いに好意が伝わっていますので、直ぐに個別アポにこぎつけると相手との距離がグッと近づきます。

2については夕飯などに自然に誘える時間帯だからです。終わる頃にはお腹がすいている時間(多くのパーティーは飲み物さえ出なかったりする)になっており、自然に誘えます。

3については、オープンスペースではなく、各部屋に女性が待機していたり、ブースで区切られている方が集中してお話しができるからです。オープンスペースだと意外と周りの視線が気になるものです。
さらに、隣の女性が先ほど話した女性であったりすると、中々気兼ねなく話しにくいというのもあります。よって、空間が区切られている会場を選びましょう。

プロフィールカードの書き方

ここも非常に重要です。意識していただきたい点は2点です。

  1. 相手の印象に残るようにする。
  2. 丁寧に文字を書く。

女性はお見合いパーティー1回で10人程の男性と話すわけです。そうすると一人当たりの印象というのは薄くなっていきます。

一人当たりの接触時間というのも5分程度ですので、よっぽど見た目に自信がある方は別でしょうが、一般的には相手に印象を残すのは難しいです。

そこでプロフィールカードで印象を残します。
具体的には「絵」を書くことです。

女性は右脳タイプです。イメージなどを重視しますので、文字だけのプロフィールですと中々印象に残りません。なので、下手でもいいので絵を描くと一気にプロフィールカードの見栄えが変わってきます。

もし、本当に絵が下手な場合は音符を書くだけなどでもいいです。

2については特に説明不要かと思いますが、文字だけで判断する子もいます。

字は綺麗な文字を書かなければいけないわけではないですが、丁寧に書くことで相手の印象もよくなってきます。

パーティー開始段階の注意点

お見合いパーティに失敗した男性イメージ

1.顔合わせのタイミング

パーティーが開始して、お相手する女性と顔合わせのタイミングでは必ず笑顔で明るい表情で、「こんにちは!」とはっきり言いましょう。

「なんだ、そんなことか」と思われる方もいるかもしれませんが、意外とこれができていない男性が多いです。

男性側も緊張しているケースが多く、下をうつむき小さい声で「・・・こんにちは・・」と言っている方もいます。

また、自分では明るく言っているつもりでも相手からみたら暗く見えたりするものです。

お見合いに行かれる前に動画や鏡でご自身の表情を確認することをお勧めします。

顔合わせのタイミングで好印象が与えられるかどうかは、短期決戦のお見合いで成功するための非常に重要なファクターになります。

2.座るタイミング

細かいかもしれませんが、椅子に座る時に「失礼します」「宜しくお願いします」と言いましょう。何事も礼儀が大事です。

無言で座るのとこの一言を言うかで他のライバルと大きな差がつきます。

3.プロフィールカード

これも渡す時に気を付けましょう。

皆さんは名刺を渡す時どうしていますか?
相手が読める方向で、両手で渡しますよね?
片手で逆方向にもらった方はどのような印象を受けるでしょうか?相手の立場になって渡してあげましょう。

4.会話の切り口

基本的に殆どの女性とはプロフィールカードに沿って会話をしていくと思います。しかし、プロフィールカードばかり見ているとお互いに表情が見えません。

つまり、あなたの印象は女性の中で残りにくいのです。

よっぽどのスペック(高収入、高学歴、容姿端麗など)であれば別かもしれませんが。もしそうでないのなら、相手の顔を見てお話ししましょう。

会話の切り口は「お名前が~さんというんですね。素敵な名前ですね!orいい名前ですね!」などと言って、まず相手の名前を褒めましょう。褒められて嫌な気分になる人はいません。
ましてや自分の名前であればなおさらです。最初の切り口はまず「名前を褒める」です。特に女性は自分の名前を褒めてくれるのは喜んでくれます。

5.相手との共通項を見つける

相手のプロフィールカードを見て、自分との共通項を見つけましょう。出身地、趣味、好きな映画、音楽など。同年代であれば必ず一個はあります。
それを見つけて「~さんも~が好きなんですね!僕もすきです」など言いましょう。

人間は自分と似ている人を好む習性があります。

6.会話の最後

終わり際には「時間短かったですね~少し物足りない感じがしますね。お話しできて楽しかったです!」と言って終わりましょう。

相手に自分の好意が伝わるのと同時に、礼儀正しさも伝わります。礼儀に始まり礼儀に終わります。

7.マッチングタイム

多くのお見合いでは最後にマッチングタイムを設けております。ここで二種類に分かれます。

女性と一緒にいるテーブルで記入及び発表を行う場合。
男性と女性は別室に分かれマッチングタイムになる場合。

筆者の経験上、最後に対話した女性とはマッチングしやすいです。というのも、人間は最後に聞いた物・見たものが印象に残りやすいです。よって、最後に話した相手同士だとお互いに印象に残っているのでマッチングしやすいのです。

8.マッチング成功後

マッチング成功後はその女性をごはん・お茶に誘いましょう。大体のお見合いではマッチング後、カップルになった女性が最初に出て外で待つ。その後男性が後で会いにいくという形です。

会場の外で待っているケースが多いので、もしマッチングに成功したら、そこでその女性に声をかけましょう。

まずは「マッチングありがとうございます。あなたとマッチングできてうれしいです」と言ってあげましょう。この一言があると女性は非常に喜びます。その後はお茶かご飯に誘いましょう。

以上のような点を意識していただけると、お見合いパーティーでの成功率が格段にあがるはずです!